共通パーツ-お勧めのプログラミングスクール3社

▼▼1円も料金が発生しない完全無料のスクール3校▼▼

  1. ProEngineerコロナ禍でも残っている、貴重な無料スクール
  2. 『ITCE Academy』宿泊施設も無料、1ヶ月でSEになれる
  3. TECH::EXPERT30代でも転職保証が受けられる(有料)

※21年7月現在、多くの無料スクールがサービスを終了しています

<2021年7月:SE転職の緊急のお知らせ>

参考:2021年3月更新:有効求人倍率とは?

ワクチンが急速に進むも、労働市場が改善してない点に注意してください

遅れていた日本のワクチン接種は急ピッチで進んでいます。すでに65歳以上の80.2%が接種済みで、20-30代も打ち始めてます(参考:世界の接種状況)。オリンピックが終わる頃には、集団免疫獲得に成功するほど順調ですね。

しかし、経済再開が進み求人数は増えるも、雇用状況は改善してません。

5月の新規求人数は68万人、前年比で7.7%も増えています。しかし、20年5月の求人倍率1.18倍に対し、21年5月は1.09倍と低く1月から低いままです。特に厳しいのが、求職者が多い都市圏で大阪は0.9倍、東京は0.85倍と最低です。

倍率が改善しないのは、求人数以上に求職者が殺到してるからです

過去1年以上も見送っていた人が、21年後半は活発に動き始めます。また、飲食や小売で失業した人、失業手当の受給期間が終了した人、ワクチン接種を待っていた人も同時に動きます。経済が不安定になると、手に職を求めてIT企業に殺到しますよね。

しかし、採用枠は年度毎に決まるため、劇的な増加は見込めません経済再開後も求人倍率が21年1月から動かないのは、年度単位で採用枠が決まるからです。

無料スクールを検討してる人は、今すぐに動き始めましょう。

IT企業からの紹介料で成り立つ無料スクールは、雇用環境の悪化で次々にサービスを終了してますコロナ後に、3ヶ月で40万円の有料コースに切り替えたスクールも少なくありません。プロエンジニアは、21年7月現在も無料を維持してる数少ないスクールです

ただし、オリンピック終了後も、継続してる可能性は低いです。

公式サイト:プロエンジニア』(無料相談の登録まで30秒

少しでも実務やプログラミング経験がある人は、「マイナビIT AGENT 」でIT求人を探してください。雇用環境が悪い状況下では、1日も早く就職先を見つける方が安全です。プログラミングは就職してからでも企業の研修で学べます。