【マイナビエージェント×IT】悪い評価|20代、第二新卒以外は苦手

求人数
  1. 公開求人数:6,718件
  2. 非公開求人数:21,276件
  3. 未経験可:696件
  4. 海外求人数:328件
デメリット
  1. 30代以降のビジネスパーソン向きではない
  2. 業界最大手のリクナビと比較して求人数が少ない
  3. キャリアアドバイザーは親切だが、スキルにバラツキがある
特徴・対象者
  1. 未経験者可の求人が多く、20代からの評価が高い
  2. 親切な担当者が多く、転職活動が初めての人に向いている
  3. 職務経歴書・履歴書を丁寧に添削してくれる
  4. 第二新卒者向けに優良中小企業を多数扱う
  5. グローバルに展開する日系企業を多数扱う
  6. 関東圏、関西圏以外の地方都市に対応している
事業所
  1. 東京:東京都中央区京橋3-7-1
  2. 横浜:神奈川県横浜市西区高島二丁目19番12号
  3. 札幌:北海道札幌市中央区北二条西三丁目1番地20号
  4. 名古屋:愛知県名古屋市中村区名駅4-7-1
  5. 大阪:大阪府大阪市北区大深町4番20号
転職成功例 客先常駐から社内開発」、「海外勤務へ
公式サイト SE・プログラマーの転職『マイナビエージェント×IT』

「マイナビエージェント」は、業界3番手のマイナビが運営するITやWEB業界に特化した転職エージェントです。

他転職サイトにない最大の特徴は、第二新卒者や20代の業界未経験者に強みがあることです。リクナビやDODAなど、業界大手が扱わない優良の中小企業に力を入れています。業界最大手は、利用者が多く大衆向けのサービスのため、機械的な対応になる点が残念ですよね。

個人的には100社以上ある転職エージェントの中で、1番のお勧めはマイナビエージェント です。

過去にブラック企業を脱出し、社内開発できる優良企業の転職に成功できたからです。その時の担当者の女性の方は、丁寧で親切な対応で強く印象に残っています。

マイナビエージェントを利用したい人向け
  1. マイナビエージェントのデメリットとメリット
  2. マイナビエージェントを利用した人の声、利用が向いている人
  3. マイナビエージェント の利用方法

「マイナビエージェント×IT」の悪い評価・デメリット

  1. 30代以降のビジネスパーソン向きではない
  2. 業界最大手のリクナビと比較して求人数が少ない
  3. キャリアアドバイザーは親切だが、スキルにバラツキがある

マイナビエージェントは、業界経験がない20代向けの求人を多数扱います。そのため、キャリア転職が目的の30代には、求人の質が良くないと低評価を受けています。

また、業界最大手のリクナビエージェントと比較すると、求人の数も多くはありません。リクナビのIT関連の非公開求人は5万件を超えますが、マイナビエージェント その半分の21,276件を扱います。

ただし、未経験者可の求人は700件と比率はリクナビよりも高いです。

選択肢が多い中から求人を選びたい人は、業界最大手のエージェントを利用した方が良いですね。

「マイナビエージェント×IT」の良い評価・メリット

  1. 未経験者可の求人が多く、20代からの支持が厚い
  2. 親切な担当者が多く、転職活動が初めての人に向いてい
  3. 職務経歴書・履歴書を丁寧に添削してくれる
  4. 第二新卒者や20代向けに優良の中小企業を多数扱う
  5. グローバルに展開する日系企業を多数扱う
  6. 関東圏、関西圏以外の地方都市にも対応している

近年は、第二新卒の若い世代で「リクナビ」よりも「マイナビ」を利用する人が増えています。

その理由は、学生時代にリクナビを利用して就職に失敗した人たちが、別の転職エージェントを考えたときに、知名度が高いマイナビが候補に上がるからです。

マイナビは、業界大手が扱わない優良の中小企業を多数扱うため、ここ数年で20代から高い支持を集めることに成功しています。私も学生時代はリクナビを利用しましたが、社会人になってからはマイナビを利用しました。

誰に対しても丁寧なサポートを心掛けているため、転職活動を初めて経験する人からの評価は高いです。

▼▼マイナビエージェント がたくさんの未経験者に選ばれる理由▼▼

  1. 第二新卒者、1回目の転職活動で利用する層が最も多い
  2. 大手2社(リクナビ、DODA)よりも、親切な対応に定評がある
  3. 中小の隠れ優良企業を多数抱えている

公式サイト:SE・プログラマーの転職『マイナビエージェント×IT』

「マイナビエージェント×IT」利用者の口コミ

マイナビエージェントは過去に多くの人が利用しています。では、具体的にどういう人たちが転職に成功したのか見ていきましょう。口コミは公式サイトの体験談を抜粋しています。

Aさん:30代男性「未経験」からのエンジニアへ

◆電気配線工事、年収260万円 →  インフラエンジニア、年収340万円

転職へのご志向、転職経緯
高等専門学校を中退後バンド活動し、その後3社経験で働いた経験があります。直近では電気配線工事業務にアルバイトとして3年間勤務していたのですが。これからは、正社員として働きたい、年収を上げたい、インフラ業界でキャリアを積みたい、この3つを軸にして転職活動を始めました。

IT業界を選択したのは、これから自分の努力次第で年収を上げていけると思ったからです。年収340万円は満足しているわけではないですが、これから努力して収入を増やして行きたいと思います。

Bさん:26歳男性「未経験」からエンジニアへ

◆スポーツ・ヘルス関連施設店長 →  ネットワークエンジニア

転職前の職務内容を教えてください。

リラクゼーション関連の店舗での店長業務を担当していました。店舗の運営として、スタッフの管理・マネジメント、新人スタッフの育成・採用活動など。

入社を決意された理由を教えてください。

エンジニアという専門知識の必要な分野にもかかわらず、ゼロからのスタートを支援し、応援してくれる会社であると感じたからです。また、前職では現実的にステップアップする先が無く、モチベーション維持が難しかったが、今回の会社ではスキルアップ・ステップアップの道が明確に示されているので働くモチベーションを長く持ち続けることができそうなので、入社を決意しました。

マイナビエージェントをご利用になった感想をお聞かせください。

理想の転職先を見つけ、入社することができました。転職活動中も丁寧にアドバイスをいただけたので、一人で転職活動をすることと比べるとものすごく楽に、早く、安心して進むことが出来ました。面談や面接練習などのスケジューリングも迅速にしていただいたおかげでモチベーションを維持しやすかったです。

Cさん:30代前半女性

参考:http://career-theory.net/mynavi-agent-reputation-6876

ネガティブな口コミ

 

参考:http://career-theory.net/mynavi-agent-reputation-6876

マイナビは20代や業界未経験者には高い評価を得ていますが、ハイキャリア求人を求めている人には、満足度が低いです。すでに業界経験がある人は、別の転職エージェントを利用した方が良いですね。

「マイナビエージェント×IT」お勧めできる人

マイナビをお勧めできる人
  1. 業界経験がないが、IT企業へのキャリアチェンジを考えている
  2. 業界最大手の機械的な対応よりも、初めての転職活動で手厚いサポートを受けたい
  3. 第二新卒を採用してくれる、大手や優良の中小企業に転職したい
  4. 関東や関西圏で就職したい

逆にマイナビに向いていない人は次の人たちです。

転職活動に求人の質よりも量を求める人は「リクナビ」や「DODA」、丁寧なサポートよりもスピードを重視するのであれば「ワークポート」が向いています。

個人的には、数ある転職エージェントの中でマイナビが1番お勧めです。

なぜならば、過去にマイナビを利用してブラック企業から抜け出すことができたからです。

この当時は、IT業界に勤めているにも関わらず開発スキルが乏しく、次の就職先が見つかるか不安でした。担当者の女性の方が、優しく真摯にアドバイスしてくれたのを鮮明に覚えています。仕事に関する相談で、将来の不安な気持ちを言葉に出したのは初めて経験でした。

紹介してもらった転職先の企業は、社内開発を専門とするIT企業で、入社後に「海外勤務」や「海外就職」も経験できました。

入社先は大手ではなく、従業員が100人前後のどこにでもある普通のIT企業です。マイナビエージェント は、このような隠れた優良企業も多数扱うのが特徴です。

転職後に年収は右肩上がりで増え、4年後に目標だった500万円を超えることもできました。

グローバル展開している日系企業もある

近年は、大手と比較して資金力が弱い中小企業も、積極的に海外進出を行っています。

国内で深刻な人材不足を抱えるIT企業は、開発拠点や人材確保のために中国、インド、東南アジア(ベトナム、フィリピン、ミャンマー)に進出していますね。

マイナビは、海外に関連した求人も多数扱います。

勤務地を「海外」にして検索すると、公開求人で38件、非公開求人で350件がヒットします。将来的に語学を生かして働きたいと思っている人は、海外に開発拠点を持つ日系のIT企業を目指すのもひとつの手ですね。

外資系や海外の現地法人と違い、入社時点で高い語学力を求められないのでお勧めです。

参考:英語を活かして転職する|日系、外資系、グローバル、現地企業の違い

▼▼マイナビエージェント がたくさんの未経験者に選ばれる理由▼▼

  1. 第二新卒者、1回目の転職活動で利用する層が最も多い
  2. 大手2社(リクナビ、DODA)よりも、親切な対応に定評がある
  3. 中小の隠れ優良企業を多数抱えている

公式サイト:SE・プログラマーの転職『マイナビエージェント×IT』

まとめ:【マイナビエージェント×IT】の評価

マイナビエージェントの利点
  1. 20代の業界未経験者でもIT企業にキャリアチェンジできる
  2. 誰が利用しても、職務経歴書・履歴書など丁寧に添削してくれる
  3. グローバル日系企業を多数扱っている
  4. 年収300〜350万円で、エンジニアのキャリアをスタートできる

マイナビエージェントは、第二新卒者や未経験者の転職に強い転職エージェントです。

すぐに転職活動を終わらせたい人には向いていないですが、転職活動が初めてでゆっくりと自分のペースで転職したい人には最適です。

WEBエンジニアに転向し初年度の年収は?

参考:30代前半(30~35歳)・ソフト系の平均年収は525万円(Tech総研)

専門職であるITエンジニアの給与は、他業種と比較して高いです。

Tech総研の調査結果によると、30代前半のソフト系エンジニアの平均年収は525万円厚生労働省が公表する数値では、システムエンジニアの平均年収は547万円です厚生労働省「平成28年 賃金構造基本統計調査」)。

ただし、初年度からこれだけの給与を得られるわけではありません。また、ブラック企業に就職すると給料はスズメの涙しか増えません。

初年度の年収は300〜350万円が相場になります。普通のIT企業に入社できたなら、これくらいのレンジを想定しておけば良いですね。

  • 初年度:年収300〜350万円
  • 経験3年以上:年収400万円〜
  • 経験5年以上:年収500万円〜
  • 派遣やフリーランス:年収700万円〜(スキル次第)

私がこの業界で未経験で入社した時はブラックでした(ブラックだと年収は増えません)。

その後は社内開発できる企業に転職し、「海外勤務」や「海外出張」も経験できました。また、年収も順調に増え4年後に年収500万円を達成します。

1日でも早く行動に移した方が良い理由

ITエンジニアを目指すのであれば、1日でも早く行動に移すことをお勧めします。

なぜならば、IT業界はかつてないほど深刻な人材不足ですが、この状態がずっと続くわけではないからです。

現在IT業界は転職有効求人倍率が「6倍」を超えるほど景気が良いです(転職求人倍率レポート(2018年4月))。業界全体の求人倍率が2.36倍なので、他業種の3倍ですね。

書類を送付すれば、誰でも書類選考を突破できます。

しかし、人材不足はいずれ解消されますね。

IT企業は外国人SEを大量に採用、日本政府は移民を受け入れる準備も進めています。前回の金融危機から10年が経過し、経済危機が発生する可能性もあります。

不況に陥ると、有効求人倍率は2009年の1倍以下まで再び落ち込みます。

そうなると、未経験者を採用してエンジニアを育てる企業の数は劇的に減ります。運良く1次面接まで進めても、経験者と求人を奪い合いますね。

今は景気がいいからいつでも転職できると楽観的に考えるのではなく、1日も早くエンジニアになり専門スキルを身に付けましょう。スキルがある人材は、不況に強いのでリストラされる心配はないです。

IT未経験の転職活動で必要なもの

転職活動を開始するに当たって、私たちが必要な準備は何もありません。

履歴書や職務経歴書を準備するのは、キャリアコンサルタントと面談し転職の意思を固めた後の話です。コンサルタントと面談することで、IT業界の中で目指す職種や方向性も決まります(最初から方向性がはっきりしている人はいません)。

その段階で書類を準備した方が修正する手間が省けますね。

はじめて経歴書を作成した時は、何を書けば良いのかわからず何度も消しては書き直していました。キャリアエージェントに相談すると、経歴書の書き方から添削まで優しく的確にアドバイスしてくれます。

採用担当者が知りたい事にポイントを抑えて書くと、少ない時間で完成度が高い経歴書を書けます。

参考:【例文あり】SE未経験の自己PRの書き方|採用担当者が教える

業界未経験者向けの転職サイトはたくさんありますが、個人的には「マイナビエージェント 」が1番おすすめです。過去にマイナビを利用した事で、ブラックから脱出でき、社内開発、海外勤務、海外就職を同時に実現できたからです。

現在もマイナビに紹介してもらった企業で働き続けています。

登録に必要な項目は少ないので、通勤中にスマホからでも簡単に面談を予約できます。

面談までの流れ
  1. 公式サイトから会員登録する(氏名や住所など5分程度)
  2. 会員登録完了後に担当者からメールが送られてくる
  3. 担当者とキャリア 面談を行う(面談場所は京橋や横浜など、電話でも対応可能)
  4. キャリア 面談時に、条件にマッチする案件を10〜20社程度紹介してもらう
  5. 転職活動する意思を固めた場合のみ、書類の準備を始める

まずは、自分にエンジニアの適性があるか見るためにもエージェントに相談してみましょう。電話でも対応してくれるので、会社のお昼休みからでも気軽に相談できます。

公式サイト:SE・プログラマーの転職『マイナビエージェント×IT』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です