共通パーツ-お勧めのプログラミングスクール3社

▼▼1円も料金が発生しない完全無料のスクール3校▼▼

  1. ProEngineerコロナ禍でも残っている、貴重な無料スクール
  2. 『ITCE Academy』宿泊施設も無料、1ヶ月でSEになれる
  3. 『TECH::EXPERT30代でも転職保証が受けられる(有料)

※22年11月現在、多くの無料スクールがサービスを終了しています

<22年11月:コロナ終息で転職市況が活況>

参考:【2022年10月第3週】計測史上初の21万件超え

日本でもコロナ終息に伴い、未経験者向け求人が激増しています。

DODAによると、22年10月3週の求人数は20.3万件(+146%)で、計測市場初の20万人超えでした。すでに、コロナ前よりも高い水準で、10月の有効求人倍率は1.34倍と9ヶ月連続の上昇です。とりわけ、在宅需要が高いIT業界は人気が高く、倍率は3.9倍と他の業界を圧倒しています。

その結果、多くの未経験者が夏と秋採用でIT企業への就職に成功しました。

未経験でもIT業界に就職すれば、基礎知識を習得し実務経験を積みながら月20万円の手取りを得られます。また、2-3年経験を積み経験者として転職すれば、年収を100万円以上増やすことも難しくないです。

しかしながら、ロシア侵攻と米国の急激な利上げにより世界経済は『98%の確率』で23年には深刻な景気後退入りします(参考:世界の景気後退リスクは98%超)。特に深刻なのは日本経済で、30年以来の円安と資源高で過去最悪の状況に陥ります。

そのため、22年末までがIT未経験でも入社できる最後の年になります

転職活動を後ろに伸ばし、求人数が最も多い春採用を待つ人は多いです。しかしながら、その頃には既に景気後退が訪れている可能性が高く危険です。世界的不況に陥ると、次にIT業界に就職できるのは4年後です。

今年中に内定を獲得し来年から働くには、今月中に行動してないともう手遅れです。コロナによる規制は完全に終了し、すでに労働市場には未経験者が殺到し始めています。

世界経済が本格的に悪化すれば、無料スクールの多くも閉鎖します。実際に、コロナによる経済悪化で、スクールの数は激減していますね。プロエンジニアは、22年11月現在も無料を維持してる数少ないスクールです

公式サイト:プロエンジニア』(無料相談の登録まで30秒

ただし、少しでも実務やプログラミング経験がある人は、「マイナビ IT AGENT」でIT求人を探してください。世界経済が悪化する状況では、1日も早く就職先を見つける方が安全です。プログラミングは未経験で就職しても、月20万円の給料を貰いながら研修や実務で学べます