未経験から海外で働くSEの英語力のつけ方|就職に必要なレベルは?

エンジニアの仕事を選ぶ理由に、言葉や国境の壁を超えてグローバルな環境で働けるから、と答える人は多いですよね。私自身も、この業界を選んだことで、海外就職を実現できたので良かったと思っています。

  • 「未経験だけれど、これから海外就職や外資系勤務を本気で目指したい。」
  • TOEICで900点以上、高いITスキルがないと海外で働くのは難しいですよね?」
  • 「未経験からSEを目指して、海外就職に必要な語学やITのレベルは?」

業界経験がない未経験者が、いきなり英語を使う職場で働くのは現実的ではありません。

しかしながら、海外勤務や外資系勤務のハードルは意外と高くはありません。最低2年ほどの開発スキルと日常会話レベルの英語力があれば実現できます。もちろん、求める英語力やITスキルは、採用する企業によって異なります。

ただし、私たちエンジニア(未経験者)が、英語を学ぶのは簡単なことではありません。

学生であれば時間は無限ですが、私たち社会人は1日に使える時間は限られます労働時間が長いブラックで働く人は、10分ですら勉強する暇はないですね。私たちは、効率良く学ぶ方法を身につけないと高い確率で挫折します。

私は海外で働きたいと思い英語を学び始め、その2年後に海外勤務を実現できました。

ここでは、私たち本業の仕事が忙しいSEや未経験者が、海外就職を実現するためのポイントやコツを紹介します。

海外で働きたい人向け
  1. 海外就職に求められる現実的な英語力は?
  2. SEをしながら語学を上達させるポイントは?
  3. 英語を短期間で効率良く習得する勉強法

▼▼未経験から語学を活かして働きたいなら▼▼

  1. 外資系企業を多数扱うリクルートエージェント
  2. 海外に進出する日系企業を多数扱うマイナビエージェント×IT

個人的に1番のお勧めは「マイナビ」です。ブラック企業から脱出でき、海外に開発拠点がある社内開発の企業に就職できたからです。転職後は2年間の「海外勤務」、それから「海外出張」が経験できました(マイナビの評価はこちら)。

IT経験がない人が、最初から海外や外資系勤務を目指すのはハードルが高いですね。まずは、海外に開発拠点があり、グローバルに展開する日系企業を狙う方が良いですね。

海外就職に求められる現実的な英語力は?

英語の勉強方法を紹介する前に、転職市場で企業が求める英語力について考えてみましょう。

IT業界の労働市場では英語力は求められません。しかし、海外に事業展開している日系企業や、外資系企業に就職すると求められますね。

そこで気になるのは求められる英語力のレベルです。企業が求める水準は、それぞれ異なるので一概に言えません。

  1. 採用する時点で、ビジネスレベルの高い英語力やITスキルを求める企業
  2. 簡単な日常会話レベルの英語力と、実務経験を求める企業
  3. 実務経験さえあれば、語学に関しては学習意欲だけを求める企業

このように求められる英語力は、企業によって大きく異なります。

何が言いたいのかというと、入社時点で高いビジネスレベルの英語力とITスキルを求める企業もあるが、その数はごく少数です。このような企業は全体の5%にも満たず、貴重な人材を募集しているので、年収800万以上で掲示されることも少なくありません。

現実的に多くの企業は、自社で育てることを考えます。そのため、語学の高い学習意欲や実務経験があれば採用してくれる企業もあります。

2年程度の業務経験日常会話レベルの語学力でも、海外勤務は手が届く範囲にあります。

実際に私が開発拠点がある日系企業で海外勤務を果たした時は、開発経験がほぼなく日常会話が少し話せる程度でした。業界経験は3年未満です。

それでも、2年間の海外勤務を実現できたので、ハードルは高くないですね。

SEで働きながら語学を上達させるポイントやコツは?

なんとなく机に向かうだけでは、語学を習得するのは難しいですね。

ここでは、仕事が忙しいSEが効率良く学ぶために必要なポイントやコツを紹介します。

コツ1:英語よりも実務経験を重視する

海外就職を実現したいからと、実務経験よりも英語の勉強を重視する人もいます。

しかし、専門職であるIT業界で、ITスキルなしに市場価値が上がる事はありません。まずは、語学よりも実務経験を重視する必要があります。実務経験で特に重要なのは開発スキルです。

今現在、ブラック企業に勤めている人は、まずはその環境から脱出することを考えましょう。また、業界未経験者で、安易に英語を活かす仕事を選択する人もいますが、これもリスクがあるので避けた方が良いです。

未経験者向けに英語が活かせる人材を募集している求人は、9割がブラックです。

参考:未経験OKの英語を活かせる求人は危ない?|ブラックが9割だった

コツ2:スピーキングとリスニングに重点を入れる

語学を学ぶ時、学校教育では次の4つをバランス良く習得することを勧められます。

  1. 会話するのに必要なスピーキング力
  2. 英会話を聞き取るために必要なリスニング力
  3. 正しい文章で英語を書くために必要なライティング力
  4. 英語の文章を読むために必要なリーディング力

全て満遍なく学ぶのは、物理的に不可能です。海外に就職することを目的にするならば、スピーキングとリスニングだけに集中しましょう。

リスニングが鍛えられると、相手の話す事が理解できます。耳が理解できると、外国人を前にしても落ち着いて会話ができます。会話ができると、自信が付くので物怖じせずに堂々と話せますね。

ライティングやリーディングは、中学校と高校で習いました。私たち日本人が英語ができないと言われる理由は、英語を話せないからです

極端な言い方をすると、英語が話せる人は海外でも自由に働けます。ライティングやリーディングは、スキルを求められた時に習得しても自然と身につけられます。

私たちの時間が有限である以上は、選択と集中を意識しましょう。

コツ3:移動しながら学ぶ方法を取り入れる

語学習得が挫折する最大の理由は、本業の仕事が忙しくなるからです。どれだけやる気に満ちていても、1週間勉強できない期間があると9割の人が挫折します。

通勤中に英語を学ぶ方法を事前に準備する事で、仕事が忙しい間も継続して学べます。

私の場合は、動画(海外ドラマ、英語のスピーチ)をスマホにダウンロードして通勤中に聞いていました。仕事がどれだけ忙しくても、英語が上達している実感が得られます。

コツ4:楽しく学ぶ方法を取り入れる

語学を挫折する人の特徴を見ていると、苦行のように耐えながら勉強する人が多いです。

語学は人とコミュニュケーションするためのツールです。本来であれば楽しみながら勉強するものですよね。語学がつまらないと感じる理由は、応募者を落とすための試験の答えを必死に覚えるからです。

人間は苦痛から逃れる事を考えるので、我慢して続けた勉強は1ヶ月で挫折します。

楽しみながら習得する人は、1年でも2年でも継続できますね。

コツ5:TOEICや英検はあえて捨てる

英語を勉強する目的が海外就職であれば、TOEICや英検の勉強はあえて捨てましょう。

なぜならば、TOEICの点数と会話力は比例しないからですTOEICが900点を超えていても、まともに話せない人は多いですよね。

TOEICの点数が重視される理由は、面接を受ける側が英語を話せないからです。彼らは、自分たちで応募者の英語力を判断できないので、点数を見るしかありません。

実際に私はTOEICの点数は400点もないですが、過去に英語を使って働いた実績があるので、点数を見られる事はありません。実績がないからとTOEICで高得点を狙う気持ちはわかりますが、苦痛を伴うので挫折するリスクが高くなります。

「TOEICで800点取りました」と面接で伝える代わりに、「ビジネスの経験はないですが、英語で自分の意見を相手に伝えるのは問題なくできます」と答えましょう。

コツ6:完璧な英語を求めない方が成功する

単語や文法が間違えたら嫌だなと考える人ほど、英語を話さないですよね。

でも、海外就職や英会話で大事なのは、自分の意見を伝える事です。相手に伝えたいことが伝われば、文法や単語は関係ないですね。

国際会議に参加するようなプロの通訳者でない限り、私たちは完璧に話す事は出来ません。通訳者になる人たちは学生の頃から熱心に英語を習い、10年以上継続して学び続けている人ですね。

私たちの職業はSEなので、英語はコミュニュケーションを円滑にするために使えれば十分です。

過去完了形ではなくても、言いたい事が伝われば良いですよね。

英語を短期間で効率良く習得する勉強法

語学を学ぶコツやポイントを抑えた上で、具体的に英語を勉強する方法を考えた方が良いですね。英語を勉強する方法は100通り以上あるので、自分に合うやり方を探しましょう。

私は次のやり方で英語を習得しました。半年も継続して学ぶと、外国人と議論やディスカッションができるレベルまで上達します。英語に使う時間は、長くても1日に1時間です。

リスニング力を鍛える

リスニングを鍛えるコツは、移動時間や空き時間に生の英語をたくさん聞くことです。

その1:TEDのスピーチを視聴する

TEDは、世界的に有名なカンファレンスを無料で聞けるサイトですね。スマホのアプリにもあるので、ダウンロードすればスマホから視聴できます。

英語字幕、日本語字幕が付いているので英語の勉強に役立ちます。ITテクノロジー系のカテゴリもあり、最新の技術、これまでにない斬新なアイデア、考え方を発表しているプレゼンテーションは純粋に楽しいです。

スマホから視聴できるので、通勤中もに聞けますね。前日にリスニングする内容を決めておくと、ワクワクした気持ちで電車移動ができます。

参考:TED Ideas worth spreading

その2:英語字幕の海外ドラマを視聴する

Huluは、海外ドラマが豊富な動画配信サービスです。

Huluを利用するメリット
  1. 海外ドラマの生の英語を毎日聴くことができる
  2. 月額料金933円(1日31円)で英語字幕の海外ドラマが見放題
  3. スマホ端末を利用して、通勤中も視聴できる
  4. 違約金なしで、いつでも入会・退会できる

楽しんで英語を学ぶという点で、1番お勧めなのは海外ドラマです。

耳が英語に慣れて聞き取れるようになるのは、1000時間聞く必要があると言われています。海外ドラマを1000話見れば達成できますね。人気ドラマ「24」をシーズン8まで見ると、106時間稼げます。

他にも、「LOST」はシーズン6、「ウォーキングデッド」はシーズン9、「フレンズ」はシーズン10、楽しみながら1000時間に到達できます。

公式サイト:【Hulu】今なら2週間無料トライアル実施中

スピーキング力を鍛える

その1:オンライン英会話を活用する

レアジョブを利用するメリット
  1. 1回あたりのレッスン料は193円
  2. オンラインなので、自宅から毎日レッスンが受けられる
  3. レッスンの受講時間は朝6時から深夜1時まで
  4. スピーキング力を重点的に鍛えられる

レアジョブのレッスンを毎日受講すると、3ヶ月後には自分の意見を相手にスラスラと伝えられます。6ヶ月以上継続すると、議論やディスカッションもできるようになりますね。

月額6000円なので、1回あたりのレッスン料は缶コーヒー2本以下ですね。

私が海外勤務を実現できたのは、レアジョブのおかげです。

その2:シェアハウスに住む

私は外国人と定期的に話すために、シェアハウスに引っ越しました。

シェアハウスのメリットは、次の点です。

  1. 外国人が入居者の4割を占め、定期的に英語を話す機会がある
  2. 初期費用(敷金礼金)、家具がいらないので安く入居できる
  3. 住居費用に、光熱費、水道代、通信費など含まれる
  4. 1人用の賃貸と比較して、2割ほど家賃が安い

シェアハウスに住み外国人と話す機会が増えた事で、物怖じせずに英語が話せるようになりました。国際恋愛に発展する人も多く、英語を短期間で上達する人もいます。

海外に就職できて良かったこと

私はこの業界で働くたくさんの人に、海外勤務を実現して欲しいと思っています。

何故ならば、私自身が2年間の海外勤務を実現でき、人生を大きく変えるほどの次のメリットがあったからです。

  1. 海外勤務から日本に帰国し、劇的に給料が増えた(300→520万円)
  2. 語学の実務経験ができ、転職の選択肢が劇的に増えた
  3. 常に英語に触れる環境で働き、語学スキルが劇的に向上した
  4. 週末は海外気分を味わえた、国内や周辺国を毎週末旅行できた
  5. 外国人の同僚や友達がたくさんできた
  6. 大きな目標を実現でき、自分に自信が持てた
  7. 日本以外でも働ける選択肢を持つことができた
  8. 専門職で英語ができる人材は貴重なので、希少性が高いSEに慣れた

海外就職を実現するのは、それほど難しいことではありません。

私が海外勤務を実現できた時は、業界経験が3年未満(ブラック企業)、実務の開発経験はほぼなし、語学は簡単な日常会話ができる程度です。この経歴では、普通に考えて海外就職は無理ですよね。

実は、海外勤務を実現するためには、語学スキルや開発経験よりも、タイミングや行動力の方が大事です。私が海外勤務できる企業に就職できたのは、転職エージェントの担当者に事前に希望を伝えていたからです。

海外勤務の案件がオープンになった時に、担当者から直接電話をもらい、そこからトントン拍子に話が進み、その1ヶ月後には海外勤務が決まりました

海外に関する案件は、国内の案件と比較して圧倒的に数が少ない上に(300分の1以下)、人気が高いので転職市場に出てもすぐに埋まります。しかし、事前に担当者に希望を伝えておくことで、優先して回してくれます。

このようなケースの場合、転職エージェントは両者の要望(採用する企業と応募者)を聞いた上で紹介するので、高い確率で成約します。

海外就職を目指すのであれば、転職エージェントに登録しておくのは絶対条件です。

▼▼未経験から語学を活かして働きたいなら▼▼

英語に関連した業務の経験がない未経験者が、将来的に語学を活かして働きたいなら、海外に開発拠点がある日系企業に就職するのが1番の近道です。近年は、資金力が少ない中小やベンチャー企業でも、海外に進出しています。

私が入社した企業も、社員が100人以下の中小でしたが海外に開発拠点を複数ありました。

日系企業を選択するメリット
  1. 海外に進出できるほど利益があるので、ブラックである確率が低い
  2. 入社時点で、高い語学力を必要としないこと
  3. 即戦力重視はなく、経験が浅い人材を育てる風土があること
  4. 語学習得に使う費用を、会社が負担してくれる
  5. クライアントは日本企業なので、外資系よりもハードルが低い
  6. 上司に希望を出せば、海外の開発拠点で働ける可能性がある
  7. 海外勤務する際には、現地の住宅、ビザ取得などサポートが充実している

入社した当初は、開発スキルがほぼない状態で不安でしたしかし、2ヶ月の社内研修もあり、海外に渡航するまでに語学力を伸ばす期間がありました。この時の転職活動で利用したのが「マイナビ」です。

評価:【マイナビエージェント×IT】悪い評価|20代、第二新卒以外は苦手

まとめ:未経験から海外で働くSEの英語力のつけ方

SEで働きながら語学を上達させるコツ
  1. 英語よりも実務経験を重視すること
  2. スピーキングとリスニングを重点的に学ぶ
  3. 移動しながら学ぶ方法を取り入れる
  4. 楽しく学ぶ方法を取り入れる
  5. TOEICや英検はあえて捨てる
  6. 完璧な英語を求めない方が成功しやすい

海外就職を実現するのは、実は意外と難しくありません。

私は海外で働きたいと思い英語を学び始め、その2年後に海外勤務を実現できました。

なぜ、短期間で目標を実現できたかというと、正しいやり方で勉強したからですね。語学に挫折する人は、根性論や精神論で勉強する人が多いです。しかし、1日に使える時間は限られるので、ある程度頭を使わないと難しいですよね。

海外就職を実現するためには、事前に転職エージェントに相談する事をオススメします。

海外案件は数も少なく、人気があるので、転職市場に出るとすぐに応募が埋まり終了します。担当のエージェントにあらかじめ希望を伝えておく事で、求人がオープンになった時に優先して紹介してくれます。

実は、私のスキルが十分に満たしていないにも関わらず、この企業に採用されたのは担当者から直接電話で頂き紹介してもらったからです。

語学を勉強するのも大事ですが、先に手回しする事で実現しやすいですね。

参考:未経験からの海外就職は可能なのか?|就職する方法は2つある

1日も早く行動に移した方が良い理由は?

現在IT業界は、書類を送付すれば誰でも企業から内定を得られます。なぜならば、転職倍率が6.79倍を超え、過去に30年にないほど売り手市場が続いているからです。全業種の倍率は2.49倍なので、他業種として比較して3倍も求人が余っています。

参考:転職求人倍率レポート(2019年1月)

しかしながら、この状況が続くのは長くても2019年までです

なぜならば、景気サイクルは8年周期で周り、再び金融危機が発生するからです。2008年10月28日に6,994円を付けた株価は、2018年12月に最高値の24,270円まで回復しました。現在は一時20,418円(8月15日)まで落ち込みましたね。

アメリカと中国の緊張が高まり、いつ米ダウ平均が暴落してもおかしくありません。アップル株はiPhoneの販売不振で暴落していました(232→142ドル)。一度不景気が発生したら、1週間も経たない内に株価は半値以下まで暴落します。

求人倍率が1倍を下回ると、企業は採用や教育コストが掛かる未経験者の採用を辞めますね。2019年度までに内定を獲得するためには、今すぐに行動に移す必要があります。

有効求人倍率が1倍を下回ると...
  1. 教育や採用コストが掛かる未経験者を、IT企業は採用しない
  2. 転職エージェントに連絡しても、求人の紹介を断られる
  3. 労働市場に人材が溢れ、経験が浅いIT経験者も職を失う
  4. 正社員採用がリスクになり、派遣やフリーランスしか使わない
  5. 人件費が安い外国人を採用し、海外でシステムを開発する
  6. 日本人SEやPGは、国内で開発経験を積むのが難しくなる
  7. 売り手市場が終わり、プログラミングの無料スクールが終了する
  8. 都内で仕事が見つからず、地元に戻りアルバイトで生計を立てる

私たち未経験者は、次の不景気に備えて1日も早くIT企業で経験を積む必要があります。

専門スキルを身につけ必要な人材に成長できれば、リストラされる心配もなくなります。通常の会社員や労働者と違い、会社が倒産してもSEは生き延びていけますね。

転職活動に今すぐ必要なものは?

転職活動を開始するに当たって、私たちが必要な準備は何もありません。また、私たちは全てのサービスを無料で利用できます。途中で就職を辞退しても罰金など一切ありません。

履歴書や職務経歴書は、キャリアコンサルタントと面談し転職の意思を固めた後に改めて準備すれば良いですね。面談することで進みたい方向性が決まり、その段階で具体的な準備を始めた方が手戻りが少ないです。

マイナビは、他の転職サイトにはない隠れ優良企業を多数扱います。私が社内開発ができる中小企業に就職できたのはマイナビのおかげです。大手リクナビやDODAだと、求人数が多いが優良企業は少ないのが難点ですね。

登録から面談までの流れ
  1. 公式サイトから「無料転職サポート申し込み」を選択する
  2. 希望勤務地や個人情報を入力する(3分で登録できる
  3. 担当者からメールか電話があり、面談日を指定する(平日夜や週末も可)
  4. 予約した日時に来社し、無料カンセリングを行う(所要時間は40分)
  5. 仕事が忙しく来社できない場合は、電話でも対応しています

キャリア面談後には、2万件ある求人から条件に合う企業を、20社前後紹介してくれます。紹介される案件に目を向けると「ITの経験がない未経験者でも、必要としてくれる企業がたくさんある」事に自信を持てますね。

それだけ、IT企業は人材不足に陥っているからです。

もちろん、働きたいと思える企業がなければ、無理に応募する必要はありません。売り手市場なので、私たちが企業を選ぶ立場にありますね。カウンセリング、転職サポートはすべて無料なので、途中で利用を辞めても違約金は一切発生しません。

ただし、キャリア面談は身構える必要はないが、転職活動は慎重に行いましょう。

なぜならば、転職活動は私たちの人生を大きく変える、最初の大きな1歩になるからです。自分自身の内面と深く向き合う事でやりがいのある仕事を見い出し、新しい人生の再スタート切るためにあります。

転職活動で巡り会う会社は、入社するかは別にしてそれぞれ深い意味があります。

私は新しい道を歩み始めた事で、大きく生涯収入を増やすことに成功し、夢だった海外就職も実現できました。もしも、あの時に転職活動しなければ、私の年収は30歳でも300万円のままです。実際に、8年間働き続けている元同僚の年収は330万円です。

30歳時点で年収に200万円も差があると、残りの生涯年収で6000万円も違いますねブラックで働いている劣等感で家族を持つこともできず、一生涯孤独で生きていたと思います。

未経験者の市場価値は年齢とともに減少するため、将来動く予定があるならば景気が上向いている今行動した方が良いです2019年以降では、金融危機が発生しもう手遅れである可能性が高いです。

登録に必要な項目は少ないので、通勤中にスマホからでも簡単に面談を予約できます。

会員登録と面談の日程調整、それから面談して求人を紹介してもらうのは、全ての工程で1時間も掛かりません後からキャンセルもできるので、会員登録だけでも先に終わらせた方が良いですね。登録フォームは3分で埋められます

公式サイト:SE・プログラマーの転職『マイナビエージェント×IT』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください