共通パーツ-方法:社内開発している企業に入社する

客先常駐は以前よりも避けやすい...
  1. 深刻な人材不足にあるため、SEは会社を選びやすい
  2. 自社開発が多いWEB業界は、年率7.9%で成長している
  3. 楽天やユニクロなど、開発を内製化する企業が増えている
  4. 働き方改革が進み、リモートや在宅が増えている
  5. フリーランスが増え、中間摂取する業者の割合が減っている

ブラックを避ける1番確実な方法は、自社開発や社内開発している企業に就職する事です。なぜならば、外部に労働力を提供するだけの客先常駐は、仕組みがブラックに陥りやすいからです。

私がブラックから逃れられたのは、受託系の社内開発に転職したからです。

確かに、未経験者にとって自社や社内開発はハードルが高いですよね。しかしながら、深刻な人材不足に陥っている現在は、過去にないほどのチャンスでもあります企業は優秀な人材を確保できず、社内で人材を育てる以外に道がないからです。

私が社内開発から内定を得られたのは、実務の開発経験が1度もない時です。

客先常駐の割合が30%未満の企業は、全体の39.3%もあります。そのため、現実的に自社や社内開発を選択するのは難しくないですよね(厚生労働省:働き方・休み方改善 )。

社内開発に行くほど、ブラックの割合は低くなります。

参考:【客先常駐を避けたい】未経験から自社開発を目指す3つの方法