【プロエンジニアの評価】未経験からスキルを習得しブラックを避ける

人気コース Java・PHPプログラミング研修(実践型60日)
受講後のスキル Javaを用いて簡単なWEBサイトをひとりで制作できるレベル。製作したアプリを武器にIT企業へアピールできる。
学べる技術
  1. デザインの装飾(HTML/CSS)
  2. 動的なサイト制作技術(JavaScriptjQuery)
  3. WEBサイトの制作(PHP/MySQL)
  4. 仕様書、設計書の読み方、テスト項目の作り方

60日間のレッスン後に就職活動を開始する

授業形式
  1. テキスト形式よりもプログラミングの実践作業が中心
  2. 5人で開発チームを組み、ECサイトやアプリを製作する
  3. オンライン教材(動画、資料)で予習、復習ができる
利用対象者
  1. Java・PHPを習得しWebエンジニアになりたい人
  2. プログラミングを無料で習得したい20代
  3. 2500社の提携先から、確実にIT企業に就職したい人
  4. 都内(半蔵門・池尻)に通学できる関東在住者
  5. 通学制、チームでシステム開発をしたい人
費用
  1. 平日5日間コース、無料
  2. 週3夜(月水金)コース、無料
  3. 個別研修コース、無料
デメリット
  1. 対象者は、関東在住の30歳未満のみ
  2. オンラインは、個別研修のみ対応
  3. 少人数制(30人)のため、すぐに定員が埋まる
メリット
  1. 入学金、授業料、転職支援全て無料で利用できる
  2. 途中で挫折、離脱しても罰金などペナルティはない
  3. 卒業後の就職先の企業は、3500社もある
  4. 96%の確率で、正社員に就業できる
  5. 有給インターン(ソーシャルアプリ開発する企業)が体験できる
  6. チーム(5人)でシステム開発が体験できる
無料コース 20代は無料で受講できる
受講場所
  1. 半蔵門研修センター:東京都千代田区三番町1-1
  2. 池尻 研修センター:東京都世田谷区三宿1-8-19
  3. 霞が関本社:東京都千代田区霞が関3-6-15
無料体験面談 無料で体験レッスンに参加できる

公式サイト:【完全無料プログラミング研修&就活塾】

プロエンジニアは、就職を前提にした完全無料のプログラミングスクールです。就職や全額保証のスクールが増えていますが、就職に成功しても失敗しても、1円も支払わなくていいのはプロエンジニアだけの特徴です。

私ちが無料で利用できる理由は、人材不足に苦しむ企業が協賛金を出し合うことで運営しているからです。無償で提供しているわけではないですね。

そのため、プログラミング経験ゼロで利用しても、3ヶ月後には96%の確率でSEのキャリアをスタートさせられます。専門職に就職すると、景気動向に左右されないためリストラや失業を心配しなくて良いですね。

ただし、プロエンジニアを利用できるのは、関東に住む20代の未経験者だけです

また、私たち未経験者は、スクールを利用しなくてもIT企業に就職できます。そのため、次の条件に該当する人だけが通学することを強くお勧めします。就職だけが目的ならば、スクールを使わずにすぐに就職活動した方がメリットがあります。

プロエンジニアをお勧めできる人は...
  1. ITスキルを習得して、確実にブラック企業を避けたい人
  2. プログラミングの適性を見てから、IT企業へ就職したい人
  3. オリジナルアプリを製作して、自信を持って就職活動したい人
  4. 1社目から、優良企業にチャレンジしたい人

スクールを利用すれば、ブラックを避けられる

私たち未経験者は、ITスキルを習得しなくても企業へ就職できます。あえてスクールでプログラミングを学ぶ理由は、確実にブラックを避けるためです。

私が未経験でIT企業に就職すると決めた時に、1番の心配事はブラックに入社することでした。しかし、その期待に反して入社した先は、社員を客先に常駐させるだけのブラックです。

夜の10時や11時過ぎまで働くも、残業代は1円も支給されず、時給に換算すると千円を下回るほど過酷な労働環境でした。身体は疲れているのに、布団に入ると将来が不安で夜も眠れません睡眠不足で日中は意識が朦朧とし、苦痛に耐えながらも満員電車に揺られ毎朝通勤していました。

学生時代に味わった事がない辛い生活が、その後3年間も続きます。

この時期は働くためだけに生活していたので、生きる目的や将来の希望を完全に失っていました。こんな辛い気持ちにさせたブラックは許せないし、他の人にも絶対に経験して欲しくないと思っています。

当時私がブラックに入社した理由は、ブラインドタッチができないほどPC経験もない、その上業界に対する知識が皆無だったからです。「多重下請」や「多重派遣」という業界特有の問題があることすら知らずに、この世界に入社しました。

事前にスクールに通学し、スキルを習得してから就職することで、ブラックを避けられる可能性が高くなります。

スクールに通学するメリットは...
  1. ITスキルを短期間で学び、オリジナルアプリやWEBサイトを製作できる
  2. URLを履歴書に貼り付け、優良企業にスキルをアピールできる
  3. 現役SEの講師から、IT業界の動向や現状を教えてもらえる
  4. 就職活動前に自身の内面と向き合う時間ができ、自己PRや志望動機が書ける
  5. スキルを習得しながら、業界研究や企業研究に使う時間も確保できる
  6. プログラミングに適性がないとわかれば、途中で就職を辞退できる
  7. WEB業界、SIer業界など、適性を見た後に適切な就職先を選択できる

今現在は、ブラックを脱出し社内開発できるIT企業で働いています。

転職後は、毎年40〜60万円ペースで昇給し、その4年後には年収500万円を超えました。納期がない月は、毎日定時に帰宅します。夢だった海外勤務も経験でき、この業界に入社して良かったと心から感謝しています。

IT業界に未経験で入社するのであれば、ブラックを避けて就職することを考えましょう。スクールに通学するのは、そのためのひとつの手段でもあります。

本当に、誰が利用してもIT企業に就職できるの?

プロエンジニア を利用すれば、誰が利用しても確実にIT企業に就職できます。

他スクールにないプロエンジニア の特徴は、無料で受講できるにも関わらず、高いレベルのカリキュラムを組んでいます。また、2200社を超える優良企業が、信頼してプロエンジニア に出資しています。

通常のスクールの提携先は、多くても300社しかありません。

3ヶ月後に身につくスキルは?

プロエンジニア はより実戦に近い形式で習得します。未経験者が受講しても、3ヶ月後には、ひとりでECサイトやアプリが製作できるまで上達します。

製作したアプリは企業にアピールできるので、優良企業からも内定を得やすくなりますね。具体的には次の技術や知識を習得します。

  1. ECサイトを製作するために、Web画面(HTML/CSS)バックエンド(Java/PHP)の開発スキルを習得できる
  2. バックエンドを実装するために、データベース(PostgreSQL/MySQL)の技術を習得できる
  3. 効率が良いスピーディな開発を学ぶために、フレームワーク(Struts/Smarty)の使い方を習得できる
  4. より実践的な知識を得るために、仕様書、設計書の読み方、テスト項目の作り方も学べる
  5. 実践に近い形で開発するため、チームでECサイトやアプリ開発ができる

IT企業の社内研修も3ヶ月を目安としています。覚える内容は多いですが、レベルが高いカリキュラムに挑戦した方が、短期間で集中して取り組めますね。

過去にプログラミングを勉強して挫折した経験は誰にもあります。現役で働いているSEが、1人も挫折せずにスキルを習得できるのは、側に仕事を教えてくれる先輩社員がいるからですね。

教えてくれる人が近くにいるだけで、挫折するリスクを大幅に減らせます。

2200社に選ばれている無料スクール

プロエンジニア を利用すると、未経験から利用しても確実に就職できます。

なぜならば、プロエンジニア はたくさんの優良企業に選ばれた、すでに実績があるスクールだからです。提携先の企業は、2200社(3500案件)を超えています。その中には、サイバーエージェントや楽天、LINE、ソフトバンク、NTTデータなど、多くの優良企業がパートナーに選んでいますね。

あるスクールでは、提携先の企業が300社(コードキャンプ )しかありません。また、あるスクールでは、運営元の1社しか就職先がないスクール(0円スクール)もあります。

就職先の選択肢が豊富にあるのは、プロエンジニア にしかない特徴です。

「プロエンジニア 」のデメリットや改善点は?

プロエンジニアには、次のデメリットがあります。利用する人は十分に注意しましょう。

  • 「20代向けのスクールのため、30代は利用できない」
  • 「スクールは就職を前提としているため、関東在住者のみ対象」
  • 「1期の定員は30名が限度、空きがなければ翌月以降に回される」
  • 個別研修は待たなくても利用できるが、学べる内容は少ない」
  • 「社会人向けに夜間コースがあるが、スケジュールがタイトになる」
  • 「全て無料のため、自制心がない人は途中で挫折しやすい

プロエンジニア は、就職結果に関わらず全て無料で利用できます。しかしながら、それが原因で挫折する人も多いです。96%が就職に成功していると公表しているが、途中で挫折した人は含まれていません

実は、3割近い受講生が途中で挫折しています。途中で挫折するのは、本業の仕事が忙しい会社員が多いですね。就職を辞退してもペナルティも罰金もない事が、挫折者の弱い気持ちを助長させています。

利用する人は、以上の点を十分に考慮する必要がありますね。

▼▼プロエンジニア がたくさんの人に選ばれる理由▼▼

  1. 入学金、授業料、転職支援、全サービスが無料で利用できる
  2. 卒業後の就職先の企業は3500社以上、選択肢が豊富にある
  3. 正社員就業率は96%以上あるため、確実に就職できる
  4. 途中で挫折、離脱しても罰金などペナルティが発生しない

公式サイト:【完全無料プログラミング研修&就活塾】

未経験からSEに転向できた人はたくさんいる

プロエンジニア では、毎年300人以上(月20〜30人)が、スクールを卒業しIT企業への就職を決めています。

  1. タマキさん:利益重視の営業に違和感を覚え28歳で退職、未経験からエンジニアに就職する
  2. 丸井さん:大学を中退、派遣で工場の仕事を経験した後に、プロエンジニア を経て「ccWORKS」に就職する
  3. オオエさん:新卒で入手した会社で営業をするも激務で30歳手前で退職、未経験からエンジニアに就職する
  4. イノウエさん:25歳の調理師でPCを使えない状態からスタート、未経験からエンジニアに就職する

参考:エンジニア転職ガイド(ProEngineer)

では、具体的に就職できた人たちの声を聞いてみましょう。

サカイさん:夜間を利用して、年収450万円の社内SEへ

【Q】プログラマカレッジは如何でしたでしょうか?

ドットインストールは初心者にはよかったのですが、実際に業務のイメージが沸きませんでした。

その点、プログラマカレッジだとチーム制作が出来るのが魅力でした。また、チーム制作に入る前は各プログラミング言語の基礎や、ECサイトの写経をやることで理解度を高める事が出来ました。

僕の場合は、何回も写経するのではなく2回程写経をしたら、多少理解をしてなくとも自分でコードを書いてみるという勉強方法を取っていました。また、わからないことがあっても本やネットで調べて自己解決をする。それでも、わからなければ最後は講師に聞いていました

もちろん、聞く事も大事だと思いますが、それよりも自己解決能力を高めるのが後々の自分の力になるのではないかと思います。最初は大変でしたが、徐々に自己解決できるスピードも上がったと思います。

【Q】就職活動は如何でしたでしょうか?

厳しい就職活動ではありませんでしたが、余裕と言えるほどのモノでもなかったです(笑)

やはり自社開発の会社に行きたかったので内定を貰うというよりも、行きたい会社に行けるように頑張っていました。SIerさんからは、合計で4社内定を頂きましたが、自社開発の会社はなかなか上手く行きませんでした。内定を頂いたSIerさんの中から条件が良い会社を選ぼうと思っていた矢先に、工具の大手のTAJIMA(株式会社TJMデザイン)さんの社内SEのお話を頂きました

TJMデザインさんの部長さんとお話をした時に「求めているモノが来た!」と思いました。社内SEという仕事は、顧客が社内の別部門にいるので、自由度が高い会社だと思いました。前職の営業サポートの経験も活かせるポジションであり、さらに前職よりも高い年収450万円程度で提示を頂く事ができたので、こちらにお世話になろうと思いました。

1社目で年収450万円の企業から内定を得られるのは、珍しいケースですね。期待し過ぎるのは良くないですが、事前にスキルを習得する事で、優良企業に就職できるチャンスが生まれます

エンドウさん:個別研修で1ヶ月で詰め込み就職する

【Q】プログラマカレッジでの勉強はいかがでしたか?

私は3人姉妹の末っ子なんですが、お金をそんなにかけられないということで塾に行くことができなかったので、学校の授業で全部理解してしまおうと思って、昔から授業には集中して取組んできました。

はじめは3ヶ月コースを希望していたんですが、既に定員が埋まってしまったということで、私が希望していた月には入れなかったんです。生活していくにはお金がかるので、それであれば、早く就職して安定したいと思っていたので、すぐにでもスタートできる個別コースを選びました。個別の方でも、しっかりと教材はもらえるということでしたので。

内容は、HTML,CSS,PHP,MySQLを習いまして、最後には演習として、書き込みができる掲示板サイトを作りました。授業時間外にも自分で勉強をして、わからないことがあれば、自分で調べたり、随時、講師の方にメールで質問をしながら進めていきました。

MySQLの部分は、知識が全く無かったので慣れるまで時間がかかりましたが、与えられた課題をコツコツと取組くんでいくのは楽しかったです。最後には、掲示板という動きのある物を作れたのも良かったですね。

【Q】研修終了後の就職活動はいかがでしたか?

担当のキャリアコンサルタントの方から履歴書と職務経歴書のフォーマットをいただいて、まずは自分で作成をして、その後、電話で打ち合わせをして、その時の話を元に修正をしてもらいました。

あと、面接で想定される質問の問答集をいただいたんですが、これが無かったら、面接の時に何を話したらいいかわからなかったと思うので本当に助かりました。面接前には、問答集を見てずっとぶつぶつとつぶやいていたので、周りには怪しい人だと思われていたと思います(笑)。

就職活動では、6社面接に行きました。人事の方は優しい方が多いんですが、社長さんや代表取締役の方ですと、中には厳しくて、にこりともしない方もいらっしゃいましたので、慣れてない分不安になりましたね。

結局、面接の場でうまく話せていたかはわからないんですが、答えに詰まってしまった時や、質問内容から回答がそれてしまった時に、「すみません。緊張してしまっていまして。」と伝えるようにしてから、だいぶ面接で話すのが楽になりました。
でも、就活では、やはりプログラマカレッジの3ヶ月コースの生徒さんと比べらえることがほとんどで、自分は勉強期間が短かいことと、PHPしかやっていないことをお伝えすると、落胆されてしまうこともありました。そういった反応をされると、やっぱり焦りを感じましたね。

最終的に2社様から内定をいただくことができたんですが、入社を決めた会社さんは、一番最初に面接を受けたところで、私のこれからの伸びしろを評価してくださった会社さんでした。

参考:卒業生・エンドウさんの声

3ヶ月の平日5日間コースは、定員数に上限がある上に人気が高いため、すぐに埋まります。すでに埋まっている場合は、翌々月まで待つか、個別研修コースを選択します。

ブロガーさん:プロエンジニアを利用して良かった

お金がかからないこと、サポートしてくれる人が必要なこと、転職先が見つけられることという3つの要望を実現できたのはプログラマカレッジだけだった。

テックキャンプはお金がかかるから私には難しい選択だった。Progateはオンラインで独学に近い形式だったし、転職先は自分で見つけないといけなかった実際にProgateだけで転職できている人はあまり見つからない。

どれが合うかはそれぞれの状況に応じて検討すべきだと思うが、他のスクールに比べてプロエンジニア はメリットが大きいと今でも思う。お金がかからないだけじゃなく、ちゃんと就職先・転職先を見つけることにコミットしてくれるのがその理由。

面接対策やプログラミングの試験対策、履歴書の書き方まで1on1で指南、サポートしてくれたんだから。これは話に聞いてる限り他のスクールではやってくれない。基本的にはプログラミングは教えるからあとは自分で頑張れよという方針のところが多いから多くのスクールは受講料で売上が立っているから転職先を見つけなくても成り立つ仕組みがその理由だ。

参考:http://harv-tech.hatenablog.com/entry/pro_enginner

プロエンジニア 以外に、就職支援があるスクールは3つあります。しかしながら、完全に無料で利用できるのは、プロエンジニアにしかない特徴です。

就職支援があるスクールは...
  1. プロエンジニア:就職の成否に関わらず無料で利用できる
  2. コードキャンプ:就職に成功すると、20万円が全額返金される
  3. テックエキスパート:転職に失敗すると、45万円が全額返金される

その他の利用者の口コミ

参考:https://tenshoku-seikou.jp/転職エージェント/プロエンジニアproengineerの評判/#ProEngineer-2

たくさんの人が、プロエンジニア を利用して就職に成功しているのがわかりますね。

無料相談や無料体験会に参加してみる

プロエンジニア は、気軽に体験できるプログラミング体験会を行っています。

辞退しても、罰金やペナルティは発生しない

プロエンジニア は、途中でスクールを辞退しても、違約金やペナルティは一切発生しません軽い気持ちでIT業界を目指すのは望ましくないけれど、いつでも現職に戻れるのは安心できますね。

次の理由で、受講後に就職を辞退する人は何人もいます。

  1. 「プログラミングしてみたら、やっぱり自分に合わなかった…」
  2. 「業界研究をしていくうちに、想像していた仕事と違った…」
  3. 「本業の仕事が突然忙しくなり、落ち着くまで通学する余裕がない…」
  4. 希望する企業から内定が得られず、どうしても納得できない…」

キャリアチェンジするのであれば、できる限りリスクを減らした方が良いですね。納得する企業が見つからなけば、無理に転職する必要もありません。

途中で辞退しないためにも、まずは体験会に参加してみましょう。

定員が30名を超えると2ヶ月待ち

プロエンジニア は、教えられる生徒の数に限りがあります。

教室は最大で30名を収容できるサイズしかありません。また、システムを受託開発している企業が運営しているため、現役講師の数にも限りがあります応募者が埋まっていなければ、申し込みをした翌月から利用できます。

しかし、すでに埋まっている場合は、翌月、翌々月と繰り越されることに注意してください。応募枠を確認するためにも、無料相談だけでも申し込みましょう。

無料相談や体験会に参加したからと、無理に勧誘される事はありません。

無料相談、体験会の申し込み方法

プロエンジニア では、無料相談、無料体験会に参加できます。

公式サイトを開き「ちょっと聞いてみる」を選択します。入力項目は、名前とメールアドレス、電話番号、それから研修が可能な開始時期を選択するだけなので、30秒で入力できます

また、スクールに来社するだけで、1000円分のQuoカードが貰えます。IT業界の動向や就職事情を聞くだけでも良いので、是非参加してみましょう。直接スクールに参加するのが難しい人は、電話でも対応してくれますよ。

公式サイト:【完全無料プログラミング研修&就活塾】

プロエンジニアへのアクセス

場所:半蔵門センター、東京都千代田区三番町1−1

東京メトロ半蔵門線から徒歩8分の場所にあります。

まとめ:無料なのに、本当にIT企業に就職できる?

就職前にスキルを習得する利点は...
  1. ITスキルを短期間で学び、オリジナルアプリやWEBサイトを製作できる
  2. URLを履歴書に貼り付け、優良企業にスキルをアピールできる
  3. 現役SEの講師から、IT業界の動向や現状を教えてもらえる
  4. 就職活動前に自身の内面と向き合う時間ができ、自己PRや志望動機が書ける
  5. スキルを習得しながら、業界研究や企業研究に使う時間も確保できる
  6. プログラミングに適性がないとわかれば、途中で就職を辞退できる
  7. WEB業界、SIer業界など、適性を見た後に適切な就職先を選択できる

深刻な人材不足を理由に、私たちはスクール を利用しなくても、簡単に就職できますね。そんな中で、あえてスクールを利用する理由は、ブラック企業を確実に避けるためです。

私自身も未経験でこの世界に入社したが、パソコン経験がない事、業界に対する知識が皆無だったせいでブラックに捕まりました。もしも、過去に戻れるならば、スキルを習得し、業界研究や企業研究を行なった上で就職します。

今は10年前と比較して、本当に良い時代になりましたね。

無料で基礎スキルを習得でき、それから現役SEのサポートの元で就職できるからです。プロエンジニア を利用する人は、レベルの高いオリジナルアプリの製作を目標にし、必ずブラックを避けて企業に就職しましょう。

1日でも早く行動に移した方が良い理由

現在IT業界は、書類を送付すれば誰でも選考を突破できるほど景気が良い時期です。DODAによると、IT業界の転職倍率は6.79倍を超えます。業界全体の倍率は2.49倍なので、他業種の3倍も求人が余っています。

参考:転職求人倍率レポート(2019年1月)

しかしながら、この状況が続くのは長くても2019年までと言われています。その理由は、8年周期で発生する不景気が引き金になり、再び金融危機が発生するからです。

金融危機の影響で2008年10月28日に6,994円を付けた株価は、2018年12月に最高値の24,270円まで回復しました。現在は一時19,155円(12月25日)まで落ち込みましたね。

アメリカと中国の緊張が高まり、年明けからはいつ米ダウ平均が暴落してもおかしくない状況が続いています。アップル株はiPhoneの販売不振で一時大暴落(232→142ドル)。

再び金融危機が発生すると、求人倍率は1倍を下回ります。落ちるときは、徐々に落ちるのではなく2〜3ヶ月の間で急激に落ちますね。そうなると、企業は採用コストが掛かる未経験者の採用をストップします。

有効求人倍率が1倍を下回ると...
  1. 採用コストが掛かるため、IT企業は未経験者を採用しない
  2. 経験者は、内定を獲得するための競争が激しくなる
  3. 人件費が安い外国人を大量に採用し、海外でシステムを開発する
  4. 日本人SEは、国内で開発経験を積めない
  5. プログラミングスクールの無料サービスが終了する

私たちは、1日も早くIT企業に就職し業務経験を積む必要があります。専門スキルがある人材は、不況に強いのでリストラされる心配はないですね。

今現在は20代・未経験者でも楽に就職できますが、近い将来に就職したくてもできない時が来ます。2019年度までに内定を獲得するためには、今すぐに行動に移す必要があります。

今の時期は、春入社に合わせて動く人が多いので、すぐに応募枠が埋まります

スマホでも無料体験会を予約できる

就職を前提のスクールを利用するにあたって、私たちが必要な準備は何もありません入校料、受講料、それから就職支援も含めて、全て無料で利用できます。また、途中で就職先を辞退しても、ペナルティや罰金も発生しないですね。

就職活動に必要な履歴書や職務経歴書は、受講が完了する3ヶ月後に準備します。就職をサポートしてくれる担当者がいるので、書類の書き方や面接対策まで丁寧に教えてくれます。

プロエンジニアのメリットは...
  1. 短期間でスキルを習得でき、3ヶ月でオリジナルアプリを製作できる
  2. アプリやWEBサイトのURLを履歴書に貼り、優良企業にアピールできる
  3. プログラミングに適性があるか、事前に判断できる
  4. 社会人向けに、夜間や個別レッスンも対応している
  5. 卒業後の就職先の企業は、3500社以上ある
  6. 希望者はソーシャルを開発する企業へ、有給インターンが体験できる
  7. 通学制のためチーム(1期の人数は30人前後)で開発ができる

プロエンジニア は、就職先の企業が豊富で、全サービスを無料でき利用できる唯一のスクールです。

ただし、教えられる生徒の数に限りがあります。

都内の教室を利用できるのは、1期につき最大で30名だけです。また、システムを受託開発する企業が運営しているので、現役講師の数にも限りがあります。

応募者に空きがあれば翌月からすぐに利用できるが、すでに埋まっている場合は、翌々月、3ヶ月後と繰り越されます。空きを確認するためにも、カウンセリングで相談だけでもしてみましょう。後からキャンセルしても、お金を取られる心配もないですね。

プログラミングスクールは、私たちに新しい出会いの場を提供してくれます。共にSEを目指す仲間や、たくさんの企業と知り合う機会があります。また、スキル習得や就職活動は、私たちの内面を見つめ直し、新しい人生の再スタート切るためでもあります。

私も新しい道に歩み始めた事で、大きく生涯収入を増やし夢だった海外就職も実現できました。単なるキャリアチェンジと考えるのではなく、人生を大きく変えるための始めの一歩と考えましょう。

登録に必要な項目は少ないので、通勤中にスマホからでも簡単に面談を予約できます。

 

今なら体験会に参加するだけで、参加者全員に1000円のQuoカードが貰えます。 スクールに通学するかどうかは、体験会に参加してから決断すれば良いですね。登録は30秒あれば入力できます。

公式サイト:【完全無料プログラミング研修&就活塾】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください