【完全オンライン】スクール3校の比較|料金は通学制の5分の1以下

ITエンジニアの需要が高まり、プログラミングを学べる学校が増えていますね。また、最近では、通学型ではなくオンライン制の学校を利用する人も増えています。しかしながら、オンラインのレッスンだけで、私たちは本当にSEに必要なスキルを習得できるでしょうか?

  • オンライン制と通学制は、どっちを利用した方が良いの…」
  • 「オンライン制でも、通学制と同様にスキルを習得できるの…」
  • 「オンライン制は通学制よりも、授業料が5分の1も安いって本当なの…」

通学制よりも、オンライン制で学びたい未経験者が増えていますね。

オンライン制の人気が高い理由は、物理的なスクールがないため、維持費や運営費を安く抑えられるからです。通学しかない学校と比較して、3〜5分の1も安く利用できます。完全オンライン制の「コードキャンプ」を利用すれば、月額5万円〜利用できますね。

コードキャンプの場合、現役講師からマンツーマンレッスンを受講できるため、授業の質は通学制よりも高いです。また、職場から学校に通学する必要がなく、仕事が忙しい社会人でも両立できる利点もありますね

しかしながら、オンラインだからこそのデメリットもあります。

通学制と比較した場合のデメリットは、受講生同士で交流できないため、モチベーションの維持が難しいです。また、通学制だからこそできる、実践形式のチーム開発ができないですね。

ただし、オンライン制だから悪い、通学制だから良いわけではないですね。

私たちはライフスタイルに合わせて選択する必要があります。ここでは、完全オンライン型の「コードキャンプ」「テックアカデミー」「侍エンジニア塾」を紹介します。完全オンライン型で1番重要なことは、料金と授業の費用対効果を考慮することですね

オンラインでプログラミング学びたい人向け
  1. 【完全オンライン】お勧めのITスクール3校は?
  2. 完全オンライン制を選ぶ際の3つの注意点は?
  3. スクールを利用しなくても、未経験でSEに就職できる?

▼▼1円も料金が発生しない完全無料のスクール3校▼▼

  1. ProEngineer卒業後は就職先3500社から選べる
  2. ITCE Academy宿泊施設も無料、1ヶ月でSEになれる
  3. TECH::EXPERT30代でも転職保証が受けられる(有料)

プロエンジニアは、入学金、授業料、転職支援が全て無料です。受講中に辞退しても罰則や罰金は1円も発生ませんしかし、都内の教室は最大で30名を収容できるスペースしかなく、応募枠が埋まると翌月、もしくは翌々月まで待たされます。

参考:【プロエンジニアの評価】未経験からスキル習得しブラックを避ける?

完全無料のスクールは、2019年にはもうない可能性が高いです

金融危機が再び発生する、日本政府が移民を受け入れる、外国人PGで人材不足を解消すると、未経験者の需要が減るからです。需要が減るとスクールは、支援するIT企業がなくなり利益を確保できません需要が高い今だけ存在するサービスです。

未経験者の需要がなくなると、有料スクール以外で選択肢はありません。有料スクールはテックエキスパートのように3ヶ月で79万円するほど高額です未経験からSEを目指すならば、需要がある今のうちに行動に移しましょう

【完全オンライン】お勧めのスクール3校は?

完全オンラインで利用できるお勧めのスクール3校を紹介します。

1位:月額5万円で業界最安値の「コードキャンプ」

人気コース Webマスターコース
受講後のスキル PHPを用いて簡単なWEBサイトをひとりで制作できるレベル。製作したアプリを武器をIT企業へアピールできる。
学べる技術
  1. デザインの装飾(HTML/CSS)
  2. 動的なサイト制作技術(JavaScriptjQuery)
  3. WEBサイト制作(PHP/MySQL)
  4. アマゾンや楽天のようなオリジナルのECサイトの制作
授業形式
  1. 現役エンジニアの個人レッスンが受けられる
  2. 個人レッスン以外は自己学習(教科書、課題)で進める
  3. カリキュラムごとに課題を提出する
  4. ソースコードの添削はいつでも可能
利用対象者
  1. WEBエンジニアを目指したい人
  2. 完全オンライン制のため社会人、学生、地方在住者
  3. 現役講師からマンツーマンレッスンを受けたい人
  4. プログラミングを無料で習得したい20代
費用
  1. 2ヶ月:148,000円
  2. 4ヶ月:248,000円
  3. 6ヶ月:298,000円
デメリット
  1. 講師はレッスン毎に予約、同じ講師を指名できない
  2. カリキュラム重視で基礎的なスキルが中心
  3. スケジュール管理、自制心がないと難しい(延長料金が発生
  4. 無料スクールの対象は20代のみ
メリット
  1. 短期間(2〜4ヶ月)でWebエンジニアに転向できる
  2. 完全オンライン制なので、仕事が忙しい社会人地方在住者も利用できる
  3. 現役講師からマンツーマンのプライベートレッスンが受けられる
  4. IT企業に就職を決めると、レッスンが全額無料になる
無料コース 「エンジニア転向コース」:2ヶ月のレッスン後にIT企業に就職を決めると、授業料の20万円が全額返金される。ただし、応募資格は20代のみ(月額6,600円から利用できる)。
受講場所 オンライン対応のため自宅から可能(全国、海外対応)
無料体験 今なら無料で40分の体験レッスンが受講できる

公式サイト:現役エンジニアのオンライン家庭教師【CodeCamp】

  1. 業界最安値で、6ヶ月の受講料は30万円だけ
  2. マンツーマンだから、自分のペースで学習できる
  3. 業界最大手のITスクール(受講者は20,000人以上
  4. オンラインで365日(7〜23時)、場所と時間を選ばず利用できる
  5. 就職、転職やキャリアの相談が無料でできる
  6. 関東だけでなく、地方、海外在住者も利用できる

コードキャンプ は、利用者が2万人を超える業界最大手のITスクールです。他スクールにない最大の特徴は、現役SEから個別レッスンを受けられる上に、業界最安値で受講できる事です

料金と授業の質を考えたら、圧倒的にコスパが高いです。

6ヶ月の受講料は30万円なので、1月当たり5万円で受講できます。月額5万円にも関わらず、現役SEから個別レッスンが受けられるのはコードキャンプだけです。月額5万円以下もあるが、グループ制だったり大学生が講師を勤める学校も少なくありません。

完全オンラインなので、働きながらITスキルを習得できるのも魅力ですね。

参考:【コードキャンプの評価】2ヶ月後にWebエンジニアに転向できる?

2位:学生割引だと月額5万円の「テックアカデミー」

人気コース Webアプリケーションコース(1〜4ヶ月)
受講後のスキル Rubyを用いて簡単なWEBサイトをひとりで制作できるレベル。製作したアプリを武器をIT企業へアピールできる。
学べる技術
  1. デザインの装飾(HTML/CSS)
  2. 動的なサイト制作技術(JavaScriptjQuery)
  3. WEBサイト制作(Ruby/MySQL)
  4. アプリ(掲示板、タスクリスト、Twitterクローン)やWEBサイトの制作
授業形式
  1. メンタリングと呼ばれる個別レッスンを週に2回受講できる
  2. チャットサポート(15-23時)で技術的な質問ができる
  3. オンライン上にある教材に沿って学習を進める
  4. 課題のコードレビューが何回でも依頼できる
  5. SNSアプリやECサイトを製作する
利用対象者
  1. WEBエンジニアを目指したい人
  2. 自分のペースで学習を進めたい社会人
  3. オンラインが利用できる地方在住者
  4. お得な学生割引を適用できる学生さん
  5. 最新技術(人工知能、ブロックチェーン)を学びたい人
費用
  1. 4週間プラン、129,000円(学生89,000円)
  2. 8週間プラン、179,000円(学生119,000円)
  3. 12週間プラン、229,000円(学生149,000円)
  4. 16週間プラン、279,000円(学生17,9000円)
デメリット
  1. 受講スタイルは自己学習形式のため、自制心が試される
  2. 技術的な課題はチャットで質問、初心者には難しい
  3. 同サービスのコードキャンプより高い
メリット
  1. 完全オンラインで費用を安く抑えている
  2. 受講生が挫折しないように専属のメンターが付く
  3. オンラインで仕事が忙しい社会人も利用できる
  4. 1週間無料でサービスを体験できる
無料コース なし。転職支援はあるが、他スクールの紹介会社を紹介される
受講場所 オンライン対応のため自宅から可能(全国、海外対応)
無料体験 1週間で無料で体験レッスンが受講できる

公式サイト:オンラインブートキャンプ 無料体験

テックアカデミーの特徴は...
  1. 学生ならば、4ヶ月20万円で受講できる
  2. 挫折を避けるために、月に7回メンタリングを受けられる
  3. 15〜23時なら、チャットでいつでも質問できる
  4. オンラインテキストを用いて、自己学習で勧められる

テックアカデミーは、完全オンラインで受講できるスクールです。他スクールにない最大の特徴は、学生割引があり、学生は安く受講できる事ですね。

コードキャンプとの違いは、講師とのレッスンを「メンタリング」と呼んでいる事です。メンタリングとは、進捗や課題管理、精神的なサポートなど、受講生が挫折しない事を目的にしていますまた、テックアカデミーは、オンラインテキストを配布し、基本的には自己学習がメインです。

学生割引があるのはメリットだが、社会人であれば「コードキャンプ」を利用した方が質が高いレッスンを受けられます。

評価:【テックアカデミー】悪い評価|1週間の無料体験が受講できる

3位:6ヶ月の授業料が66万円の「侍エンジニア塾」

人気コース フリーランス3ヶ月
受講後のスキル 簡単なWEBサイトをひとりで制作できるレベル。製作したアプリを武器をIT企業へアピールできる。
学べる技術
  1. フロントサイドの言語(HTML/CSS/JavaScript)
  2. サーバーサイド言語や、周辺技術など習得
  3. サンプルアプリケーション制作(言語は自由)
  4. フリーランスで案件を獲得するためのスキル

カリキュラムは各個人の希望に合わせて決まる

授業形式
  1. マンツーマンのレッスン(90分間)が受講できる
  2. 申し込むと動画の教材が与えられ、基礎を学習できる
  3. 専属の講師にいつでも質問できる
  4. オリジナルアプリ開発のサポートをしてくれる
利用対象者
  1. 将来的にフリーランスを目指したい人
  2. オンライン制のため社会人地方在住者向け
  3. 現役講師からマンツーマンレッスンを受けたい人
費用
  1. エンジニア1ヶ月、168,000円
  2. フリーランス3ヶ月、438,000円
  3. 高単価フリーランス6ヶ月、698,000円
デメリット
  1. 授業料が高額すぎて、授業の質が伴わない
  2. 広告や紹介記事の内容が過大すぎる(ステマが多い)
  3. 3ヶ月受講しても、未経験からフリーランスになれない
  4. オンラインの他に対面も選べるが利用できる教室がない
メリット
  1. オリジナルアプリ制作など自由に講義をカスタマイズできる
  2. 現役のフリーランスが講師を務める
  3. 全額返金保証がある(返金に応じずネットで炎上
無料コース なし。転職支援はあるが、他スクールの紹介会社を紹介される
受講場所 オンライン対応のため自宅から可能(全国、海外対応)
侍エンジニアの特徴は...
  1. 6ヶ月の費用は66万円、業界水準でもかなり高い
  2. カリキュラムを講師に提案し、自由に組む事ができる
  3. 夜間やオンラインなど、柔軟に対応できる
  4. 現役SEから、マンツーマンレッスンが受けられる

侍エンジニア塾は、受講生に合わせてカリキュラムを自由に組めます。そのため、仕事が忙しい会社員でも、夜間やオンラインなど柔軟に対応してくれます

ただし、侍エンジニア塾のデメリットは、料金が高すぎることです。3ヶ月の受講料は45万円、6ヶ月の受講料は66万円です。同等のサービスである「コードキャンプ」の2倍の料金設定ですね。

侍エンジニア塾は、自由にカリキュラムをカスタマイズできる利点があります。しかしながら、未経験者向けのスクールなので、オーダーメイドにする必要性はないですね私たち未経験者に必要なのは、少ない初期費用でITの基礎スキルを習得する事だからです。

また、侍エンジニア塾は過去にSNSで炎上しました。利用者からの評判はあまり良くないです。

評価:【侍エンジニア塾】悪い評判|返金保証があるが料金は高すぎて問題外

では、私たちがオンラインスクールを利用する際には、どのような点に注意すれば良いでしょうか。

完全オンライン制を選ぶ際の3つの注意点は?

オンラインスクールを利用する際に、注意する点を紹介します。

注意1:オンライン制は授業料が安い理由は?

授業料が安い理由は...
  1. 物理的なスクールがないため、維持費や運営費が発生しない
  2. IT講師も受講生も移動費ゼロ円、経費を低く抑えられる
  3. IT講師もオンラインなので、現役SEを採用しやすい
  4. 地方や海外在住者も、都内の受講生と同じサービスが受けられる

オンライン制は、通学制と比較して授業料安いですね。

その最大の理由は、物理的なスクールがないため、維持費や運営費が1円も発生しないからです。IT系スクールは、渋谷や新宿など一等地に拠点をかまえる学校が多いですね。渋谷のオフィス代、オフィスの光熱費や電気代、デスクやPCなどの設備投資、受付やサポートなど人件費が掛かります。

事業に関連するお金は、すべて私たちの授業料に換算されますね

そのため、通学制の「テックエキスパート」 は3ヶ月で79万円、「DMMウェブキャンプ 」は63万円と高額です。渋谷の一等地にオフィスを構えることで、私たち受講生が負担する授業料は26.3万円です

「コードキャンプ」だと月額5万円で利用できるのは、スクールの管理費や維持費が発生しないからです。通学制スクールの5分の1の費用で受講できますね。

注意2:オンラインで学ぶデメリットは?

メリット デメリット
オンライン
  1. 自分のペースで何度も学習できる
  2. 通学がないため、仕事の両立ができる
  3. 授業料が安く月額5万円〜受講できる
  4. チャットで、講師にいつでも質問できる
  1. 受講生同士で交流できず、孤独を感じる
  2. 1人だとモチベーションを維持しにくい
  3. サボろうと思えば簡単にサボれる
  4. 内容の理解が、対面より少し難しい
通学制
  1. 講師に直接質問できすぐ答えを得られる
  2. 受講生同士でチームを組み、アプリ開発ができる
  3. 周囲と切磋琢磨でき、モチベーションを維持できる
  1. オンラインと比較して、授業料が3〜5倍も高い
  2. 仕事帰りに、学校まで通学が辛い
  3. 仕事が忙しくなると、挫折する確率が高い
  4. 平日は受講できず、土日に負荷が集中する

スクールは、「オンライン制」と「通学制」の2つがあります。オンラインだから良い、通学制だから悪いという話ではありません。どちらも長所と短所があるので、ライフスタイルに合わせて選ぶのが正しいですね

オンライン制のメリットは、受講料を安く抑える事ができ、仕事と両立できることです。反対にデメリットは、モチベーションの維持が難しく、自制心が弱い人には向きません

通学制のメリットは、受講生同士でチームを組みシステム開発ができ、モチベーションを維持しやすいことですね。反対にデメリットは、仕事との両立は難しく、授業料が3〜5倍も高いですね

個人的には、仕事と両立しやすいという点で、オンライン制の方が大衆向きだと思います。ただし、オンラインに対応している通学制のスクールは避けた方が良いです。

注意3:オンライン対応の通学制は避けた方がいい?

オンライン対応の通学制は、できれば利用を避けた方が良いです。

なぜならば、オンラインで通学できない人も、学校の運営費や管理費などの費用を負担するからです。通学制とオンラインに対応している学校は、完全オンラインよりも若干高いですね。「ウェブキャンプ 」は3ヶ月で30万円、「テックブースト 」も3ヶ月で30万円です。

完全オンライン制の「コードキャンプ」や「テックアカデミー」よりも少し割高ですね。

そのため、中途半端に通学・オンライン対応の学校を選ぶよりも、通学が難しいと感じたら、完全オンライン制を選びましょう。学校に通学できないのに、運営費や管理費を払う必要はないからです。

完全オンライン制でも、授業の質や料金は学校次第で異なります。ここでは、最安値の「コードキャンプ」とオーダーメイド制の「侍エンジニア塾」の違いを紹介します。

「コードキャンプ」と「侍エンジニア塾」の違いは?

完全オンライン型で最安値で学べる「コードキャンプ」と、フルオーダーメイドでカリキュラムを組める「侍エンジニア塾」を比較します。

プロエンジニア 侍エンジニア塾
概要 完全オンライン型で業界最安値のスクール。現役SE講師から、マンツーマンレッスンを受けられる。 フルオーダーメイドで自由にカリキュラムを組めるスクール。オンラインにも対応しているが、授業料は業界平均より高い。
料金
  1. 2ヶ月:15万円
  2. 4ヶ月:25万円
  3. 6ヶ月:30万円
  1. 1ヶ月:20万円
  2. 3ヶ月:45万円
  3. 6ヶ月:66万円
月額 月額5万円〜 月額11万円〜
授業形式
  1. 朝7〜23時でレッスン予約できる
  2. レッスン回数は、週2〜3回程度
  3. 現役SEからマンツーマンで受講できる
  4. オンラインの学習テキストを利用する
  5. オリジナルアプリを制作できる
  1. 授業形式は講師と相談して決める
  2. 学習用に動画を配布される
  3. 講師は現役のフリーランス
特徴 完全オンライン型で最安値で利用できる。現役講師からマンツーマンレッスンを受けられるため、授業の質も高い 6ヶ月で授業料が66万円と、オンライン制にも関わらず高い。未経験者向けのスクールなので、カリキュラムをフルオーダーで組み立てる必要はない。
公式サイト 現役エンジニアのオンライン家庭教師【CodeCamp】
侍エンジニア塾

完全オンライン制のスクールが増えていますね。完全オンライン制は、スクールの運営費や維持費を抑えられるため、経営者も受講生もWin-Winになれます。数あるオンライン制の中で、個人的には「コードキャンプ」が1番お勧めです。

  1. 業界最安値で、6ヶ月の受講料は30万円だけ
  2. マンツーマンだから、自分のペースで学習できる
  3. 業界最大手のITスクール(受講者は20,000人以上
  4. オンラインで365日(7〜23時)、場所と時間を選ばず利用できる
  5. 就職、転職やキャリアの相談が無料でできる
  6. 関東だけでなく、地方、海外在住者も利用できる

「テックアカデミー」は、コードキャンプと同様に完全オンライン型のスクールですね。ただし、テックアカデミーは、オンラインテキストを配布して自習がメインですメンタリングと呼ばれる個別レッスンは、進捗や課題管理など精神的なサポートを行うだけです。

「侍エンジニア塾」は、カリキュラムをオーダーメイドできるスクールです。しかしながら、受講料が6ヶ月で66万円と高額なのが難点ですオーダーメイドを推しているが、未経験者向けのスクールで自由にカリキュラムを組む利点はないですね。

なぜならば、私たち未経験者の目的は、ITの基礎スキルを習得する事だからです。どれだけ最適なカリキュラムを組んでも、学校で学べる内容には限りがあります。最低限の基礎スキルを学んだら、実務経験を通して応用力をつけた方が良いですね。

そのため、完全オンライン型ならば、コードキャンプが1番お勧めです。

ただし、私たち未経験者は必ずしもスクールに通う必要はありません未経験者の需要が高い現在であれば、基礎スキルを習得しなくても就職できます。スクールを経由してもしなくても、入社後の初年度の年収は変わりません。

▼▼諦めなければ必ず目標は実現できる▼▼

私は多くのIT未経験者にSEを目指して欲しいと思っています。

なぜならば、職歴や学歴が重視されず正しい努力ができる人材であれば、必ず道が開かれる業界だからです。もちろん、未経験者はブラックに入社するリスクは否定しません

私が1社目に入社した先はブラックでした。夜の10時過ぎまで働くも残業代は1円も支給されず、時給に換算すると700円以下です。身体は疲れているのに、布団に入ると将来が不安で夜も眠れません

ある仕事帰りの電車の中、窓に映った惨めな自分の姿を目にします家事と仕事を両立し苦労して育ててくれた母親のことを思うと、自然と目から涙がこぼれ落ちました。しかしながら、それでも行動に移す勇気がなく、転職できずに3年が経ちます。

働くためだけに社会から生かされている生活に嫌気が指していた時に、知人から転職エージェントを紹介されました。転職に前向きになれないながらも、半ば強制的に就職活動が始まります。

その2ヶ月後に社内開発できる企業に就職し、私の人生は大きく変わりました。社内開発できる企業に入社後、転職してから4年後には年収500万円を超えました。決して大きな成功ではないが、家族にも恵まれ今は毎日幸せを感じています。

この知人のおかげで、自分を信じて行動すれば、必ず良い方向に進むことを知ります。未来は自分が思い描く事しか実現されないので、いま行動しなければ一生変わらないですね。

私が転職を勧める理由は、1人でも多くブラックで苦しむ人を減らしたいからです。

ブラックから転職して変わったことは...
  1. 右肩上がりに昇給し、4年で300万円から520万円に増えた
  2. 納期がない月は、毎日定時に帰宅できた(月の残業は20時間
  3. 転職市場で査定してもらうと、+50〜100万円で掲示される
  4. 社内で開発経験を積み「海外勤務」と「海外出張」を経験できた
  5. 平日の夜も、家族や知人と食事や趣味を楽しむ事ができる
  6. 社内開発で経験を積み、倒産やリストラが怖くなくなった
  7. ITスキルの他に、後輩の教育やマネジメントも経験できた
  8. 毎朝眼が覚める度に、気持ち良く布団から出られる
  9. 家族にも恵まれ、大切にしたい人のために働ける喜びを知れた

個人的に1番のお勧めは「マイナビ×IT」です。なぜならば、私自身がマイナビを利用する事でブラック企業を脱出できたからです。

参考:【マイナビ×ITの評価】本当に未経験でもブラックを避けられる?

スクールを利用しなくても、未経験でSEに就職できる?

出典:IT人材の最新動向と将来設計に関する調査(経済産業省)

私たちは事前に基礎スキルを習得しなくても簡単にIT企業に就職できます。

なぜならば、2030年に59万人が不足するほど、人材が足りていないからです。IT業界の求人倍率は最も高く6.79倍です。全業種平均よりも3倍も高く、応募者1人に対して6つ求人が余る状態ですね転職求人倍率レポート2018年4月)。

私自身もプログラミング経験なしで、この業界に入りました。

それでも、年収が500万円を超えキャリアがある理由は、入社後に3ヶ月間のプログラミング研修があったからです。現在現役で働いている9割のSEは、入社後にスキルを習得しています。専門学校で2年間で学ぶスキルを、私たちは3ヶ月間で学べます。

入社後にスキルを習得するメリットは...
  1. 月20万円の給料を貰いながら、プログラミングの勉強ができる
  2. 給料を貰いながら勉強するので、モチベーションが高い
  3. 現役SEの先輩社員から、実用的なスキルを現場で学べる
  4. 就職先で必要なスキルを中心に、重点的に学べる
  5. 業務時間外には、資格や語学など他の勉強もできる

IT未経験者でも、専門学校やスクールに通学しなくても企業に就職できますね。

SEになる事がスキルを学ぶ目的ならば、1日も早く就職した方が良いです。無料で学べるスクールも魅力ですが、月に20万円の給料を貰いながら勉強した方が合理的だからです。実際に現役SEの多くは、無料スクールを悲観的に見ている人が多いです。

▼▼IT未経験から無料でSEに就職する3つの方法▼▼

  1. マイナビ×ITIT未経験でも、今すぐに就職先を紹介してくれる
  2. ProEngineerスクールを卒業して、3ヶ月後にSEになれる
  3. ITCE Academy宿泊施設も無料、1ヶ月後にSEになれる

私たち未経験者は、スクールを利用しなくても今すぐにIT企業に就職できます。なぜならば、深刻な人材不足を理由に、未経験者でも需要が高いからです。無料スクールも魅力ですが、月20万円の給料をもらいながらスキルを習得できた方が良いですね

2019年以降は、未経験者の需要はもうない可能性が高いです。

なぜならば、金融危機が再び発生する、日本政府が移民を受け入れる、外国人PGで人材不足を解消すると未経験者の需要が減るからです。需要がなくなると、完全無料のスクールのサービスも無くなりますねスクールを支援するIT企業がないと、無料を維持できないからです。

そうなると、テックエキスパートのように、3ヶ月79万円の有料スクールしか残りませんその頃には、IT未経験者が転職サイトを利用しても断られますね。未経験からSEを目指すならば、需要がある今のうちに行動に移しましょう

参考:【マイナビ×ITの評価】本当に未経験でもブラックを避けられる?

まとめ:完全オンラインのお勧めITスクール3校は?

コードキャンプの特徴は...
  1. 業界最安値で、6ヶ月の受講料は30万円だけ
  2. マンツーマンだから、自分のペースで学習できる
  3. 業界最大手のITスクール(受講者は20,000人以上
  4. オンラインで365日(7〜23時)、場所と時間を選ばず利用できる
  5. 就職、転職やキャリアの相談が無料でできる
  6. 関東だけでなく、地方、海外在住者も利用できる

オンライン制の人気が高い理由は、物理的なスクールがないため、維持費や運営費を安く抑えられるからです。通学しかない学校と比較して、3〜5分の1も安く利用できます。完全オンライン制の「コードキャンプ」を利用すれば、月額5万円〜利用できますね。

コードキャンプの場合、現役講師からマンツーマンレッスンを受講できるため、授業の質は通学制よりも高いです。また、職場から学校に通学する必要がなく、仕事が忙しい社会人でも両立できる利点もありますね

しかしながら、オンラインだからこそのデメリットもあります。

通学制と比較した場合のデメリットは、受講生同士で交流できないため、モチベーションの維持が難しいです。また、通学制だからこそできる、実践形式のチーム開発ができないですね。ただし、オンライン制だから悪い、通学制だから良いわけではないですね。ライフスタイルに合わせて選択する必要があります。

個人的には、オンライン制で選ぶなら「コードキャンプ」が1番のお勧めです。なぜならば、料金と授業の質が1番高いからです。

1日も早く行動に移した方が良い理由は?

現在IT業界は、書類を送付すれば誰でも企業から内定を得られます。なぜならば、転職倍率が6.79倍を超え、過去に30年にないほど売り手市場が続いているからです。全業種の倍率は2.49倍なので、他業種として比較して3倍も求人が余っています。

参考:転職求人倍率レポート(2019年1月)

しかしながら、この状況が続くのは長くても2019年までです

なぜならば、景気サイクルは8年周期で周り、再び金融危機が発生するからです。2008年10月28日に6,994円を付けた株価は、2018年12月に最高値の24,270円まで回復しました。現在は一時20,418円(8月15日)まで落ち込みましたね。

アメリカと中国の緊張が高まり、いつ米ダウ平均が暴落してもおかしくありません。アップル株はiPhoneの販売不振で暴落していました(232→142ドル)。一度不景気が発生したら、1週間も経たない内に株価は半値以下まで暴落します。

求人倍率が1倍を下回ると、企業は採用や教育コストが掛かる未経験者の採用を辞めますね。2019年度までに内定を獲得するためには、今すぐに行動に移す必要があります。

有効求人倍率が1倍を下回ると...
  1. 教育や採用コストが掛かる未経験者を、IT企業は採用しない
  2. 転職エージェントに連絡しても、求人の紹介を断られる
  3. 労働市場に人材が溢れ、経験が浅いIT経験者も職を失う
  4. 正社員採用がリスクになり、派遣やフリーランスしか使わない
  5. 人件費が安い外国人を採用し、海外でシステムを開発する
  6. 日本人SEやPGは、国内で開発経験を積むのが難しくなる
  7. 売り手市場が終わり、プログラミングの無料スクールが終了する
  8. 都内で仕事が見つからず、地元に戻りアルバイトで生計を立てる

私たち未経験者は、次の不景気に備えて1日も早くIT企業で経験を積む必要があります。

専門スキルを身につけ必要な人材に成長できれば、リストラされる心配もなくなります。通常の会社員や労働者と違い、会社が倒産してもSEは生き延びていけますね。

IT未経験でも今すぐにSEを目指せる

マイナビを利用するメリットは...
  1. ハイキャリアではなく、第二新卒や20〜30代前半に強い
  2. IT専門の転職サイトで、IT未経験者の転職を得意とする
  3. 丁寧な対応の担当者が多く、初めての転職活動向き
  4. 大手2社よりも、親切な対応で高評価を得ている
  5. 大手2社にはない、中小の隠れ良企業を扱う
  6. 担当者が推薦状を書くので、書類選考の通過率が高い

公式サイト:SE・プログラマーの転職『マイナビエージェント×IT』

今すぐSEに転向する1番最適な方法は、未経験に強いエージェントを利用する事です

未経験者に強いサイトを利用する事で、ブラックを避けられる確率も高くなりますね。個人的な1番のお勧めは「マイナビ×IT」です。なぜならば、私自身がマイナビを利用する事で、客先常駐のブラックから脱出できたからです。

転職先は、海外に開発拠点があり受託開発がメインのSIer系でした。

大手ではなく、社員が100人前後のどこにでもある普通の中小企業です。毎年40〜60万円ペースで昇給し、4年後には年収が520万円を超えます。知名度もなく大手や上場企業ではないけれども、この会社は私にとっては優良企業ですね。

20〜30代前半の未経験者に絞れば、大手2社(リクナビ、DODA)よりも求人の質は高いです。大手2社は利用者数が多すぎるため、機械的な対応になるのは避けられません。ブラックを避けるためにも、マイナビが1番のおすすめです。

社内研修があるIT企業に就職できれば、月20万円の給料を貰いながらスキルを習得できます

評価:【マイナビ×ITの評価】本当に未経験でもブラックを避けられる?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください