【転職成功例】地方の中小企業企業から、都内の大手IT企業へ

転職前 25歳男性、地方のIT企業から東京勤務のIT企業へ転職
転職後 新卒で地方のIT企業に入社してから3年が経過し、東京で働ける企業に転職しました。

転職理由は、帰宅が毎日夜の10時を過ぎても残業代が支払われず、業績は毎年赤字の部署に勤めていたからです。転職先の企業は、残業代が全額支給される都内のIT企業です。残業代が支給されるので、転職後の年収は30〜60万円ほどアップします。

評価 【リクルートエージェント】悪い評価|利用者が多すぎて対応は機械的
公式サイト 【リクルートエージェント】

転職活動を始めた理由

その1:なぜ転職しようと思ったのか?

こんかい転職を決めた理由は2つあります。

  1. 残業時間が長く、毎日帰宅時間が遅かったから
  2. 毎年業績が赤字で、将来が不安定だと感じていたから

大学を卒業し、プログラミング未経験で地方のIT企業に就職を決めました。この企業を選択した理由は、海外に開発拠点を持つIT企業で、学生時代に留学で習得した語学力が活かせると思ったからです。

しかしながら、私が在籍した部署は毎年赤字を垂れ流しているほど利益を上げていません。

上司の考え方や働き方は、私が考えるものとは180度異なるものでした。部署の社員は、残業代が支給されないなか毎日夜10時過ぎまで働いています。上司や役員は、売り上げを改善するためには、労働時間を増やすしかないと本気で考えていました。

労働時間を増やして売り上げを上げられるのは、単純労働だけですよね。

今回転職活動に踏み切る理由は、3年間働いたので最低限の業界の基礎知識は得られたと判断したからです。

その2:転職で実現したいことは何か?

転職で実現したいことは3つあります。

  1. 実家がある関東圏内のIT企業に就職すること
  2. 残業代が全額支給される職場で働くこと
  3. 中小企業ではなく、知名度がある大手で働くこと

地方のIT企業を選択したのは、海外に開発拠点があり1年目からでも海外に出張するチャンスがあったからです。しかしながら、期待した結果を得られませんでした。

関東圏内に実家があるので、実家から通勤できる職場で働きたいと思いました。それから、現職の失敗を踏まえて残業代が支給されること、それから中小よりも規模が大きい大手で働きたいと思いました。

資金力に余裕がない中小企業は、行き当たりばったりの対応が多いですね。それから法令を遵守しない役員や上司の態度に嫌気が刺したからです。

転職活動中に感じたこと

その1:転職エージェントを利用した理由は?

リクナビエージェントを利用した理由は、業界最大手の転職エージェントだからです。リクナビが扱う求人数は23万件を超え、大手企業とのコネクションも強いと学生時代の先輩から教えてもらいました。

それから、住んでいた地方に営業所があるのはリクナビだけだったからです。

最近ではキャリアエージェントと電話面談やメールだけで転職を終わらせる人が多いと聞きました。初めての転職活動だったので、できれば直接担当者さんにお会いして転職活動を進めたいと考えていました。

その2:求人を選ぶときの基準は?

求人を選択する際には、なるべく規模が大きい大手であること、それから残業代が支給される企業を選択しました。

担当のエージェントさんからは、「年齢も20代と若く、業界経験もあるので希望する条件の企業が絶対に見つかる」とアドバイスして貰えました。

そのために、自信を持って企業に応募できました。

その3:経歴書を書くときに気をつけた点は?

履歴書や経歴書は、ネット上にあるサンプルや書き方のコツの記事を読んだので、特に迷うことはなかったです。作成したものを担当者に送ると、丁寧に添削して返してくれたので、それなりに完成度の高いものができました。

担当者さんのアドバイス通りに、応募したほとんどの企業で書類選考を通過し、1次面接まで進めました。

転職活動を終えた感想

その1:転職活動の結果は?

3ヶ月転職活動した結果、都内の大手IT企業から内定を獲得できました。

この企業は社員数が千名を超える大手で、残業代も全額支給しています。勤務先は常駐先次第なのですが、自宅から通勤圏内の職場にしてもらいました。

3ヶ月の転職活動は予想以上に大変でした。

面接は東京で行われるため、面接を受けるために会社を休まなければならないからです。東京に出向する回数を減らすために、会社を休んだ日は複数社面接をまとめてもらう、もしくは1次面接はスカイプや電話で対応してもらいました。

その結果、会社を休んで東京に出向した日数は6日だけです。このようにスケジュールを柔軟に調整してくれるのは、エージェントを利用するメリットですね。

その2:転職で実現できたことは?

転職してから3ヶ月が経ちますが、転職で実現できたことは次の3つです。

  1. 月の残業を60〜80時間ほど減った
  2. 残業代が支給され、月給は3〜5万円も増えた
  3. 自宅から通うので、家賃や食費が安く済む

転職前は毎日夜の10時まで、遅い人は日付を跨ぐこともありました。転職後は早ければ定時に退社、残業で遅くなったとしても夜の9時には会社を出ます。月に換算すると、60〜80時間ほど作業時間を減らすことができました。

残業代も支給されるので、前職よりも収入も増えています。

また、自宅から通勤できるので、家賃や食費も抑えられます。地方で働いていた頃は、賃貸アパートを契約し毎日外食か自炊をしていました。

自由に使える時間が大幅に増えたので、新しい技術の勉強に力を入れたいと思います。

その3:「リクルートエージェント」の評価は?

リクルートエージェントを利用して良かったと思っています。他のエージェントを利用したことはないので単純に比較対象はないですが。

担当してくれた方は、面談前に企業のポイントなど適切にアドバイスしてくれました。そのため、少ない時間で企業研究や志望動機を済ませ面談に望めました。紹介して頂いた案件は、大手企業が多く私の希望に合致していたと思います。

正直、転職活動する前は不安ばかりでしたが、もっと早く行動していれば良かったです。

別の部署の先輩社員からは、業績が赤字で労働時間が長い職場ならすぐに転職した方が良いと言われていました。しかし、この状態で転職したら逃げるみたいで、格好悪いと心の何処かで思っていました。

でも冷静に考えてみると、自分の力だけで周囲の環境を変えるのは難しいですよね。個人の努力だけで変えられない職場ならば、思い切って環境を変えた方が正解かもしれません。

1社目で働いていた頃は、IT業界では毎月100時間残業するのが当たり前だと思っていました。いま思うことは、技術力が低い企業ほど労働時間は長いですよね。現在の残業は月20〜40時間です。

労働時間が減った上に、給料は増えたので結果に満足しています。

まとめ:「リクルートエージェント」 の体験談

公開求人数
  1. 全求人数:23万件以上
  2. IT系公開求人数:11,163件
  3. IT系非公開求人数:50,567件(業界1位)
  4. 未経験可:1216件(業界3位)
  5. 海外求人数:6件
デメリット
  1. 業界最大手で求人の量は圧倒的だが、担当者の質はバラツキがある
  2. 利用者が多すぎるため、機械的な対応が避けられない
  3. 強引な担当者でしつこいと感じるときもある
特徴・対象者
  1. 転職実績は31万人、求人数は23万件と業界最大手
  2. 幅広い層に利用されている、31歳以上の割合が41%
  3. 全国15カ所に拠点があり、地方在住者も利用できる
  4. 対企業の営業力や交渉力に強く、内定獲得率は高い
  5. 利用者の62%が年収アップに成功している
事業所
  1. 東京:東京都千代田区丸の内1-9-2
  2. 千葉:千葉県千葉市中央区新町1000番地
  3. 横浜:神奈川県横浜市西区高島2-19-12
  4. 名古屋:愛知県名古屋市中村区名駅1-1-4
  5. 大阪:大阪府大阪市北区角田町8-1
  6. 福岡:福岡県福岡市中央区舞鶴1-1-3

他にも北海道、宮城、栃木、埼玉、静岡、兵庫、京都、岡山、広島に拠点がある

転職成功例 25歳男性第二新卒
公式サイト 【リクルートエージェント】

「リクルートエージェント」は、誰もが知る業界最大手の転職エージェントですね。

他の転職サイトにない最大の特徴は、業界最大手の資金力や知名度を活かし幅広い層をターゲットにしています。社会に出る前の学生、第二新卒者や20代、それから30〜40代のハイキャリア求人も広く扱います。

20万件を超えるほど求人が豊富なので、リクルートエージェントを利用して希望する仕事が見つからないケースはありません。

参考:【リクルートエージェント】悪い評価|利用者が多すぎて対応は機械的

1日も早く行動に移した方がいい理由は?

現在IT業界は、書類を送付すれば誰でも選考を突破できるほど景気が良い時期です。DODAによると、IT業界の転職倍率は6.79倍を超えます。業界全体の倍率は2.49倍なので、他業種の3倍も求人が余っています。

参考:転職求人倍率レポート(2019年1月)

しかしながら、この状況が続くのは長くても2019年までと言われています。その理由は、8年周期で発生する不景気が引き金になり、再び金融危機が発生するからです。

金融危機の影響で2008年10月28日に6,994円を付けた株価は、2018年12月に最高値の24,270円まで回復しました。現在は一時19,155円(12月25日)まで落ち込みましたね。

アメリカと中国の緊張が高まり、年明けからはいつ米ダウ平均が暴落してもおかしくない状況が続いています。アップル株はiPhoneの販売不振で一時大暴落(232→142ドル)。

再び金融危機が発生すると、求人倍率は1倍を下回ります。落ちるときは、徐々に落ちるのではなく2〜3ヶ月の間で急激に落ちますね。そうなると、企業は採用コストが掛かる未経験者の採用をストップします。

有効求人倍率が1倍を下回ると...
  1. 採用コストが掛かるため、IT企業は未経験者を採用しない
  2. 経験者は、内定を獲得するための競争が激しくなる
  3. 人件費が安い外国人を大量に採用し、海外でシステムを開発する
  4. 日本人SEは、国内で開発経験を積めない
  5. プログラミングスクールの無料サービスが終了する

私たちは、1日も早くIT企業に就職し業務経験を積む必要があります。専門スキルがある人材は、不況に強いのでリストラされる心配はないですね。

今現在は20代・未経験者でも楽に就職できますが、近い将来に就職したくてもできない時が来ます。2019年4月までに内定を獲得するためには、今すぐに行動に移す必要があります。

今の時期は、春入社に合わせて動く人が多いので、すぐに応募枠が埋まります

転職活動に必要なもの

転職活動を開始するに当たって、私たちが必要な準備は何もありません。

履歴書や職務経歴書を準備するのは、キャリアコンサルタントと面談し転職の意思を固めた後の話です。コンサルタントと面談することで、IT業界の中で目指す職種や方向性も決まります(最初から方向性がはっきりしている人はいません)。

その段階で書類を準備した方が修正する手間が省けますね。

はじめて経歴書を作成した時は、何を書けば良いのかわからず何度も消しては書き直していました。キャリアエージェントに相談すると、経歴書の書き方から添削まで優しく的確にアドバイスしてくれます。

採用担当者が知りたい事にポイントを抑えて書くと、少ない時間で完成度が高い経歴書を書けます。

リクナビエージェントを利用すると高い内定率で、現職よりも年収アップが期待できます。早ければ3ヶ月後には、エンジニアのキャリアをスタートできますね。

登録に必要な項目は少ないので、通勤中にスマホからでも簡単に面談を予約できます。

 
面談までの流れ
  1. 公式サイトから会員登録する(氏名や住所など5分程度)
  2. 会員登録完了後に担当者からメールが送られてくる
  3. 担当者とキャリア 面談を行う(面談場所は京橋や横浜など、電話でも対応可能)
  4. キャリア 面談時に、条件にマッチする案件を10〜20社程度紹介してもらう
  5. 転職活動する意思を固めた場合のみ、書類の準備を始める

まずは、自分にエンジニアの適性があるか見るためにもエージェントに相談してみましょう。電話でも対応してくれるので、会社のお昼休みからでも気軽に相談できます。

公式サイト:【リクルートエージェント】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください