未経験でSEになるとやっぱり辛い?|入社前にできる対策方法は?

専門職であるIT業界に、未経験で入社するのは簡単ではないですね。当時の私もそうでしたが、不安を感じない人はいません。

  • 「プロジェクトに配属されて、周りのレベルについて行くことは可能なの?」
  • 「未経験者を採用して、本当に1人前に育ててくれるの?」
  • 「入社後に、SEの適性がないとわかったらどうすれば良いの?」

未経験でIT業界に入社すると、特に最初の数年は辛いと感じる事の方が多いです。

入社当時は、会社に出社したくないと思うほど苦痛でした。給料が増えない上に、覚えなければいけない仕事は山のようにあるからです。

しかし、次第に仕事に慣れ始め、周りが見えるほど余裕ができたのは、3年が経過してからです。社内開発、海外勤務、収入増、ワークライフの改善など、次第に目標をクリアする事が楽しくなりました。

ここでは、未経験で入社した1〜3年目で辛いと感じることを紹介します。自分に合わないと感じる人は、入社前に気づいた方が良いですね。

SEを目指したい人向け
  1. 未経験でIT企業に就職し、後悔した人の声は?
  2. それでも、IT企業に就職して良かった事は?
  3. 就職する前に、合わないを対策する方法は?

▼▼IT未経験者の転職に強い大手2社▼▼

  1. 第二新卒者、20代に強いマイナビエージェント×IT
  2. 最短1ヶ月で就職したい人向けワークポート

1番のお勧めは「マイナビ」です。過去に利用してブラックから優良企業に転職できたからです。海外勤務も経験でき、年収は4年で300→520万円まで増えました。「ワークポート」は、スピード重視で最短1ヶ月で内定を獲得できます。

現在、IT業界の転職有効求人は6.79倍です(レポート:2019年1月)。

しかし、2019年には1倍を下回る可能性が高いです景気サイクルは7年周期ですが、すでに2008年の金融危機から11年が経過したからです。米国株ではすでに不況の兆しがあります。アップル株はiPhoneの販売不振で、大暴落(232→142ドル)しています。

1度不景気に陥ると、転職したくてもできません。未経験者の需要が高い今のうちに、行動に移しましょう。

未経験で就職して失敗した人の声は?

未経験でこの業界に入社して、合わないと感じる人は少なくありません。では、具体的にはどのような不満があるのでしょうか。

Aさん)仕事合わなくて苦痛に感じる

仕事が辛いです(長文です)
昨年新卒でIT企業に入社した者です。ただなんとなく面白そうだからという安価な理由でこの職に就きましたが、最近仕事がとてつもなく苦痛に感じます理由としては、

  1. 業務内容が入社前に想像していたこととは全く異なること(正式にはやりたいことのできる部署ではない
  2. 部署の風潮が合わない(既存のシステムを保守していくことを主とするのんびりとした社風に惹かれて入社したはずが、最新技術のAIやFinTechを使って研究開発をガリガリし、常に成果を求められる特異な部署に配属
  3. 親会社のネームバリューや福利厚生、雰囲気で入社を決めたため、そもそもあまりITに興味が無かった(理学系卒ですがプログラミングの講義は好きではなかったです)

もちろん仕事は辛いもの、新人は特に辛くて当たり前、社会を舐めている等色々なご意見があると思います。

自分自身も考えの甘さ、精神の弱さを自覚してはいるのですが、とにかく毎日が辛く、帰宅しても何もやる気が起きず布団に倒れそのまま朝を迎える、休日は次の週のことが頭から離れない等自分では分かっていてもどうする事もできない状態が続いています。

転職するような年次でもないですし、そもそも資格も何も持っていません。

参考:Yahoo知恵袋

Bさん)仕事が根本的に楽しくない

仕事がつらく、やる気が起きません。異業種(飲食)への転職も考えています。
自分なりに何が辛いのか分析・対策したいため、みなさんのお力を借りたい次第です。私なりに、IT業界が嫌な理由を考えましたので、皆様の忌憚なきご意見を頂きたいです。

私の人間性としては、自分に厳しく他人に甘く、いつも笑顔でコミュニケーション!ってな感じの人間です。

<今心配なこと>

・根本的に楽しくない
昔は、Hello Worldで感動してたもんですが、今は全然感動しません。
Hello World?そんなの出来たところで、役に立たん。顧客と仕様詰めるために精神すり減らしながら打合せする方が大事だわ。」

・業界の構造が無理
業界のゼネコン的な孫請け、ひ孫請け構造にうんざりです。
無駄だなぁ…でもおれにはどうしようもないし。こういう仕組みで皆成り立ってるんだなあ。つまんねー業界

・いろいろと複雑すぎる
Webページを作るだけでも、HTML,CSS,Javascript,PHP,etc…など多岐に渡る知識と経験が必要となり、顧客から相談されたら嘘でも「できそうですねぇ~」くらいのことを言わないと、仕事もらえない。そんな自分がいやになる。現実的にあらゆる言語を理解・把握することができないしやりたくない。しんじゃう。

・お客様が喜んでる様子がわからん
おたくのシステムすごくいいよー!」みたいなのが無い。全然モチベーション上がらない。まあ普通は無いよね。

・IT技術革新が早すぎる
本当に早すぎる。仮想化、クラウド、なんじゃらほんじゃら。個人的には「その技術必要か?!レガシーな設計でも全然大丈夫だと思うが…」と思うことが多々ある。そんな気持ちなのに、新しい技術やアプライアンスを顧客に提案しないといけない。自己矛盾つらいっす。

・将来への不安
40歳が技術者としての限界年齢だと思っています。現在30歳。これまではプライベートの時間を割いていろんな最新技術・アプライアンス等々勉強しましたが、、、最近はもうやらなくなってきています
じゃあ40歳の後どうやって食べていこう…管理職?技術についていけないくせに?…恥ずかしくて無理。コミュニケーション能力を使って、顧客と折衝?うわぁ…そしたら納品もおれがするのか…今とそんな変わらないじゃん…ストレスでしぬかも。

とまあそんな感じです。「仕事とは、嫌なことやつらいことに対して対価を得ているのだよ」その通りです。頭では理解できても、心には響きません。人生一度きり、仕事つらいつらいで人生終わりにしたくありません。

同じ業界の方、あるいは異なる業界の方からご意見を頂けますと幸いです。

参考:知恵袋

私たちは人間なので、好き嫌いの感情を避ける事はできません。

また、IT業界に限らず、労働は時間を対価にして金銭を得る行為です。そのため、仕事は辛い、つまらないと感じる事が多いですね。

現実的な対策を考えると、私たちはストレスを感じにくい仕事を職業に選ぶ必要があります。子供の頃からゲームが好きな人は、ゲーム会社で働くのは苦になりません。

職業を考える上で、適材適所はとても大切ですね。

また、好きになる努力をしなければ、好きという感情は生まれません恋愛感情でもそうですが、私たちが「人を愛する」という行為は自発的な動詞ですね。仕事でも当てはまります。

私もこの業界に入社した最初の数年間は、会社に出社するのが苦痛でした。日曜の夕方になると平日が始まるストレスで、ご飯も喉に通らない程です。

それでも、3年間この業界に働き続け、ようやく自分の仕事が好きになりました。

IT企業に入社して良かったことは?

IT業界に入社して良かった事...
  1. 経験年数とともに、給与が右肩上がりに増え始める
  2. 専門職なので、スキルを活かして同業種に転職しやすい
  3. ITやパソコンに関する幅広い知識が身につく
  4. ネットを利用して、副業でお金を稼ぎやすい
  5. 語学を習得すれば、海外でも働きやすい

大きな転機となったのは、ブラックから社内開発できる企業に転職した後です。以前は客先常駐で単純労働ばかりでしたが、社内開発に携わることができ、仕事が純粋に楽しくなります。

業務時間外では語学を学ぶようになり、海外勤務や海外出張も経験できました現在はネットでできる副業を始め、月に10万円前後稼いでいます。この仕事を選ばなければ、できなかった事ですね。

IT業界でストレスを感じている人の多くは、労働環境が悪いブラックだからです。自社開発できる企業に働く事で、ストレスを軽減できます。

参考:【客先常駐を避けたい】未経験から自社開発を目指す4つの方法

慣れる事でストレスが軽減できる人もいますが、根本的に仕事が合わない人もいますよね。では、具体的にどうすれば、SEの適性を見れるのでしょうか。

▼▼諦めなければ必ず目標は実現できる▼▼

私は社内開発ができる企業に入社、海外勤務も経験し30歳で年収500万円を超えました。

しかしながら、最初から順調なキャリアだったわけではなく、1社目に入社した先はブラックでした。夜の10時過ぎまで働くも残業代は1円も支給されず、時給に換算すると千円以下。

身体は疲れているのに、布団に入ると将来が不安で夜も眠れません。ある仕事帰りの電車の中で、窓に映った惨めな自分の姿を目にします。苦労して育ててくれた母親のことを思い、自然と目から涙が溢れました。

転職したくても、行動に移す勇気がなく3年が経ちます。働くためだけに社会から生かされている生活に嫌気が指していた時に、知人から転職エージェントを紹介されました。半ば強制的に登録させられ就職活動が始まります。

その2ヶ月後に社内開発できる企業に就職し、人生が大きく変わりました。この知人のおかげで、自分を信じて行動すれば、必ず良い方向に進むことを知ります。未来は自分が思い描くことしか実現されないので、行動しなければ一生変わらないですね。

私が転職を勧める理由は、過去の辛い体験から1人でも多くブラックで苦しむ人を減らしたいからです。

ブラックから転職して変わったこと
  1. 給料が右肩上がりに増えた(4年で300→520万円
  2. 納期がない月は、毎日定時に帰宅できた(月の残業は20時間
  3. 転職市場で評価されるスキルを習得できた(+50〜100万円で掲示
  4. 社内開発できる企業に就職し海外勤務」と「海外出張」を経験できた

IT企業に入社する前にできる対策は?

IT企業に入社してから、会社を辞めるのはリスクが高いですよね。理想は、IT企業に就職する前に、私たちは職業の適性を見る必要があります。

対策1:プログラミングを習得してから就職する

入社後にプログラミングの適性がないと気がつく人も多いです。プログラミングが楽しいと思えない人は、IT業界で働き続けるのは苦痛を伴います

これを避ける方法は、独学でもいいので事前にスキルを習得する事です。無料で学べるスクールもたくさんあるので、難しくないですよね。

スクールを利用するメリット
  1. プログラミングレッスンを受講でき、転職保証(全額返金)を受けられる
  2. 短期間でスキルを習得でき、2〜3ヶ月でオリジナルアプリを製作できる
  3. アプリやWEBサイトのURLを履歴書に貼り、優良企業にアピールできる
  4. プログラミングに適性があるか、事前に判断できる
  5. 日中から通うことができ、他の受講者と共同でシステム開発が体験できる
  6. 社会人向けに、夜間やオンラインに対応してくれるスクールもある

対策2:自己PRや志望動機を深く考える

IT企業に就職して失敗する人は、自己PRや志望動機に十分に時間を使ってこなかった事が原因です。自分自身の内面と向き合わずに、安易に就職先を決めると失敗します。

完成度の高い自己PRで得られること
  1. ブラックを避けて、条件の良い企業に就職できる
  2. 自身の内面と向き合うことでき、人間性や人格が磨ける
  3. 目的や動機を見出すため、志望動機も自然と決まる
  4. 自信を持って採用面接の場で、自分をアピールできる

なぜ、IT業界で働きたいのか、その理由を再度考える必要があります。

参考:【例文あり】SE未経験の自己PRの書き方|採用担当者が教える

対策3:ブラック企業を避けて入社する

ストレスを感じる人の大半は、労働環境が悪いブラックに勤めています。ブラックを避けて入社する事で、ストレスを軽減できます

ブラックを100%の確率で避けることはできません。しかし、ブラックに関する正しい知識があれば、避ける可能性を低くできます。なぜならば、IT業界のブラックの特徴ははっきりしているからですね。

ブラック企業の見分け方
  1. 客先常駐の比率が、過半数を超える企業を避ける
  2. 労働時間が、とにかく短い企業を選択する
  3. 自社製品、ビジネスモデルなど、具体的な業務内容に着目する
  4. 求人サイトで、未経験者を常に募集している企業を避ける
  5. 社員同士仲が良い(馴れ合いが多い)企業は避ける

私は過去に2社ブラックを経験したことで、企業のHPを見るだけで見分けられます。

参考:IT業界のブラック企業とホワイト企業の見分け方

対策4:辛いと感じたらIT業界を辞める

本当に辛いと感じたら、無理に働き続けない事です。精神を壊してまで働く価値がある仕事はこの世にないですね。私たちは働くために生きるのではなく、生活をより豊かにする手段として職業を選択します

IT業界に限らず、そもそも他人のために労働する事が、根本的に向かない人も一定数います。そういう人は、仕事を続けながら副業を始め、独立の準備を始めた方が良いですね。

私たちは、それぞれが自分に合う職業を見い出す必要があります

▼▼転職支援(無料、全額保証)があるスクール3校▼▼

  1. 20代、関東在住なら無料で利用できるProEngineer
  2. 30代でも、転職保証が受けられるTECH::EXPERT
  3. 20代、オンラインで自宅や職場から自由に受講できるCodeCamp

プロエンジニア 』は、授業料、転職支援を全て無料で利用できる唯一のスクール です。受講中に就職を辞退しても罰則や罰金はありません。しかし、都内の教室は最大で30名を収容できるスペースしかありません。応募枠が埋まると翌月、もしくは翌々月まで繰り越されます。

テックエキスパート』は、30代でも転職保証が受けられる唯一のスクールです。

無料スクールは、2019年にはもうない可能性もあります企業が人材不足を解消する、景気が変わり未経験者の需要がなくなると廃止されるからです。未経験者の需要が高い今のうちに利用しましょう。

まとめ:未経験でSEになるとやっぱり辛い?

SEに就職して辛いと感じる事
  1. プログラミングに適性がないと、入社してから知った
  2. 1年目で、覚えなければいけない仕事がたくさんある
  3. ブラックに入社すると、労働時間の割に給料は安い
  4. 納期を守るために、長時間労働を強制されることもある
  5. 客先に出向して、働く事が苦痛に感じる

私たちは、様々な理由でストレスを感じますね。私自身も、未経験でこの業界に入社し、辛いと感じることの方が多かったです。

次第に仕事に慣れ始め、周りが見えるほど余裕ができたのは3年が経過してからです。社内開発、海外勤務、収入増、ワークライフの改善など、次第に目標をクリアする事が楽しくなりました。

私たちは、好きになる努力をしなければ、好きという感情は生まれないですね。恋愛感情でもそうですが、「人を愛する」という行為は自発的な動詞です。

ただし、根本的に仕事が合わない人もなかにはいます。そういう時は、思い切って仕事を辞めるのが正解です。精神を壊してまで働く価値がある仕事は、この世に存在しないからですね。

1日も早く行動に移した方が良い理由

現在IT業界は、書類を送付すれば誰でも選考を突破できるほど景気が良い時期です。DODAによると、IT業界の転職倍率は6.79倍を超えます。業界全体の倍率は2.49倍なので、他業種の3倍も求人が余っています。

参考:転職求人倍率レポート(2019年1月)

しかしながら、この状況が続くのは長くても2019年までと言われています。その理由は、8年周期で発生する不景気が引き金になり、再び金融危機が発生するからです。

金融危機の影響で2008年10月28日に6,994円を付けた株価は、2018年12月に最高値の24,270円まで回復しました。現在は一時19,155円(12月25日)まで落ち込みましたね。

アメリカと中国の緊張が高まり、年明けからはいつ米ダウ平均が暴落してもおかしくない状況が続いています。アップル株はiPhoneの販売不振で一時大暴落(232→142ドル)。

再び金融危機が発生すると、求人倍率は1倍を下回ります。落ちるときは、徐々に落ちるのではなく2〜3ヶ月の間で急激に落ちますね。そうなると、企業は採用コストが掛かる未経験者の採用をストップします。

有効求人倍率が1倍を下回ると...
  1. 採用コストが掛かるため、IT企業は未経験者を採用しない
  2. 経験者は、内定を獲得するための競争が激しくなる
  3. 人件費が安い外国人を大量に採用し、海外でシステムを開発する
  4. 日本人SEは、国内で開発経験を積めない
  5. プログラミングスクールの無料サービスが終了する

私たちは、1日も早くIT企業に就職し業務経験を積む必要があります。専門スキルがある人材は、不況に強いのでリストラされる心配はないですね。

今現在は20代・未経験者でも楽に就職できますが、近い将来に就職したくてもできない時が来ます。2019年度までに内定を獲得するためには、今すぐに行動に移す必要があります。

今の時期は、春入社に合わせて動く人が多いので、すぐに応募枠が埋まります

転職活動に必要なもの

転職活動を開始するに当たって、私たちが必要な準備は何もありません。また、私たちは全てのサービスを無料で利用できます。途中で就職を辞退しても罰金など一切ありません。

履歴書や職務経歴書の準備は、キャリアコンサルタントと面談し転職の意思を固めた後で必要になります。面談することで進みたい方向性が決まり、その段階で具体的な準備を始めた方が手戻りが少ないですね。

ワークポートは、最短で1ヶ月で内定を獲得できます。通常なら3ヶ月掛かる就職活動を、3倍速で進められるのはワークポートだけの特徴です(大手リクナビやDODAは内定まで3ヶ月掛かる)。

登録から面談までの流れ
  1. 公式サイトから会員登録する(氏名や住所など1分程度
  2. 担当者からメールか電話があり、面談日を指定する(平日夜や週末可)
  3. 40分のキャリア面談は電話でも対応してる(面談場所は大崎、五反田、横浜)

キャリア面談後には、希望する条件の企業を20社紹介してくれます。紹介される案件の応募条件を1枚1枚じっくりと読むと、「開発経験がない1度もない人材でも、必要としてくれる企業がたくさんあるんだな」と自信を持つことができます。

もちろん、働きたいと思える企業がなければ、無理に応募する必要はありません。売り手市場なので、私たちが企業を選ぶ立場にありますね。

キャリア面談は、私たちに新しい出会いの場を提供してくれます。就職活動を始める事でたくさんの企業に出会う機会がありますね。同じような志を持つ者同士は、お互いに引き寄せられますね。

また、転職活動は私たちの内面と向き合うことで、やりがいのある仕事を見い出し、新しい人生の再スタート切るためでもあります。

私は新しい道を歩み始めた事で、大きく生涯収入を増やすことに成功し、夢だった海外就職も実現できました。単なるキャリアチェンジと考えるのではなく、人生を大きく変えるための最初の一歩と考えましょう。

また、いま現在収入が増えない仕事に就いているならば、長期的に大きな損をします。

今後、経験年数と共に給与が増えない付加価値が低い仕事は、外国人か人工知能に代替されます。昇給する社員としない社員は、毎年30〜50万円も年収に差が開きますね。

5年経過すると、200万円(300→500万円)の年収格差が生まれます。10年経過すれば、生涯収入は2000万円も差が開きます。

未経験者の市場価値は年齢とともに減少するため、将来動くのであれば景気が上向いている今行動した方が良いです。2019年以降では、金融危機が発生しもう手遅れかもしれません。

登録に必要な項目は少ないので、通勤中にスマホからでも簡単に面談を予約できます。

 

会員登録と面談の日程調整、それから面談して求人を紹介してもらう、全ての工程で1時間も掛かりません後からキャンセルもできるので、会員登録だけでも先に終わせた方が良いですね。登録フォームは1分で埋められます。

公式サイト:未経験からの転職ならWORKPORT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください