NexSeedのリアルな口コミは?|費用が高い割にレベルが低い?

人気コース エンジニア留学(6ヶ月185万円
受講後のスキル 6ヶ月受講して、簡単な日常会話の英語が聞き取れる。プログラミングの入門レベルを理解できる。即戦力で働くのは難しいが、スタートラインには立てる。
学べる技術
  1. 1ヶ月目:環境構築、簡単なWEBアプリ作成
  2. 2ヶ月目:フレームワークの基礎と自作
  3. 3ヶ月目:サービスの企画や開発、チーム開発
  4. 4ヶ月目以降:iOSアプリの開発
授業形式
  1. 完全通学制で講義形式
  2. 開講時間:平日8-18時
利用対象者
  1. プログラミング経験がない初級者
  2. 仕事を辞めて海外でITを学びたい人
  3. フリーター、ニート、元会社員の20〜40代
費用
  1. NexSeedエンジニア留学
  2. iPhoneアプリ開発コース
  3. Webサービス開発コース
  4. Web×iOS開発コース
デメリット
  1. 6ヶ月の学費が186万円と高い
  2. 20代向けの無料コースがない
  3. 公式HPで授業料を公開してない
  4. 英語とITを同時に学ぶのは意味がない
  5. 半年留学しても市場価値は未経験と同じ
  6. 消費者を騙す過大な広告が多い
  7. ITスクールなのに講師のレベルが低い
メリット
  1. 短期間で集中してITを勉強できる
  2. 趣味レベルだが英語も同時に学べる
  3. 南国のセブ島でITを勉強できる
無料コース なし
受講場所
  1. セブ島:12F 2QUAD Building, Cardinal Rosales Ave. Cebu Business Park.Cebu City 6000.Philippines
公式サイト https://nexseed.net

ネクシードのネットの評価を見ると、不自然に良い口コミや体験談が多いですよね。

IT留学関連で良い評判や体験談が多い理由は、広告収入目的のブロガーやインターン生に大量に記事を書かせているからです。ネクシードのリアルな口コミを調べると、実は良い評価よりも悪い評価が多いです。

留学費用が200万円と高すぎる」「卒業してもSEになれない」「授業のレベルが低い」「英語とプログラミングの両立は無理」など、ネガティブなコメントが並びますね。ここでは、ネクシードに関するリアルな口コミだけを紹介します。

200万円掛けて海外に留学するよりも、国内の無料スクールも検討した方が良いですね。

NexSeedを利用したい人向け
  1. 「NexSeed」のリアルな口コミ11個は?
  2. 「NexSeed」のIT留学は、本当に利用する価値がある?
  3. 3ヶ月間無料で学べる「プロエンジニア」との比較は?

▼▼1円も料金が発生しない完全無料のスクール3校▼▼

  1. ProEngineer卒業後は就職先3500社から選べる
  2. ITCE Academy宿泊施設も無料、1ヶ月でSEになれる
  3. TECH::EXPERT30代でも転職保証が受けられる(有料)

プロエンジニアは、入学金、授業料、転職支援が全て無料です。受講中に辞退しても罰則や罰金は1円も発生ませんしかし、都内の教室は最大で30名を収容できるスペースしかなく、応募枠が埋まると翌月、もしくは翌々月まで待たされます。

参考:【プロエンジニアの評価】未経験からスキル習得しブラックを避ける?

完全無料のスクールは、2020年にはもうない可能性が高いです

金融危機が再び発生する、日本政府が移民を受け入れる、外国人PGで人材不足を解消すると、未経験者の需要が減るからです。需要が減るとスクールは、支援するIT企業がなくなり利益を確保できません需要が高い今だけ存在するサービスです。

未経験者の需要がなくなると、有料スクール以外で選択肢はありません。有料スクールはテックエキスパートのように3ヶ月で79万円するほど高額です未経験からSEを目指すならば、需要がある今のうちに行動に移しましょう

「NexSeed」のリアルな口コミ11個は?

ネクシードに対する不満を訴える声は多いです。

口コミ1:留学費用は半年間で200万円を超える

僕が実際にNexSeedさんとコンタクトをとったときのメモになります。(支払い時のレートによって多少金額は前後します。)まずは、僕の申し込んだプランについて。

  • コース:エンジニア留学(ウェブ&iOSアプリ開発コース)
  • 期間:半年間
  • 部屋:2人部屋
  • 英語3コマ、プログラミング3コマ

これのみでの費用は1,456,000円(見積もり当時)。1人部屋の場合は、1,859,200円(見積もり当時)。仮に3ヶ月だったら、いくらくらいなのか?と聞いたところ、「3ヶ月の場合、80万弱」ということらしいので、半年の留学費用/2 = 73万よりは少し高くなるくらいに考えられるかと思います。

1ヶ月の方も僕の半年間の見積もりに対して、割った額+少しくらいと考えと「1ヶ月の場合、25万円」くらい。僕の場合の合計金額は、175,180円+VISA代 = 175,180円 + 21,500 * 2.16円 = 175,180円 + 46,440円= 221,620円。学費と合わせると1,677,620円。

もうすでにバカみたいにかかっています。しかし、まだまだ費用がかかります。ここまでの合計費用は1,689,420円。(僕の場合)バカにならない額です。この記事を書いていてもこんなにかかってしまったのか…と思うほど。親への返済が思いやられます…

パスポートも持っていなく、Macも持っていないとなるとさらにかかってしまいます。半年のエンジニア留学では、最低200万くらいかかってしまいます。またこれに加えて、他にも留学の準備費用・生活費も…。食費も含まれていませんし。留学資料には、「月3-5万あれば十分足りる」と書かれていましたが、実際どうだったのか?についてはまた留学してから書きます。

結論から言えば、生活費だけで約40万円かかりました。

しかし、僕の場合は、フィリピン料理がとにかく舌に合わず、日本食ばかり食べていたので普通の人より高くなっています。これも1つの例として見てもらえれば良いのですが、こんなにかからずとも留学生活はできます。僕が聞いた中で1番低いのは、半年間で約20万円。この人はめちゃくちゃ節約してましたね…

なので、半年間の留学では200万年ほど必要となります。

参考:NexSeedへの半年間のエンジニア留学費用を全て記録に残す。

プログラミング学びたい方は、素直に大手が運営しているテックスクール等に行くべし。英語学びたい方は、オンライン英会話がコスパ最強!異国で非日常を感じたい方は、海外旅行やワーホリで満たすのが吉って感じですね。

プログラミングに関してだと、カリキュラムはコスト(3ヵ月:約80万、6ヵ月:約150万)に見合わない内容ですね。「本気なら絶対行くな!遊びや情弱ならご自由に」英語は、全ての面において大手に劣っていて、わざわざネクシードを選ぶ理由が何一つないですね。「成果を出したいなら、迷わず大手を選べ!」と言いたいです。

参考:ネクシード卒業生が本音で答えました

ネクシードの最大の難点は、授業料があまりにも高すぎることです。

冷静に考えて、6ヶ月間の留学で200万円は高いですよね。セブ島に滞在するだけで、月当たり33万円を払い続けます。留学期間中は収入がゼロなので、貯金を切り崩して生活しますね。授業料を払うために、借金をして留学費用を賄う人も少なくありません。

国内の無料スクールを利用すれば、0円で勉強できる上に就職先も紹介してくれます。

参考:【プロエンジニアの評価】未経験からスキル習得しブラックを避ける?

口コミ2:NexSeedを卒業しても、エンジニアになれない

ネクシードに興味がある人って、少なからず卒業後はエンジニアとして働きたい!って意思があると思うんですよね。全員はエンジニアになれないと思いますね。卒業後、エンジニアとして働ける人は前職で何かしらの実務経験があったり、入学する前からある程度のプログラミング知識や経験があった方に限られてる印象ですね。

ブラック企業でも構わないなら、可能性は広がりますけどね(笑)

単純にプログラミング学びたいなら、ドットインストールやProgate、Youtubeで学びことをオススメします。理由は、ネクシードのカリキュラムが特別な訳でもないからです。オンラインサービスや国内のテックスクールでも学べる内容なので、そっちで学んだ方がネクシードで3ヶ月80万払うよりコスパがいいと感じましたね。

それに、ネクシードのプログラミングコースは講師1名(アシスタントがいる場合もあり)に対し生徒複数名の一対多の構造なんで、自分に割かれる時間が圧倒的に少ないですね。

参考:ネクシード卒業生が本音で答えました

NexSeedの広告では、「フリーランスへ」みたいな広告がありますが、実際のところどうなのか?もうすでにお気づきかと思いますが、フリーランスになれる人など全くいませんでした。(中にはいずれなる人も出てくるでしょう。)

じゃあエンジニアとして働くことができるのか?ということです。半年間でエンジニアになったのは僕が聞いた限り、数人。NexSeedから紹介された企業の面接に受けに行った人も「レベルが違う」と感じ取り、結局就職できず。

NexSeedの友達で卒業生で3ヶ月留学した人が日本で普通に面接を受けたものの、面接でポートフォリオ、開発の過程などを説明したところで「これ使い物にならないよね」などと言われ、面接は落ちたそうです。3ヶ月約80万円の学費を支払って、エンジニアになれないエンジニア留学に行く意味とは…?人生経験?

参考:Nexseedへエンジニア留学してもエンジニアにはなれない

ネクシードを卒業しても、SEになれるとは限りません。

IT留学しても、フリーランスになれるのは1人もいません。大半は別業種へ就職し、IT業界に就職できても手取り17万円以下のブラックで働きます。なぜならば、6ヶ月間の離職期間があるため、留学前よりも市場価値が下がるからです。

6ヶ月間必死に勉強しても「超初心者から初級者レベルになれる」程度です。

口コミ3:IT留学は全体的にレベルが低すぎる

1ヶ月の基礎学習後、約2ヶ月間、開発の準備、開発をしていきます。先ほども書いた通り、3人1チームが基本的な構成です。

  • エンジニア留学に英語が目的で来る人
  • 英語だけだと退屈になりそうだからプログラミングも受講している人
  • エンジニアになるつもりもないけど、なんとなく来る人

などなどいろんな人がいるため、それぞれのモチベーション、スキル、費やす時間などバラバラです。そこでクラスの中でそこそこできる人は、チームに1人は入れられます。となると、、どうなるかはお察しの通りです。

できる人の負担がひたすらに重たくなり、7割以上のコードを書くことになっていました。基本的にチームは崩壊状態です。喧嘩が起きるチームすらあります僕の場合は3人チームでしたが、98%くらい僕が書いていました。逆に全てのコードを自分で書いているので僕はやりやすく、勝手にフレームワークでの開発が進められたので僕自身はよかったのですが…(笑)

となると、他のメンバーはどうなるのかというと、何もわからないまま卒業していきます。授業で使ったサンプルコードをそのままコピペして、「エラー出た。わかんない。やめよ。」状態です。何度「エラー読めよ」と思ったことかわかりません。。。。

卒業間際に、for文、if文、配列、GETとPOSTの違いがわからず卒業して行く人、普通にいます。セッションの情報をPOSTしていたり、、、、そして、当たり前ですが、オブジェクト指向なんてわかるわけもなく、関数ですらもよくわかっていませんそのためコードはぐちゃちゃでベタガキ。サービスとしては使い物にはなりません。

クラス?関数?って何?状態です。なんか矢印あるみたいな。わからないことに対しては教えるといってもやはり先生なので、答えは教えません。考え方だけを教えて終わりです。そうすると、その学生は「教えてくれない!」と文句をいい、結局他のメンバーがコードを書くというのが通常運転です。

そして、最終的な着地点はNexSeed内でのプレゼンテーションとなります。Webコースでの開発物は、作って終わりです。授業ではリリースするところまではやりません。ポートフォリオとして、NexSeedのサーバーに載せることはします。

あと、NexSeedに来る前にスカイプで事前に確認したコードレビュー(コードを見てもらい、ダメな点を指摘してもらうこと)をしてくれますか?と聞き、しっかりしますよ」と言われたのにもかかわらず、全くされませんでした。そもそもコードを先生はほどんど読みません(笑)質問されたところに対して、答えるというスタンスです。

それはそれでいいんですが、、、事前に聞いたことと違うってどうなんですかね…他にもスカイプでいっていたことと違うことが多々。。。スカイプは録画しておくことを強くおすすめします。あと、授業外はほぼ対応しません。先生も他の仕事があるので、授業時間内のみとなります。

参考:Nexseedへエンジニア留学してもエンジニアにはなれない

国内のITスクールと比較して、IT留学は全体的にレベルが低いです。

なぜならば、日本の長時間や低賃金労働に疲れて、現実逃避したい人たちが集まるからです。ネットが発達した現代社会では、私たちは海外に留学する必要はないですね。オンライン英会話やオンライン制のITスクールを利用すれば、十分に上達できます。

そんな時代にあえて海外留学するのは、情報リテラシーが低い人ばかりです。そのため、学校や授業のレベルも必然的に下がりますね。

口コミ4:iOSコースは経験がない素人講師が担当する

iOSコースの受講者はWebコースと違って需要があまりないらしく、生徒はあまりいないのでサクッとここでの説明は終わらせます(笑)難易度は iOS > web。iOSコースは、Webコースとは異なり1人での開発となります。最初の3週間は、Webコースと同じ内容(PHP)を勉強します(ナゾ)。その後、2-3週間でSwiftの文法、XCodeの使い方を習い、残りの1ヶ月で自分のiOSアプリ開発。

iOSは実際にリリースされるまで行いますが、難易度の都合上、開発できる幅はとても狭いです。他人とデータを共有できるようなアプリは授業範囲外で、メモ帳アプリ、タスク管理アプリ、クイズアプリ、APIを使ったアプリ開発が生徒の主な作成物となります。

それを越えたアプリとなると先生は対応できません。授業中に質問しても授業時間内に返答は得られず、翌日に返答。もうそのときには僕自身で解決済み。iOSコースには大きな期待を持てないと思っていた方がいいです。

僕のiOSアプリについてはもうすぐ申請するところまで来てるので、リリース出来次第、ここに乗せておきます。以上が簡単なiOSアプリの説明となります。もしもっと知りたいようであれば、コメントください(笑)

参考:Nexseedへエンジニア留学してもエンジニアにはなれない

他の語学学校と違うところで「エンジニア」に強みを置いているはず。WiFiスピードは日本の20分の1。そこらへんのレストランの方が早かったです。授業はWi-Fiが遅いがゆえに授業が止まることも度々。

エンジニアの講師は、2、3人。僕のチームはLaravel5.5を使用して開発をしたのですが、NexSeedのサーバはレンタルサーバーでPHPのバージョンは5まで。僕の開発したものは、PHP7.0。サーバーに乗せられないと。

授業でフレームワークを学習するくせに、それを使って開発を行うとNexSeedのサーバーに乗せられなくなる。公開したいなら自分でやってくれとのこと。せっかく頑張って作ったところで、対応してくれない。iOSクラスの先生がiOSエンジニアじゃない。

iOSクラスも受けたのですが、iOSエンジニアの講師はいませんでした。。。。これは本当にどうなのかと思う・・Webエンジニアがiosアプリ開発を勉強してリリースした程度。。質問しても翌日返事。その頃には自分で解決してました。。

参考:Nexseedへエンジニア留学を6ヶ月した感想・口コミ

ネクシードは専門のITスクールですが、講師は現役SEとは限りません。

元SEが指導してくれたら良い方で、スクール卒業生やインターンの大学生が講師を勤めます。レベルが低い講師に当たると、カリキュラム以外で質問しても答えられません。私が留学したKredo校は、SE経験がある日本人スタッフは1人もいませんでした

セブ島のIT講師は、給料が安すぎるためSEが来ません。SEの代わりに、なんちゃってフリーランスやブロガーがたくさん集まりますね。セブ島にIT留学しても、SE経験者に教えてもらえる可能性は低いです。

口コミ5:英語とプログラミングの両立は難しい

プログラミングと英語の両方が学べるのがNexseedの強みとなっています。英語とプログラミングができるクラスタなんて日本に数%となります。その数%になりましょうって話なんだけど、もちろんできればの話です。

ぶっちゃけた話、両方ともを3ヶ月でなんて無理です。まあそんなのはわかっている人も多いでしょう。そうすると生徒は英語、プログラミングのどちらかに学習時間が偏ります。僕は元々プログラミングが目的でNexseedへエンジニア留学しに行ったのでプログラミングに集中していました。

営業トークに騙されないようにしましょう(笑)

参考:Nexseedへエンジニア留学を6ヶ月した感想・口コミ

現実的に考えた時に、英語とプログラミングの両方を同時に勉強するのは無理です。

何故ならば、英語とプログラミングは全く別の学問だからです英語とフランス語は同じラテン語系だから、一緒に勉強しようとはならないですよね。初級者であれば、どちらか一方をまずは集中して習得する必要があります。

どちらも短期間で習得しようとすると、どちらも習得できません。

口コミ6:営業担当者は平気で嘘をつく

元々営業をやっていた自分の観点から見て、ネクシードは営業(セールス)の質が良くないです。理由は誠実でないからです。自分が問い合わせをした時に見積もりを依頼したのですが、「うちは見積もりないんです〜」と言われ、合計金額を口頭で言われました。

正直、おかしいな〜と思いましたが申し込む前提の問い合わせだったので、そのまま申し込みをしました。しかし、入学後に「自分は見積もり出たよ」という人がいたり、人によって対応がバラバラでした。

ある人は留学検討中に「あと、定員が2席しかないんですよ〜」と急かれされたにも関わらず、いざ入学してすると自分も含め生徒が2名しかいなかった…。という事がありました、自分のバッチメイトも同様の手法で決断を急かされた人がいました。

営業なので、早く請求書を出したい一心で決断を早めるように促すのは分かります。しかし、あとでバレるような嘘をつくのは5流の営業がやることです他にも「プロが教えますから!」と言っていたにも関わらず、実際はインターンが授業を行ったりと事前に案内された内容と異なる点がありました。これからネクシードに問い合わせようとしている人は営業の言うことを鵜呑みにしないよう気を付けてください。

参考:6ヶ月Nexseed(ネクシード)に留学した私が語る

僕は数回スカイプ面談を行いました。スカイプ面談とは、留学を決める前にNexseedに相談するためのスカイプです。僕だけではなく、僕の周りでも違うと言われていたことに関してスカイプ面談の嘘。

早くもう仕込まないと締め切りが終わってしまう詐欺。ほぼうそだと思った方が良いです。

エンジニアもエクスペリエンスがある。エクスペリエンス授業とは学校外に出て環境+観光をしようというものです。僕の友達はこれがあるからNexseedに決めたらしいけれど、、事前にエンジニアもエクスペリエンス授業がありますか?と聞いて、「ある」と言われたが結局無くて落ち込んでました。

寮で朝ごはんが出る。本当にこれはギルティ。出ません。みんなウェブサービスをリリースしている。誰もリリースしてませんでした。

途中でコースを変えられる詐欺。半年間いるので、エンジニアがどんなものか適性をみて途中で英語のみに変更できるのか?と聞いたところ「できる」と言われたのにも関わらず、結局できず。

プログラミングの授業費用 > 英語の授業費用。返金は一切されないので、本当になんでもやりたい放題です。治外法権です。留学前のスカイプ面談でいろいろ嘘をいって、お金を払って、その後は知らない。というのがデフォルトの対応です。そういう戦略で経営しているのかどうなのか知らないですけど、そう感じている学生は少なくないです。僕もお金を払ったあと、疑問点があったのでメールで質問をしたのですが、返信来ず

参考:Nexseedへエンジニア留学を6ヶ月した感想・口コミ

ネクシードの営業担当は、仕事を取ることに必死です。

なぜならば、IT留学は3〜6ヶ月の短期で、留学生の入れ替わりが激しいからです。安定して利益を出すためには、常に留学生を確保し人数を増やす必要があります。そのため、強引なやり方で利用者を集めますね。

営業担当者は、契約さえ取れたらもう2度と顔を合わせることもないですね。利用者に不誠実なスクールが、留学生に対して良い学校なわけはないですね。

口コミ7:寮生活は住環境が悪くWifiの通信速度も遅い

  • 2人部屋なのに椅子が1つしかなかった
  • エンジニア留学なのに、Wi-Fi環境が良くない
  • 部屋に大きな穴が空いているのに中々、修理してくれない
  • アリが大量発生する

寮はコンドミニアムのフロアをいくつかネクシード用に貸し切っていました。寮に関してはコンドミニアム側が管理をしているので、寮についての改善を求めても、ネクシード側では対応出来ませんというスタンスでした。生徒は学びたくて留学しているので、学ぶ環境を整える&整える努力をしてほしいと願うばかりです

参考:6ヶ月Nexseed(ネクシード)に留学した私が語る

寮に関して言えば、通信環境はお世辞にも速いとは言えないですね。有線は無くて、無線(WiFi)のみでした。SPEEDTEST(メジャーなアプリ)で計測した感じだと、平均下り2.8Mbps/上り3.0Mbpsって結果でした

ちなみにセブ島のCoffee Beanっていうメジャーなカフェは下り8.5Mbpsだったので、フィリピンだからって言い訳は通用しないです。ピークタイムはYoutubeは勿論、ネットサーフィンにも支障をきたしていました。プログラミングの学校で通信環境微妙ってこれだけでアウトな気がしますけどね。

実際に留学してみて、凄く感じるのがNexseedっていう企業は見てくれには結構お金かけるんだけど、肝心の設備や機能には全然投資できない。だから、顧客満足度で大きく差が出るんだと思いますね。

参考:公式HPには乗らないセブ島・ネクシードのリアルな口コミ

IT留学は、1部屋に4〜8人で共同生活させます。共同生活にした方が、学校は学費を低く抑えられる上に、利益を確保できるからですね。また、ITスクールにも関わらず、通信環境に設備投資しません。

ネクシードに限らず、どの留学先も住環境は最悪です。

私が滞在したKredoは、安物の2段ベッドを使用していました。寝返りをうつたびにベッドが揺れるため、夜中に何度も目が覚めます。また、2人部屋にも関わらず、勉強机は1つしかありません。ある学校は、維持費を抑えるためにエアコンを有料にしています。

口コミ8:他スクールと比較してリピーターが少ない

自分がいろんな語学学校行ったから分かるんですが、いい学校の条件の1つにリピータの多さがあると思ってます。QQ Englishは2回目、3回目のリピーターの人がかなり多かったです。3ヶ月の留学期間で30人以上はいたかな。逆にNexseedは6ヶ月の留学期間で1人しかいなかったですね。

何が良くなかったか?は人によって判断が違うので、一概に言えませんが満足度の高い学校はリピーターとして数字にはっきりと表れますからね。

参考:公式HPには乗らないセブ島・ネクシードのリアルな口コミ

ネクシードをリピートした留学生は、1人もいないです。

なぜならば、高い留学費用を払っても、プログラミングも英語も上達できない事を学ぶからです。200万円の留学費用を払っても、グローバル人材になれないのは辛いですよね。

口コミ9:要望を聞くけど改善してくれない

次にスタッフのレスポンスが非常に遅いですね。2人部屋なのに椅子が1脚しかなくてスタッフにお願いしてたんだけど3週間経っても一向に来る気配がなく、クレーム入れたらドミトリー(寮)に連絡入れましたの一点張り。

挙句の果てに小生の方からも寮に確認してくれと言われて、確認しに行ったら寮のスタッフが速攻持ってきてくれました。ホントに言ってくれたの?って感じですね。あるルームメイトはシャワーの温度が低いから修理してくれってずっと言ってたけど、途中で言うの諦めたって言ってましたしね

回答しても全く改善されないアンケートに回答する時間って意味あるんですかね?

そんな事に自分の時間使うの勿体なかったんで、もう途中で真面目に書くのやめましたもんね普通アンケートって書いてもらう側にメリットがあるものだから、どの企業もあの手この手で商品券や販促品なんか使って釣るわけじゃないですか?なのに、ネクシードは何故かめっちゃ強気で、少しでも遅れようものならめっちゃ煽られるんですよね改善しないくせに。

参考:公式HPには乗らないセブ島・ネクシードのリアルな口コミ

ネクシードは、留学生に対して要望を聞きます。

しかしながら、聞いた要望を対応してくれるとは限らないですね。

口コミ10:ネットの広告と中身が伴っていない

Web上の広告で「3ヶ月で稼げるグローバルエンジニアに…」等と謳っているが、明らかに煽りすぎですね。3ヶ月って言っても、プログラミングの授業は午前か午後の3コマ(50分 x 3)しか無いので、実質1ヶ月半ぐらいなんです。ド素人が1ヶ月半で稼げるほどのカリキュラムでは無いと感じたし、そもそもプログラミングってそんな楽で浅いもんじゃ無いよって言いたいですね。
現場のプログラマーやエンジニアは失笑してると思いますよ(笑)

そもそも3ヶ月ぐらいで現場で通用する人材量産できたらどの企業も苦労しないですよ。というか、グローバルエンジニアって単語の羅列が痛すぎると思ってます。何をもってグローバルエンジニアなんですかね?英語とプログラミングを使って、仕事ガンガンできるって感じのことですかね?

でも、ネクシードには自分より英語喋れるエンジニア講師なんて誰一人いなかったですけどね。自分ですら、糞みたいな英語力なのに、どうやってグローバルに円滑な業務ができるのか甚だ疑問です。

参考:ネクシード卒業生が本音で答えました

ネクシードに限った話ではないが、IT留学は過度な広告が多いです。

しかしながら、IT留学を卒業してもフリーランスになれる人材は1人もいません。フリーランスどころか、普通のIT企業への就職も難しいです。帰国後に就活を始めるが、大半が手取り17万円以下のブラックに就職します。

留学中に厳しい現実を知り、IT業界に就職しない人も多いです。IT留学の安易な広告が、情報リテラシーが低い消費者を煽っているからです。安易な広告に騙されて、186万円の学費を払わないように注意しましょう

口コミ11:インターンに業務を丸投げする

NexSeedの社員と関わりはありません。社員さんと顔を合わせることはほぼありません。全て現場はインターン生任せで社員さんは何かあったら対応くらいです。(インターン生がかわいそうでした。。)

そのため、学校外で挨拶をしたところで無視されました。おそらく社員さんは生徒の顔を覚えていないんでしょう。(社員さんは可愛い女の子だけご飯を誘います。お気をつけてください。変な噂はよくききました。)

参考:Nexseedへエンジニア留学を6ヶ月した感想・口コミ

留学生は、ネクシードの社員と接点を持つ事はありません。

なぜならば、めんどくさい業務を丸投げしているからです。私が留学した先では、IT授業はフィリピン人講師に丸投げ。留学生の対応は無給の日本人スタッフに丸投げ。学校のブログに投稿する体験談は、インターン生に丸投げでした。

高い授業料を払っている側からすれば、ストレスが溜まりますね。

「NexSeed」のIT留学は、本当に利用する価値があるの?

ネクシードを利用しない方が良い理由は...
  1. 留学費用は、半年間で200万円を超えるほど高い
  2. ネクシードを卒業しても、フリーやSEにはなれない
  3. ネクシードをはじめ、IT留学は全体的にレベルが低い
  4. iOSコースは、実務経験がない素人講師が担当する
  5. 英語とプログラミングの両立は、実は根本的に無理
  6. ネクシードの営業担当者は、平気で嘘を付く
  7. 寮生活は住環境が悪い上に、Wifiの通信速度も遅い
  8. 他スクールと比較して、リピーターが少ない
  9. 要望を聞くけれども、一切改善してくれない
  10. ネットの過大広告と、スクールの中身が伴っていない
  11. 現地スタッフやインターンに業務を丸投げしている

プログラミングを学ぶために、わざわざ海外まで行く必要はないですね。

なぜならば、授業料が無駄に高いだけで、ネクシードにIT留学しても習得できるレベルが低いからです。ネクシードを卒業しても、IT企業に就職できる保証はありません。むしろ、余計に無職期間が伸び、かえってブラックに就職する確率が高くなります。

留学先で制作した卒業課題を見せる事で、返ってスキルの無さを露呈しますね

わざわざ、セブ島にIT留学しなくても、私たちは国内にいてもプログラミングを勉強できます。しかも、IT未経験でも就職支援が付き、20代ならば無料で利用できます。無料スクールがあるならば、仕事を辞めて海外に渡航する必要性はないですね

3ヶ月間無料でITスキル学べるスクールとの比較は?

ネクシードを利用する最大の難点は、留学費用が高過ぎる事です。

学費以外に往復航空券やVISA代を含めると、6ヶ月で230万円以上のお金が必要です。セブ島に留学しても、私たちは1人前のSEになれる訳ではないですねなぜならば、ITスクールでは実務経験が積めないため、市場価値は未経験者と同じだからです。

海外に滞在し無職期間が長くなる事で、帰国前よりも市場価値は下がります。IT留学の目的がSEに就職する事ならば、完全無料で3ヶ月間学べるプロエンジニアを検討してみましょう

ネクシードとプロエンジニアを比較すると、次の結果になります。

NexSeed プロエンジニア
受講料
  1. 6ヶ月間で学費は186万円
  2. 留学費用の総額は274万円
  1. 20代は無料(30代は要相談)
  2. 受講料は人材を採用するIT企業が負担する
期間 3〜6ヶ月 3ヶ月
転職支援 なし プロの転職エージェント
講師の質 卒業生やインターン生 現役のエンジニア
利用者 海外に長期滞在できる20〜40代 関東に住む18〜30歳
コース
  1. NexSeedエンジニア留学
  2. iPhoneアプリ開発コース
  3. Webサービス開発コース
  4. Web×iOS開発コース
  1. 平日5日間コース
  2. 週3夜(月水金)コース
  3. 個別研修コース
開講時間
  1. 平日:8〜18時
平日、週末:10〜22時
授業形式 完全通学制のスクール形式 少人数のスクール形式
受講場所 セブ島 東京都内(半蔵門、霞ヶ関)
メリット
  1. 短期間で集中してITを勉強できる
  2. 趣味レベルだが英語も同時に学べる
  3. 南国のセブ島でITを勉強できる
  1. 途中で挫折、離脱しても罰金などペナルティがない
  2. 卒業後の就職先の企業は3500社以上
  3. 正社員就業率は96%以上
  4. 好きなタイミングで受講できる
  5. 正社員を続けながら利用できる
デメリット
  1. 6ヶ月の学費が186万円と高い
  2. 20代向けの無料コースがない
  3. 公式HPで授業料を公開してない
  4. 同時に英語を学ぶも意味がない
  5. 市場価値は未経験と同じ
  6. 消費者を騙す過大な広告が多い
  7. ITスクールなのに講師のレベルが低い
  1. IT企業への就職が前提となる
  2. 年齢制限があり、断られる事もある
  3. スクールは、半蔵門と霞ヶ関しかない

ネクシードの最大の難点は、授業料が高すぎる上に質が伴っていない事です。

留学に留学して274万円も使わなくても、日本にいれば無料でプログラミングスクールを利用できます。また、IT留学と違いスクールに通学しながら、同時進行で就職活動もできます。ITを勉強するために、仕事を辞める必要もありません。

ここでは、未経験からでも無料でSEになれる方法を紹介します。

▼▼諦めなければ必ず目標は実現できる▼▼

私は多くのIT未経験者にSEを目指して欲しいと思っています。

なぜならば、職歴や学歴が重視されず正しい努力ができる人材であれば、必ず道が開かれる業界だからです。もちろん、未経験者はブラックに入社するリスクは否定しません

私が1社目に入社した先はブラックでした。夜の10時過ぎまで働くも残業代は1円も支給されず、時給に換算すると700円以下です。身体は疲れているのに、布団に入ると将来が不安で夜も眠れません

ある仕事帰りの電車の中、窓に映った惨めな自分の姿を目にします家事と仕事を両立し苦労して育ててくれた母親のことを思うと、自然と目から涙がこぼれ落ちました。しかしながら、それでも行動に移す勇気がなく、転職できずに3年が経ちます。

働くためだけに社会から生かされている生活に嫌気が指していた時に、知人から転職エージェントを紹介されました。転職に前向きになれないながらも、半ば強制的に就職活動が始まります。

その2ヶ月後に社内開発できる企業に就職し、私の人生は大きく変わりました。社内開発できる企業に入社後、転職してから4年後には年収500万円を超えました。決して大きな成功ではないが、家族にも恵まれ今は毎日幸せを感じています。

この知人のおかげで、自分を信じて行動すれば、必ず良い方向に進むことを知ります。未来は自分が思い描く事しか実現されないので、いま行動しなければ一生変わらないですね。

私が転職を勧める理由は、1人でも多くブラックで苦しむ人を減らしたいからです。

ブラックから転職して変わったことは...
  1. 右肩上がりに昇給し、4年で300万円から520万円に増えた
  2. 納期がない月は、毎日定時に帰宅できた(月の残業は20時間
  3. 転職市場で査定してもらうと、+50〜100万円で掲示される
  4. 社内で開発経験を積み「海外勤務」と「海外出張」を経験できた
  5. 平日の夜も、家族や知人と食事や趣味を楽しむ事ができる
  6. 社内開発で経験を積み、倒産やリストラが怖くなくなった
  7. ITスキルの他に、後輩の教育やマネジメントも経験できた
  8. 毎朝眼が覚める度に、気持ち良く布団から出られる
  9. 家族にも恵まれ、大切にしたい人のために働ける喜びを知れた

個人的に1番のお勧めは「マイナビ×IT」です。なぜならば、私自身がマイナビを利用する事でブラック企業を脱出できたからです。

参考:【マイナビ×ITの評価】本当に未経験でもブラックを避けられる?

未経験から、3ヶ月でIT企業に就職する方法は?

就職支援がある無料スクールが増えていますね。

また、実際には無料スクールを利用しなくても、私たちはIT企業に就職できますねここでは、IT未経験から、3ヶ月以内でSEを目指せる3つの方法を紹介します。

方法1:宿泊施設付きで1ヶ月後にSEを目指す

無料スクール「ITCE Academy」の特徴は...
  1. 入学金、授業料、転職支援、全てのサービスを無料で利用できる
  2. スクールを利用して、1ヶ月後にIT企業に就職できる
  3. 未経験からIT企業への内定率は、94%である
  4. サーバー、ネットワークの基礎知識が学べる
  5. 座学だけではなく、実践方式の研修が行える
  6. 地方在住者向けに、宿泊施設を無料で解放している

公式サイト:宿泊施設完備のITスクール【ITCE Academy】

ITCE Academyは、20代だけが利用できる完全無料のプログラミングスクールです。WEBアプリやシステム開発者ではなくて、サーバーやネットワーク専門のSEを育てます。1ヶ月間で基礎スキルを習得して、IT企業への就職を目指します。

ITCE Academyの最大の特徴は、宿泊施設を無料で解放している事です。そのため、東京以外に住む地方在住者でも利用できます。関東圏での就職が前提だが、都内1人暮らしに必要な初期費用10〜20万円を節約できるのは魅力ですね。

ただし、ITCE Academyのデメリットは、中途半端にしかスキルを習得できない事です。

正直なところ、1ヶ月しか学ばないならば何も学ばないのと大差ありません。また、インフラ系の就職先は客先常駐やSESが多く、ブラックに入る可能性が高い点にも注意が必要です。

評価:【ITCE Academyの評価】本当に未経験でも1ヶ月でSEになれる?

方法2:Webサイトを制作して3ヶ月後にSEを目指す

無料スクール「プロエンジニア」の特徴は...
  1. 入学金、授業料、転職支援、全てのサービスを無料で利用できる
  2. 卒業後の就職先の企業は、3500社以上ある
  3. 未経験からの正社員就業率は、96%である
  4. 完成度の高いオリジナルアプリを制作すれば、優良企業から内定を得られる
  5. 途中で離脱しても、罰金などのペナルティが発生しない
  6. 通学制のため、チーム(1期の人数は30人まで)で開発ができる
  7. 社会人向けに、夜間や個別コースも設けている

公式サイト:【完全無料プログラミング研修&就活塾】

プロエンジニアは、関東在住の20代だけが利用できる完全無料のプログラミングスクールです。就職や全額保証のスクールが増えているが、就職に成功しても失敗しても、1円も支払わなくていいのはプロエンジニアだけの特徴です。

完全無料で利用できる理由は、人材不足に苦しむ企業が負担してくれるからです。

ただし、プロエンジニア を利用するデメリットは、就職までの期間が長過ぎる事です基礎スキルを習得でき、オリジナルアプリを制作できるのは魅力だが、実際に働き始めるまで3〜6ヶ月掛かりますね。

3ヶ月でスキルを習得しても、実務経験がない以上は未経験者と同じ扱いです。1番の理想は社内研修があるIT企業に就職し、月20万円の給料を貰いながらスキルを習得する事です。

評価:【プロエンジニア】悪い評判|20代限定、就職先の求人は3500社以上

方法3:IT未経験でも今すぐにSEを目指せる

マイナビを利用するメリットは...
  1. ハイキャリアではなく、第二新卒や20〜30代前半に強い
  2. IT専門の転職サイトで、IT未経験者の転職を得意とする
  3. 丁寧な対応の担当者が多く、初めての転職活動向き
  4. 大手2社よりも、親切な対応で高評価を得ている
  5. 大手2社にはない、中小の隠れ良企業を扱う
  6. 担当者が推薦状を書くので、書類選考の通過率が高い

公式サイト:SE・プログラマーの転職『マイナビエージェント×IT』

今すぐSEに転向する1番最適な方法は、未経験に強いエージェントを利用する事です

未経験者に強いサイトを利用する事で、ブラックを避けられる確率も高くなりますね。個人的な1番のお勧めは「マイナビ×IT」です。なぜならば、私自身がマイナビを利用する事で、客先常駐のブラックから脱出できたからです。

転職先は、海外に開発拠点があり受託開発がメインのSIer系でした。

大手ではなく、社員が100人前後のどこにでもある普通の中小企業です。毎年40〜60万円ペースで昇給し、4年後には年収が520万円を超えます。知名度もなく大手や上場企業ではないけれども、この会社は私にとっては優良企業ですね。

20〜30代前半の未経験者に絞れば、大手2社(リクナビ、DODA)よりも求人の質は高いです。大手2社は利用者数が多すぎるため、機械的な対応になるのは避けられません。ブラックを避けるためにも、マイナビが1番のおすすめです。

社内研修があるIT企業に就職できれば、月20万円の給料を貰いながらスキルを習得できます

評価:【マイナビ×ITの評価】本当に未経験でもブラックを避けられる?

プログラミング未経験でもIT企業に就職できる?

出典:IT人材の最新動向と将来設計に関する調査(経済産業省)

私たちは事前に基礎スキルを習得しなくても簡単にIT企業に就職できます。

なぜならば、2030年に59万人が不足するほど、人材が足りていないからです。IT業界の求人倍率は最も高く6.79倍です。全業種平均よりも3倍も高く、応募者1人に対して6つ求人が余る状態ですね転職求人倍率レポート2018年4月)。

私自身もプログラミング経験なしで、この業界に入りました。

それでも、年収が500万円を超えキャリアがある理由は、入社後に3ヶ月間のプログラミング研修があったからです。現在現役で働いている9割のSEは、入社後にスキルを習得しています。専門学校で2年間で学ぶスキルを、私たちは3ヶ月間で学べます。

入社後にスキルを習得するメリットは...
  1. 月20万円の給料を貰いながら、プログラミングの勉強ができる
  2. 給料を貰いながら勉強するので、モチベーションが高い
  3. 現役SEの先輩社員から、実用的なスキルを現場で学べる
  4. 就職先で必要なスキルを中心に、重点的に学べる
  5. 業務時間外には、資格や語学など他の勉強もできる

IT未経験者でも、専門学校やスクールに通学しなくても企業に就職できますね。

SEになる事がスキルを学ぶ目的ならば、1日も早く就職した方が良いです。無料で学べるスクールも魅力ですが、月に20万円の給料を貰いながら勉強した方が合理的だからです。実際に現役SEの多くは、無料スクールを悲観的に見ている人が多いです。

▼▼IT未経験から無料でSEに就職する3つの方法▼▼

  1. マイナビ×ITIT未経験でも、今すぐに就職先を紹介してくれる
  2. ProEngineerスクールを卒業して、3ヶ月後にSEになれる
  3. ITCE Academy宿泊施設も無料、1ヶ月後にSEになれる

私たち未経験者は、スクールを利用しなくても今すぐにIT企業に就職できます。なぜならば、深刻な人材不足を理由に、未経験者でも需要が高いからです。無料スクールも魅力ですが、月20万円の給料をもらいながらスキルを習得できた方が良いですね

2020年には、未経験者の需要はもうない可能性が高いです。

なぜならば、金融危機が再び発生する、日本政府が移民を受け入れる、外国人PGで人材不足を解消すると未経験者の需要が減るからです。需要がなくなると、完全無料のスクールのサービスも無くなりますねスクールを支援するIT企業がないと、無料を維持できないからです。

そうなると、テックエキスパートのように、3ヶ月79万円の有料スクールしか残りませんその頃には、IT未経験者が転職サイトを利用しても断られますね。未経験からSEを目指すならば、需要がある今のうちに行動に移しましょう

参考:【マイナビ×ITの評価】本当に未経験でもブラックを避けられる?

まとめ:「NexSeed」のリアルな口コミは?

ネクシードを利用しない方が良い理由は...
  1. 留学費用は、半年間で200万円を超えるほど高い
  2. ネクシードを卒業しても、フリーやSEにはなれない
  3. ネクシードをはじめ、IT留学は全体的にレベルが低い
  4. iOSコースは、実務経験がない素人講師が担当する
  5. 英語とプログラミングの両立は、実は根本的に無理
  6. ネクシードの営業担当者は、平気で嘘を付く
  7. 寮生活は住環境が悪い上に、Wifiの通信速度も遅い
  8. 他スクールと比較して、リピーターが少ない
  9. 要望を聞くけれども、一切改善してくれない
  10. ネットの過大広告と、スクールの中身が伴っていない
  11. 現地スタッフやインターンに業務を丸投げしている

ネクシードのネットの評価を見ると、不自然に良い口コミや体験談が多いですよね。

IT留学関連で良い評判や体験談が多い理由は、広告収入目的のブロガーやインターン生に大量に記事を書かせているからです。ネクシードのリアルな口コミを調べると、実は良い評価よりも悪い評価が多いです。

留学費用が200万円と高すぎる」「卒業してもSEになれない」「授業のレベルが低い」「英語とプログラミングの両立は無理」など、ネガティブなコメントが並びますね。ここでは、ネクシードに関するリアルな口コミだけを紹介します。

わざわざ海外に留学するよりも、国内の無料スクールを利用した方が明らかにコスパが高いですね。「プロエンジニア 」を利用すれば、3ヶ月間無料でプログラミングを学べる上に、同時に就職支援も行ってくれます。IT留学だと、帰国後に自力で就職先を探す必要があります。

▼▼1円も料金が発生しない完全無料のスクール3校▼▼

  1. ProEngineer卒業後は就職先3500社から選べる
  2. ITCE Academy宿泊施設も無料、1ヶ月でSEになれる
  3. TECH::EXPERT30代でも転職保証が受けられる(有料)

プロエンジニアは、入学金、授業料、転職支援が全て無料です。受講中に辞退しても罰則や罰金は1円も発生ませんしかし、都内の教室は最大で30名を収容できるスペースしかなく、応募枠が埋まると翌月、もしくは翌々月まで待たされます。

参考:【プロエンジニアの評価】未経験からスキル習得しブラックを避ける?

完全無料のスクールは、2020年にはもうない可能性が高いです

金融危機が再び発生する、日本政府が移民を受け入れる、外国人PGで人材不足を解消すると、未経験者の需要が減るからです。需要が減るとスクールは、支援するIT企業がなくなり利益を確保できません需要が高い今だけ存在するサービスです。

未経験者の需要がなくなると、有料スクール以外で選択肢はありません。有料スクールはテックエキスパートのように3ヶ月で79万円するほど高額です未経験からSEを目指すならば、需要がある今のうちに行動に移しましょう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください