【オンライン対応の通学制】プログラミングスクール3校の比較

プログラミングスクール は大きく分けると、完全オンライン制と通学生のスクールの2つに別れます。さらに最近では、オンラインにも対応している通学制のスクールも増えていますね。

通学ができてオンラインにも対応してると聞くと利便性が高いように感じますが、実はスクールのサービスの中身を見ていくとマイナス面の方が大きいです。

ならならば、スクールに通学できない人は、サービスの質が大きく低下するからです。オンラインで質問しても、目の前の受講生を優先するため返答が遅れるし、スクールを利用しなくても教室の運営費を無駄に支払うことになります。

なかには学生がアルバイト講師を勤める事も多く、質が悪いスクールが多いものもあります。

ここでは、オンラインに対応している通学制のスクール3校を比較して紹介します。

オンライン対応の通学制で学びたい人向け
  1. オンラインに対応している通学制のデメリットは?
  2. 完全オンライン、完全通学制を選択するメリットは?
  3. オンラインに対応している通学制スクール3校の比較

▼▼転職支援(無料、全額保証)があるプログラミングスクール3社▼▼

  1. 20代、関東在住なら無料で利用できるProEngineer
  2. 20代、オンラインで自宅や職場から自由に受講できるCodeCamp
  3. 30代でも、転職保証が受けられるTECH::EXPERT

プロエンジニア 』は、入校料、授業料、転職支援が全て無料で利用できる唯一のプログラミングスクール です。受講中に就職を辞退しても罰則や罰金はありません。

コードキャンプ 』は、就職先が決まらないと、20万円の授業料が返金されないことに注意してください。テックエキスパート』は、30代でも唯一転職保証が受けられるスクールです。しかし、就職先が決まると授業料は返金されません。

無料スクールは、2019年にはもうない可能性もあります企業が人材不足を解消する、景気が変わり未経験者の需要がなくなると廃止されるからです。

未経験者の需要が高い今のうちに利用しましょう。

参考:未経験者が無料で受講できるプログラミングスクール まとめ

オンライン・通学制で学ぶメリット・デメリットは?

なぜ、オンラインに対応している通学制のスクールがお勧めでいないのか、その理由を紹介します。

オンライン通学制で受講するデメリットは?

オンライン・通学制のデメリット
  1. 通学できない人は、サービスの質が低下する
  2. スクールの維持費が掛かるため、費用が高い
  3. 格安なスクールは学生アルバイトが多く、スクールの質が悪い

オンライン対応の通学制スクールは利便性が高いように感じますが、デメリットが多くあまりお勧めできません。

まず、第一に通学できない人は損をするからです。

通学でいない人がオンラインで質問を投げても、スクールにいる受講生を優先するため回答するまでに時間が掛かります。また、通学制は都内の一等地に教室を抱えるため、スクールを利用していなくても割高な運営費を負担します。

また、通学制にも関わらず費用が安いスクールは、大学生のアルバイトが講師を勤めています。そのため、学生さんが趣味レベルで学ぶならいいが、本気でスキルを学びたい社会人からは苦情が多いです。

大学生が講師を務めるスクールの口コミ

テックキャンプ 、31歳の会社員

現役のエンジニアが指導してくれるのかと思っていましたが、メンターは大学生ばかりでした。自分のメンターは丁寧でわかりやすく教えてくれましたが、中にはメンターに不満を持っている人もいました。

エンジニアとして働いたことのない人たちばっかりだったので、実際の現場でどのように働いているのかとかも聞けず、実践的なスキルはつきませんでしたプログラミングを始めようとする人には良いかもしれませんが、本格的なエンジニアを目指すことは難しいといった印象です。

参考:https://codelearn.jp/techcamp-shibuya/

完全オンライン制を利用するメリットは?

  1. スクールの運営費が安く、ユーザーは格安で利用できる
  2. 郊外や地方在住など、スクールに通学できない人も利用できる
  3. 仕事がどれだけ忙しくても、習い事と両立できる
  4. 交通費が1円も掛からない

オンライン制は、時間に余裕がない社会人に向いているサービスですね。

完全通学制を利用するメリットは?

  1. 短期で集中して実践的なスキルを習得できる
  2. オンライン制よりも4〜8倍速で習得できる
  3. 受講生同士で交流ができ、チームを組んで開発ができる
  4. 転職を保証するスクールが多い

完全通学制は、時間に余裕があり集中して学びたい人に向いています。

つまり、オンラインにも通学にも対応しているスクールは、サービスのターゲットが中途半端になるからです。ターゲットが絞れないと維持費が高くなり、それを負担するのは利用者です。

集中して短期間で学びたいなら完全通学制、地方在住者や仕事が忙しい社会人なら完全オンライン制など、どちらか一方を選択した方が良いですね。

オンライン・通学制のスクール3校の比較

テックブースト テックキャンプ ウェブキャンプ
概要 Web開発の他に、人工知能やブロックチェーンの基礎が習得できる Web開発の他にVR/3D開発、iPhone、人工知能の基礎が習得できる Webスキルのパーソナルジムを売りに、1ヶ月からでも受講できる
受講場所 渋谷校、提携先のコインスペース(6店舗)、自宅 東京6箇所、名古屋校、梅田校、自宅 渋谷校、自宅
費用 月額10万円(学生7万円) 月額12,800円(入学金13万円) 1ヶ月:13万(学生:10万)
授業形式
  • カリキュラムに沿って学習する
  • オンライン、オフラインでいつでも質問できる
  • 専属の講師が付いてくれる
  • ビデオとテキスト形式で学習を進める
  • オンライン、オフラインでいつでも質問できる
  • 教室を自由に利用できる
  • 専属メンターのが付く
  1. 好きな時間(11-22時)に教室(渋谷)に通える
  2. オンラインで好きな時に講師に質問できる
  3. 講義形式ではなく、専属の講師が指導してくれる
講師質 現役エンジニア 学生アルバイトもいる 学生アルバイトもいる
特徴 最新技術が学べますが、授業料はオンライン制と比較して高額です。 受講期間が長いほど割安ですが、学生アルバイトも多くお勧めできません。 受講料が高い上に学生アルバイトも多くお勧めできません。
無料体験 【テックブースト 】 【テックキャンプ 】 【ウェブキャンプ】

全体的にオンラインにも通学にも対応しているところは、残念なスクールが多いです。

最新技術を学べるのは魅力ですが、IT未経験者であればまずは集中して基本的な基礎スキルを習得した方が良いですよね。カリキュラムを豊富に揃えるのは一見魅力に見えますが、スクールの維持費を高くするだけです。

学生割引を設けるスクールも多く、趣味レベルでプログラミングを学びたい学生向けですね。

そのため、時間に余裕がない社会人であれば、完全オンライン制のスクールを利用しましょう。集中して短期で学びたい人は完全通学生の方が良いですね。

▼▼IT業界は深刻な人材不足で派遣の時給が高騰しています▼▼

参考:クリエイティブ系・IT系が過去最高「2189円」(エンジャパン)

派遣の時給は、2013年12月から28ヶ月連続で前年同月比プラスを更新しています。なかでもITエンジニアの時給は最も高く、2018年に2189円まで増えました。180時間労働すると月39万円の収入ですね。

IT業界の人材不足は過去に例がないほど深刻です。

  1. 現在17万人のSEが不足しているが、2030年には57万人に達する(経済産業省)
  2. 全業界の転職求人倍率は「2.36倍」、IT業界は「6.15倍」(DODA)
  3. 派遣SEの月給が「48万円」を超えるほど、給与が高騰している(派遣会社)

そのため、プログラミング経験がない未経験者でもIT企業に入社できます。

ただし、この状況はいつまで続くかは誰にもわかりません。IT企業は人材不足を解消するため、外国人SEを大量に採用しています。日本政府は労働者不足を理由に、移民を受け入れる準備を進めていますね。

オンライン・通学制のお勧めのスクール3校

各スクールの詳細を簡単に紹介します。

1位:人工知能やブロックチェーンが学べる「テックブースト」

人気コース 月額コース10万円
受講後のスキル PHPを用いて簡単なWEBサイトをひとりで制作できるレベル。製作したアプリを武器をIT企業へアピールできる。
学べる技術
  1. Web開発の基礎(HTML/CSS/Ruby)
  2. Rubyを用いてオリジナルアプリの制作
  3. 人工知能、ブロックチェーン、IoT(ひとつだけ)の基礎知識
授業形式
  1. カリキュラムに沿って基礎を学ぶ
  2. オンライン、オフライン(渋谷)どちらでも対応可能
  3. 24時間オンライで専属の講師に質問できる
  4. 月に数回の講師のメンタリングが受けられる
利用対象者
  1. WEB開発の基礎を学びたい人
  2. 最新技術(人工知能、ブロックチェーン、IoT)の基礎を学びたい人
  3. 関東圏に住み(神奈川、埼玉、千葉、渋谷に通学できる人
  4. 学生割引が利用できる学生さん
費用
  1. 月額100,000円(学生70,000円)最低3ヶ月〜
デメリット
  1. 最新技術の基礎が学べる以外に特徴が乏しい
  2. 利用者が少なく実績に乏しい
  3. 3ヶ月で受講料は30万円と割高である
メリット
  1. 人工知能など最新技術の基礎が学べる
  2. 運営元が正社員やフリーランスの就職支援をしている
  3. 提携しているコインスペース
  4. 学生割引で9万円安くなる
無料コース 無料コースはなし。
受講場所
  • 渋谷(徒歩8分)東京都渋谷区円山町28-3 5F
  • コインスペース(都内5店舗・横浜1店舗)が利用できる
  • オンライン対応のため自宅からも可能
無料カウンセリング 無料で30分のカウンセリングが受けられます。

公式サイト:3ヶ月間のプログラミングスクール【Tech Boost】

テックブーストは、2017年11月に開校した新しいプログラミングスクールです。

他のスクールにない最大の特徴は、基礎的なWeb開発の知識の他に「人工知能、ブロックチェーン、IoT」の最新技術をひとつ選択して学べることです。また、学習場所で「コインスペース」を利用できるのも魅力ですね。

コインスペースは起業家やフリーランスが利用する時間制のワークスペースです。

ただし、他のスクールと比較した時に授業料は高め、最新技術を学べる以外に特出した特徴がないのが残念です。最新技術を学びたい人にはお勧めできますが、それ以外の人は他のスクールも検討してみましょう。

評価:【テックブースト】悪い評判|コインスペースの作業場所は?

2位:人工知能やVR3D開発が学べる「テックキャンプ」

人気コース 月額12,800円コース(入学金128,000円)
受講後のスキル Webサービス開発、VR/3D開発、iPhoneアプリ開発、人工知能など幅広い知識が習得できる。
学べる技術
  1. Webサービス開発
  2. VR/3Dゲーム開発
  3. オリジナルサービス開発
  4. Webデザイン
  5. AI人工知能入門
  6. iPhoneアプリ開発

ただし、全体的に広く浅く学ぶことになります

授業形式
  1. 全国に8箇所ある教室が利用できる
  2. オンラインでいつでも質問できる
  3. 専属メンターのカウンセリング
  4. ビデオ教材で学習を進める
  5. オリジナルアプリ開発のサポートをしてくれる
利用対象者
  1. 幅広くプログラミングのスキルを習得したい人
  2. VR/3Dなどのゲーム開発へ進みたい人
  3. AI人工知能の入門レベルの知識を学びたい人
費用
  1. 1ヶ月、128,000円
  2. 2ヶ月、140,000円
  3. 3ヶ月、152,800円
デメリット
  1. メンターと呼ばれる講師は学生アルバイトが大半
  2. 内容が浅く実践的なスキルが身につかない
  3. 入学金13万円が異常に高いと感じる
メリット
  1. 他スクールと比較して幅広い知識が習得できる
  2. VR/3D、人工知能など最新技術を学べる
  3. 受講を開始から1週間の全額返金保証がある
  4. 東京以外(名古屋、梅田)にスクールがある
無料コース なし。転職支援はあるが、他スクールの紹介会社を紹介される
受講場所
  1. 渋谷校:東京都渋谷区道玄坂2丁目10番12号
  2. 新宿校:東京都新宿区新宿2-19-12静銀ビル5F
  3. 池袋校:東京都豊島区南池袋3-13-8ホウエイビル9F
  4. 東京駅前校:東京都中央区京橋1-11-2八重洲MIDビル7F
  5. 御茶ノ水校:東京都千代田区外神田2丁目7−1
  6. 早稲田校:東京都新宿区馬場下町62−18
  7. 名古屋校:愛知県名古屋市中村区則武1-9-19
  8. 梅田校:大阪府大阪市北区中崎西2-4-43

オンラインに対応しているため自宅からでも可能

無料説明会 今なら無料で体験レッスン(30分)が受講できる

公式サイト:【TECH::CAMP(エンジニアスクール)】

テックキャンプは、WEB開発や最先端技術が学び放題で受講できる、ちょっと変わったプログラミングスクールです。

他のスクールにない最大の特徴は、定額料金でWEB開発、iPhoneアプリ開発、VR・3D開発、人工知能の基礎が幅広く学べます。

ただし、ひとつ残念な点があります。講師を勤めるメンターは大半がテックキャンプを過去に卒業した大学生ですそのため、実践的なスキルを学びたい社会人には向いていません。

評価:【テックキャンプ】悪い評判|メンター講師の大半は学生アルバイト

3位:学生割引が利用できる「ウェブキャンプ」

人気コース プログラミングコース(1〜3ヶ月)
受講後のスキル Rubyを習得し、簡単なSNSサイトやECサイトがひとりで制作できる
学べる技術
  1. デザインの装飾(HTML/CSS)
  2. 動的なサイト制作技術(JavaScriptjQuery)
  3. WEBサイト制作(Ruby/MySQL)
授業形式
  1. 好きな時間(11-22時)に教室(渋谷)に通える
  2. オンラインで好きな時に講師に質問できる
  3. 講義形式ではなく、専属の講師が指導してくれる
利用対象者
  1. プログラミングの基礎を学びたい人
  2. 自分のペースで学習を進めたい人
  3. 都内に住み渋谷に通学できる人
費用
  1. 1ヶ月:128,000円(学生:99,800円)
  2. 2ヶ月:218,000円(学生:178,000円)
  3. 3ヶ月:298,000円(学生:228,000円)
デメリット
  1. 講師はアルバイトの学生も多くレベルが低い
  2. 講師のレベルが低いと教室に通う独学と変わらない
  3. 学生割引を利用できない、社会人の受講料は割高
メリット
  1. 学生ならば学生割引を利用して格安で受講できる
  2. 自分のペースで学習を進められる
無料コース なし
受講場所 神南校(渋谷駅8分)東京都渋谷区神南1-19-11-4階
無料体験会 無料で体験会(渋谷)に参加できます

公式サイト:Webスキルのパーソナルジム【WebCamp】

ウェブキャンプ(WebCamp)は、「Webスキルのパーソナルジム」を売りにしてるスクールです。

ただし、講師を担当するメンターは学生のアルバイトも多数いるため、エンジニアを目指す社会人にはお勧めできません。学生割引を利用できる学生向けのプログラミングスクール です。

評価:【ウェブキャンプ】悪い評判や口コミ|講師は学生バイトが多数

▼▼プログラミング未経験でもSEになれる▼▼

IT業界は未経験でも入社できる、専門職の中では珍しい職種ですただし、未経験者はブラックに入社する確率が高いのは事実なので、慎重に行動する必要がありますね。

ブラックを避けて普通のIT企業に入社したことで、私は次のメリットがありました。

SEに就職する利点
  1. 経験年数に合わせて、給料が右肩上がりに増える(4年で300→520万円
  2. 納期がない月は、毎日定時に帰宅できる(月の残業は20時間
  3. 転職市場で、高く評価されるスキルを習得できた(+50〜100万円で掲示
  4. 社内開発できる企業に就職し海外勤務」と「海外出張」を経験できる
  5. 本業の他に、ネットビジネスを利用して副収入を得られる(月に10万円以上

まとめ:オンライン・通学ができるスクール3校

オンライン・通学制のデメリット
  1. 通学できない人は、サービスの質が低下する
  2. スクールの維持費が掛かるため、費用が高い
  3. 格安なスクールは学生アルバイトが多く、スクールの質が高い

個人的には、オンライン対応がある通学制スクールにはあまりメリットを感じていません。スクールの維持費が掛かる上に、オンラインで朝から夜遅くまで対応するなどデメリットの方が大きいからです。

どちらか一方に絞った方が、費用対効果が高いサービスを利用できますね。

全プログラミングスクールの比較表

プログラミングスクールは、大きく分けて「完全オンライン型」「完全通学型」「オンライン/通学型」の3つのタイプに別れます。

スクールを選択する際には、「費用対効果」「社会人向け」「転職支援が付き無料で利用できる」など、目的に合わせて選択することをお勧めします。

スクール 費用 社会 無料 スクールの特徴
オンライン型

 

 

 

コードキャンプ

2ヶ月:15万

コードキャンプ 』はマンツーマン型のオンラインスクール。業界最大手で授業の質が高く費用は安い。IT企業へ就職を決めると授業料が無料になる。

おすすめ度:★★★★★

ポテパンキャプ

3ヶ月:10万

ポテパンキャンプ』はRubyに特化した経験者向けのスクール。無料で受講できるコースがあるが、20代、関東圏が対象。

おすすめ度:★★★★☆

テックアカデミー

2ヶ月:18万

× 『テックアカデミー』は自習型のオンラインスクール 。学生割引を適用でき学生向け。

おすすめ度:★★☆☆☆

侍エンジニア

3ヶ月:43万

× × 『侍エンジニア塾』は完全オーダーメイドのスクール。ただし、費用は割高で利用するメリットは薄い。

おすすめ度:★☆☆☆☆

通学型

 

 

プロエンジニア

3ヶ月:0円

 × プロエンジニア 』は短期集中の通学制スクール。全て無料で利用でき、卒業後の就職先の企業は3500社。転職できなくてもペナルティはなし。ただし、関東圏在住の20代のみ。

おすすめ度:★★★★★

テックエキスパート

3ヶ月:42万

『テックエキスパート』は、全額返金の転職保証が付き30代、社会人でも利用できる。場所は渋谷校、梅田校、名古屋校。

おすすめ度:★★★★☆

ウェブキャンププロ

3ヶ月:50万

× ウェブキャンププロ 』は全額返金の転職保証が付き、転職成功率は98%。ただし、渋谷校に通学できる20代、社会人以外が対象。

おすすめ度:★★★★☆

0円スクール

3ヶ月:0円

 × 0円スクール』は短期集中型の通学制スクール。全国にスクールがあり、IT企業に入社する意思があれば35歳でも利用できる。ただし、卒業後は運営元の企業で働く。

おすすめ度:★★☆☆☆

ネットビジョンアカデミー

2ヶ月:0円

× ネットビジョンアカデミー 』はネットワークエンジニア専門のスクール。無料で利用できるが応募資格は30歳まで、東京の中野に通学できる人のみ対象。

おすすめ度:★★☆☆☆

オンライン・通学

 

 

ウェブキャンプ

1ヶ月:12万

× × 『WebCamp』はプログラミングジム形式のスクール。ただし、メンターと呼ばれる講師は学生アルバイトが多くお勧めできない。

おすすめ度:★☆☆☆☆

テックブースト

3ヶ月:30万

× × テックブースト』は人工知能、Blockchain、IoTなど最先端技術の基礎が学べるスクール。最先端技術を学びたい人には魅力だが、それ以外には大きな特徴がない。

おすすめ度:★★☆☆☆

テックキャンプ

3ヶ月:17万

× × テックキャンプ 』は、入会金の128,000円支払うと、Web、ゲーム(VR・3D)、人工知能、iPhone開発の授業が受け放題になる。ただし、広く浅く習得するため、知識が深く身につかないのが難点。

おすすめ度:★★☆☆☆

プログラミングスクールは50社以上ありますが、1番のお勧めは「コードキャンプ 」です。

業界最大手で信頼でき、講師の質が高い上に授業料は格安だからです。20代であれば無料で受講できるコースもあります。

コードキャンプ が多くの人に利用される理由
  1. 業界最大手:登録ユーザーは2万人を超え信頼できる
  2. 業界最安値:完全オンライン型で費用を安く抑えられる
  3. 講師の質:現役エンジニアからマンツーマンレッスンが受けられる
  4. 社会人向け:仕事が忙しい社会人でも柔軟に対応できる
  5. エンジニア転職支援:IT企業に転職すると無料で受講できる

評価:【コードキャンプ】デメリットや評価|費用、無料転職支援の条件

参考:【未経験者向け】プログラミングスクール 全12校の比較とまとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です