Studio by LIGの悪い評判は?|デザイナーの年収は250万円以下?

人気コース WEBデザイナー専攻(6カ月)
受講後のスキル デザイン、コーディング、マーケティング、ディレクションなど、Webデザイナーとして必要な知識やスキルを習得できる。
学べる技術
  1. デザインの装飾(HTML/CSS)
  2. 動的なサイト制作技術(JavaScriptjQuery)
  3. WEBサイトの制作
  4. ディレクター、UX、SEO対策
授業形式
  1. ビデオによる自己学習型
  2. 不定期で講座を開催
  3. 平日:12〜22時
利用対象者
  1. デザインを専門で学びたい人
  2. IT企業へ就職することを前提としていない人
  3. 東京(上野、池袋)に通学できる人
費用
  1. webデザイナー専攻(6カ月45万円)
  2. webプログラミング専攻(6カ月45万円)
  3. ネット動画クリエイター専攻(6カ月45万円)
デメリット
  1. 6カ月で45万円と授業料が高い
  2. 受講期間が6カ月とかなり長い
  3. デザイン中心のため、学べるスキルが物足りない
  4. 就職後のWEBデザイナーの給与は低い
  5. IT業界でWEB制作、デザインの需要は低い
  6. 運営元LIG社も、全体的に給与が低い
  7. スクールは上野と池袋のみ
メリット
  1. 6カ月でWEBクリエイターになれる
  2. 受講期間中に、2カ月かけてWEBサイトを制作する
  3. デザイン系に特化した専門スクール
無料コース なし
受講場所
  1. 上野校:東京都台東区小島2-20-11LIGビル
  2. 池袋校:東京都豊島区南池袋1丁目19-12
無料相談会 相談会に無料で参加する

現役クリエイターによる直接指導!Webクリエイタースクール【LIG】

Studio by LIGは、デザイン専門のプログラミングスクールです。他スクールにない最大の特徴は、現役クリエイターから本格的なデザインを学べる事ですね

しかしながら、Studio by LIGは万人向けのスクールではありません。

なぜならば、6ヶ月間受講して費用は45万円と高額だからです20代向けの無料コースや、転職保証が付くわけでもなく、利用者の負担は大きいですよね。また、専門職のIT業界では、デザインができるだけの人材の市場価値は低いです

Studio by LIGを卒業しても、年収250万円を得られたら良い方ですね。

将来のキャリアを考えるならば、デザインよりも開発系SEを目指した方が良いですね。開発系のスキルであれば、完全無料スクールを利用して0円でスキルを習得できます3ヶ月後にはSEとしてのキャリアをスタートできます。

ここでは、Studio by LIGのデメリットとメリットを紹介します。

LIGを利用したい人向け
  1. 「Studio by LIG」の7つのデメリットは?
  2. 「Studio by LIG」の良い評価・メリットは?
  3. 「Studio by LIG」の口コミや体験談は?

▼▼1円も料金が発生しない完全無料のスクール3校▼▼

  1. ProEngineer卒業後は就職先3500社から選べる
  2. ITCE Academy宿泊施設も無料、1ヶ月でSEになれる
  3. TECH::EXPERT30代でも転職保証が受けられる(有料)

プロエンジニアは、入学金、授業料、転職支援が全て無料です。受講中に辞退しても罰則や罰金は1円も発生ませんしかし、都内の教室は最大で30名を収容できるスペースしかなく、応募枠が埋まると翌月、もしくは翌々月まで待たされます。

参考:【プロエンジニアの評価】未経験からスキル習得しブラックを避ける?

完全無料のスクールは、2019年にはもうない可能性が高いです

金融危機が再び発生する、日本政府が移民を受け入れる、外国人PGで人材不足を解消すると、未経験者の需要が減るからです。需要が減るとスクールは、支援するIT企業がなくなり利益を確保できません需要が高い今だけ存在するサービスです。

無料スクールは20代向けなので、30代は「テックエキスパート」を利用しましょう。

「Studio by LIG」の7つのデメリットは?

Studio by LIGのデメリットを紹介します。

その1:6ヶ月で45万円と授業料が高い

他スクールの利用料金は...
  1. 完全オンラインのコードキャンプなら、6ヶ月でも30万円
  2. ポテパンキャンプのオープンクラスなら、2ヶ月で10万円
  3. 就職前提のプロエンジニアなら、3ヶ月受講しても0円
  4. 就職前提のITCE Academyなら、宿泊施設も無料で1ヶ月学べる

IT系の専門学校を卒業した場合、2年間で200万円以上の学費が掛かります。専門学校と比較すると、WEBサイト制作できるスキルを45万円で習得できるのは安いですよね

しかしながら、無料で学べるスクールが増えているため、割高に感じます。

ひと月の授業料が5万円以下のスクールでさえ、高いと感じてしまいます。IT企業へ就職することが前提ならば、まずは無料で受講できるスクールから順に検討しましょう。高い授業料を支払うか必要性があるかは、最後に検討するべきですね。

その2:20代向けの無料コースや転職保証がない

無料コースがあるスクールは...
  1. プロエンジニア:入学金、授業料、転職支援が無料で3ヶ月学べる
  2. ITCE Academy:IT未経験から1ヶ月間でインフラSEになれる
  3. Geek Job:最短2〜3ヶ月でWEBエンジニアになれる
  4. テックエキスパート:30代未経験者でも、転職保証が受けられる

Studio by LIGには、20代向けの無料コースがありません。

他のスクール「プロエンジニア」「ITCE Academy」「Geek Job」を利用すると、1円も支払わずにITスキルを習得できます。私たち未経験者が無料で習得できる理由は、人材を採用するIT企業が協賛金を支払う事で成り立っているからです

IT人材の需要が減れば無料スクールは自然に無くなるが、現時点で利用しない手はないですよね。

参考:【プロエンジニアの評価】未経験からスキル習得しブラックを避ける?

その3:デザイン系は専門性が浅く広い

デザインだけを学ぶデメリットは...
  1. デザイナーは、専門性が浅く広く誰でもできる
  2. 開発系SEよりも、デザイン系の平均年収は2〜300万円も低い
  3. 要件定義や上流工程ができないため、給料が増えない
  4. 外部に外注化するため、正社員で生計を立てられない

Studio by LIGは、デザイン専門のスクールですね。

IT業界を目指すにあたり、デザインしかできないのはリスクでしかありませんなぜならば、専門性が浅く広いため、給料が増えにくいからです。開発系SEと違い、上流工程やマネジメントにキャリアアップする道もありません。

また、デザイン関連は外部のフリーランスに委託する事も多く、正社員として採用される事自体も難しいです。

その4:デザイン系だと学べるスキルが物足りない

6ヶ月で習得できるスキルは...
  1. WEB画面制作:HTML/CSS/JavaScript
  2. 画像編集:Photoshopの使い方
  3. デザイン制作:illustratorの使い方

WEBデザイナー専攻で学べるスキルは、上記3つだけです。

WEB画面制作、Photoshopとillustratorの使い方を学ぶ費用が45万円なのは、個人的には高いと思います。デザイン関連のスキルであれば、書籍や動画サイトから学ぶ事でも得られますね。スクールで6ヶ月間費やすよりも、実務経験を積みながら求められるスキルを伸ばす方が良いですね。

その5:IT業界でWEB製作とデザインの需要は低い

需要が一巡したからでしょ。あと、SEO対策が無意味どころかむしろリスクになることが認知され始めたのも大きいかも。そうなると雑魚WEB屋は廃業するしかねーわな。技術的なSEOが無意味化していって、WEBの在り方がどんどん変わっていった時代に対応できない会社は潰れるのみだね。

参考:最近web制作会社潰れまくってない?

儲からないからやめていくだけでしょ。負債が増える前に、やーめーたっ!って経営者がなるんだと思う。有名企業を開拓しても凄く儲かるビジネスでもないし歯食いしばって守るようなビジネスでもない。フリーランスも安い金額で「頑張ります!」状態は3年が限界じゃないかな。急に対応悪くなったと出戻るお客さんもいる。

参考:最近web制作会社潰れまくってない?

IT業界でWEB制作の需要は、時代とともに急速に減少しています。

なぜならば、システム開発が簡素化され、誰でも簡単にWEBサイトを制作できる時代になったからです。日本人SEがサイト制作を発展途上国で行う、もしくは外国人PGを利用しなければ利益が出ない水準まで下がっています。

WEB制作の需要が減るなかで、WEBデザイナーだけを目指すのはリスクが高いです。

その6:デザイナーの年収はPGより68万円も低い

参考:DODA平均年収ランキング

DODAの平均年収ランキングによると、WEBデザイナーの平均年収は357万円だけです。WEBプログラマーと比較すると68万円、WEBディレクターと比較すると105万円も低い事がわかります。

実際には、デザイナー職で300万円超えたら良い方で、月給20万円で賞与なし、200万円台で働く人は多いです。デザインだけでは生計を立てられない厳しい現実があります。

その7:運営元LIGの若手の給与もかなり低い

デザイン系の給与は全体的に低い事は、スクール運営元のLIGを調べればわかりますね。

株式会社LIGの若手の年収は、200〜300万円に設定されています昇給は少なく賞与も業績次第なので、開発系SEと比較してかなり低いですね。

では、Studio by LIGにはどのようなメリットがあるのでしょうか。

「Studio by LIG」の良い評価・メリットは?

Studio by LIGのメリットは...
  1. 6ヶ月でWEBクリエイターになれる
  2. 2ヶ月かけてオリジナルWEBサイトを制作できる
  3. デザイン系に特化した唯一のプログラミングスクール
  4. 現役クリエイターである、LIG社員が指導してくれる
  5. デジタルハリウッド大学と業務提携している
  6. LIGが運営するコワーキングスペースを自由に使える

Studio by LIGは、デザイン系に特化した唯一のプロラミングスクールです。

デジタルハリウッド社と業務提携し、現役クリエイターが在籍するLIGの社員からデザインを学べるスクールは他にありません。受講期間は6ヶ月間ですが、後半の2ヶ月でオリジナルのWEBサイトも制作します。

本格的にデザインを学べるスクールは他にありません。

では、Studio by LIGを実際に利用した人は、どのように評価しているでしょうか?

「Studio by LIG」の口コミや体験談は?

Studio by LIGを利用して、たくさんの人がWEBデザイナーに転身しています。しかしながら、LIGと業務提携しているデジタルハリウッドの評価はあまり良くありませんスクールを利用する際には、十分に注意が必要ですね。

以下はデジタルハリウッド大学の口コミです。

Aさん)独学でも身に付くレベルしか習わない

正直、ここに通って全くの初心者でフリーランスになろうと思っている方 また、いいところに就職しようと思ってる方はここに通うのをやめた方が ぜったにいいと思うし後悔すると思う

初心者の方がここに通うメリットはライザップみたいなもので 自分で独学で勉強しようとしても怠けてしまう人の手助けをして くれるところだけ。 結局勉強しないという人でもなんだかんだ半年で50万という高額の授業料 を払わなければならないので大抵の人がそんな人でも勉強をするようになる。

なのである意味、初心者で本当にやる気がある人はここに来る必要はない。 何故なら、独学でも身に付く程度の技術しか教わらないからだ 逆にやる気のない方は独学を失敗する人を手助けする(ライザップみたいに) ような感じなので良いと思う。

ただし、初心者がここを卒業して少し技術が身についても フリーランスにはなれないし有名企業にはまずはいれない。 よくパンフレットに就職してるのを書かれてるのは 元々、優秀でデジハリに入らなくても一流企業に入れただろう 人であまりデジハリは関係ない。 何故か、たまにそういう人が受講している。

参考:スクール口コミ検索サイト

Bさん)スクールに入学した事を後悔している

これから入学を検討している人には私と同じような失敗をしてほしくないので色々書きます。 単純に一言でいうと、「むしろ夢や目標がある人程ここに行かない方が良い」です。 就職率→ 決して良くないし、コネも期待できない。

大手に就職した人は学年でもほんの数人の際立って優秀な人だけ。 あとはどんなに学んでも普通企業に就職するか派遣・契約社員、Uターン就職になるのが関の山 就職できない為、40%がわざと留年し1年後に就活する生徒が多いのが現実。

英語→ 留学してないのでそこは分からない。 TOEICの点を上げる為の英語教育は、高校の英語授業の様な感じでしっかりポイントを教えてもらえるので良い。 しかしそれ以外の英語の授業は時代遅れと言えるほど、ダメ。 教えるのが下手だし、肝心の生徒が必要としている英語のポイントを教えてくれない。 ただ生徒と講師が馴れ合うだけで中身がない。

クリエイティブ技術→ 良い講師に当たれば、やる気さえあれば身に付く。 悪い講師だと酷評されるだけだったり、贔屓されたりする。 講師が教えた内容はそこまで深くないし、大学で教える割には簡単すぎる内容だったので、卒業して思うのは 「独学でやった方が1年もしないで身に付くわ、コレ!」です。

授業内容も高い金を払って4年かけてCG、プログラミングを学ぶ価値があるかと言えば無い。 専門や学科分かれした大学で集中的に学んだ方が、みっちり身に付く。 総合→ 私の「授業についての口コミ」を参照にしてほしい。 肝心の受けたい授業を受けられないことが本当に沢山あったため、私はこの4年と金を無駄にしたと思う

この大学に入ったところで学びたい事が学べないなら、やる気があっても、それが運で選考されてしまうなら、もはや学校として機能していないも当然だ。 他の口コミでは「やりたい事が決まっている人ほどオススメ」と言うが、私は逆だ。

曖昧でもいいからジャンルで特定できる程学びたい事があるなら、絶対にこの大学はダメだ。 何度も言うが、専門学校や芸術大学、工業大学などそういった最初から最後まで専門的なものを学べる学校に行った方が自分の為になる。 他の同級生の卒業後も見て、この大学で学んだ事と残った物は無いに等しいほど、中身が薄っぺらで価値がない物だっだ これなら専門か芸術大学に行けば良かったと私は後悔してる。

参考:スクール口コミ検索サイト

Studio by LIGの評価ではないが、業務提携しているデジタルハリウッドは低評価が並びます。

全てのデザイン系スクールで言える事ですが、高い学費を支払ってまで学ぶ価値はありません。なぜならば、独学でも学べるほど専門性が低く浅い業界だからです。もちろん、クリエイティブな人材であれば高い能力やセンスが問われるが、デザイナーの95%はただの下請けで働くだけです

現実的にデザイナーだけで生計を立てるのが難しい事を考えると、開発系のSEを目指した方が良いですね。ここでは、完全無料で3ヶ月間学べる「プロエンジニア」というスクールを紹介します。

「Studio by LIG」と無料で学べるスクールの比較は?

0円でプログラミングを学べる、完全無料のスクールが増えています。

デザインだけのスクールに6ヶ月45万円を支払うのは、勿体ないというのが正直な感想です。SEに転身する事が学ぶ目的ならば、私たちは無料で学べるスクールを選択するべきです。また、できればデザインだけではなく、開発に必要なプログラミングスキルを学ぶ方が良いですね

プロエンジニアを利用すれば、開発スキルを3ヶ月間学べる上に0円で受講できます。両校を比較すると、次の結果になります。

Studio by LIG プロエンジニア
受講料
  1. Webデザイナ専攻(45万円
  1. 20代は無料(30代は要相談)
  2. 受講料は人材を採用するIT企業が負担する
期間 6ヶ月 3ヶ月
転職支援 なし プロの転職エージェント
講師の質 現役のクリエイター 現役のエンジニア
利用者 関東に住む20代の男女 関東に住む20代のみ
コース
  1. WEBデザイナー専攻
  2. WEBプログラミング専攻
  3. ネット動画ディレクター専攻
  1. 平日5日間コース
  2. 週3夜(月水金)コース
  3. 個別研修コース
開講時間
  1. 平日:12〜22時
  2. 週末:10〜20時
平日、週末:10〜22時
授業形式
  1. ビデオによる自己学習型
  2. 不定期で講座を開催
少数精鋭のスクール形式
受講場所 東京都内(上野、池袋) 東京都内(半蔵門、霞ヶ関)
メリット
  1. 6ヶ月でWEBクリエイターになれる
  2. デザイン系に特化した唯一のスクール
  3. 現役クリエイターである、LIG社員が指導してくれる
  4. LIGが運営するコワーキングスペースを自由に使える
  1. 途中で挫折、離脱しても罰金などペナルティがない
  2. 卒業後の就職先の企業は3500社以上
  3. 正社員就業率は96%以上
  4. 好きなタイミングで受講できる
  5. 正社員を続けながら利用できる
デメリット
  1. 6カ月で45万円と授業料が高い
  2. デザイン中心のため、学べるスキルが物足りない
  3. IT業界でWEB制作、デザインの需要は低く、卒業後の給与は低い
  4. 運営元LIG社も、全体的に給与が低い
  1. IT企業への就職が前提となる
  2. 年齢制限があり、断られる事もある
  3. スクールは都内しかない

Studio by LIGを利用する上で最大のデメリットは、受講料が高すぎることです。

高額なスクールを利用しても、高いレベルのスキルを習得できるとは限らないですね。また、IT業界でデザインだけできる人材の需要は低く、卒業後の給料は250万円前後しかありません。開発系SEと違い、上流工程やマネジメントにシフトできないため、キャリアアップも難しいですね。

現実的に考えた場合、デザインだけ学ぶよりも開発スキルも習得した方が良いですよね。プロエンジニアを利用すれば、無料でスキルを習得できます。私たちが無料で利用できる理由は、人材を採用する企業が協賛金を出し合うからです。

それだけ、プログラミングができるSEの需要は高い事がわかりますここでは、未経験から無料でSEになる具体的な方法を紹介します。

▼▼諦めなければ必ず目標は実現できる▼▼

私は多くのIT未経験者にSEを目指して欲しいと思っています。

なぜならば、職歴や学歴が重視されず正しい努力ができる人材であれば、必ず道が開かれる業界だからです。もちろん、未経験者はブラックに入社するリスクは否定しません

私が1社目に入社した先はブラックでした。夜の10時過ぎまで働くも残業代は1円も支給されず、時給に換算すると700円以下です。身体は疲れているのに、布団に入ると将来が不安で夜も眠れません

ある仕事帰りの電車の中、窓に映った惨めな自分の姿を目にします家事と仕事を両立し苦労して育ててくれた母親のことを思うと、自然と目から涙がこぼれ落ちました。しかしながら、それでも行動に移す勇気がなく、転職できずに3年が経ちます。

働くためだけに社会から生かされている生活に嫌気が指していた時に、知人から転職エージェントを紹介されました。転職に前向きになれないながらも、半ば強制的に就職活動が始まります。

その2ヶ月後に社内開発できる企業に就職し、私の人生は大きく変わりました。社内開発できる企業に入社後、転職してから4年後には年収500万円を超えました。決して大きな成功ではないが、家族にも恵まれ今は毎日幸せを感じています。

この知人のおかげで、自分を信じて行動すれば、必ず良い方向に進むことを知ります。未来は自分が思い描く事しか実現されないので、いま行動しなければ一生変わらないですね。

私が転職を勧める理由は、1人でも多くブラックで苦しむ人を減らしたいからです。

ブラックから転職して変わったことは...
  1. 右肩上がりに昇給し、4年で300万円から520万円に増えた
  2. 納期がない月は、毎日定時に帰宅できた(月の残業は20時間
  3. 転職市場で査定してもらうと、+50〜100万円で掲示される
  4. 社内で開発経験を積み「海外勤務」と「海外出張」を経験できた
  5. 平日の夜も、家族や知人と食事や趣味を楽しむ事ができる
  6. 社内開発で経験を積み、倒産やリストラが怖くなくなった
  7. ITスキルの他に、後輩の教育やマネジメントも経験できた
  8. 毎朝眼が覚める度に、気持ち良く布団から出られる
  9. 家族にも恵まれ、大切にしたい人のために働ける喜びを知れた

個人的に1番のお勧めは「マイナビ×IT」です。なぜならば、私自身がマイナビを利用する事でブラック企業を脱出できたからです。

参考:【マイナビ×ITの評価】本当に未経験でもブラックを避けられる?

未経験から、3ヶ月でIT企業に就職する方法は?

就職支援がある無料スクールが増えていますね。

また、実際には無料スクールを利用しなくても、私たちはIT企業に就職できますねここでは、IT未経験から、3ヶ月以内でSEを目指せる3つの方法を紹介します。

方法1:宿泊施設付きで1ヶ月後にSEを目指す

無料スクール「ITCE Academy」の特徴は...
  1. 入学金、授業料、転職支援、全てのサービスを無料で利用できる
  2. スクールを利用して、1ヶ月後にIT企業に就職できる
  3. 未経験からIT企業への内定率は、94%である
  4. サーバー、ネットワークの基礎知識が学べる
  5. 座学だけではなく、実践方式の研修が行える
  6. 地方在住者向けに、宿泊施設を無料で解放している

ITCE Academyは、20代だけが利用できる完全無料のプログラミングスクールです。WEBアプリやシステム開発者ではなくて、サーバーやネットワーク専門のSEを育てます。1ヶ月間で基礎スキルを習得して、IT企業への就職を目指します。

ITCE Academyの最大の特徴は、宿泊施設を無料で解放している事です。そのため、東京以外に住む地方在住者でも利用できます。関東圏での就職が前提だが、都内1人暮らしに必要な初期費用10〜20万円を節約できるのは魅力ですね。

ただし、ITCE Academyのデメリットは、中途半端にしかスキルを習得できない事です。

正直なところ、1ヶ月しか学ばないならば何も学ばないのと大差ありません。また、インフラ系の就職先は客先常駐やSESが多く、ブラックに入る可能性が高い点にも注意が必要です。

参考:宿泊施設完備のITスクール【ITCE Academy】

方法2:Webサイトを制作して3ヶ月後にSEを目指す

無料スクール「プロエンジニア」の特徴は...
  1. 入学金、授業料、転職支援、全てのサービスを無料で利用できる
  2. 卒業後の就職先の企業は、3500社以上ある
  3. 未経験からの正社員就業率は、96%である
  4. 完成度の高いオリジナルアプリを制作すれば、優良企業から内定を得られる
  5. 途中で離脱しても、罰金などのペナルティが発生しない
  6. 通学制のため、チーム(1期の人数は30人まで)で開発ができる
  7. 社会人向けに、夜間や個別コースも設けている

プロエンジニアは、関東在住の20代だけが利用できる完全無料のプログラミングスクールです。就職や全額保証のスクールが増えているが、就職に成功しても失敗しても、1円も支払わなくていいのはプロエンジニアだけの特徴です。

完全無料で利用できる理由は、人材不足に苦しむ企業が負担してくれるからです。

ただし、プロエンジニア を利用するデメリットは、就職までの期間が長過ぎる事です基礎スキルを習得でき、オリジナルアプリを制作できるのは魅力だが、実際に働き始めるまで3〜6ヶ月掛かりますね。

3ヶ月でスキルを習得しても、実務経験がない以上は未経験者と同じ扱いです。1番の理想は社内研修があるIT企業に就職し、月20万円の給料を貰いながらスキルを習得する事です。

参考:【プロエンジニア】悪い評判|20代限定、就職先の求人は3500社以上

方法3:IT未経験でも今すぐにSEを目指せる

マイナビを利用するメリットは...
  1. ハイキャリアではなく、第二新卒や20〜30代前半に強い
  2. IT専門の転職サイトで、IT未経験者の転職を得意とする
  3. 丁寧な対応の担当者が多く、初めての転職活動向き
  4. 大手2社よりも、親切な対応で高評価を得ている
  5. 大手2社にはない、中小の隠れ良企業を扱う
  6. 担当者が推薦状を書くので、書類選考の通過率が高い

今すぐSEに転向する1番最適な方法は、未経験に強いエージェントを利用する事です

未経験者に強いサイトを利用する事で、ブラックを避けられる確率も高くなりますね。個人的な1番のお勧めは「マイナビ×IT」です。なぜならば、私自身がマイナビを利用する事で、客先常駐のブラックから脱出できたからです。

転職先は、海外に開発拠点があり受託開発がメインのSIer系でした。

大手ではなく、社員が100人前後のどこにでもある普通の中小企業です。毎年40〜60万円ペースで昇給し、4年後には年収が520万円を超えます。知名度もなく大手や上場企業ではないけれども、この会社は私にとっては優良企業ですね。

20〜30代前半の未経験者に絞れば、大手2社(リクナビ、DODA)よりも求人の質は高いです。大手2社は利用者数が多すぎるため、機械的な対応になるのは避けられません。ブラックを避けるためにも、マイナビが1番のおすすめです。

社内研修があるIT企業に就職できれば、月20万円の給料を貰いながらスキルを習得できます

参考:【マイナビ×ITの評価】本当に未経験でもブラックを避けられる?

プログラミング未経験でもIT企業に就職できる?

出典:IT人材の最新動向と将来設計に関する調査(経済産業省)

私たちは事前に基礎スキルを習得しなくても簡単にIT企業に就職できます。

なぜならば、2030年に59万人が不足するほど、人材が足りていないからです。IT業界の求人倍率は最も高く6.79倍です。全業種平均よりも3倍も高く、応募者1人に対して6つ求人が余る状態ですね転職求人倍率レポート2018年4月)。

私自身もプログラミング経験なしで、この業界に入りました。

それでも、年収が500万円を超えキャリアがある理由は、入社後に3ヶ月間のプログラミング研修があったからです。現在現役で働いている9割のSEは、入社後にスキルを習得しています。専門学校で2年間で学ぶスキルを、私たちは3ヶ月間で学べます。

入社後にスキルを習得するメリットは...
  1. 月20万円の給料を貰いながら、プログラミングの勉強ができる
  2. 給料を貰いながら勉強するので、モチベーションが高い
  3. 現役SEの先輩社員から、実用的なスキルを現場で学べる
  4. 就職先で必要なスキルを中心に、重点的に学べる
  5. 業務時間外には、資格や語学など他の勉強もできる

IT未経験者でも、専門学校やスクールに通学しなくても企業に就職できますね。

SEになる事がスキルを学ぶ目的ならば、1日も早く就職した方が良いです。無料で学べるスクールも魅力ですが、月に20万円の給料を貰いながら勉強した方が合理的だからです。実際に現役SEの多くは、無料スクールを悲観的に見ている人が多いです。

▼▼IT未経験から無料でSEに就職する3つの方法▼▼

  1. マイナビ×ITIT未経験でも、今すぐに就職先を紹介してくれる
  2. ProEngineerスクールを卒業して、3ヶ月後にSEになれる
  3. ITCE Academy宿泊施設も無料、1ヶ月後にSEになれる

私たち未経験者は、スクールを利用しなくても今すぐにIT企業に就職できます。なぜならば、深刻な人材不足を理由に、未経験者でも需要が高いからです。無料スクールも魅力ですが、月20万円の給料をもらいながらスキルを習得できた方が良いですね

2019年以降は、未経験者の需要はもうない可能性が高いです。

なぜならば、金融危機が再び発生する、日本政府が移民を受け入れる、外国人PGで人材不足を解消すると未経験者の需要が減るからです。需要がなくなると、完全無料のスクールのサービスも無くなりますねスクールを支援するIT企業がないと、無料を維持できないからです。

そうなると、テックエキスパートのように、3ヶ月79万円の有料スクールしか残りませんその頃には、IT未経験者が転職サイトを利用しても断られますね。未経験からSEを目指すならば、需要がある今のうちに行動に移しましょう

参考:【マイナビ×ITの評価】本当に未経験でもブラックを避けられる?

まとめ:「Studio by LIG」の悪い評判やデメリットは?

Studio by LIGのデメリットは...
  1. 6ヶ月受講して、費用が45万円と高すぎる
  2. 20代向けの無料コースや転職保証がない
  3. デザイン系は、専門性が浅く広いため就職に不利
  4. デザイン系だけだと、学べるスキルが物足りない
  5. IT業界で、WEB制作とデザインの需要は低い
  6. デザイナーの年収は、PGより68万円も低い
  7. スクール運営元のLIGも、若手の給料が低い

他スクールにない最大の特徴は、現役クリエイターから本格的なデザインを学べる事ですねしかしながら、Studio by LIGは万人向けのスクールではありません。

なぜならば、6ヶ月間受講して費用は45万円と高額だからです20代向けの無料コースや、転職保証が付くわけでもなく、利用者の負担は大きいですよね。また、専門職のIT業界では、デザインができるだけの人材の市場価値は低いです

Studio by LIGを卒業しても、年収250万円を得られたら良い方ですね。

将来のキャリアを考えるならば、デザインよりも開発系SEを目指した方が良いですね。開発系のスキルであれば、完全無料スクールを利用して0円でスキルを習得できます3ヶ月後にはSEとしてのキャリアをスタートできます。

個人的には、デザインだけではなく開発系のスキルも身につけて欲しいと思っています。

▼▼1円も料金が発生しない完全無料のスクール3校▼▼

  1. ProEngineer卒業後は就職先3500社から選べる
  2. ITCE Academy宿泊施設も無料、1ヶ月でSEになれる
  3. TECH::EXPERT30代でも転職保証が受けられる(有料)

プロエンジニアは、入学金、授業料、転職支援が全て無料です。受講中に辞退しても罰則や罰金は1円も発生ませんしかし、都内の教室は最大で30名を収容できるスペースしかなく、応募枠が埋まると翌月、もしくは翌々月まで待たされます。

参考:【プロエンジニアの評価】未経験からスキル習得しブラックを避ける?

完全無料のスクールは、2019年にはもうない可能性が高いです

金融危機が再び発生する、日本政府が移民を受け入れる、外国人PGで人材不足を解消すると、未経験者の需要が減るからです。需要が減るとスクールは、支援するIT企業がなくなり利益を確保できません需要が高い今だけ存在するサービスです。

無料スクールは20代向けなので、30代は「テックエキスパート」を利用しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください