共通パーツ-IT未経験から無料でSEに就職する3つの方法

▼▼IT未経験から無料でSEに就職する3つの方法▼▼

  1. マイナビAGENTIT未経験者に強く、最短2ヶ月で就職できる
  2. ワークポートIT最短1ヶ月で就職できるが、ブラック企業が多い
  3. ProEngineerコロナ禍でも残っている、数少ない無料スクール

<2021年7月:SE転職の緊急のお知らせ>

参考:5月の有効求人倍率 1.09倍 求人数は感染拡大前に比べ26.9%減

ワクチンが急速に進むも、労働市場が改善してない点に注意してください

遅れていた日本のワクチン接種は急ピッチで進んでいます。すでに65歳以上の80.2%が接種済みで、20-30代も打ち始めてます(参考:世界の接種状況)。オリンピックが終わる頃には、集団免疫獲得に成功するほど順調ですね。

しかし、経済再開が進み求人数は増えるも、雇用状況は改善してません。

5月の新規求人数は68万人、前年比で7.7%も増えています。しかし、20年5月の求人倍率1.18倍に対し、21年5月は1.09倍と低く1月から低いままです。特に厳しいのが、求職者が多い都市圏で大阪は0.9倍、東京は0.85倍と最低です。

倍率が改善しないのは、求人数以上に求職者が殺到してるからです

過去1年以上も見送っていた人が、21年後半は活発に動き始めます。また、飲食や小売で失業した人、失業手当の受給期間が終了した人、ワクチン接種を待っていた人も同時に動きます。経済が不安定になると、手に職を求めてIT企業に殺到しますよね。

しかし、採用枠は年度毎に決まるため、劇的な増加は見込めません経済再開後も求人倍率が動かないのは、採用枠は年度単位で決まるからです。

また、求人数は改善傾向にあるも絶対量は少ないです。昨年比で増加するも、19年5月比では26.9%も少ないです。実際に、春と夏はIT未経験向け求人が最も多い時期だが、3月の求人数は前年度の半分未満と絶望的でした。

求職者の多くは、今年のオリンピックを区切りに考えています。

夏季休暇がある8月は、春の次に求人数が多い時期です。しかし、ワクチン接種が本格的に進む夏は、少ない求人をより多くの求職者が奪い合いますいま市場にある未経験者向けの案件も、夏季休暇後の8月以降にも残っている可能性は低いです。

そのため、オリンピックが終わる前には、内定を得てなくては手遅れです目標から逆算すると、今月中には動き始める必要があります。

未経験者向けの転職サイトで1番のお勧めは「マイナビ」です。なぜならば、私自身がブラックから脱出し目標だった社内開発に就職できたからです。年収は4年間で300→520万円まで増え、納期月以外は毎日定時に帰宅しています。

公式サイト:マイナビAGENT無料サービス登録まで3分

少しでも実務やプログラミング経験がある人は、「マイナビIT AGENT 」から登録してください。PG経験があると紹介できる案件の質が高くなります。