【転職成功例】翻訳者から35歳未経験でブリッジSEへ

転職前 35歳男性、翻訳会社を辞めてIT企業のブリッジSEへ
転職後 20代はワーホリでオーストラリアに長期滞在したり、日本に帰国してからもフリーターで働いていました。

30歳を過ぎ結婚し翻訳関連の会社で正社員として働きますが、給与が増えることはありません。そこで、以前から専門職に転職したいと考えていました。

年齢がハンデになることは理解していたが、それでもポテンシャル採用枠で「ブリッジSE」としてIT企業に採用して貰いました。

評価 【パソナキャリア】悪い評価|IT未経験の女性、海外志向が強い人向き
公式サイト 親身で丁寧なサポート【パソナキャリア】

転職活動を始めた理由

その1:なぜ転職しようと思ったのか?

転職を考えた理由は3つあります。

  1. 専門職ではないので、経験年数を重ねても給与が増えないから
  2. 翻訳の仕事が、将来なくなることに危機感があるから
  3. 語学を活かした上で、専門スキルを身につけたいと思ったから

20代の頃は、型にはまりたくないと思いから海外に憧れていました。

バックパッカーに憧れて世界1周に行こうと考えたり、20代の頃はワーホリでオーストラリアやカナダに長期滞在していました。日本に帰国してからも定職には就かず、フリーターで生計を立てます。

しかしながら、結婚を機にこのままではいけないと考えるようになりました。

語学力を活かして翻訳会社に就職したのですが、専門職ではないので年齢を重ねても給料は増えません。将来の生活を安定させるために、IT企業へ就職することを考えるようになりました。

その2:転職で実現したいことは何か?

自分の年齢を考えたときに、語学を活かせる仕事ではないと現実的に採用されないだろうと考えていました。IT経験がなくても英語力を求めている職場を探すことにしました。

転職活動中に感じたこと

その1:転職エージェントを利用した理由は?

パソナキャリアを利用した理由は、海外に10箇所以上拠点を設けるなど、積極的にグローバル展開している紹介会社だからです。

海外に滞在していた頃から、パソナキャリアが海外進出していたことは知っていたので、いつか利用したいと考えていました。日本以外にも、オーストラリア、シンガポール、マレーシア、フィリピンなど、現地に法人を作って、現地の社員を採用しています。

また、パソナキャリアの口コミを見ると、応募者の年収や年齢に関わらず幅広い層をターゲットにしていることもわかりました。35歳の未経験者がIT業界に入社するのは、現実的にはかなり難しいですよね。

その2:求人を選ぶときの基準は?

応募する基準は、30歳以上の未経験者OK、それから語学力を活かせる職場ですね。数は多くないので、エージェントさんに紹介してもらう求人は、全部応募するつもりでした。

転職活動を始める段階では、IT業界でどれくらい語学力が求められているのかわかりませんでした。

キャリア面談の時に担当者に質問したところ、詳しく教えてくれました。

近年IT業界は安い労働力を求めて開発拠点を海外に設ける企業が多く、現地の技術者とコミュニケーションを取るために、「ブリッジSE」という職種があることを知ります。

インドやフィリピン、インドネシアであれば、英語を話せる技術者が多く、採用される可能性は十分にあると言ってくれました。IT業界は人材不足に陥っているため、社内研修を設ける企業も多く、技術面はカバーできるとも教えてくれました。

その3:経歴書を書くときに気をつけた点は?

過去の経歴は、どう頑張って書いても見栄えが良いものではないため、自己PRや志望動機に力を入れました。

プログラミングの経験はないけれど技術を学びたい意欲が高いこと、それからグローバルに活躍できる人材になりたい事が、相手に伝わるように工夫して書きました

経歴書の内容は自信が持てなかったので何度もエージェントの方に添削して貰い、納得の行く形に仕上げる事ができました。また、企業と面接する度に対策方法を一緒に考えてくれたので、感謝しています。

転職活動を終えた感想

その1:転職活動の結果は?

転職活動を始めて3ヶ月、ようやく1社から内定を獲得できました。自分の条件に満たす企業の数がそもそも少なく、大阪に住んでいたのですが、東京や東海など地方に出向く事もありました。

応募した企業の数は全部で50社前後、そのうち書類選考を通過して面接まで進めたのは10社未満、最終面接まで進めたのは内定を頂けた1社だけでした。

やはり、35歳で業界未経験者を採用してくれる企業は、かなり少ないのが現実ですよね。

就職先の企業は地方の中小企業ですが、海外のインドに開発拠点がある企業です。海外志向がありインドで働ける人材を募集していました。

内定を頂いた翌月には現職を退職し、2ヶ月後にはプログラミング研修が始まります。

その2:転職で実現できたことは?

当初の希望通りに、語学を活かした専門職に就く事ができたので満足しています。

現地採用なので給与は低いですが、現地の物価水準と比較すると現地のリーダー並みに給与は高いです。また、現地では会社が用意する社宅にタダで住めるので、生活が苦しくなることはないですね。

嫁も海外生活に憧れを持っていたので、海外就職に満足してくれました。

その3:「パソナキャリア」の評価は?

パソナキャリアは、業界経験ない私にも親身に対応してくれたので良かったです。

正直35歳でIT企業に就職できるとは思っていませんでした。担当の若い女性の方は、嫌な顔ひとつせずに私のサポートに尽くしてくれました。彼女のサポートがなければ、途中で心が折れていたと思います。

私のように30歳を過ぎてからIT企業を目指す人は、1日も早く行動に移した方が良いですよ。専門職では年齢が若いほど有利なので、時間が経つほど転職が不利になるからです。

同じ未経験でも28歳であれば書類選考に通過できても、35歳を過ぎていれば書類の年齢を見ただけで落とされます。

今回就職先を見つけられたのは、本当に運が良かったからだと思います。

まとめ:「パソナキャリア」 の体験談

公開求人数
  1. 全求人数:37,392件以上
  2. IT系公開求人数:18,133件
  3. IT系非公開求人数:非公開
  4. 未経験可:1,725件
  5. 海外求人数:161
デメリット
  1. 最大手のリクナビやDODAと比較すると案件数は少ない
  2. 丁寧な対応は評価が高いが、IT系の専門性はやや弱い
特徴・対象者
  1. 転職支援実績は25万人、取引企業が1万6千社と業界大手
  2. 丁寧が対応で利用者の満足度は96%、初めての転職活動に向いている
  3. 女性の担当者が6割を占め、女性からの評価が高い
  4. 30代、40代で利用する人も多く、年収アップ率は67%
  5. 海外にも力を入れている唯一のエージェント
事業所
  1. 大手町:東京都千代田区大手町2-6-2
  2. 丸の内:東京都千代田区丸の内1-5-1
  3. 横浜:横浜市神奈川区鶴屋町2-23-2
  4. 大阪:大阪市中央区淡路町4-2-15
  5. 名古屋:名古屋市中区栄3-6-1
  6. 静岡:静岡県静岡市駿河区南町18-1
  7. 広島:広島県広島市中区本通7-19
  8. 福岡:福岡県福岡市中央区天神1-6-8
転職成功例 翻訳業からブリッジSEへ
公式サイト キャリアアドバイザーの親身で丁寧なサポート【パソナキャリア】

「パソナキャリア」は、業界最大手のリクルートエージェント やDODAに次ぐ大手総合転職サイトです。

他の転職サイトにない最大の特徴は、創業してから40年間、女性の就労支援に力を入れていることです。女性社員の割合は6割を占め、女性管理職は5割を占めます。そのため、社会に出て働く女性の気持ちがわかる人が多いと高い評価を得ています。

また、海外にも拠点を持ちグローバルに力を入れている唯一の転職エージェントでもあります。パソナキャリアの利用に向いている人は、女性で未経験からエンジニアを目指したい人、将来的に海外で働きたいと考えている人です。

評価:【パソナキャリア】悪い評価|IT未経験の女性、海外志向が強い人向き

1日も早く行動に移した方がいい理由は?

現在IT業界は、書類を送付すれば誰でも選考を突破できるほど景気が良い時期です。DODAによると、IT業界の転職倍率は6.79倍を超えます。業界全体の倍率は2.49倍なので、他業種の3倍も求人が余っています。

参考:転職求人倍率レポート(2019年1月)

しかしながら、この状況が続くのは長くても2019年までと言われています。その理由は、8年周期で発生する不景気が引き金になり、再び金融危機が発生するからです。

金融危機の影響で2008年10月28日に6,994円を付けた株価は、2018年12月に最高値の24,270円まで回復しました。現在は一時19,155円(12月25日)まで落ち込みましたね。

アメリカと中国の緊張が高まり、年明けからはいつ米ダウ平均が暴落してもおかしくない状況が続いています。アップル株はiPhoneの販売不振で一時大暴落(232→142ドル)。

再び金融危機が発生すると、求人倍率は1倍を下回ります。落ちるときは、徐々に落ちるのではなく2〜3ヶ月の間で急激に落ちますね。そうなると、企業は採用コストが掛かる未経験者の採用をストップします。

有効求人倍率が1倍を下回ると...
  1. 採用コストが掛かるため、IT企業は未経験者を採用しない
  2. 経験者は、内定を獲得するための競争が激しくなる
  3. 人件費が安い外国人を大量に採用し、海外でシステムを開発する
  4. 日本人SEは、国内で開発経験を積めない
  5. プログラミングスクールの無料サービスが終了する

私たちは、1日も早くIT企業に就職し業務経験を積む必要があります。専門スキルがある人材は、不況に強いのでリストラされる心配はないですね。

今現在は20代・未経験者でも楽に就職できますが、近い将来に就職したくてもできない時が来ます。2019年4月までに内定を獲得するためには、今すぐに行動に移す必要があります。

今の時期は、春入社に合わせて動く人が多いので、すぐに応募枠が埋まります

転職活動に必要なもの

転職活動を開始するに当たって、私たちが必要な準備は何もありません。

履歴書や職務経歴書を準備するのは、キャリアコンサルタントと面談し転職の意思を固めた後の話です。コンサルタントと面談することで、IT業界の中で目指す職種や方向性も決まります(最初から方向性がはっきりしている人はいません)。

その段階で書類を準備した方が修正する手間が省けますね。

はじめて経歴書を作成した時は、何を書けば良いのかわからず何度も消しては書き直していました。キャリアエージェントに相談すると、経歴書の書き方から添削まで優しく的確にアドバイスしてくれます。

採用担当者が知りたい事にポイントを抑えて書くと、少ない時間で完成度が高い経歴書を書けます。

パソナキャリアは20〜30代と幅広い層が利用し、利用者の67%が年収アップを実現しています。早い人であれば、3ヶ月でエンジニアのキャリアをスタートできます。

登録に必要な項目は少ないので、通勤中にスマホからでも簡単に面談を予約できます。

面談までの流れ
  1. 公式サイトから会員登録する(氏名や住所など5分程度)
  2. 会員登録完了後に担当者からメールが送られてくる
  3. 担当者とキャリア 面談を行う(面談場所は京橋や横浜など、電話でも対応可能)
  4. キャリア 面談時に、条件にマッチする案件を10〜20社程度紹介してもらう
  5. 転職活動する意思を固めた場合のみ、書類の準備を始める

まずは、自分にエンジニアの適性があるか見るためにもエージェントに相談してみましょう。電話でも対応してくれるので、会社のお昼休みからでも気軽に相談できます。

公式サイト:キャリアアドバイザーの親身で丁寧なサポート【パソナキャリア】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください