未経験からSEを目指してリモートワーク(在宅)したい|現実は難しい

IT業界は、かつてないほどの人材不足に陥っています。新しい人材を採用するために、「リモートワーク」「在宅勤務」「週3日勤務」のネット広告を目にする機会が増えました。

では、リモートワークや在宅は、現実的にどれくらい実現可能なのでしょうか?

  • 「ITエンジニアは、在宅勤務ができると聞いたけど本当なの?」
  • 未経験からSEを目指しても、リモートワークを実現できるの?」
  • 「自由な環境で働ける人は、特殊なSEだけじゃないの?」

結論からいうと、経験者でもリモートワークを実現しているのは、全体の2%もいません。また、はっきり言ってしまうと、未経験者をリモートで採用してくれる企業はゼロです。

リモート案件は、宣伝目的で使われている事が多いですね。

近年は「海外でノマド生活しながらWebエンジニアをしている」というブログをよく見かけます。しかしながら、彼らはエンジニアではなく、SE関連の収入はほぼありません記事を最後まで読むと、転職サイトやスクールの広告を貼り、おこずかい稼ぎしているだけですね。

海外のノマド生活は、あまりにも非効率すぎて現実的ではないからです。

リモートワークのデメリットは、企業から見てリスクが高い事、重要な仕事が任されない事、仕事を教えてくれる同僚や先輩社員がいない事です。

安易にリモートを目指すよりも、まずはSEとして確かな経験を積む事をお勧めします。開発やマネジメント経験が積めれば、高収入、ワークライフバランス、リモート、週3日労働が現実的に見えてきます。

ここでは、未経験者にとってリモートが難しい理由、将来的にリモートワークを目指したい人に、現実的な方法論を紹介します。

リモートワークを実現したい人向け
  1. リモートワークや在宅で働くメリットとは?
  2. 未経験から、リモートワークを実現する方法とは?
  3. リモートワークが現実的に難しい理由とは?

▼▼IT未経験者の転職に強い大手2社▼▼

  1. 第二新卒者、20代に強いマイナビエージェント×IT
  2. 最短1ヶ月で就職したい人向けワークポート

1番のお勧めは「マイナビ」です。過去に利用してブラックから優良企業に転職できたからです。海外勤務も経験でき、年収は4年で300→520万円まで増えました。「ワークポート」は、スピード重視で最短1ヶ月で内定を獲得できます。

現在、IT業界の転職有効求人は6.79倍です(レポート:2019年1月)。

しかし、2019年には1倍を下回る可能性が高いです景気サイクルは7年周期ですが、すでに2008年の金融危機から11年が経過したからです。米国株ではすでに不況の兆しがあります。アップル株はiPhoneの販売不振で、大暴落(232→142ドル)しています。

1度不景気に陥ると、転職したくてもできません。未経験者の需要が高い今のうちに、行動に移しましょう。

リモートワークや在宅で働くメリットとは?

システムエンジニアやプログラマーは、パソコンとネットがあれば最低限の仕事ができるため、他の業種と比較してリモートを実現しやすい職種ですね。

私自身も、ネットビジネスで副収入を得るようになり、以前よりもリモートワークを実現したい思いが強くなっています。なぜならば、リモートワークには次のメリットがあるからですね。

その1:通勤地獄から解放される

リモートや在宅の最大のメリットは、通勤地獄から解放される事ですね。

IT企業は東京都内に集中しています。そのため、私たちは1時間掛けて満員電車に乗り会社に通勤します。最も集中できる朝の貴重な時間を、自分のスペースを確保する事に労力を費やし、会社に着く頃には肉体も精神も消耗している人は少なくありません。

現代的で非効率な働き方のひとつですね。

在宅勤務が実現できたら、朝の8時から仕事を開始できます。会社にいる時間と同じだけ集中して働けば、16時には仕事は終わらせ自由な時間が始まります。通勤するために使っていた2時間が手に入りますね。

その2:家賃が安い郊外や地方に住める

私たちは、自由に住む場所を決められるわけではありません。会社までの通勤経路を確認しながら給与と相談し、現実的に住める場所を探します。

私は都内の通勤地獄から逃れるために、通勤15分圏内に住んでいます。その代償として支払うのは、都内の高い家賃です。

リモートワークが実現できたら、東京郊外や実家がある地方、もしくは物価が安い海外に住めます。地方はアパートの空室率が高く、光熱費を含めても3万円以下で暮らせる場所があります。

その3:家事や育児と両立しやすい

IT業界は男性中心の社会なので、女性に対する理解は不足しています。

家事や育児を機に会社を辞め、派遣やパートを選択する人も少なくありません。男性が育児休暇で休むのは、まだまだ遠い世界の話ですね。

在宅ワークが実現できれば、家事や育児と両立しながら、会社を辞めずに仕事を続けられますね。

その4:本業の他に、複数の収入を得やすい

2018年は、副業が解禁された年です。

リモートや在宅を目指す人は、会社に縛られず、自由に働ける環境で自分の力を発揮したいと考えている人が多いです。そのため、本業以外に複数の収入源を持つことを目標にしています。

上司や同僚の厳しい監視の目から逃れる事で、副業にも力を入れやすい環境が生まれます。個人的には、副業に力を入れられることが、リモートの最大のメリットだと思っています。

参考:プログラミングを利用した副業の稼ぎ方|月1〜30万円を目指す

未経験から、リモートワークを実現する方法とは?

ただし、未経験からリモートワークを実現するのは簡単ではありません。具体的には、次のいずれかの方法で目指す事になります。

方法1:在宅ワークOKの求人に応募する

人材不足の影響もあり、「リモートワーク」「在宅勤務」「週3日勤務」の広告を目にする機会が増えましたね。まず、私たちがリモートを実現しようと思ったら、リモートOKの求人に応募する必要があります。。

しかしながら、実際に問い合わせても、良い回答が得られることは稀です。転職サイトは、リモートや在宅案件を宣伝に使っている事が多く、実際に紹介できる案件はないからです。

私は過去に、フリーランスの広告を見て問い合わせた事があります(8年以上の業界経験がある時)。その結果は、「リモートや在宅ができる案件は数が少ない、まずは実績を積み企業から信頼を得る必要がありますよと言われ、常駐型のフリー案件を紹介されました。

実は、フリーランス案件の95%は常駐型です。

私たちが期待する結果と、転職サイトが提供できる物の間には、大きなギャップがありますね。

方法2:クラウドソーシングを利用する

クラウドソーシングを利用すれば、プログラミングを使い在宅案件ができる」と言う人もいます。クラウドソーシングとは、オンライン上で不特定多数に業務を依頼できる仕組みです。

これまでプロが作っていたことを、不特定多数のクラウド(群衆)が集まって何かを作り上げていくことを指します。アウトソーシングと似ているけれど、必ずしもプロフェッショナルに依頼するのではないのが特徴です。

参考:コトバンク

国内では「ランサーズ」や「クラウドワークス」が有名ですね。

依頼する側のメリットは労働力が必要な時に都合良く依頼できる事。労働者のメリットは、働きたい時に在宅ワークでいつでも作業ができる事ですね。

この方法ならば、直ぐにでも在宅ワークが実現できます。しかしながら、得られる収入は少なく、生計を立てられる水準とはほど遠いです。

「クラウドワークス」が公表する決算時の資料よると、2016年10〜12月までで月収20万円以上稼いだのは111人しかいません。クラウドワークスの利用者が80万人居るので、その割合はわずか0.01%ですね。

ネットで不特定多数に依頼するのは、発注者から見てリスクが高いからです。

参考:クラウドソーシングはやっぱり稼げない?|月収20万円超えは0.01%だけ

方法3:オンラインスクールの講師を目指す

プログラミングを利用して、最も簡単に稼げる在宅は塾講師かもしれません。

例えば、「コードキャンプ」というプログラミングスクール は、オンラインで働ける塾講師を募集しています。仕事内容は次の通りです。

  1. カリキュラムに沿って、受講生にプログラミングを教える
  2. 平日、休日の10〜24時の好きな時間帯に、レッスンを登録できる
  3. オンラインなので、自宅からリモートで働ける
  4. 時給は2700〜4200円と、高収入が得られる

未経験者にプログラミングを教えるのは、意外と難しくないですよ。つまづくポイントは皆同じなので、質問される内容が似通っているからです。基本的なプログラミングの基礎知識があれば、あとはカリキュラムを覚えるだけで講師は勤まります。

近年はプログラミングスクール が急増しているため、塾講師を募集している企業は多いです。

方法4:IT企業に就職し、上司に直接交渉する

リモートワークを現実的に実現しようと考えると、実はIT企業に就職して経験を積むのが、1番現実的で確実な方法です

企業にとってリスクが高い在宅は、信頼関係の構築が最も重要だからです。

人材不足に苦しむIT企業が多く、採用コストの負担は年々増しています。そのため、辞めるくらいならと在宅ワークを提案する企業は多いです。私自身も退職の旨を伝える時に、上司から在宅勤務を打診されたことが、過去に何度もあります。

それくらい、新しい人材を採用するのが難しい時代だからです。

未経験者がリモートを実現するには、在宅OKの求人に手当たり次第応募するよりも、正社員として就業し、お互いに信頼関係を築いた方が早いですね。信頼関係がある企業と、フリーランスで請負契約する事で、月に50〜80万円の収入を得る事も可能です。

そのためには、企業に所属して専門スキルを磨く事、それから期限を守って仕事をこなす責任感があることを示しましょう。

リモートワークが実現しやすい会社の特徴

次のような企業を選択すると、実現しやすいですね。

  1. SIer系よりも、自社製品やサービスを開発するWeb系
  2. 社員数が少なく、柔軟な働き方を認めてくれる
  3. 社長や役員が技術者出身で、エンジニアの理解がある
  4. 歴史がある企業よりも、成立間もないベンチャー企業
  5. 開発経験が確実に積める企業であること

リモートワークが現実的に難しい理由とは?

専門知識を身につけて、プログラマーになればリモートが実現できる」と言いますが、実際には簡単ではない事がわかりました。

では、なぜ難しいのか、その理由を具体的に紹介します。

その1:在宅は企業にとってリスクが高い

私たちエンジニアは、リモートや在宅ワークが企業にとってリスクである事を認識する必要があります。具体的に言うと、企業は次のリスクを負いますね。

  1. 作業者の進捗情報が確認できずに、プロジェクトが遅延するリスク
  2. 途中経過が見えずに、品質が期待する水準に達しないリスク
  3. 社内と個人のネットワークを繋ぐ事で、ウィルスに感染するリスク
  4. 顧客情報など、重要な情報が外部に漏洩するリスク

プログラマーは、ネットやパソコンがあればどこでも作業ができる」と言いますが、それはIT業界で働いた事が1度もない素人の意見ですね。ひとつの場所に集まって作業した方が効率が良いのは間違いありません。

それでも、企業が海外に開発拠点を設けるのは、金銭的に大きなメリットがあるからです。外部に無条件に仕事を発注しているわけではありません。

その2:在宅OKの求人はフリーランスでも少ない

フリーランスと言うと、自由な働き方を想像する人は多いですが、企業で働くよりも自由が制限される事が多いです。

例えば、フリーランスを専門に紹介する「レバテック」は、1319件の案件を扱います。しかしながら、リモートや在宅可の案件は驚くほど少ないです。

  • リモートOKの案件は、「1件
  • 在宅OKの案件は、「0件
  • 週3日から可能の案件は、「24件

いかに、IT業界で自由な働き方を実現するのが難しいかわかりますね。将来的にフリーランスを目指している人は、こちらの記事も参考にしてみてください。

参考:未経験からSEに就職してフリーランスになれる?|現実は難しい

その3:海外のノマド生活者はPGではない

ネットでフリーランスエンジニアで検索すると、「未経験でエンジニアを目指し、海外で自由な生活を手に入れました」と語るブログがたくさん見つかります。

実は、彼らの多くは自称Webエンジニアと言っているだけで、SEやPGの収入はほとんどありません。

ブログ内にグーグルの自動広告、転職サイトやスクールの広告を貼っておこずかい稼ぎしているだけです。記事を最後まで読むと、必ずアフィリエイトの広告がありますね。海外の自由な生活に憧れる会社員が、多数ブログに訪れてくれます。

自由な働き方を実現するのは、簡単なことではありません。

▼▼諦めなければ必ず目標は実現できる▼▼

私は社内開発ができる企業に入社、海外勤務も経験し30歳で年収500万円を超えました。

しかしながら、最初から順調なキャリアだったわけではなく、1社目に入社した先はブラックでした。夜の10時過ぎまで働くも残業代は1円も支給されず、時給に換算すると千円以下。

身体は疲れているのに、布団に入ると将来が不安で夜も眠れません。ある仕事帰りの電車の中で、窓に映った惨めな自分の姿を目にします。苦労して育ててくれた母親のことを思い、自然と目から涙が溢れました。

転職したくても、行動に移す勇気がなく3年が経ちます。働くためだけに社会から生かされている生活に嫌気が指していた時に、知人から転職エージェントを紹介されました。半ば強制的に登録させられ就職活動が始まります。

その2ヶ月後に社内開発できる企業に就職し、人生が大きく変わりました。この知人のおかげで、自分を信じて行動すれば、必ず良い方向に進むことを知ります。未来は自分が思い描くことしか実現されないので、行動しなければ一生変わらないですね。

私が転職を勧める理由は、過去の辛い体験から1人でも多くブラックで苦しむ人を減らしたいからです。

ブラックから転職して変わったこと
  1. 給料が右肩上がりに増えた(4年で300→520万円
  2. 納期がない月は、毎日定時に帰宅できた(月の残業は20時間
  3. 転職市場で評価されるスキルを習得できた(+50〜100万円で掲示
  4. 社内開発できる企業に就職し海外勤務」と「海外出張」を経験できた

まとめ:未経験からリモートは実現できるのか?

在宅ワークを実現する方法
  1. 転職サイトを利用し、在宅ワークOKの求人に応募する
  2. クラウドソーシングを利用し、プログラミング関連の案件を受注する
  3. オンラインスクールの塾講師を目指す
  4. IT企業に就職し、上司に直接交渉する

未経験者がリモートワークを実現するのは、簡単なことではないですね。

現実的にリモートや在宅を目指すのであれば、まずはしっかりと開発経験を積んでエンジニアとして成長する必要があります。スキルがある人材であれば、高収入やワークライフバランスなど、なんでも実現できるからです。

スクール にお金を払ってプログラミングを習えば、海外でノマド生活が満喫できると考えるのは1番危険ですね。海外のノマド生活を送りたい人は、プログラマーを目指すよりもブログやアフィリエイトを勉強した方が早いです。

IT企業で働く社員から見たら、「緊急時に呼んでもオフィスに来る事が出来ず、海外で自適悠々に暮らす人」に、積極的に仕事を任せたいとは思わないですよね。

1日でも早く行動に移した方が良い理由

現在IT業界は、書類を送付すれば誰でも選考を突破できるほど景気が良い時期です。DODAによると、IT業界の転職倍率は6.79倍を超えます。業界全体の倍率は2.49倍なので、他業種の3倍も求人が余っています。

参考:転職求人倍率レポート(2019年1月)

しかしながら、この状況が続くのは長くても2019年までと言われています。その理由は、8年周期で発生する不景気が引き金になり、再び金融危機が発生するからです。

金融危機の影響で2008年10月28日に6,994円を付けた株価は、2018年12月に最高値の24,270円まで回復しました。現在は一時19,155円(12月25日)まで落ち込みましたね。

アメリカと中国の緊張が高まり、年明けからはいつ米ダウ平均が暴落してもおかしくない状況が続いています。アップル株はiPhoneの販売不振で一時大暴落(232→142ドル)。

再び金融危機が発生すると、求人倍率は1倍を下回ります。落ちるときは、徐々に落ちるのではなく2〜3ヶ月の間で急激に落ちますね。そうなると、企業は採用コストが掛かる未経験者の採用をストップします。

有効求人倍率が1倍を下回ると...
  1. 採用コストが掛かるため、IT企業は未経験者を採用しない
  2. 経験者は、内定を獲得するための競争が激しくなる
  3. 人件費が安い外国人を大量に採用し、海外でシステムを開発する
  4. 日本人SEは、国内で開発経験を積めない
  5. プログラミングスクールの無料サービスが終了する

私たちは、1日も早くIT企業に就職し業務経験を積む必要があります。専門スキルがある人材は、不況に強いのでリストラされる心配はないですね。

今現在は20代・未経験者でも楽に就職できますが、近い将来に就職したくてもできない時が来ます。2019年度までに内定を獲得するためには、今すぐに行動に移す必要があります。

今の時期は、春入社に合わせて動く人が多いので、すぐに応募枠が埋まります

IT未経験の転職活動で必要なもの

転職活動を開始するに当たって、私たちが必要な準備は何もありません。また、私たちは全てのサービスを無料で利用できます。途中で就職を辞退しても罰金など一切ありません。

履歴書や職務経歴書の準備は、キャリアコンサルタントと面談し転職の意思を固めた後で必要になります。面談することで進みたい方向性が決まり、その段階で具体的な準備を始めた方が手戻りが少ないですね。

マイナビは、他の転職サイトにはない隠れ優良企業を多数扱います。私が社内開発ができる中小企業に就職できたのはマイナビのおかげです。(大手リクナビやDODAだと、求人数が多いが優良企業は少ない)。

登録から面談までの流れ
  1. 公式サイトから会員登録する(氏名や住所など3分程度
  2. 担当者からメールか電話があり、面談日を指定する(平日夜や週末可)
  3. 40分のキャリア面談は電話でも対応してる(面談場所は京橋や横浜)

キャリア面談後には、希望する条件の企業を20社紹介してくれます。紹介される案件の応募条件を1枚1枚じっくりと読むと、「開発経験がない1度もない人材でも、必要としてくれる企業がたくさんあるんだな」と自信を持つことができます。

もちろん、働きたいと思える企業がなければ、無理に応募する必要はありません。売り手市場なので、私たちが企業を選ぶ立場にありますね。

キャリア面談は、私たちに新しい出会いの場を提供してくれます。就職活動を始める事でたくさんの企業に出会う機会がありますね。同じような志を持つ者同士は、お互いに引き寄せられますね。

また、転職活動は私たちの内面と向き合うことで、やりがいのある仕事を見い出し、新しい人生の再スタート切るためでもあります。

私は新しい道を歩み始めた事で、大きく生涯収入を増やすことに成功し、夢だった海外就職も実現できました。単なるキャリアチェンジと考えるのではなく、人生を大きく変えるための最初の一歩と考えましょう。

また、いま現在収入が増えない仕事に就いているならば、長期的に大きな損をします。

今後、経験年数と共に給与が増えない付加価値が低い仕事は、外国人か人工知能に代替されます。昇給する社員としない社員は、毎年30〜50万円も年収に差が開きますね。

5年経過すると、200万円(300→500万円)の年収格差が生まれます。10年経過すれば、生涯収入は2000万円も差が開きます。

未経験者の市場価値は年齢とともに減少するため、将来動くのであれば景気が上向いている今行動した方が良いです2019年以降では、金融危機が発生しもう手遅れかもしれません。

登録に必要な項目は少ないので、通勤中にスマホからでも簡単に面談を予約できます。

会員登録と面談の日程調整、それから面談して求人を紹介してもらうのは、全ての工程で1時間も掛かりません後からキャンセルもできるので、会員登録だけでも先に終わらせた方が良いですね。登録フォームは3分で埋められます

公式サイト:SE・プログラマーの転職『マイナビエージェント×IT』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください