【失敗しない選び方】評判が良いプログラミングスクール3校

IT市場の急成長とエンジニア不足により、プログラミングスクール が急激に増えています。2013年に13校だけでしたが、現在は2桁ペースで増え100社以上のスクールが誕生しています。

そのため、プログラミング未経験者の友人から次のように相談される機会が増えました。

  • 「スクール がたくさんありすぎて、どれを選択すれば良いかわからない」
  • 「スキルを習得するために高い授業料金を支払うので、絶対に失敗したくない
  • オンライン制、社会人向け、転職や就職支援、どのスクール が自分に合うの?」

プログラミングスクールを選択するコツは、目的に合わせてスクールを選択することです。

プログラミングを勉強する目的や動機、それから住む場所や予算によっても変わってきますね。ここでは、未経験者でも選択できるように、選び方や注意点を詳しく紹介します。

プログラミングスクールで勉強したい人向け
  1. 全プログラミングスクール11社の比較表
  2. 失敗しないプログラミングスクールの選び方や注意点
  3. 評価が高いお勧めのプログラミングスクール3社

▼▼転職支援(無料、全額保証)があるプログラミングスクール3社▼▼

  1. 20代、オンラインで自宅や職場から自由に受講できるCodeCamp
  2. 20代、関東在住なら無料で利用できるProEngineer
  3. 30代でも、転職保証が受けられるTECH::EXPERT

IT業界は深刻な人材不足を抱えています。そのため、IT企業がプログラミングスクールに協賛金を支払うことで、未経験者でも無料でプログラミングを習得できます。

コードキャンプ 』は、IT企業へ就職を決めると授業料の20万円が全て返金されます。プロエンジニア 』は、受講中に就職を辞退しても罰則や罰金はありません。入校料、授業料、転職支援が全て無料で利用できます。『テックエキスパート』は、30代でも唯一転職保証が受けられるスクールです。

無料スクールは、企業が人材不足に陥っている今だからこそ提供できるサービスです。景気が変わると来年には廃止されている可能性もあります。

参考:IT未経験者が無料で受講できるプログラミングスクール まとめ

全プログラミングスクールの比較表

プログラミングスクールは、大きく分けて「完全オンライン型」「完全通学型」「オンライン/通学型」の3つのタイプに別れます。

スクールを選択する際には、「費用対効果」「社会人向け」「転職支援が付き無料で利用できる」など、目的に合わせて選択することをお勧めします。

スクール 費用 社会 無料 スクールの特徴
オンライン型

 

 

 

コードキャンプ

2ヶ月:15万

コードキャンプ 』はマンツーマン型のオンラインスクール。業界最大手で授業の質が高く費用は安い。IT企業へ就職を決めると授業料が無料になる。

おすすめ度:★★★★★

ポテパンキャプ

3ヶ月:10万

ポテパンキャンプ』はRubyに特化した経験者向けのスクール。無料で受講できるコースがあるが、20代、関東圏が対象。

おすすめ度:★★★★☆

テックアカデミー

2ヶ月:18万

× 『テックアカデミー』は自習型のオンラインスクール 。学生割引を適用でき学生向け。

おすすめ度:★★☆☆☆

侍エンジニア

3ヶ月:43万

× × 『侍エンジニア塾』は完全オーダーメイドのスクール。ただし、費用は割高で利用するメリットは薄い。

おすすめ度:★☆☆☆☆

通学型

 

 

プロエンジニア

3ヶ月:0円

 × プロエンジニア 』は短期集中の通学制スクール。全て無料で利用でき、卒業後の就職先の企業は3500社。転職できなくてもペナルティはなし。ただし、関東圏在住の20代のみ。

おすすめ度:★★★★★

テックエキスパート

3ヶ月:42万

『テックエキスパート』は、全額返金の転職保証が付き30代、社会人でも利用できる。場所は渋谷校、梅田校、名古屋校。

おすすめ度:★★★★☆

ウェブキャンププロ

3ヶ月:50万

× ウェブキャンププロ 』は全額返金の転職保証が付き、転職成功率は98%。ただし、渋谷校に通学できる20代、社会人以外が対象。

おすすめ度:★★★★☆

0円スクール

3ヶ月:0円

 × 0円スクール』は短期集中型の通学制スクール。全国にスクールがあり、IT企業に入社する意思があれば35歳でも利用できる。ただし、卒業後は運営元の企業で働く。

おすすめ度:★★☆☆☆

ネットビジョンアカデミー

2ヶ月:0円

× ネットビジョンアカデミー 』はネットワークエンジニア専門のスクール。無料で利用できるが応募資格は30歳まで、東京の中野に通学できる人のみ対象。

おすすめ度:★★☆☆☆

オンライン・通学

 

 

ウェブキャンプ

1ヶ月:12万

× × 『WebCamp』はプログラミングジム形式のスクール。ただし、メンターと呼ばれる講師は学生アルバイトが多くお勧めできない。

おすすめ度:★☆☆☆☆

テックブースト

3ヶ月:30万

× × テックブースト』は人工知能、Blockchain、IoTなど最先端技術の基礎が学べるスクール。最先端技術を学びたい人には魅力だが、それ以外には大きな特徴がない。

おすすめ度:★★☆☆☆

テックキャンプ

3ヶ月:17万

× × テックキャンプ 』は、入会金の128,000円支払うと、Web、ゲーム(VR・3D)、人工知能、iPhone開発の授業が受け放題になる。ただし、広く浅く習得するため、知識が深く身につかないのが難点。

おすすめ度:★★☆☆☆

プログラミングスクールは50社以上ありますが、1番のお勧めは「コードキャンプ 」です。

業界最大手で信頼でき、講師の質が高い上に授業料は格安だからです。20代であれば無料で受講できるコースもあります。

コードキャンプ が多くの人に利用される理由
  1. 業界最大手:登録ユーザーは2万人を超え信頼できる
  2. 業界最安値:完全オンライン型で費用を安く抑えられる
  3. 講師の質:現役エンジニアからマンツーマンレッスンが受けられる
  4. 社会人向け:仕事が忙しい社会人でも柔軟に対応できる
  5. エンジニア転職支援:IT企業に転職すると無料で受講できる

評価:【コードキャンプ】デメリットや評価|費用、無料転職支援の条件

参考:【未経験者向け】プログラミングスクール 全12校の比較とまとめ

失敗しないスクールの選び方や選択基準

プログラミングスクールの選び方について解説します。

選び方1:オンライン制と通学制はどっちが良い?

オンライン制を選択するメリットは、時間や場所の縛りがなくなることです。

スクールに毎日通学する必要がないため、本業の仕事がある会社員地方や海外に住む人、それからスクールの管理費や維持費がないため、費用を安く抑えたい人に向いています。

対して毎日通学する必要がある通学制は、時間に余裕がある学生さんやフリーターに向いています。

通学制のメリットは、短期間で集中して学び、直接講師に質問しチーム単位でシステム開発ができます。平日の夜や週末に勉強する社会人と違い、短い期間で集中して高いスキルを習得できます。

最近では、通学できる上にオンラインに対応しているスクールもありますが、選択するメリットは薄いです。なぜならば、オンラインでしか受講できない人は、スクールの運営費を負担することになるからです。

そのため、スクールに通学できない人は、オンラインだけのスクールを選択した方が費用を安く抑えられます。

選び方2:転職支援(無料・全額保証)があるスクールは?

プログラミングを教えるだけではなく、転職支援があるスクールも増えています。

  1. IT企業から内定を貰うと、授業料が全額返金される
  2. 転職保証が付き、転職に失敗すると授業料を全額返金してくれる

転職支援を受けられる理由は、IT業界全体が人材不足に陥っているからです。人材を採用する企業が授業料を負担することで、私たちは無料でプログラミングスキルを習得できます。

ただし、支援を受けられる条件はIT企業に就職することですね。プログラミングを習得する目的がITエンジニアへの転向ならば、支援が受けられるスクールを必ず選択しましょう。

20代であれば職歴がなくても無条件で利用できます。30代ならば支援を受けられるスクールは限られる上に選考があります。

30代で実務経験がない人は、企業から敬遠されるからですね。

選び方3:社会人、学生、フリーター向きのスクールか?

プログラミングスクールは、それぞれターゲットを明確に設定しています。

社会人が利用するならば、通学する必要がないオンライン型、もしくは夜間に対応しているスクールを利用しましょう。

学生向けの学割があるスクールを選択すると、学割分を負担するのは社会人ですね。フリーター向けのスクールを選択すると、利用していなくても日中のスクールの運営費も負担します。

また、学生向けのスクールは大学生のアルバイトが講師を勤めるなど、教えるレベルも低いのでお勧めできません。

本業の仕事があるサラリーマンは、空き時間にいつでも利用できるオンライン型の方が相性が良いですね。夜間に対応しているスクールもありますが、仕事が忙しくなると大きな負担になります。

▼▼IT業界は深刻な人材不足で派遣の時給が高騰しています▼▼

参考:クリエイティブ系・IT系が過去最高「2189円」(エンジャパン)

派遣の時給は、2013年12月から28ヶ月連続で前年同月比プラスを更新しています。なかでもITエンジニアの時給は最も高く、2018年に2189円まで増えました。180時間労働すると月39万円の収入ですね。

IT業界の人材不足は過去に例がないほど深刻です。

  1. 現在17万人のSEが不足しているが、2030年には57万人に達する(経済産業省)
  2. 全業界の転職求人倍率は「2.36倍」、IT業界は「6.15倍」(DODA)
  3. 派遣SEの月給が「48万円」を超えるほど、給与が高騰している(派遣会社)

そのため、プログラミング経験がない未経験者でもIT企業に入社できます。

ただし、この状況はいつまで続くかは誰にもわかりません。IT企業は人材不足を解消するため、外国人SEを大量に採用しています。日本政府は労働者不足を理由に、移民を受け入れる準備を進めていますね。

スクールの選び方の注意点

プログラミングスクールで学ぶことのリスクについても紹介します。

注意1:社会人が会社を辞めてスクールに通うリスク

「ITエンジニアに転向するために会社を辞めて、転職支援がある通学制のスクールに通おうと思っている」

このように友人から相談されることがあります。しかし、この方法でITエンジニアを目指すことはお勧めできません。なぜならば、実際にプログラミングを学んでみないと、自分がエンジニアに合うかわからないからですね。

会社を辞めてしまうと、プログラミングが自分に合わなかった場合のリスクが大きいですよね。

コードキャンプ 』であれば、仕事を続けながらでも2ヶ月でPHPを習得し、転職活動の支援もしてくれます。2ヶ月後に転職活動を始め内定を得ると、授業料の20万円は全額返金されます。

まずは、仕事を辞めないでエンジニアを目指すことを考えましょう。

注意2:無料スクールに潜むリスク

無料でプログラミングを習得できるスクールも増えています。無料受講するためには、IT企業に就職することを条件にしています。

プログラミングスキルが習得できて、さらにIT企業に就職できるならば損はないように見えますよね。

しかしながら、受講後の転職先の選択肢が少ないスクールは避けた方が良いです。例えば、「0円スクール」では、就職先はスクールを運営しているIT企業1社のみです。

無料で受講できると言いながらも、実質は入社後の「プログラミング研修」と変わらないですよね。通常のIT企業に入社すると、未経験者でも無料でプログラミング研修を受講できます。

就職先の数が少ないと、ブラックしかなくても逃げることができません(もしくはペナルティを支払う)。

このようなリスクを避けるためにも、転職後の選択肢が多いスクールを選択しましょう。転職支援があり無料で受講できる「プロエンジニア 」だと、企業の選択肢は3500社以上あります。受講中にIT企業に転職しないことを決めても、ペナルティなどの罰則は一切ありません。

注意3:学生が講師を勤めているスクール

数としては少ないですが、学生が講師を勤めるプログラミングスクールもあります。

私たちが月に5〜10万円の高い授業料を支払いプログラミングを学ぶ理由は、開発現場で使われる実践的なスキルを習得したいからですよね。

実務経験がない大学生からプログラミングを教わっても、実践的な知識は何も身につきません。学生からプログラミングを学ぶくらいなら、参考書を購入して独学で勉強した方がマシです。

注意4:成果物を製作しないスクールは避ける

プログラミングの基礎を教えるだけで、成果物を製作しないスクールも避けましょう。

なぜならば、コーディング手法を学ぶだけなら、参考書から学ぶのと変わらないからです。頭を使わずに、テキストのサンプル通りに書いたものは1日で忘れます。

成果物を製作するメリット
  1. 悩みながらプログラミングすることで、頭に残りやすい
  2. 人が使うシステムやサービスを開発することで、より実践的な開発スキルを習得できる
  3. 面接の場で技術力があることを企業にアピールできる
  4. 簡単なアプリでも、より条件が良い企業から内定を貰いやすい

評価が高いお勧めのプログラミングスクール 3社

※スクールで製作する成果物

プログラミングを選択する基準や注意点を踏まえた上で、利用者から評価が高いプログラミングスクール3社を紹介します。紹介する3社は、完全オンライン制、もしくは夜間に対応している通学制なので、本業が忙しい社会人でも利用できます。

1位:完全マンツーマン型の「コードキャンプ 」

人気コース Webマスターコース
受講後のスキル PHPを用いて簡単なWEBサイトをひとりで制作できるレベル。製作したアプリを武器をIT企業へアピールできる。
学べる技術
  1. デザインの装飾(HTML/CSS)
  2. 動的なサイト制作技術(JavaScriptjQuery)
  3. WEBサイト制作(PHP/MySQL)
  4. アマゾンや楽天のようなオリジナルのECサイトの制作
授業形式
  1. 現役エンジニアの個人レッスンが受けられる
  2. 個人レッスン以外は自己学習(教科書、課題)で進める
  3. カリキュラムごとに課題を提出する
  4. ソースコードの添削はいつでも可能
利用対象者
  1. WEBエンジニアを目指したい人
  2. 完全オンライン制のため社会人、学生、地方在住者
  3. 現役講師からマンツーマンレッスンを受けたい人
  4. プログラミングを無料で習得したい20代
費用
  1. 2ヶ月:148,000円
  2. 4ヶ月:248,000円
  3. 6ヶ月:298,000円
デメリット
  1. 講師はレッスン毎に予約、同じ講師を指名できない
  2. カリキュラム重視で基礎的なスキルが中心
  3. スケジュール管理、自制心がないと難しい(延長料金が発生
  4. 無料スクールの対象は20代のみ
メリット
  1. 業界最大手登録ユーザーは2万人を超えた
  2. 業界最安値完全オンライン型で運営費を低く抑えている
  3. 講師の質現役エンジニアからマンツーマンレッスンが受けられる
  4. 社会人向け仕事が忙しい社会人でも柔軟に対応できる
  5. エンジニア転職支援IT企業に転職すると無料で受講できる
無料コース 2ヶ月間のプログラミングレッスン、2ヶ月間の転職支援でIT企業に転職すると授業料の20万円が返金される。ただし、応募資格は20代のみ。
受講場所 オンライン対応のため自宅から可能(全国、海外対応)
無料体験 今なら無料で40分の体験レッスンが受講できる

公式サイト:現役エンジニアのオンライン家庭教師【CodeCamp】

コードキャンプ は、利用者が2万人を超える業界最大手のプログラミングスクールです。

他スクールにない最大の特徴は、現役エンジニアによる質の高いレッスンを受けられる上に、完全オンライン制で高い費用対効果を実現していることです。地方在住者や海外に住む人も利用できますね。

また、転職支援を受けられるコースもあり、20代ならば無料できます。数あるプログラミングスクール のなかで1番お勧めです。

参考:【コードキャンプ】デメリットや評価|費用、無料転職支援の条件

2位:無料で利用でき就職先が3500社以上の「プロエンジニア 」

人気コース Javaプログラミング研修(実践型60日)
受講後のスキル Javaを用いて簡単なWEBサイトをひとりで制作できるレベル。製作したアプリを武器をIT企業へアピールできる。
学べる技術
  1. デザインの装飾(HTML/CSS)
  2. 動的なサイト制作技術(JavaScriptjQuery)
  3. WEBサイトの制作(PHP/MySQL)
  4. 仕様書、設計書の読み方、テスト項目の作り方

60日間のレッスン後に就職活動を開始する

授業形式
  1. 学習方法はテキスト形式よりもプログラミング作業が中心
  2. 5人前後でチームを組み、ECサイトやアプリを開発する
  3. オンライン教材(動画、資料)で予習、復習ができる
利用対象者
  1. Javaスキルを習得しWebエンジニアになりたい人
  2. プログラミングを無料で習得したい20代
  3. 数千社以上の提携先から、確実にIT企業に就職したい人
  4. 半蔵門(千代田区)に通学できる関東圏在住の人
  5. 通学制、チームでシステム開発をしたい人
費用
  1. 平日5日間コース、無料
  2. 週3夜(月水金)コース、無料
  3. 個別研修コース、無料
デメリット
  1. 対象者は関東在住の30歳未満のみ
  2. オンラインは未対応、半蔵門に毎日通学する必要がある
  3. 社会人は、夜間か個別研修を選択するしかない
メリット
  1. 入学金、授業料、転職支援、全サービスが無料
  2. 途中で挫折、離脱しても罰金などペナルティはない
  3. 卒業後の就職先の企業は3500社以上
  4. 正社員就業率は96%以上
  5. 希望者はソーシャルを開発する企業へ有給インターンが体験できる
  6. 通学制のためチーム(1期の人数は30人前後)で開発ができる
無料コース 20代は無料で受講できる
受講場所
  1. 半蔵門研修センター:東京都千代田区三番町1-1
  2. 池尻 研修センター:東京都世田谷区三宿1-8-19
  3. 霞が関本社:東京都千代田区霞が関3-6-15
無料体験面談 無料で体験レッスンに参加できる

公式サイト:【完全無料プログラミング研修&就活塾】

プロエンジニア(ProEngineer)は、20代、第二新卒、フリーターが無料で利用できるプログラミングスクールです。

他のスクールにない最大の特徴は、卒業後の就職先の企業が3500社以上受講生の96%が正社員で採用されることです。このサービスを無料で利用できるのは、複数の企業からの協賛金でスクールが成り立っているからです。

また、レッスン受講後に就職しなくても罰則やペナルティは一切ない点も高評価な理由です。

ただし、スクール(半蔵門研修センター、池尻研修センター、霞ヶ関本社)に通学できる20代だけが対象となります。

参考:【プロエンジニア】悪い評判|20代限定、就職先の求人は3500社以上

3位:30代でも転職保証が受けられる「テックエキスパート」

人気コース 転職コース(2ヶ月半〜6ヶ月)
受講後のスキル Rubyを用いて簡単なWEBサイトをひとりで制作できるレベル。製作したアプリを武器を2ヶ月半後にITエンジニアを目指す。
学べる技術
  1. AWS(アマゾンウェブサービスとコマンドライン)
  2. フロントサイドの技術(HTML/CSS/JavaScript)
  3. サーバーサイドの技術(Ruby/Ruby on Rails)
  4. 設計、開発、インフラ構築、運用も学べる
  5. チームでシステムを開発する

トータル学習時間は500時間

授業形式
  1. 毎日教室(9:00-22:00)を利用できる
  2. オンラインで講師に技術的な質問ができる
  3. オンライン上にあるテキストや動画で学習を進める
  4. 受講生同士でチームを組みシステムを開発する
利用対象者
  1. レッスン受講後にIT企業で働ける人
  2. 渋谷校、梅田校、名古屋校に毎日通学できる人
  3. 夜間に対応しているため、社会人も利用可能
  4. 30代でも転職保証が利用できる
料金
  • 転職コース:448,000円(オンラインのみ348,000円)
  • 短期集中:2ヶ月半
  • 夜間休日:6ヶ月
  • オンライン:4ヶ月
デメリット
  1. 転職保証を受けるために、期間内に課題を完了する必要がある
  2. 転職保証は、渋谷校、梅田校、名古屋校に通学できる人のみ
  3. 入校前に選考がある為、30代は職歴を理由に落とされるかも
  4. オンラインコースを選択すると転職サポートがない
メリット
  1. 転職できなければ全額保証がある
  2. 未経験から利用しても、転職成功率は98%以上
  3. 転職保証は30代でも利用できる(30代利用者は24%
  4. 14日以内なら全額返金してくれる
無料コース 期間内に課題を完了し、IT企業に就職できなれば受講料は無料になる
受講場所
  1. 渋谷校:東京都渋谷区道玄坂2丁目23-12 フォンティスビル7F
  2. 梅田校:大阪府大阪市北区中崎西2-4-43 山本ビル梅田5階
  3. 名古屋校:愛知県名古屋市中村区則武1-9-19 協和名駅ビル6F

オンラインコースなら通学しなくて良いが、転職保証が付かない

無料カウンセリング 無料でカウンセリング(30分)が受けられます。

公式サイト:未経験のITエンジニア転職なら【TECH::EXPERT】

テックエキスパートは、転職保証がある短期集中型のプログラミングスクールです。

他スクールにない最大の特徴は、30代の未経験者でも転職保証が受けられることです。保証が受けられる上に30代の利用者が24%を超えるのは、このスクール だけですね。

ただし、スクール (渋谷校、梅田校、名古屋校)に通学できる人が対象になります。

参考:【テックエキスパート】悪い評価|30代でも転職保証が付くスクール

▼▼プログラミング未経験でもSEになれる▼▼

IT業界は未経験でも入社できる、専門職の中では珍しい職種ですただし未経験者はブラックに入社する確率が高いのは事実です。私は未経験でこの業界に入社し過去に2社ブラックを経験しました。

2度もブラックに入社したのは私が無知だったからです。ただし、学習意欲があり現状に満足しない人ならば過度に心配する必要はありません。私はブラックから脱出したことで状況が大きく変わりました。

ブラックから転職して得られたこと
  1. 給料が右肩上がりに増えた(4年で300→520万円
  2. 転職先に困らないスキルを習得でき、転職すると現職より+50〜100万円で掲示される
  3. 納期がない月の残業は20時間まで減った
  4. 社内開発できる企業に転職し「海外勤務」や「海外出張」を経験できた

参考:2社のブラックを経験し、社内開発と海外勤務できるIT企業へ

まとめ:評判が良いプログラミングスクール3社

プログラミングスクール を選択する際には、目的に合わせて選ぶのが重要ですね。

スクールを選択する基準
  1. 社会人ならば通学生よりもオンライン制が良い
  2. 学生は学生割引があるスクール、フリーターは短期集中型の通学制が良い
  3. IT企業に就職したいならば、転職支援(無料、転職保証)があるスクール

また、プロググラミングスキルを無料で習得でき、IT企業に転職できる無料スクールは魅力ですが、就職先が制限されるなどのデメリットもありますね。

無料だからと安易に飛びつくのではなく、メリットやデメリットを理解した上でスクールを選択しましょう。

全プログラミングスクールの比較表

プログラミングスクールは、大きく分けて「完全オンライン型」「完全通学型」「オンライン/通学型」の3つのタイプに別れます。

スクールを選択する際には、「費用対効果」「社会人向け」「転職支援が付き無料で利用できる」など、目的に合わせて選択することをお勧めします。

スクール 費用 社会 無料 スクールの特徴
オンライン型

 

 

 

コードキャンプ

2ヶ月:15万

コードキャンプ 』はマンツーマン型のオンラインスクール。業界最大手で授業の質が高く費用は安い。IT企業へ就職を決めると授業料が無料になる。

おすすめ度:★★★★★

ポテパンキャプ

3ヶ月:10万

ポテパンキャンプ』はRubyに特化した経験者向けのスクール。無料で受講できるコースがあるが、20代、関東圏が対象。

おすすめ度:★★★★☆

テックアカデミー

2ヶ月:18万

× 『テックアカデミー』は自習型のオンラインスクール 。学生割引を適用でき学生向け。

おすすめ度:★★☆☆☆

侍エンジニア

3ヶ月:43万

× × 『侍エンジニア塾』は完全オーダーメイドのスクール。ただし、費用は割高で利用するメリットは薄い。

おすすめ度:★☆☆☆☆

通学型

 

 

プロエンジニア

3ヶ月:0円

 × プロエンジニア 』は短期集中の通学制スクール。全て無料で利用でき、卒業後の就職先の企業は3500社。転職できなくてもペナルティはなし。ただし、関東圏在住の20代のみ。

おすすめ度:★★★★★

テックエキスパート

3ヶ月:42万

『テックエキスパート』は、全額返金の転職保証が付き30代、社会人でも利用できる。場所は渋谷校、梅田校、名古屋校。

おすすめ度:★★★★☆

ウェブキャンププロ

3ヶ月:50万

× ウェブキャンププロ 』は全額返金の転職保証が付き、転職成功率は98%。ただし、渋谷校に通学できる20代、社会人以外が対象。

おすすめ度:★★★★☆

0円スクール

3ヶ月:0円

 × 0円スクール』は短期集中型の通学制スクール。全国にスクールがあり、IT企業に入社する意思があれば35歳でも利用できる。ただし、卒業後は運営元の企業で働く。

おすすめ度:★★☆☆☆

ネットビジョンアカデミー

2ヶ月:0円

× ネットビジョンアカデミー 』はネットワークエンジニア専門のスクール。無料で利用できるが応募資格は30歳まで、東京の中野に通学できる人のみ対象。

おすすめ度:★★☆☆☆

オンライン・通学

 

 

ウェブキャンプ

1ヶ月:12万

× × 『WebCamp』はプログラミングジム形式のスクール。ただし、メンターと呼ばれる講師は学生アルバイトが多くお勧めできない。

おすすめ度:★☆☆☆☆

テックブースト

3ヶ月:30万

× × テックブースト』は人工知能、Blockchain、IoTなど最先端技術の基礎が学べるスクール。最先端技術を学びたい人には魅力だが、それ以外には大きな特徴がない。

おすすめ度:★★☆☆☆

テックキャンプ

3ヶ月:17万

× × テックキャンプ 』は、入会金の128,000円支払うと、Web、ゲーム(VR・3D)、人工知能、iPhone開発の授業が受け放題になる。ただし、広く浅く習得するため、知識が深く身につかないのが難点。

おすすめ度:★★☆☆☆

プログラミングスクールは50社以上ありますが、1番のお勧めは「コードキャンプ 」です。

業界最大手で信頼でき、講師の質が高い上に授業料は格安だからです。20代であれば無料で受講できるコースもあります。

コードキャンプ が多くの人に利用される理由
  1. 業界最大手:登録ユーザーは2万人を超え信頼できる
  2. 業界最安値:完全オンライン型で費用を安く抑えられる
  3. 講師の質:現役エンジニアからマンツーマンレッスンが受けられる
  4. 社会人向け:仕事が忙しい社会人でも柔軟に対応できる
  5. エンジニア転職支援:IT企業に転職すると無料で受講できる

評価:【コードキャンプ】デメリットや評価|費用、無料転職支援の条件

参考:【未経験者向け】プログラミングスクール 全12校の比較とまとめ

1 個のコメント

  • I drop a leave a response when I especially enjoy a article on a blog
    or if I have something to contribute to the discussion. Usually it’s triggered
    by the passion displayed in the article I looked at. And after this
    post 【迷わない選び方】おすすめするプログラミングスクール8校比較! | 未経験から初めてSE転職.
    I was actually moved enough to drop a leave a responsea response :
    ) I actually do have a few questions for you if it’s allright.

    Is it simply me or does it give the impression like some of the
    comments come across as if they are written by brain dead visitors?
    😛 And, if you are writing at other sites, I’d like to keep
    up with you. Would you list all of all your public sites
    like your linkedin profile, Facebook page or twitter feed? https://quizyard.com/2018-british-academy-television-awards-the-complete-list-of-winners/

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です