【マイナビ×ITの評価】20代向けの中小・優良企業に強みがある

求人数
  1. 公開求人数:6,718件
  2. 非公開求人数:21,276件
  3. 未経験可:1001
  4. 海外求人数:328件
デメリット
  1. 30代以降のビジネスパーソン向きではない
  2. 業界最大手のリクナビと比較して求人数が少ない
  3. キャリアアドバイザーは親切だが、スキルにバラツキがある
特徴・対象者
  1. 未経験者可の求人が多く、20代からの評価が高い
  2. 親切な担当者が多く、転職活動が初めての人に向いている
  3. 職務経歴書・履歴書を丁寧に添削してくれる
  4. 第二新卒者向けに優良中小企業を多数扱う
  5. グローバルに展開する日系企業を多数扱う
  6. 関東圏、関西圏以外の地方都市に対応している
事業所
  1. 東京:東京都中央区京橋3-7-1
  2. 横浜:神奈川県横浜市西区高島二丁目19番12号
  3. 札幌:北海道札幌市中央区北二条西三丁目1番地20号
  4. 名古屋:愛知県名古屋市中村区名駅4-7-1
  5. 大阪:大阪府大阪市北区大深町4番20号
転職成功例 客先常駐から社内開発」、「海外勤務へ
公式サイト SE・プログラマーの転職『マイナビエージェント×IT』

「マイナビエージェント×IT」の最大の特徴は、第二新卒者や20代向けの業界未経験者に強みがあることです。リクナビやDODAなど、業界最大手が扱わない中小・優良企業を多数扱います。

マイナビを利用することで、プログラミング経験がない人でも、3ヶ月後にはエンジニアとして新たなキャリアをスタートできます。専門職を選択するメリットは、景気動向に左右されにくく、スキルがあればリストラや失業の心配がない事ですね。

他にもこのようなメリットがあります。

  1. 肉体労働や単純労働と違い、経験年数に応じて給料が増えていく
  2. 初年度の年収は300〜350万円(月給20〜24)が相場
  3. 30代の平均年収は505万円と、会社員の平均よりも91万円も高い
  4. 専門のプログラミングスキルを活かして、副収入を得やすい
  5. IT技術の発達とともに、エンジニアの需要は増え続けている
  6. スキルがある人材は、いつでも条件が良い企業に転職できる

個人的には数百社以上ある転職サイトの中で、1番のお勧めがマイナビエージェント です。

なぜならば、私自身が過去にマイナビを利用して、ブラックから脱出し、海外に開発拠点があり社内開発できる企業に転職できたからです。以降は毎年右肩上がりで年収が増え、海外勤務や海外出張も経験させてもらいました。

その時に担当してくれた女性の方は、丁寧で親切な対応で強く印象に残っています。

ただし、マイナビは30代以降のハイキャリア向けの求人は少ないです。すでにIT業界でキャリアがある人は、経験者向けの別の転職サイトを利用することお勧めします。

マイナビエージェントを利用したい人向け
  1. マイナビを利用して、SEに転向できた人はたくさんいる
  2. 誰が利用しても(20代、第二新卒、未経験)3ヶ月後に就職できるの?
  3. 未経験から、IT企業へ就職した人たちのリアルな声は?
  4. まずは、無料でいくつか案件を紹介してもらう

20代・第二新卒で就職した人がたくさんいる

「マイナビ×IT」を利用して、たくさんの人がIT企業への就職を成功させています。具体的には次の人たちが、未経験からIT企業への就職に成功しました。

  1. 27歳女性:大学を卒業して働き続けていた派遣社員から、正社員採用でエンジニアへ就職する
  2. 25歳女性:紙媒体を中心にしたグラフィックデザインから、未経験でエンジニアへ就職する
  3. 27歳男性:飲食店でキッチン業務を2年、未経験からワークライフバランスを重視するIT企業へ就職する
  4. 30代男性:電気配線のアルバイトから、未経験で年収340万円のインフラエンジニアへ就職する
  5. 29歳男性:2次請けのアプリ開発者から、はじめての転職活動で社内開発に転職し、年収が150万円も増えた

他にもたくさんの就職希望者が、未経験からIT企業への就職に成功しています。実例をもっとたくさん知りたい人は、マイナビが運営するメディアを参考にしてください。

参考:マイナビAgent(ITエンジニアの転職)

本当に、20代未経験でも就職できるの?

なぜマイナビは、20代や第二新卒者の就職を強みとしているのでしょうか。

①その秘密は、ターゲットの明確化にある

「マイナビ」は業界3番手の転職サイトです。中途半端な立ち位置で、地位を確立するためには、大手2社の「リクナビ」「DODA」と差別化を計る必要があります。

なぜならば、通常の転職サイトが扱う企業数は数千件ですが、リクナビの全求人数は23万件、2番手のDODAは10万件を超えるほど、扱う求人の数が膨大だからです。マイナビは3番手ですが、全業種で3万4000件の案件を保有します。

数は少なくないですが、大手2社と比較するとその差は歴然です。

②そのため、20代・第二新卒者向けの求人を中心に扱う

マイナビは、大手2社に対抗するために、次の3つのサービスを徹底しました。

  1. 20代・第二新卒者向けの求人を多数所有する
  2. 大手が契約していない、中小の隠れ優良企業を扱う
  3. 大手2社よりも、真摯で丁寧なサポートを心掛ける

あえて、ターゲットを狭く絞ることで、ユーザーに満足度が高いサービスを提供しています。

③だから、業界未経験の20代でも転職に成功している

その結果、マイナビは転職市場で後発にも関わらず、ここ数年間で急激に評価を伸ばしています

最近の第二新卒世代は、「リクナビ」よりもあえて「マイナビ」を選択する人が増えています。その理由は、学生の頃にリクナビを利用して、1度就職に失敗しているからです。初めての転職活動で検討した結果、第二新卒に最も強い「マイナビ」が選ばれます。

私たちが大手を利用するメリットは、圧倒的な求人数にあります。しかし、大手転職サイト2社は利用者が多すぎるため、ひとり当たりに費やす時間が限られ、機械的な対応になるのは避けられません。

▼▼マイナビエージェント がたくさんの未経験者に選ばれる理由▼▼

  1. 第二新卒者、1回目の転職活動で利用する層が最も多い
  2. 大手2社(リクナビ、DODA)よりも、親切な対応で高い評価を得ている
  3. 中小の隠れ優良企業を多数抱えている

公式サイト:SE・プログラマーの転職『マイナビエージェント×IT』

マイナビを利用してブラックから脱出できた

個人的な話にですが、私は過去にマイナビを利用してブラックから脱出できました。

私が就職した先は、海外に開発拠点があり社内開発できるIT企業です。海外に開発拠点がありますが大手ではなく、社員は100人未満の普通の中小企業です。

近年は、資金力が弱い中小やベンチャー企業も、積極的に海外進出を行っています。

国内で深刻な人材不足を抱えるIT企業は、開発拠点や人材確保のために中国、インド、東南アジア(ベトナム、フィリピン、ミャンマー)に進出する必要があるからです。

マイナビは、積極的に海外に進出している隠れ優良企業も多数扱います。

実際に、勤務地を「海外」にして求人検索すると、388件の案件がヒットしますね。そのため、将来的に語学を生かして働きたい人にも、マイナビはお勧めです。海外進出は、本業の利益である程度稼げていないと投資できないので、ブラックを避ける指標にもなります。

私は、ブラックを脱出して普通のIT企業で働いたことで次のメリットがありました。

  1. 経験年数に合わせて、給料が右肩上がりに増える(4年で300→520万円
  2. 納期がない月は、毎日定時に帰宅できる(月の残業は20時間
  3. 転職市場で、高く評価されるスキルを習得できた(+50〜100万円で掲示
  4. 社内開発できる企業に就職し海外勤務」と「海外出張」を経験できる
  5. 本業の他に、ネットビジネスを利用して副収入を得られる(月に10万円以上

未経験から、就職した人たちのリアルな声は?

マイナビエージェント の登録者数は6万人を超えています。その中で、60%以上の人が年収アップに成功させています。

では、具体的にはどういう人たちが転職を成功させているのでしょうか?

25歳女性:紙媒体のデザイナーからWEBデザイナーへ

>>転職前の職務内容は?

封筒、チラシ、手提げ袋などの紙媒体を中心としたグラフィックデザインを担当していました。主にBtoBで、顧客は金融や携帯会社など大手企業から、中小企業、美容系や食品系のメーカーまで幅広い分野のクライアントを受け持っていました。デザインだけでなく、社内の営業担当者と同行し、デザイン前の企画提案やヒアリングまで行っていました。

>>転職を考えたキッカケは?

主に紙を扱うメーカーだったため、業績の低下が著しく、将来性がないと考えましたまたその雰囲気が社員にも影響していて、全体的にやりがいを持って仕事に取り組む人は少なく、どちらかというと保守的で惰性で続けている人が多い印象だったからです。同僚や上司も仕事に対して熱心ではなかったため、年齢的にも新しい分野に挑戦するなら早い方がいいと思いました。

>>転職で不安に感じたことは?

入社前と入社後のギャップが不安でした。前職も優良企業と言われて入って見たら、説明会で言っていたことと全く真逆だったので・・・。みなし残業、ノルマがある、達成度が全社員に配信される、怖い社員が多い、などです。今回の条件も自分の希望にかなりあっていたので、逆に、また蓋を開けたら全然実情が違うのでは、、、と疑心暗鬼になっていました。

>>不安についてキャリアアドバイザーのアドバイスは?

内定後、不安を口にしたところ、担当のキャリアアドバイザーさんが企業との面談を設定してくださいました。また言いづらいことなども事前にうまく伝えてくださったので、企業側も上司以外にこれから同僚になる方を連れてきてくださいました。実際に現場の声を聞いて、入社後ギャップがないと確信が持てたので、本当にいい方法を提案していただけたなと今でも感謝しています。

>>入社を決意した理由は?

以前から興味のあった健康、美容業界のデザイナー採用であったためです。また無駄な残業がなく、時間内にどれだけ良いパフォーマンスができるかを念頭に置き、マネジメントしてくれるということを上司にあたる方に面接時に言われ、影響を受けました。ウェブなどのデザインも未経験ながら挑戦させていただけると事前に言っていただけ、仕事に前向きな雰囲気があったからです。

>>マイナビを利用した感想は?

マイナビさんにお願いしなかったら今でも路頭に迷っていたと思います。前職がネガティブな理由の退職で、あまり転職に前向きでなかったのですが、担当のキャリアアドバイザーさんにお尻を叩いていただき、前向きに転職に取り組めました。初めての転職で紹介会社は3社登録していましたが、マイナビさんがどこよりも親身になってくれ、自分に合った企業を探してくださいました。

参考:25歳女性の体験談

27歳女性:事務系の派遣から昇給がるIT企業へ

>>転職前の職務内容は?

法人向けIP電話開通のために必要な申込書のシステム投入/不備チェック業務を行っていました。その中で電話対応や他部署・他チームとの調整業務も行っていました。リーダー業務を任されてからは業務の効率化やツールを用いての自動化にも携わりました。総勢10数名のチームですが、チーム全員のマネジメントも担っておりました。

>>転職を考えたキッカケは?

主に法人向けIP電話の開通のための申込書の不備確認と電話・メール応対をしており、10人程度のチームのリーダーとしてグループの統制や新人教育、他チームとの調整業務に従事しておりましたが、派遣社員という雇用形態だったため、今後は給料を安定させ、長期的に働くために正社員として働きたいと思ったからです。 派遣社員ですと、残業代は出ますが、月々の収入のバラつきがあったため、正社員になって収入を安定させたかったからです。

>>転職で不安に感じたことは?

大学卒業後、正社員としての就業経験がなく、資格も持っていないため、この年齢で正社員雇用で採用してもらえるのかすごく不安でした。就職活動もしていなかったため、面接の経験もほぼゼロに等しかったので、自己紹介すらできず、質疑応答にもどのように受け答えをすれば良いのかもあまりピンときていませんでした。特にやりたい仕事もなかった上、業種・職種の知識もなかったため、抽象的な希望しかエージェントの方に伝えられませんでした

>>不安についてキャリアアドバイザーのアドバイスは?

エージェントの方の経験から、過去に正社員経験がなくても正社員へ転職した方は多くいるというお話をしていただいたので、自分も頑張ろうと思えました。面接対策も一般的な対策に加えて、その企業の担当の方と専門的な質問に対する返答の仕方や、質問の傾向と聞かれる可能性が高い質問などを教えていただき、とてもありがたかったです。ご紹介いただいた企業に関しても、履歴書/職務経歴書の添削もしていただけて安心しました。

>>入社を決意した理由は?

これから伸びて行く仕事だとエージェントの方に推していただいたことと、自分で考え、自主的に動ける仕事だと思ったので転職を決めました。転職して暫くは年収は下がりそうですが、昇給の指標がしっかりとしており、それにチャレンジしクリアしていくことで年収もどんどん上がると思えました。5ヵ月に及ぶ研修を経た後に業務に取りかかれるため、未経験からでもしっかり勉強をして自分のスキルアップにもなり、次回また転職となった際にも活かせる力を身につけられるのではないかと思っています。

>>マイナビを利用した感想は?

転職には時間がかかるものと思っていましたが、1ヵ月ほどで決まったためとてもありがたかったですエージェントの方の書類添削や電話面談も大変対応が良く満足しています。平日日中帯は現職の業務中で電話対応ができなかったため、いつも平日20時以降に電話面談をお願いしていましたが、快く応じてくれたのが大変ありがたく、心に残りました。メールでの対応もレスポンスが速くてよかったです。

参考:27歳女性の体験談

27歳男性:事務系の派遣から1ヶ月で内定を獲得

>>転職前の職務内容は?

飲食店でのホール、 キッチン業務を2年、マネージャーとして、採用、教育、会計、イベント企画、ブログ更新を1年、電気工場で、総務、事務、施工現場への協力会社派遣、協力会社請求書処理、新規協力会社開拓、施工物件の検査を1年、行いました。

>>転職を考えたキッカケは?

残業時間が長く、帰っても寝るだけの生活に嫌気がさしたのが転職の理由です。残業代がほとんど出なかったので、割に合わないと感じました。事務職として手に職をつけたいと考えていましたが、雑務的な仕事が多く、長年働いている先輩社員も同じような仕事内容だったので、長期的に働くのは難しいと感じました。

>>転職で不安に感じたことは?

以前の転職の際に他社のエージェントを利用してたのですが、入社後に聞いていた話と全然違うということがいくつかありました。ただ、そのエージェントも求人票に沿って説明していたので、企業の実情はその企業に入ってみるまでは分からないものなのかなと、半ば諦めの気持ちがありました。

>>不安についてキャリアアドバイザーのアドバイスは?

一番不安だった残業時間の実情と研修システムについて詳しく教えてもらいました。実際にこの会社はこういう社風だから、など具体的に話してくださり、不安な気持ちをかなり取り除けました。また、こちらに疑問点がないか細かく聞いていただけました。

>>入社を決意した理由は?

PCを使った仕事で手に職をつけることが出来て、なおかつワークライフバランスがとれる企業であることが決め手になりました。数年後のキャリアプランが明確に見えることや、教育制度が充実していて未経験でも安心して働けること、企業として体力があり安定していて、社員を守る社風があることも入社を決めた理由です。

>>マイナビを利用した感想は?

最初に希望してたSEへの転職に成功したことのほか、希望業種以外の求人票も魅力的だったことや、対応がスピーディーかつ丁寧だったこと、面接の前にも連絡を頂いて励ましていただけたことなどが大変良かったです。約1ヵ月程度で内定をいただけたので、その点も満足しました。

参考:27歳男性の体験談

「マイナビ×IT」のデメリットや改善点

マイナビは、担当者の対応が素晴らしく全体的に満足度が高いサービスです。しかしながら、デメリットを挙げる利用者もいるので、次の点に注意してください。

  1. 30代のビジネスパーソン向きではない
  2. 案件は関東と関西圏に集中している
  3. キャリアアドバイザーは親切だが、専門スキルにバラツキがある
  4. 業界最大手のリクナビ、DODAと比較して求人数が少ない

マイナビは、第二新卒者や20代向けの求人を多く扱います。そのため、キャリアアップを目的にした30代からは、求人の質が良くないと低評価を受けています。

また、業界最大手のリクナビエージェントと比較すると、求人の数も少ないです。リクナビのIT関連の求人は「5万件」を超えますが、マイナビは その半分の「21,276件」です。

純粋に求人数を求めるのであれば、リクナビやDODAを利用した方が良いですね。

▼▼マイナビエージェント がたくさんの未経験者に選ばれる理由▼▼

  1. 第二新卒者、1回目の転職活動で利用する層が最も多い
  2. 大手2社(リクナビ、DODA)よりも、親切な対応で高い評価を得ている
  3. 中小の隠れ優良企業を多数抱えている

公式サイト:SE・プログラマーの転職『マイナビエージェント×IT』

まずは、無料でいくつか案件を紹介してもらう

マイナビは、転職の意思が固まっていない人のためにも、キャリア相談だけでも気軽に利用できます。

キャリア相談では、就職活動の準備は必要ない

転職活動を開始するに当たって、私たちが必要な準備は何もありません。

履歴書や職務経歴書を準備するのは、キャリアコンサルタントと面談し転職の意思を固めた後の話です。コンサルタントと面談することで、IT業界の中で目指す職種や方向性も決まります(最初から方向性がはっきりしている人はいないですね)。

その段階で、書類を準備した方が修正する手間が省けますね。

また、キャリアエージェントに相談することで、履歴書や職務経歴書の書き方も丁寧にアドバイスしてくれます。

利用者が増えるとサービスの質が低下する

転職エージェントは、開始時期や人数制限がないのでいつでも利用できます。

しかし、キャリアアドバイザーの数は限られているため、利用者が増えるとひとりが受けられるサービスの質は低下します。

企業は半期(4月と10月入社)ごとに新しい人材を採用します。そのため、今の時期は春入社に合わせて動く人が増えるので、早めに行動した方が良いですね。遅くても2019年の3月末までに、内定を獲得できるように計画を立てましょう。

転職サポートは全て無料で受けられる

転職エージェントのサービスは全て無料で受けられます。

キャリアアドバイザーは、人材を紹介し転職を成功させることで、企業から成果報酬(就職後の年収の3割)を得ているからです。そのため、無料だからと引け目を感じる必要はないでですね。

私は、IT業界の動向や現在の市場価値を知るために、転職エージェントさんと定期的にキャリア面談をしています。エージェントを利用することで、無料で次のサービスを受けられます。

  1. 長期的なキャリアのアドバイスをしてくれる
  2. 私たちのスキルや希望に合う求人を、紹介(20〜40社)してくれる
  3. 企業に応募する際に、私たちの特徴をまとめた推薦状を書いてくれる
  4. 自己PRや志望動機など、書類選考に通過しやすい書き方を教えてくれる
  5. 過去の採用者のデータから、具体的な面接対策をしてくれる
  6. 企業との面談調整や給与交渉など、面倒なことを全て代行してくれる

キャリア相談の申し込み方法

マイナビでは、無料のキャリア相談を行なっています。

公式サイトを開き「無料転職サポート申し込み」を選択します。入力項目は、名前とメールアドレス、電話番号、それから現在の状況など、3分で入力できます。

直接オフィスに伺うのが難しい人は、電話面談も対応しています。

公式サイト:SE・プログラマーの転職『マイナビエージェント×IT』

マイナビ(東京)へのアクセス

東京メトロ銀座線の「京橋駅」から直結しています。

その他の事業所はこちらです。

  1. 東京:東京都中央区京橋3-7-1
  2. 横浜:神奈川県横浜市西区高島二丁目19番12号
  3. 札幌:北海道札幌市中央区北二条西三丁目1番地20号
  4. 名古屋:愛知県名古屋市中村区名駅4-7-1
  5. 大阪:大阪府大阪市北区大深町4番20号

ただし、関東、関西圏以外の求人は少ないので注意してください。

▼▼プログラミング未経験でもSEになれる▼▼

IT業界は未経験でも入社できる、専門職の中では珍しい職種ですただし、未経験者はブラックに入社する確率が高いのは事実なので、慎重に行動する必要がありますね。

ブラックを避けて普通のIT企業に入社したことで、私は次のメリットがありました。

SEに就職する利点
  1. 経験年数に合わせて、給料が右肩上がりに増える(4年で300→520万円
  2. 納期がない月は、毎日定時に帰宅できる(月の残業は20時間
  3. 転職市場で、高く評価されるスキルを習得できた(+50〜100万円で掲示
  4. 社内開発できる企業に就職し海外勤務」と「海外出張」を経験できる
  5. 本業の他に、ネットビジネスを利用して副収入を得られる(月に10万円以上

まとめ:20代向けの中小・優良企業に強みがある

マイナビエージェントのメリット
  1. 未経験者可の求人が多く、20代からの支持が厚い
  2. 親切な担当者が多く、転職活動が初めての人に向いてい
  3. 職務経歴書・履歴書を丁寧に添削してくれる
  4. 第二新卒者や20代向けに優良の中小企業を多数扱う
  5. グローバルに展開する日系企業を多数扱う
  6. 関東圏、関西圏以外の地方都市にも対応している

マイナビエージェントは、第二新卒者や未経験者の転職に強い転職エージェントです。

私は多くの人にIT業界を目指して欲しいと心から願っています。なぜならば、ITエンジニアは正しい努力さえすれば、確実に稼げる業界だからです。

私は、過去に2度もブラックで働いたことがあります。この時期は、長時間労働で働かされるも給料が一向に増えず、夜も不安で眠れないほど生きているだけで辛かったです突発的に会社を辞めてしまい、6ヶ月の無職生活を送り人生のどん底を味わったこともあります。

それでも、ブラックを抜け出し普通のIT企業に就職できたのは、専門職を選んだからですね。普通の企業に就職してからは、私の給料は右肩上がりに増え始めます。

年収300万円時代は、生活するだけで手元にお金はほとんど残りませんでした。しかし、年収が400万円を超えてからは、リフレッシュしたり、自己投資に回す余裕が生まれます。

週末は友人と食事、温泉やサウナ、マッサージに行き身体の疲れを癒す。技術関連の書籍やスクールに通いプログラミングや語学の勉強をする。その結果、仕事が評価されるようになり、転職してから4年で年収500万円も超えました。

現在は株式投資にお金を回したり、副業で月に数万円稼ぐなど、さらにお金を増やす方法を学んでいます。20代の頃にお金がない経験をしたせいか、今は毎日楽しく生活できています。

だから、本当にこの業界を選んで良かったと思っています。

いまここで決断できないと、あなたの未来も一生変わらないかもしれません。

現在、IT業界は売り手市場なので、未経験者でもプログラミングを無料で学ぶことができ、こちらからお願いしなくても就職先まで見つけてくれますしかし、日本政府が移民を受け入れたり、2008年のような金融危機が発生することで、再び買い手市場に戻りますね。

そうなると、次のことが現実に起こります。

  1. 企業は、教育コストが掛かる未経験者の採用をストップする
  2. 有効求人倍率が1倍を切り、経験者でも内定が獲得できない
  3. 人件費が安い外国人を大量に採用し、海外でシステム開発する
  4. 日本人SEは、国内で開発経験が積みたくても積めない
  5. 専門職以外の労働者は、人件費削減(人工知能の採用)のためリストラにあう
  6. プログラミングスクールは、採算が取れないため無料サービス(就職支援)を終了する

今は景気がいいからいつでも転職できると楽観的に考えるのではなく、1日も早くエンジニアになり専門スキルを身に付けましょう。スキルがある人材は、不況に強いのでリストラされる心配はなくなります。

IT未経験の転職活動で必要なもの

転職活動を開始するに当たって、私たちが必要な準備は何もありません。

履歴書や職務経歴書を準備するのは、キャリアコンサルタントと面談し転職の意思を固めた後の話です。コンサルタントと面談することで、IT業界の中で目指す職種や方向性も決まります(最初から方向性がはっきりしている人はいません)。

その段階で書類を準備した方が修正する手間が省けますね。

はじめて経歴書を作成した時は、何を書けば良いのかわからず何度も消しては書き直していました。キャリアエージェントに相談すると、経歴書の書き方から添削まで優しく的確にアドバイスしてくれます。

採用担当者が知りたい事にポイントを抑えて書くと、少ない時間で完成度が高い経歴書を書けます。

参考:【例文あり】SE未経験の自己PRの書き方|採用担当者が教える

業界未経験者向けの転職サイトはたくさんありますが、個人的には「マイナビエージェント 」が1番おすすめです。過去にマイナビを利用した事で、ブラックから脱出でき、社内開発、海外勤務、海外就職を同時に実現できたからです。

現在もマイナビに紹介してもらった企業で働き続けています。

登録に必要な項目は少ないので、通勤中にスマホからでも簡単に面談を予約できます。

面談までの流れ
  1. 公式サイトから会員登録する(氏名や住所など5分程度)
  2. 会員登録完了後に担当者からメールが送られてくる(当日か翌日)
  3. 担当者とキャリア 面談を行う(面談場所は京橋や横浜など、電話でも対応可能)
  4. キャリア 面談時に、条件にマッチする案件を10〜20社程度紹介してもらう
  5. 転職活動する意思を固めた場合のみ、書類の準備を始める
  6. 2〜3ヶ月で内定を獲得し、就職先の企業と相談して入社日を決める

まずは、自分にエンジニアの適性があるか見るためにも、エージェントに相談してみましょう。電話でも対応してくれるので、会社のお昼休みからでも気軽に相談できます。

公式サイト:SE・プログラマーの転職『マイナビエージェント×IT』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です