ニート・フリーターでも正社員SEになれる?|未経験なら29歳まで

現在IT業界には、異業種からたくさんの未経験者が入社しています。その中には、社会人経験がない「ニートやフリーター」からも、ITエンジニアに転向する人が増えていますね。

  • ニートやフリーターでも、IT業界に入社できるって聞いたけれど本当なの?」
  • 「どうせ、ニートやフリーターが入社できる会社なんて、ブラックばかりでしょ?」
  • 「スクールの就職支援を受けたら、授業料がすべて無料になるって本当?」

結論から伝えると、ニートやフリーターから正社員SEに転身した人はたくさんいます。

ただし、29歳を過ぎると、未経験からの就職は絶望的になります。社会人経験がない状態で正社員SEを目指すのであれば、30歳を迎える前に行動しましょう

実は、私は過去に2度ニートを経験したことがあります。1度目はブラック企業に入り、会社に行くのが嫌で突発的に会社を辞めたとき。2度目は、どうしてもネットビジネスに挑戦したくて、勤めていた会社を衝動的に辞めたときです。

ニート生活は、経験したことがない人にしかわからない苦しみがあります。

会社に所属していないだけで、自分の存在が否定されたようで辛いですね。賃貸を借りられない、カードを作れない、社会と関わりを持つ事が辛いと思うことさえあります。

幸いIT業界は、学歴や職歴に関係なく専門スキルさえあれば評価されるので、そんな私を2度も救ってくれました。

ここでは、社会復帰して働きたいと考えている人のために、ひとつの選択肢を紹介します。

個人的にはニートやフリーター気質の人には、ITエンジニアが向いていると思っています。知的好奇心が強く、物事を慎重に考える人に相性が良い職業だからです。1度職歴さえ作れば、再就職が苦にならないのもメリットですね。

ニート・フリーターから正社員 SEを目指す人向け
  1. ニート・フリーターから、正社員SEへ転身した人たちの体験談
  2. ニート・フリーターから、IT企業を目指す注意点は?
  3. ニート・フリーターが、正社員を目指すメリットは?
  4. ニート・フリーターから、正社員で就職する方法

▼▼転職支援(無料、全額保証)があるプログラミングスクール3社▼▼

  1. 20代、関東在住なら無料で利用できるProEngineer
  2. 20代、オンラインで自宅や職場から自由に受講できるCodeCamp
  3. 30代でも、転職保証が受けられるTECH::EXPERT

プロエンジニア 』は、入校料、授業料、転職支援が全て無料で利用できる唯一のプログラミングスクール です。受講中に就職を辞退しても罰則や罰金はありません。

コードキャンプ 』は、就職先が決まらないと、20万円の授業料が返金されないことに注意してください。テックエキスパート』は、30代でも唯一転職保証が受けられるスクールです。しかし、就職先が決まると授業料は返金されません。

無料スクールは、2019年にはもうない可能性もあります企業が人材不足を解消する、景気が変わり未経験者の需要がなくなると廃止されるからです。

未経験者の需要が高い今のうちに利用しましょう。

参考:未経験者が無料で受講できるプログラミングスクール まとめ

Contents

体験談:ニート・フリーターから正社員SEへ

社会人経験がないニートやフリーターでも、本当に正社員に就職できるのか疑問に思っている人は多いですよね。ここでは、無職やアルバイトからITエンジニアの就職に成功した人たちの体験談を紹介します。

Aさん:26歳、販売アルバイトからネットワークエンジニアへ

─Tさんは大学卒業後、観賞魚の専門店でアルバイトされていたんですよね?

はい、販売員として2年ぐらい働いていました。趣味を仕事にしたような感じで、楽しかったです。

─週何日ぐらい勤務されていたんですか?

週6日、朝から夜10時過ぎまで勤務していました。店のオープンは正午でしたが、午前中に問屋から発泡スチロールの箱に入った魚や珊瑚が入荷するので、それに対応したり、閉店後には発注や水槽の掃除などをしていました。給料は交通費込みで手取り17万円だったので、結構きつかったです。

週1の休みで朝から晩まで働き続けていたので、体を壊しました。それでアルバイトを辞め、しばらく家で療養するうちに、「今度は正社員として安定して長く働ける仕事に就きたい」と思うようになりました。

─就職活動を振り返ってみて、いかがですか?

やっぱり、精神的にきついと感じることはありました。担当者が面接でにこやかに話しかけてくれていても、サクッと落とされたりするじゃないですか。それほど志望度が高くない企業でも、心に来ました(笑)。

─就職が決まったのは、ITエンジニアのお仕事なんですよね?それを選んだ理由を教えてください。

今回、就活アドバイザーの方に相談したら、金融とかアパレルとか、いろんな業界で浮き沈みがあるよね、という話になりました。でもITエンジニアは技術者で手に職があるし、中でも僕が入社後に担当する予定のネットワークの分野は、世界中のあらゆる業界で用いられています。だから実力さえつけば、どの業界の企業でも渡り歩いていけるんじゃないかと思いました。それって安心ですよね。

─新しい職場が楽しみですね。

はい。だけど正直まだ実感が沸かない部分もあるし、未経験で業界に飛び込むので、やっぱりちょっと怖いです。学ぶべきことがたくさんあるはずなので、入社までに少しでも先に進めておきたくて、今は家でITやプログラミングについて勉強しています。だけど、テキストを読んでいるだけじゃ分からないことも多くて、頑張らなきゃいけないですね。

参考:https://hataractive.jp/talk/8/

Bさん:大学中退から製造系エンジニアの正社員に

─ハタラクティブに登録されたんですよね。ご利用のきっかけを伺えますか?

ネットで第二新卒向けの就職エージェントを探していて、ハタラクティブを見つけました。ホームページを見ると、就職実績のページに利用者が就職を決めた職種のうち2割をエンジニアが占めているというデータが載っていたので、使ってみることにしました。

─これから就職活動をされる方に、ひと言お願いします。

新卒で就職活動に失敗すると、自信がなくなりますよね。僕ももう一度就活を始めようとして、「どうせまた落ちるだろう」と感じて、行動を起こせずにいたことがあります。

でも、ハタラクティブに登録してみたら、色々な企業を紹介してくれたし、面接もバンバン入れてくれたので、1ヶ月弱で就職先を決められましたもし自分ひとりで活動していたら、もっと長引いていたでしょう。だからそんな僕個人の経験から言えるのは、まずハタラクティブでも他のエージェントでもいいので、登録してみたほうがいいということです。

参考:https://hataractive.jp/talk/9/

Cさん:カメラマンから未経験でエンジニアへ

転職前:28歳女性、カメラマンから未経験で生産管理系のエンジニアへ

3年ほどカメラマンで働いていましたが、月の収入は10万円前後とかなり不安定でした。このままでは現実的に将来の生活が成り立たないと思い、IT企業への就職を考えます。

しかしながら、正社員で働いていない期間が長かったので、採用されるのは難しいのではないかと思っていました。その時に、知人に20代のフリーター専門の紹介会社を教えてえてもらい、3ヶ月で内定を得られました。就職先の企業は、生産管理系のシステムを開発するIT企業です。

参考:【転職成功例】カメラマンから未経験でITエンジニアへ

ここで紹介した体験談は、「ハタラクティブ」という転職エージェントの体験談です。

通常の転職エージェントは、「大卒、社会人経験あり」を対象としていますが、ハタラクティブはニート・フリーターを専門に扱うちょっと変わったエージェントです。

ハタラクティブ は、このような特徴があります。

  1. 職歴(社会人経験なし)や学歴(中卒や高卒)に自信が持てない人が利用できる
  2. 職務経歴者や面接対策など丁寧なサポートで、書類選考通過率は91.4%
  3. 未経験者でも高い内定獲得率80.4%で、正社員採用される

ただし、ハタラクティブが紹介してくれる求人の質は、低いのが正直な感想です。利用する際には、十分に注意が必要です。詳しく知りたい人は、こちらの記事を参考にしてください。

評価:【ハタラクティブ】悪い評価|フリーターでも利用できるが質が悪い

ニート・フリーターからIT企業を目指す注意点は?

IT業界は、現在深刻な人材不足なので、社会人経験がない人でも就職できます。

しかし、幾つか注意点もあります。

その1:やっぱりブラックに入社する確率が高い?

社会人経験がない人が就職すると、ブラックに入社する可能性は低くはないのが現実です。

IT業界は専門職なので、経験がある人材ほど労働条件が良い企業に入社します。業界未経験者、社会人経験がない人が、労働条件が悪い会社に入社する確率は高いです。

実際に、先ほど紹介した「ハタラクティブ」で紹介される案件も、求人の質は全体的に低いと感じます。

ただ、業界未経験者が100%ブラックに入社すると決まったわけではないですよね。私たちは、努力次第でブラックを避けることができます。

参考:IT業界のブラック企業とホワイト企業の見分け方

その2:毎日決まった時間に出社できる?

不規則な生活をしていたニートやフリーターにとって、毎朝決まった時間に起床するのは辛いですよね。

私も、会社で働き始める最初の数ヶ月は、身体が慣れないので大変でした。これは、就職活動を始めるタイミングで、徐々に改善するしかありません。

朝型に戻すコツは、朝日を浴びること、決まった時間に食事をとること、決まった時間に寝ることの3つです。

その3:客先に出向することもある?

長い期間ニート生活を送っていると、うまく人と会話ができなくなります。

ITエンジニアは、パソコンと向き合う仕事なのでニートに向いている」と発言するブログは多いです。しかし、実際には客先に出向して働くSEも多く、知らない人と会話する機会がありますね。しかも、相手はクライアントなので、余計に気を使います。

転職エージェントの担当者と、会話する量を増やすことで慣れるしかありません。

人と会話したくないなら、技術の勉強をしてスペシャリストの道に進むことをお勧めします

その4:1年目の給料はどれくらい?

社会人経験がない人が、エンジニアに就職するといくら貰えるのでしょうか。

未経験でこの業界に入社すると、都内であれば月給22万円前後が相場になります。これに、住居手当や残業代の有無、年間の賞与によって年収が変わりますね。初年度は年収300〜350万円が目安です。

ただ、社会人経験がない人が就職すると、条件はもっと下がります。面接の際に足元を見られるので、月の手取りは20万円以下、残業代が出ない企業で働く可能性もあります。

給与は期待するよりも貰えない、少なければ経験を積んで転職するつもりでいた方が精神的に楽だと思います。

正社員SEを目指すメリットは?

ここでは、ニート・フリーターから、正社員SEを目指すメリットについて紹介します。

その1:毎月固定給が銀行口座に支払われる

私は最長で1年間の無職生活を過ごしたことがあります。

正社員で再び働き始めた時に、嬉しかった事は毎月固定の給料が得られることですね。たとえ、月に20万円でもこれほど嬉しいことはありません。また、会社によっては賞与も支給されますね。勤続年数が増えるに連れてボーナスも増え、1回で20〜50万円貰えるようになります

1週間の長期連休の時には、心から温かい気持ちで休みの日を迎えられます。

その2:社会的信用がある

普段意識することはないですが、正社員でいると社会的信用が得られます。

無職中に精神的に辛かったのは、賃貸を借りるとき、新しいカードを契約するときに断られることです。まるで自分の存在が社会から否定されたように落ち込みますね。

無職で働いていないと、外出ですら億劫になります。

その3:職歴があるといつでも転職できる

正社員の職歴が1度でもあると、就職するときに有利です。

20代で1度も正社員として働いたことがないと、30代で社会復帰が難しくなりますね。少なくとも、IT業界で雇ってくれることはありません。

1度でも良いので、正社員を経験してみましょう。

その4:年功序列や経験年数が重要視されない

職歴や学歴がない人にとって、最も働きやすいのはIT業界だと思っています。

なぜならば、年功序列や経験年数に関係なく、実力がある人が評価される文化があるからです。もちろん、古い体質の会社に行くと年功序列はありますが、それでも他の職種と比較してないのは事実ですよね。

飲食店やサービス業、介護などでは、先に入社した人の方が地位が高いです。

その5:1人で作業する時間が多い

他職種と比較すると、ITエンジニアは1人で作業する時間が多いです。

もちろん、常駐先に出向することもありますが、それでもパソコンと向き合う時間が多いですよね。人と話すのが苦手という人は、ゼネラリストではなくスペシャリストの道に進みましょう。

ゼネラリストは管理者を目指しますが、スペシャリストは技術志向が強い人たちですね。

▼▼転職支援(無料、全額保証)があるプログラミングスクール3社▼▼

  1. 20代、関東在住なら無料で利用できるProEngineer
  2. 20代、オンラインで自宅や職場から自由に受講できるCodeCamp
  3. 30代でも、転職保証が受けられるTECH::EXPERT

プロエンジニア 』は、入校料、授業料、転職支援が全て無料で利用できる唯一のプログラミングスクール です。受講中に就職を辞退しても罰則や罰金はありません。

コードキャンプ 』は、就職先が決まらないと、20万円の授業料が返金されないことに注意してください。テックエキスパート』は、30代でも唯一転職保証が受けられるスクールです。しかし、就職先が決まると授業料は返金されません。

無料スクールは、2019年にはもうない可能性もあります企業が人材不足を解消する、景気が変わり未経験者の需要がなくなると廃止されるからです。

未経験者の需要が高い今のうちに利用しましょう。

参考:未経験者が無料で受講できるプログラミングスクール まとめ

正社員SEを目指すための方法とは?

ニートやフリーターが転職を成功させるための方法は2つあります。

ひとつは、未経験に強い転職エージェントを利用すること。体験談で紹介した「ハタラクティブ」が該当しますね。

もうひとつは、プログラミングスクール経由で就職する方法です。「スクールに通学するためのお金なんてない」と言われそうですが、大丈夫ですよ。IT企業への就職が前提であれば無料で利用できます。もしくは、転職を保証してくれるので、就職できなければ全額返金してくれます。

ここでは、フリーターやニートでも利用できる転職エージェント2社と、それから転職支援があるプログラミングスクール2校を紹介します。

正社員SEを目指せる転職エージェント

その1:コミットメント力がある「ワークポート」

公開求人数
  1. 公開求人数:15820件
  2. 非公開求人数:非公開
  3. 未経験可:1038件
  4. 海外求人数:21件
デメリット
  1. 営業がしつこく利己的(事務的)な対応をされる
  2. 質よりも量を重視するため、1度にたくさん案件を紹介される
  3. 的外れな提案をされる、キャリア向けの転職には向いていない
特徴・対象者
  1. 未経験者、かつ短期間(2ヶ月)で転職したい人向け
  2. 20〜30代の利用者が多く、30歳以上の利用者は58%を占める
  3. 利己的だが対応が早く、結果にコミットしてくれる
  4. IT系の求人が豊富で、リクナビにない企業も多数扱う
  5. 余計な駆け引きがなく、スムーズに内定を獲得できる
事業所
  1. 東京(大崎):東京都品川区大崎1-2-2
  2. 東京(五反田):東京都品川区東五反田1-21-9
  3. 仙台:宮城県仙台市宮城野区榴岡4-5-22
  4. 埼玉:埼玉県さいたま市大宮区大門町3-82
  5. 横浜:神奈川県横浜市西区北幸1-11-11
  6. 名古屋:愛知県名古屋市中区丸の内3-17-13
  7. 兵庫:兵庫県神戸市中央区京町69
  8. 大阪:大阪府大阪市中央区平野町2-3-7
  9. 福岡:福岡県福岡市中央区天神1丁目3−38
転職成功例 保育士からITへ」、「保守運用から社内開発へ
公式サイト 未経験からの転職ならWORKPORT

ワークポートは、未経験者に強みがあり、SIer系よりもWeb系の転職を得意としています。

リクナビが主催する転職決定人数部門で1位を獲得するなど、営業力が高くコミットメントに重視しています。最短で1ヶ月で内定を獲得できる人がいるほど、実行力やスピードに自信があります。

多少強引な担当者(押しが強い)もいますが、結果にコミットしてくれます。

参考:【ワークポート】悪い評価|最短1ヶ月で転職できるがクレームは多い

その2:20代のニート・フリーター向け「ハタラクティブ」

公開求人数
  1. 公開求人数:3,000件以上
  2. 非公開求人数:非公開
  3. 未経験可:非公開
  4. 海外求人数:非公開
デメリット
  1. 社会人経験がない20代向けなので、求人の質は悪い
  2. 高望みしなければ、必ず就職先を見つけられる
  3. 紹介してくれる求人を公開していない
  4. 関東圏と大阪しか求人がない
特徴・対象者
  1. 20代、フリーターから正社員へ就職したい人向け
  2. 厚生労働省から「若者キャリア応援制度」を認可される
  3. 応募者の経歴を一切問わず、キャリアに自信が持てない人の強い味方
  4. 社会人経験がない人は利用者の40%
  5. 大卒以下の最終学歴は50%
  6. 内定獲得率は80%、最短2週間で内定が獲得できる
  7. 誰に対しても、書類添削や面接対応のサポートが丁寧
事業所
  1. 渋谷:東京都渋谷区渋谷3丁目6-3
  2. 立川:東京都立川市曙町2-37-7
  3. 池袋:東京都豊島区南池袋1丁目19-4
  4. 秋葉原:東京都千代田区神田佐久間町1-25
  5. 船橋:千葉県船橋市本町2-1-34
  6. 大阪:大阪府大阪市北区堂島1-5-30
転職成功例 カメラマンからエンジニアへ
公式サイト フリーターの就職なら!【ハタラクティブ】

「ハタラクティブ」は、ニートやフリーター向けの転職エージェントですね。

他の転職サイトにない最大の特徴は、社会人経験がない人が多数利用しているにも関わらず、書類審査通過率91.4%、内定獲得率80.4%と異常に高い転職成功率です。

ただし、利用者の経歴を問わない代わりに、求人の質が低いのが大きな難点です。

職歴がない人でも、ほぼ100%に近い確率でIT企業に正社員で採用されます。

参考:【ハタラクティブ】悪い評価|フリーターでも利用できるが質が悪い

プログラミングスクールの転職支援を利用する

深刻な人材不足の影響が大きく、社会人経験がない人でも、採用してくれるのが今のIT業界です。

しかし、社会人経験がない人は、ブラックに入社する確率が高いです。このリスクを避けるためにも、プログラミングスキルを習得してから就職することをお勧めします。

スクールを利用することで、次のメリットがあるからです。

  1. 実践的なスキルを習得でき、2〜3ヶ月でオリジナルアプリを製作できる
  2. オリジナルアプリやWEBサイトのURLを履歴書に貼り、優良企業にアピールできる
  3. 転職支援が付き、無料で利用できるプログラミングスクールがある
  4. 日中から通うことができ、他の通学制と共同でシステム開発が体験できる

スクールに通学するのは、学生時代に戻ったようで純粋に楽しいですよ。

その1:完全無料で利用できる「プロエンジニア」

人気コース Javaプログラミング研修(実践型60日)
受講後のスキル Javaを用いて簡単なWEBサイトをひとりで制作できるレベル。製作したアプリを武器をIT企業へアピールできる。
学べる技術
  1. デザインの装飾(HTML/CSS)
  2. 動的なサイト制作技術(JavaScriptjQuery)
  3. WEBサイトの制作(PHP/MySQL)
  4. 仕様書、設計書の読み方、テスト項目の作り方

60日間のレッスン後に就職活動を開始する

授業形式
  1. 学習方法はテキスト形式よりもプログラミング作業が中心
  2. 5人前後でチームを組み、ECサイトやアプリを開発する
  3. オンライン教材(動画、資料)で予習、復習ができる
利用対象者
  1. Javaスキルを習得しWebエンジニアになりたい人
  2. プログラミングを無料で習得したい20代
  3. 数千社以上の提携先から、確実にIT企業に就職したい人
  4. 半蔵門(千代田区)に通学できる関東圏在住の人
  5. 通学制、チームでシステム開発をしたい人
費用
  1. 平日5日間コース、無料
  2. 週3夜(月水金)コース、無料
  3. 個別研修コース、無料
デメリット
  1. 対象者は関東在住の30歳未満のみ
  2. オンラインは未対応、半蔵門に毎日通学する必要がある
  3. 社会人は、夜間か個別研修を選択するしかない
メリット
  1. 入学金、授業料、転職支援、全サービスが無料
  2. 途中で挫折、離脱しても罰金などペナルティはない
  3. 卒業後の就職先の企業は3500社以上
  4. 正社員就業率は96%以上
  5. 希望者はソーシャルを開発する企業へ有給インターンが体験できる
  6. 通学制のためチーム(1期の人数は30人前後)で開発ができる
無料コース 20代は無料で受講できる
受講場所
  1. 半蔵門研修センター:東京都千代田区三番町1-1
  2. 池尻 研修センター:東京都世田谷区三宿1-8-19
  3. 霞が関本社:東京都千代田区霞が関3-6-15
無料体験面談 無料で体験レッスンに参加できる

公式サイト:【完全無料プログラミング研修&就活塾】

プロエンジニア(ProEngineer)は、20代、第二新卒、フリーターが無料で利用できるプログラミングスクールです。

他のスクールにない最大の特徴は、卒業後の就職先の企業が3500社以上受講生の96%が正社員で採用されることです。このサービスを無料で利用できるのは、複数の企業からの協賛金でスクールが成り立っているからです。

また、レッスン受講後に就職しなくても罰則やペナルティは一切ないので、とりあえず勉強してみたい人にもお勧めできます。

評価:【プロエンジニア】悪い評判|20代限定、就職先の求人は3500社以上

その2:完全オンラインでPHPを学べる「コードキャンプ」

人気コース Webマスターコース
受講後のスキル PHPを用いて簡単なWEBサイトをひとりで制作できるレベル。製作したアプリを武器をIT企業へアピールできる。
学べる技術
  1. デザインの装飾(HTML/CSS)
  2. 動的なサイト制作技術(JavaScriptjQuery)
  3. WEBサイト制作(PHP/MySQL)
  4. アマゾンや楽天のようなオリジナルのECサイトの制作
授業形式
  1. 現役エンジニアの個人レッスンが受けられる
  2. 個人レッスン以外は自己学習(教科書、課題)で進める
  3. カリキュラムごとに課題を提出する
  4. ソースコードの添削はいつでも可能
利用対象者
  1. WEBエンジニアを目指したい人
  2. 完全オンライン制のため社会人、学生、地方在住者
  3. 現役講師からマンツーマンレッスンを受けたい人
  4. プログラミングを無料で習得したい20代
費用
  1. 2ヶ月:148,000円
  2. 4ヶ月:248,000円
  3. 6ヶ月:298,000円
デメリット
  1. 講師はレッスン毎に予約、同じ講師を指名できない
  2. カリキュラム重視で基礎的なスキルが中心
  3. スケジュール管理、自制心がないと難しい(延長料金が発生
  4. 無料スクールの対象は20代のみ
メリット
  1. 短期間(2〜4ヶ月)でWebエンジニアに転向できる
  2. 完全オンライン制なので、仕事が忙しい社会人地方在住者も利用できる
  3. 現役講師からマンツーマンのプライベートレッスンが受けられる
  4. IT企業に就職を決めると、レッスンが全額無料になる
無料コース 「エンジニア転向コース」:2ヶ月のレッスン後にIT企業に就職を決めると、授業料の20万円が全額返金される。ただし、応募資格は20代のみ(月額6,600円から利用できる)。
受講場所 オンライン対応のため自宅から可能(全国、海外対応)
無料体験 今なら無料で40分の体験レッスンが受講できる

公式サイト:現役エンジニアのオンライン家庭教師【CodeCamp】

コードキャンプ は、完全オンラインのプログラミングスクールです。

利用者が2万人を超える業界最大手のプログラミングスクールです。地方在住者や海外に住む人も利用できますね。「プロエンジニア」と同様に、20代限定の転職支援コースがあり、IT企業に就職すると無料になります。

オンラインなので、他の受講生と合同でシステム開発できないのが残念ですね。

参考:【コードキャンプ】デメリットや評価|費用、無料転職支援の条件

▼▼プログラミング未経験でもSEになれる▼▼

IT業界は未経験でも入社できる、専門職の中では珍しい職種ですただし、未経験者はブラックに入社する確率が高いのは事実なので、慎重に行動する必要がありますね。

ブラックを避けて普通のIT企業に入社したことで、私は次のメリットがありました。

SEに就職する利点
  1. 経験年数に合わせて、給料が右肩上がりに増える(4年で300→520万円
  2. 納期がない月は、毎日定時に帰宅できる(月の残業は20時間
  3. 転職市場で、高く評価されるスキルを習得できた(+50〜100万円で掲示
  4. 社内開発できる企業に就職し海外勤務」と「海外出張」を経験できる
  5. 本業の他に、ネットビジネスを利用して副収入を得られる(月に10万円以上

まとめ:ニート・フリーターでも正社員SEになれる

正社員SEを目指すメリット
  1. 毎月固定給が銀行口座に支払われる
  2. 社会的信用が得られる
  3. 職歴があるといつでも転職できる
  4. 年功序列や経験年数が重要視されない
  5. 1人で作業する時間が多い

無職を1度でも経験したことがある人ならわかりますが、正社員が毎月支払われる給与は本当に有難い事です。家賃や生活費で大半が消えてしまいますが、それでも自分の力で生活ができる事に意味があり、精神的にも心が安定しますね。

私は無職期間中に夜も眠れなくなり、体調を崩したことが何度もあります。

現在は深刻な人材不足もあり、社会人経験がない人でも採用してくれます

しかし、不景気や移民の受け入れで人材不足が解消されると、フリーターからエンジニアの転向はできなくなります。その前に、無料で利用できるプログラミングスクールも無くなりますね。

ITエンジニアに転身したい人は、1日でも早く行動することをお勧めします

参考:【フリーター・ニート向け】完全無料で利用できるスクール3校の比較

1日でも早く行動に移した方が良い理由

現在IT業界は転職有効求人倍率が「6倍」を超えるほど景気が良いですね(転職求人倍率レポート(2018年4月))。業界全体の求人倍率が2.36倍なので、他業種の3倍も求人が余っています。

そのため、書類を送付すれば、誰でも書類選考を突破できます。

しかしながら、この状況がずっと続くわけではありません。

IT企業は外国人SEを大量に採用し、日本政府は移民を受け入れる準備も進めています。また、前回の金融危機から10年が経過し、経済危機が発生する可能性もありますね(不景気のサイクルは7〜8年周期)。

アメリカのダウ平均は、2008年の金融危機直前に14,000ドルの過去最高値を付けました。一時8,000ドルまで暴落した株価は急回復を続け、現在は24,000ドルまで暴騰してます。トランプ政権の混乱や中国との緊張で、いつバブルが弾けてもおかしなくないと言われていますね。

再び、2009年のような深刻な不況に陥ると、有効求人倍率は1倍以下まで落ち込みます。落ちるときは、徐々に落ち込むのではなく2〜3ヶ月の間で急激に落ちますね。

そうなると、IT企業に就職したくてもできなくなります

  1. 教育コストが掛かる人材の採用をストップ、未経験者はIT企業に入社できない
  2. 有効求人倍率が1倍を切り、経験者も内定を獲得するための競争が激しくなる
  3. 人件費が安い外国人を大量に採用し、海外でシステムを開発する
  4. 日本人SEは、国内で開発経験が積みたくても積めない
  5. スキルが低い人材は、転職エージェントから支援を断られる
  6. プログラミングスクールの無料サービスが終了する

今は景気がいいからいつでも転職できると楽観的に考えるのではなく、1日も早くエンジニアになり専門スキルを身に付けましょう。スキルがある人材は、不況に強いのでリストラされる心配はないです。

2018年度(2019年3月末まで)中に、内定を獲得できるように計画しましょう。今の時期は、春入社に合わせて動く人が多いので、早めに行動しないと応募者が増えます。

応募者が増え担当者の負担が増えると、私たちの希望や条件に合致する適切な企業を紹介するのも難しくなりますね。

IT未経験の転職活動で必要なもの

転職活動を開始するに当たって、私たちが必要な準備は何もありません。

履歴書や職務経歴書を準備するのは、キャリアコンサルタントと面談し転職の意思を固めた後の話です。コンサルタントと面談することで、IT業界の中で目指す職種や方向性も決まります(最初から方向性がはっきりしている人はいません)。

その段階で書類を準備した方が修正する手間が省けますね。

はじめて経歴書を作成した時は、何を書けば良いのかわからず何度も消しては書き直していました。キャリアエージェントに相談すると、経歴書の書き方から添削まで優しく的確にアドバイスしてくれます。

採用担当者が知りたい事にポイントを抑えて書くと、少ない時間で完成度が高い経歴書を書けます。

業界未経験者向けの転職サイトはたくさんありますが、個人的には「マイナビエージェント 」が1番おすすめです。過去にマイナビを利用した事で、ブラックから脱出でき、社内開発、海外勤務、海外就職を同時に実現できたからです。

現在もマイナビに紹介してもらった企業で働き続けています。

登録に必要な項目は少ないので、通勤中にスマホからでも簡単に面談を予約できます。会員登録すると、担当者から電話があり面談の日程を調整します。

 
面談までの流れ
  1. 公式サイトから会員登録する(氏名や住所など5分程度)
  2. 会員登録完了後に担当者からメールが送られてくる
  3. 担当者とキャリア 面談を行う(面談場所は京橋や横浜など、電話でも対応可能)
  4. キャリア 面談時に、条件にマッチする案件を10〜20社程度紹介してもらう
  5. 転職活動する意思を固めた場合のみ、書類の準備を始める

まずは、自分にエンジニアの適性があるか見るためにもエージェントに相談してみましょう。電話でも対応してくれるので、会社のお昼休みからでも気軽に相談できます。

公式サイト:フリーターの就職なら!【ハタラクティブ】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です