【転職成功例】月給17万円の保育士から未経験でIT企業へ

転職前 22歳男性、保育士を辞めて未経験でIT企業へ就職
転職後 IT企業へ転職しようと思った理由は、保育士の給与が生活できないほど少ない給与だったからです。

転職前の給与は手取りで15万円でした。転職後の手取りは21万円(月給23万円)、6万円も増えたことになります。IT経験がない20代前半の若者にも、これだけ支給してくれるIT企業は、やっぱりすごいと思いました

評価 【ワークポート】悪い評価|未経験者でも最短2ヶ月で転職できる
公式サイト 未経験からの転職ならWORKPORT

転職活動を始めた理由

その1:なぜ転職しようと思ったのか?

転職を考えた理由は、保育士の仕事では現実的に生活が成り立たないからです。

保育士を選んだ理由は単純に子供が好きだったからです。子供の世話ができる仕事であれば、ストレスは掛からないと思っていました。

しかし、現実は想像していたよりもはるかに厳しいものでした。

保育士をしていたころの給与は額面で17万円、手取りは15万円にも満たない金額です。地方でひとり暮らしでしたが、家賃と生活費を差し引くと手元には残りません。年齢とともに給与が増えれば良いですが、年齢の保育士を見ても給与が変わらないのは目に見えてわかっていました。

賞与もなければ、残業代が支給されることもありません。

IT企業を目指した理由は、手に職をつけられるので将来の生活が安定すると考えたからです。

その2:転職で実現したいことは何か?

プラグラミング経験がない文系出身だったので、入社してくれるIT企業があればどこでも良いと思っていました。まずは経験を積むことが1番大事だからと考えていたからです。

担当のエージェントさんには、出来ればプログラミングの社内研修があること、それから給料が20万円以上で希望を出しました。収入が少ないと、毎日生活するだけでも大変だと身にしみてわかっていたので。

転職活動中に感じたこと

その1:転職エージェントを利用した理由は?

転職エージェントを利用した理由は、IT企業で働く友人にワークポートを紹介してくれたからです。ワークポートを利用すると、プログラミング経験がなくても、1〜2ヶ月で就職先が見つかると教えてくれました。

地元の保育士を目指したこともあり、過去に転職活動をしたことがありません。どうやって、企業に応募すれば良いかさえわかりませんでした。

エージェントを利用すると、条件にマッチする企業を探して応募してくれます。あとは、面接の日程に合わせて準備するだけですね。仕事のスケジュールに合わせて面談を入れてくれたので、無理なく就職活動と本業の仕事が両立できました。

その2:求人を選ぶときの基準は?

ITに関する知識はなかったので、条件(月給20万円以上、社内研修がある)を満たす企業は全て応募しました。

担当者の方は、「未経験者を採用してくれる企業は限られているので、あまり選択肢は多くないですよ。できる限り応募しましょう」と言われていました。週に20社ほど紹介して貰い、その8〜9割の企業に応募していきます。

ただし、残業代が支給されない企業、明らかにブラックだとわかる企業は外して貰いました。

その3:経歴書を書くときに気をつけた点は?

転職活動は初めてだったので、経歴書の書き方がわかりませんでした。

すると、担当者の方が経歴書のフォーマットと書き方のポイントを説明してくれました。また、記載した後も自信が持てなかったので、何回か添削して貰いながら納得のいく形に仕上げられました。

第三者にアドバイスしてもらうことで、客観的な視点で書けますね。経歴書がどれだけ効果があるかわかりませんが、かなり高い確率で書類選考を突破できました。

参考:【自己 PRの例文あり】IT未経験が転職でアピールできる自己PRの書き方とは?

転職活動を終えた感想

その1:転職活動の結果は?

応募する企業が多かったこともあり、かなり早い段階で内定を獲得できました。

転職活動を開始してからわずか1ヶ月半で内定を貰います。まさに友人がアドバイスしてくれた通りの結果でした。内定を頂いた企業は、都内に社宅があり物価手当も付くので即決でした。業界経験がない以上は、運の要素が大きいのは避けられないですよね。

あと2〜3ヶ月転職活動を続けても、対して変わらないだろうと考えていたからです。ちょうど新卒が入るタイミングで一緒に入社し、3ヶ月の社内研修が受けられることも決め手です。

その2:転職で実現できたことは?

希望通り、IT企業のキャリアをスタートできたので結果に満足しています。

入社後の給与は月給20万円に、物価手当が付き23万円です。保育士時代と比較して、6万円も手取り額が増えたことになります。さらに、光熱費や通信費は会社持ちの社宅に安く住めるので、手元に残るお金も決して少なくありません。

家賃支払い後に支給される金額は17万円です。都内生活を考えると妥当な金額ですよね。

業界経験がない未経験でも、これだけ貰えるIT業界はすごいなと思いました。

社内研修は、プログラミングの基礎から始まり、チームでシステム開発、3ヶ月後には製作したWebシステムを先輩社員の前で発表しました。未経験で初めてここまでスキルを上達できるのかと、自分でもびっくりしています。

その3:「ワークーポート」の評価は?

他の転職エージェントを利用したことがないので比較材料ないです。しかし、ワークポートを利用し短期間でIT企業に就職できたので、利用して良かったと思っています。

ただし、紹介される案件と応募する案件の数が多く、次から次に求人を紹介されたので最初は戸惑いました。次第にどの企業に応募したのか管理できなくなり、後半は準備する時間がないまま次から次に企業に面接に行ったのが残念な点です。

もう少し余裕を持って、転職活動した方が良いのではないかとも正直思いました。

もしも次に転職する機会があれば、別の転職エージェントも利用してみようと思います。

まとめ:「ワークポート」 の体験談

公開求人数
  1. 公開求人数:15820件
  2. 非公開求人数:非公開
  3. 未経験可:1038件
  4. 海外求人数:21件
デメリット
  1. 営業がしつこく利己的(事務的)な対応をされる
  2. 質よりも量を重視するため、1度にたくさん案件を紹介される
  3. 的外れな提案をされる、キャリア向けの転職には向いていない
特徴・対象者
  1. IT系の専門サイトで、未経験者の転職が強み
  2. 就職活動を開始してから、最短1ヶ月で内定を獲得できる
  3. 幅広い層が利用し、30歳以上の利用者は58%を占める
  4. 利己的だが対応が早く、結果にコミットしてくれる
  5. IT系の求人が豊富で、リクナビにない企業も多数扱う
  6. 余計な駆け引きがなく、スムーズに内定を獲得できる
事業所
  1. 東京(大崎):東京都品川区大崎1-2-2
  2. 東京(五反田):東京都品川区東五反田1-21-9
  3. 仙台:宮城県仙台市宮城野区榴岡4-5-22
  4. 埼玉:埼玉県さいたま市大宮区大門町3-82
  5. 横浜:神奈川県横浜市西区北幸1-11-11
  6. 名古屋:愛知県名古屋市中区丸の内3-17-13
  7. 兵庫:兵庫県神戸市中央区京町69
  8. 大阪:大阪府大阪市中央区平野町2-3-7
  9. 福岡:福岡県福岡市中央区天神1丁目3−38
転職成功例 保育士からITへ」、「保守運用から社内開発へ
公式サイト 未経験からの転職ならWORKPORT

「ワークポート」は、IT・Web系の未経験者に強みがある転職エージェントです。

他の転職サイトにない最大の特徴は、エージェントの営業力が高くコミットメント重視していることです。営業力は結果にも結びついています、リクナビが主催する転職決定人数部門で1位を獲得し、最短で1ヶ月で次の就職先を決める人もいますね。

評価:【ワークポート】悪い評価|未経験者でも最短2ヶ月で転職できる

1日も早く行動に移した方がいい理由は?

現在IT業界は、書類を送付すれば誰でも選考を突破できるほど景気が良い時期です。DODAによると、IT業界の転職倍率は6.79倍を超えます。業界全体の倍率は2.49倍なので、他業種の3倍も求人が余っています。

参考:転職求人倍率レポート(2019年1月)

しかしながら、この状況が続くのは長くても2019年までと言われています。その理由は、8年周期で発生する不景気が引き金になり、再び金融危機が発生するからです。

金融危機の影響で2008年10月28日に6,994円を付けた株価は、2018年12月に最高値の24,270円まで回復しました。現在は一時19,155円(12月25日)まで落ち込みましたね。

アメリカと中国の緊張が高まり、年明けからはいつ米ダウ平均が暴落してもおかしくない状況が続いています。アップル株はiPhoneの販売不振で一時大暴落(232→142ドル)。

再び金融危機が発生すると、求人倍率は1倍を下回ります。落ちるときは、徐々に落ちるのではなく2〜3ヶ月の間で急激に落ちますね。そうなると、企業は採用コストが掛かる未経験者の採用をストップします。

有効求人倍率が1倍を下回ると...
  1. 採用コストが掛かるため、IT企業は未経験者を採用しない
  2. 経験者は、内定を獲得するための競争が激しくなる
  3. 人件費が安い外国人を大量に採用し、海外でシステムを開発する
  4. 日本人SEは、国内で開発経験を積めない
  5. プログラミングスクールの無料サービスが終了する

私たちは、1日も早くIT企業に就職し業務経験を積む必要があります。専門スキルがある人材は、不況に強いのでリストラされる心配はないですね。

今現在は20代・未経験者でも楽に就職できますが、近い将来に就職したくてもできない時が来ます。2019年4月までに内定を獲得するためには、今すぐに行動に移す必要があります。

今の時期は、春入社に合わせて動く人が多いので、すぐに応募枠が埋まります

転職活動に必要なもの

転職活動を開始するに当たって、私たちが必要な準備は何もありません。また、私たちは全てのサービスを無料で利用できます。途中で就職を辞退しても罰金など一切ありません。

履歴書や職務経歴書の準備は、キャリアコンサルタントと面談し転職の意思を固めた後で必要になります。面談することで進みたい方向性が決まり、その段階で具体的な準備を始めた方が手戻りが少ないですね。

ワークポートは、最短で1ヶ月で内定を獲得できます。通常なら3ヶ月掛かる就職活動を、3倍速で進められるのはワークポートだけの特徴です(大手リクナビやDODAは内定まで3ヶ月掛かる)。

登録から面談までの流れ
  1. 公式サイトから会員登録する(氏名や住所など1分程度
  2. 担当者からメールか電話があり、面談日を指定する(平日夜や週末可)
  3. 40分のキャリア面談は電話でも対応してる(面談場所は大崎、五反田、横浜)

キャリア面談後には、希望する条件の企業を20社紹介してくれます。紹介される案件の応募条件を1枚1枚じっくりと読むと、「開発経験がない1度もない人材でも、必要としてくれる企業がたくさんあるんだな」と自信を持つことができます。

もちろん、働きたいと思える企業がなければ、無理に応募する必要はありません。売り手市場なので、私たちが企業を選ぶ立場にありますね。

キャリア面談は、私たちに新しい出会いの場を提供してくれます。就職活動を始める事でたくさんの企業に出会う機会がありますね。同じような志を持つ者同士は、お互いに引き寄せられますね。

また、転職活動は私たちの内面と向き合うことで、やりがいのある仕事を見い出し、新しい人生の再スタート切るためでもあります。

私は新しい道を歩み始めた事で、大きく生涯収入を増やすことに成功し、夢だった海外就職も実現できました。単なるキャリアチェンジと考えるのではなく、人生を大きく変えるための最初の一歩と考えましょう。

また、いま現在収入が増えない仕事に就いているならば、長期的に大きな損をします。

今後、経験年数と共に給与が増えない付加価値が低い仕事は、外国人か人工知能に代替されます。昇給する社員としない社員は、毎年30〜50万円も年収に差が開きますね。

5年経過すると、200万円(300→500万円)の年収格差が生まれます。10年経過すれば、生涯収入は2000万円も差が開きます。

未経験者の市場価値は年齢とともに減少するため、将来動くのであれば景気が上向いている今行動した方が良いです。2019年以降では、金融危機が発生しもう手遅れかもしれません。

登録に必要な項目は少ないので、通勤中にスマホからでも簡単に面談を予約できます。

 

会員登録と面談の日程調整、それから面談して求人を紹介してもらう、全ての工程で1時間も掛かりません後からキャンセルもできるので、会員登録だけでも先に終わせた方が良いですね。登録フォームは1分で埋められます。

公式サイト:未経験からの転職ならWORKPORT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください