【みんすく】デメリットや評判|1ヶ月学んだら本当に転職できる?

近年、無料で利用できるプログラミングスクール が増えています。それに伴い、転職エージェントでも、就職希望者にプログラミングを教えるサービスが増えています。

「みんスク」は、転職エージェント「ワークポート」が運営するスクールですね。

  • 「プログラミングを勉強しながら、同時に就職活動もするって本当に可能なの?」
  • 1ヶ月で就職先が決める人もいると聞いたけれど、本当なの?」
  • 「1ヶ月プログラミングを勉強して、具体的にはどんな効果があるの?」
  • 「スクールはただの集客の手段で、無理矢理ブラックに入社させられない?」

結論からいうと、「みんスク」を利用して1ヶ月で就職に成功した人はたくさんいます。

ただし、「みんスク」を利用しなくても、1ヶ月以内に就職する事は可能です運営元の「ワークポート」は、スピーディな転職に向いているので、1〜2ヶ月で内定を獲得できますね。

1ヶ月間プログラミングを勉強したら、就職活動に有利だ」と考える人は多いですが、実は大した効果は得られません。

企業から見たら、スクールで1ヶ月勉強しているという理由で、人材を採用する事はありません。どちらも同じ「業務経験がない未経験者」として扱います。そのため、1ヶ月で無理にスキルを詰め込むよりも、集中して就職活動に専念した方が良いですね。

就職に集中する事で、ブラックに入社するリスクも避けられます。

ここでは、「みんスク」を利用してエンジニアに就職する方法、それから無料で利用できるプログラミングスクール との比較を紹介します。

みんスクの利用を考えている人向け
  1. 「みんスク」の評価、利用条件、デメリットは?
  2. 3ヶ月利用できるプログラミングスクール との比較
  3. 就職保証(無料、返金)があるお勧めのスクール3校

▼▼転職支援(無料、全額保証)があるプログラミングスクール3社▼▼

  1. 20代、関東在住なら無料で利用できるProEngineer
  2. 20代、オンラインで自宅や職場から自由に受講できるCodeCamp
  3. 30代でも、転職保証が受けられるTECH::EXPERT

プロエンジニア 』は、入校料、授業料、転職支援が全て無料で利用できる唯一のプログラミングスクール です。受講中に就職を辞退しても罰則や罰金はありません。

コードキャンプ 』は、就職先が決まらないと、20万円の授業料が返金されないことに注意してください。テックエキスパート』は、30代でも唯一転職保証が受けられるスクールです。しかし、就職先が決まると授業料は返金されません。

無料スクールは、2019年にはもうない可能性もあります企業が人材不足を解消する、景気が変わり未経験者の需要がなくなると廃止されるからです。

未経験者の需要が高い今のうちに利用しましょう。

参考:未経験者が無料で受講できるプログラミングスクール まとめ

「みんスク」の評価、利用条件、デメリットは?

「みんスク」は1ヶ月で無料でプログラミングが学べるスクールです。無料で利用できる理由は、IT企業への就職活動が前提となっているからです。

サービスの詳細について見ていきましょう。

その1:「みんスク」で1ヶ月学ぶと何が身につくの?

「みんスク」では、次のサービスが受けられます。

  1. 開発エンジニア」と「インフラエンジニア」のコースを選択できる
  2. オリジナルテキストを使用し、「自己学習形式」で進める
  3. 開発言語はPHP、成果物となるサンプルアプリを2つ製作する
  4. インフラコースは、CCNAの資格を取得できる
  5. スクールに好きなタイミングで通学できる
  6. 技術的な課題を、いつでも講師に質問できる
  7. 就職活動(キャリア相談、面接対策、書類添削)のサポートが受けられる

みんスクは、ひとりでも学習を進められるタイプのスクールです。平日の10〜19時まで開講しているので、この時間帯であれば専属の講師に自由に質問できます。

途中でスクールの通学を辞めても、ペナルティや罰金は発生しません。その代わり、通学中は、半ば強制的に転職活動を進められます。

IT企業に就職する意思がない人は、スクールの対象外です。

その2:「みんスク」を利用できる条件(年齢、資格)は?

「みんスク」の対象者は次の通りです。

  • ITエンジニアとして経験がない未経験の方
  • ITエンジニアに興味がある方
  • 手に職を付けたいという方
  • 自分のキャリアを見つめ直したい方
  • 他のエンジニアスクールについていけなかった方

年齢については、具体的には明記されていません。しかし、受講生の年齢によってお断りする可能性があることを示唆しています。30歳以上の人は、過去の経歴次第では断られる可能性があります。

※技術学習と転職サポートが一貫したサービスとなっている為、
ご年齢によってご受講をお断りさせていただくことがございます。

参考:https://www.workport.co.jp/engineer_school/

その3:本当に1ヶ月で就職先が見つかるの?

「みんスク」を利用して、1ヶ月で内定を決めた人たちの声を紹介します。

Aさん:30代男性、フリーターからエンジニアへ

なんと、スクールに通い始めてからたったの2週間で決まりましたスクールで学んでいる間に担当の転職コンシェルジュの方が、色々な企業の書類選考を進めてくださっていたんです

ある日教室で勉強していたら突然呼び出されて「面接が決まりましたよ」って。面接が決まってからは面接当日までは本当に慌しくて、短期間のうちに面接対策(面接のポイント整理、模擬面接など)を4~5回はやってもらいました。更に面接当日にも、2~3回シミュレーションをしてもらって本番に挑みました。

Bさん:20代女性、美容師からエンジニアへ

仕事を続けながら通うのは正直大変でしたが、とにかく早く転職活動を終わらせたい一心で、休日を返上してがんばりました。

くじけそうになったら「今は人生最大の踏ん張りどころだ、やりきるまで絶対に休まないぞ!」と自分を奮い立たせたりして。スクールは1コマ3時間で、1日3コマまで受講が可能なんですが、最低2コマは受講するようにして、帰宅する前には必ず次回の予約を取るようにしてました

プログラミングを勉強しながら、1ヶ月で就職先が決まるのは凄いですよね。

ただし、「みんスク」を利用したから、転職できたと考えるのは少し無理があります。IT業界は人材不足なので、みんスクを利用しなくても、1ヶ月で決まったと考えるのが自然ですね。

採用する側からみれば、1ヶ月プログラミングを学んだ人も、そうではない人も同じ「業務経験がない未経験者」として扱います。

言い方は悪いですが、「みんスク」はプログラミングに興味がある人を集めるための集客の手段として利用しています。

その4:「みんスク」を利用するデメリットは?

「みんスク」はメリットしかないように見えますが、実際には次のデメリットがあります。

  1. 就職活動と勉強が同時進行で進むので、とにかく忙しい
  2. 就職先の企業も、スキル習得も、どちらも中途半端な結果で終わる
  3. スクールに通学してもしなくても、入社後の扱いや給料は変わらない

1ヶ月スクールに通学してもしなくても、就職活動の結果は変わりません。

なぜならば、企業からしたら「実務経験がない未経験者」として扱われるからです。これを言うと元も子もないですが、プログラミング経験がない人でも20代ならば、たとえフリーターでも高い確率でIT企業に就職できます。

現在は、過去にないほど深刻な人材不足に陥っているからです。

現職で働いている人は、本業の仕事が忙しい上にプログラミングを勉強し、さらに同時進行で就職活動も行います。就職活動に集中できない事で、かえってブラックに入社する確率も高くなりますね

「みんスク」を利用する前に、このようなデメリットがある事も認識しておきましょう。

3ヶ月利用できるプログラミングスクールと比較

ここでは、無料で利用できるプログラミングスクールを比較してみましょう。

「プロエンジニア」 は、第二新卒者、20代向けに完全無料で利用できるプログラミングスクール です。無料で利用できる理由は、IT企業が協賛金を出し合う事で成り立っているからです。

「みんスク」と「プロエンジニア」の比較

みんスク プロエンジニア
概要 転職エージェントのワークポートが運営するスクール。入校と同じタイミングで就職活動も始める。 就職支援があるプログラミングスクール。3ヶ月のレッスン終了後に、転職活動を始める。
コース
  1. 開発エンジニアコース(1ヶ月)
  2. インフラエンジニアコース(2週間)
  1. 平日5日間コース(2〜3ヶ月)
  2. 週3夜(月水金)コース(3〜4ヶ月)
  3. 個別研修コース
開講 平日10-19時(土日祝は休み)
  1. 平日コース:10-18時
  2. 夜間コース:19-22
習得スキル
  1. PHPの基礎知識、
  2. 簡単なサンプルアプリの製作
  1. デザインの装飾(HTML/CSS)
  2. 動的なサイト制作技術(JavaScriptjQuery)
  3. WEBサイトの制作(PHP/MySQL)
  4. 仕様書、設計書の読み方、テスト項目の作り方
受講場所
  1. 東京校(大崎)
  2. 埼玉校(大宮)
  3. 名古屋校(栄町)
  4. 大阪校(本町)
  5. 福岡校(天神)
  1. 東京(半蔵門)
  2. 東京(池尻)
  3. 東京(霞ヶ関)
就職支援
  1. ワークポートの転職支援
  2. 転職先の企業は8000社
  3. 就職しなくても、ペナルティや罰則はない
  1. プログラミングスクールの転職支援
  2. 転職先の企業は3500社
  3. 転職成功率は98%
  4. 就職しなくても、ペナルティや罰則はない
メリット
  1. スピード感があり、モチベーションを維持したまま就職できる
  2. 日中に時間が取れる人に向いている
  3. 1〜2ヶ月でIT企業に就職したい人に向いている
  1. 入学金、授業料、転職支援、全てのサービスが無料
  2. 夜間に対応しているため、社会人も無理なく利用できる
  3. 開発現場に必要な実践的なスキルしっかり習得できる
  4. スキルを習得した後に、腰を落ち着かせて就職活動に集中できる
デメリット
  1. 就職活動と勉強が同時進行で進むので、とにかく忙しい
  2. 就職先の企業も、スキル習得も、どちらも中途半端な結果で終わる
  3. スクールに通学してもしなくても、入社後の扱いや給料は変わらない
  1. 就職先が見つかるまでに、3〜4ヶ月の期間が必要
  2. スクールが東京にしかない

両社を比較すると、それぞれの特徴や向き不向きが見えてきますね。

みんスクが向いている人は?

次の人は、みんスクが向いていますね。

  1. 1〜2ヶ月で内定を獲得し、早くIT企業に就職したい人
  2. 日中に時間が取れて、プログラミングと就職活動を同時に進められる人
  3. IT企業に就職する前に、プログラミングを簡単に体験したい人

個人的な感想ですが、1ヶ月だけプログラミングを勉強するメリットは特にないように感じます。何故ならば、本業の仕事が忙しい中で、同時進行で就職活動を進めるため、受講者の負担があまりにも大きいからです。

就職活動に集中する時間が減ると、ブラックに入社するリスクも高くなります。

急いで就職する理由があるならば、「みんスク」を運営している転職エージェントを直接利用すればいいですね。「ワークポート」は、営業力に強みがあり、1ヶ月で内定を獲得できるほど、スピーディな転職に向いています。

逆に、プログラミングを習得してから転職したい人は、最低でも3ヶ月は学んだ方が良いですね。3ヶ月学ぶ事で、入社後の社内研修と同レベルのスキルを習得できるからです。

企業からみたら、教育コストの負担が減るので採用するメリットがあります。

運営元のワークポートの詳細を知りたい人は、こちらの記事を参考にしてみてださい。

評価:【ワークポート】悪い評価|最短1ヶ月で転職できるがクレームは多い

プログラミングスクール が向いている人は?

プログラミングスクール を利用すると次のメリットがあります。

  1. プログラミングスキルを習得でき、転職保証(全額返金)を受けられる
  2. 実践的なスキルを短期間で習得でき、2〜3ヶ月でオリジナルアプリを製作できる
  3. アプリやWEBサイトのURLを履歴書に貼り、優良企業にアピールできる
  4. プログラミングに適性があるか、事前に判断できる
  5. 日中から通うことができ、他の通学制と共同でシステム開発が体験できる
  6. 社会人向けに、夜間やオンラインに対応してくれるスクールもある

みんスクを利用して無理に1ヶ月に詰め込むよりも、プログラミングスクールを利用してスキルの習得や就職活動にじっくりと時間を使いましょう急いで転職する理由があるならば、直接転職エージェントの利用をお勧めします。

3ヶ月掛けてじっくり学ぶ事で、本当にプログラミングに適性があるか見分けらますね。本業の仕事を辞めずに学ぶことで、リスクを最小限に抑えられます。

また、スキル習得後に就職活動を行うので、焦らずに自分に合う企業を選択できます。就職活動に集中する事で、ブラックに入社するリスクも避けられますね

▼▼プログラミング未経験でもSEになれる▼▼

IT業界は未経験でも入社できる、専門職の中では珍しい職種ですただし、未経験者はブラックに入社する確率が高いのは事実なので、慎重に行動する必要がありますね。

ブラックを避けて普通のIT企業に入社したことで、私は次のメリットがありました。

SEに就職する利点
  1. 経験年数に合わせて、給料が右肩上がりに増える(4年で300→520万円
  2. 納期がない月は、毎日定時に帰宅できる(月の残業は20時間
  3. 転職市場で、高く評価されるスキルを習得できた(+50〜100万円で掲示
  4. 社内開発できる企業に就職し海外勤務」と「海外出張」を経験できる
  5. 本業の他に、ネットビジネスを利用して副収入を得られる(月に10万円以上

就職保証(無料、返金)があるスクール3社

ここでは次の3つのプログラミングスクールを紹介します。それぞれ特徴が大きく異なるので、自分に合うスクールを選択したいですね。

  1. 全てのサービスが無料で利用でき、罰金やペナルティなし「プロエンジニア 」
  2. 就職に成功すると、授業料の20万円が全額返金される「コードキャンプ 」
  3. 転職に失敗すると、授業料の45万円が全額返金される「テックエキスパート」

1位:20代の第二新卒、フリーター向け「プロエンジニア 」

人気コース Javaプログラミング研修(実践型60日)
受講後のスキル Javaを用いて簡単なWEBサイトをひとりで制作できるレベル。製作したアプリを武器をIT企業へアピールできる。
学べる技術
  1. デザインの装飾(HTML/CSS)
  2. 動的なサイト制作技術(JavaScriptjQuery)
  3. WEBサイトの制作(PHP/MySQL)
  4. 仕様書、設計書の読み方、テスト項目の作り方

60日間のレッスン後に就職活動を開始する

授業形式
  1. 学習方法はテキスト形式よりもプログラミング作業が中心
  2. 5人前後でチームを組み、ECサイトやアプリを開発する
  3. オンライン教材(動画、資料)で予習、復習ができる
利用対象者
  1. Javaスキルを習得しWebエンジニアになりたい人
  2. プログラミングを無料で習得したい20代
  3. 数千社以上の提携先から、確実にIT企業に就職したい人
  4. 半蔵門(千代田区)に通学できる関東圏在住の人
  5. 通学制、チームでシステム開発をしたい人
費用
  1. 平日5日間コース、無料
  2. 週3夜(月水金)コース、無料
  3. 個別研修コース、無料
デメリット
  1. 対象者は関東在住の30歳未満のみ
  2. オンラインは未対応、半蔵門に毎日通学する必要がある
  3. 社会人は、夜間か個別研修を選択するしかない
メリット
  1. 入学金、授業料、転職支援、全サービスが無料
  2. 途中で挫折、離脱しても罰金などペナルティはない
  3. 卒業後の就職先の企業は3500社以上
  4. 正社員就業率は96%以上
  5. 希望者はソーシャルを開発する企業へ有給インターンが体験できる
  6. 通学制のためチーム(1期の人数は30人前後)で開発ができる
無料コース 20代は無料で受講できる
受講場所
  1. 半蔵門研修センター:東京都千代田区三番町1-1
  2. 池尻 研修センター:東京都世田谷区三宿1-8-19
  3. 霞が関本社:東京都千代田区霞が関3-6-15
無料体験面談 無料で体験レッスンに参加できる

公式サイト:【完全無料プログラミング研修&就活塾】

プロエンジニアは、無料で利用できる上に、卒業後の就職先の企業が3500社以上、途中で就職を辞退しても罰則やペナルティはありません。

入会金、プログラミングレッスン、転職支援など全て無料で利用できる理由は、複数の企業からの協賛金で成り立っているからです。

都内在住でITエンジニアを目指したい人にお勧めのスクールです。

参考:【プロエンジニア】悪い評判|20代限定、就職先の求人は3500社以上

2位:オンラインで利用できる「コードキャンプ」

人気コース Webマスターコース
受講後のスキル PHPを用いて簡単なWEBサイトをひとりで制作できるレベル。製作したアプリを武器をIT企業へアピールできる。
学べる技術
  1. デザインの装飾(HTML/CSS)
  2. 動的なサイト制作技術(JavaScriptjQuery)
  3. WEBサイト制作(PHP/MySQL)
  4. アマゾンや楽天のようなオリジナルのECサイトの制作
授業形式
  1. 現役エンジニアの個人レッスンが受けられる
  2. 個人レッスン以外は自己学習(教科書、課題)で進める
  3. カリキュラムごとに課題を提出する
  4. ソースコードの添削はいつでも可能
利用対象者
  1. WEBエンジニアを目指したい人
  2. 完全オンライン制のため社会人、学生、地方在住者
  3. 現役講師からマンツーマンレッスンを受けたい人
  4. プログラミングを無料で習得したい20代
費用
  1. 2ヶ月:148,000円
  2. 4ヶ月:248,000円
  3. 6ヶ月:298,000円
デメリット
  1. 講師はレッスン毎に予約、同じ講師を指名できない
  2. カリキュラム重視で基礎的なスキルが中心
  3. スケジュール管理、自制心がないと難しい(延長料金が発生
  4. 無料スクールの対象は20代のみ
メリット
  1. 短期間(2〜4ヶ月)でWebエンジニアに転向できる
  2. 完全オンライン制なので、仕事が忙しい社会人地方在住者も利用できる
  3. 現役講師からマンツーマンのプライベートレッスンが受けられる
  4. IT企業に就職を決めると、レッスンが全額無料になる
無料コース 「エンジニア転向コース」:2ヶ月のレッスン後にIT企業に就職を決めると、授業料の20万円が全額返金される。ただし、応募資格は20代のみ(月額6,600円から利用できる)。
受講場所 オンライン対応のため自宅から可能(全国、海外対応)
無料体験 今なら無料で40分の体験レッスンが受講できる

公式サイト:現役エンジニアのオンライン家庭教師【CodeCamp】

コードキャンプ は、利用者が2万人を超える業界最大手のプログラミングスクールです。

他スクールにない最大の特徴は、現役エンジニアによる質の高いレッスンを受けられる上に、完全オンライン制で高い費用対効果を実現していることです。地方在住者や海外に住む人も利用できますね。

就職に失敗すると、授業料の20万円が返金されない点は注意してください。

参考:【コードキャンプ】デメリットや評価|費用、無料転職支援の条件

3位:30代でも利用できる「テックエキスパート」

人気コース 転職コース(2ヶ月半〜6ヶ月)
受講後のスキル Rubyを用いて簡単なWEBサイトをひとりで制作できるレベル。製作したアプリを武器を2ヶ月半後にITエンジニアを目指す。
学べる技術
  1. AWS(アマゾンウェブサービスとコマンドライン)
  2. フロントサイドの技術(HTML/CSS/JavaScript)
  3. サーバーサイドの技術(Ruby/Ruby on Rails)
  4. 設計、開発、インフラ構築、運用も学べる
  5. チームでシステムを開発する

トータル学習時間は500時間

授業形式
  1. 毎日教室(9:00-22:00)を利用できる
  2. オンラインで講師に技術的な質問ができる
  3. オンライン上にあるテキストや動画で学習を進める
  4. 受講生同士でチームを組みシステムを開発する
利用対象者
  1. レッスン受講後にIT企業で働ける人
  2. 渋谷校、梅田校、名古屋校に毎日通学できる人
  3. 夜間に対応しているため、社会人も利用可能
  4. 30代でも転職保証が利用できる
料金
  • 転職コース:448,000円(月額24,000〜)
  • 短期集中:2ヶ月半
  • 夜間休日:6ヶ月
  • オンライン:4ヶ月
デメリット
  1. 転職保証を受けるために、期間内に課題を完了する必要がある
  2. 転職保証は、渋谷校、梅田校、名古屋校に通学できる人のみ
  3. 入校前に選考がある為、30代は職歴を理由に落とされるかも
  4. オンラインコースを選択すると転職サポートがない
メリット
  1. 転職できなければ全額保証がある
  2. 未経験から利用しても、転職成功率は98%以上
  3. 転職保証は30代でも利用できる(30代利用者は24%
  4. 14日以内なら全額返金してくれる
無料コース 期間内に課題を完了し、IT企業に就職できなれば受講料は無料になる
受講場所
  1. 渋谷校:東京都渋谷区道玄坂2丁目23-12 フォンティスビル7F
  2. 梅田校:大阪府大阪市北区中崎西2-4-43 山本ビル梅田5階
  3. 名古屋校:愛知県名古屋市中村区則武1-9-19 協和名駅ビル6F

オンラインコースなら通学しなくて良いが、転職保証が付かない

無料カウンセリング 無料でカウンセリング(30分)が受けられます。

公式サイト:未経験のITエンジニア転職なら【TECH::EXPERT】

テックエキスパートは、転職保証が付くスクールです。

無料サービスは20代向けが多いが、テックエキスパートは唯一30代でも利用できるプログラミングスクール です。社会人向けに夜間コース、それから都内以外にも梅田校と名古屋校があります。

30代でIT業界を目指す人にお勧めのスクールです。

参考:【テックエキスパート】悪い評価|30代でも転職保証が付くスクール

▼▼転職支援(無料、全額保証)があるプログラミングスクール3社▼▼

  1. 20代、関東在住なら無料で利用できるProEngineer
  2. 20代、オンラインで自宅や職場から自由に受講できるCodeCamp
  3. 30代でも、転職保証が受けられるTECH::EXPERT

プロエンジニア 』は、入校料、授業料、転職支援が全て無料で利用できる唯一のプログラミングスクール です。受講中に就職を辞退しても罰則や罰金はありません。

コードキャンプ 』は、就職先が決まらないと、20万円の授業料が返金されないことに注意してください。テックエキスパート』は、30代でも唯一転職保証が受けられるスクールです。しかし、就職先が決まると授業料は返金されません。

無料スクールは、2019年にはもうない可能性もあります企業が人材不足を解消する、景気が変わり未経験者の需要がなくなると廃止されるからです。

未経験者の需要が高い今のうちに利用しましょう。

参考:未経験者が無料で受講できるプログラミングスクール まとめ

まとめ:【みんすく】デメリットや評判

みんスクを利用するデメリット
  1. 就職活動と勉強が同時進行で進むので、とにかく忙しい
  2. 就職先の企業も、スキル習得も、どちらも中途半端な結果で終わる
  3. スクールに通学してもしなくても、入社後の扱いや給料は変わらない

1ヶ月間無料でプログラミングが勉強でき、さらにIT企業に入社できると聞くと魅力的なサービスに見えますね。しかしながら、いくつかデメリットもあるので、しっかりと吟味した上で選択しましょう。

個人的な感想で恐縮ですが、1ヶ月に何でもかんでも詰め込む必要はないと思います。

特に仕事が忙しい会社員の人が、本業、プログラミングの勉強、就職活動と全て同時進行で進むと身体がもたないですよね。集中力が散漫になり、かえってブラックに入社する確率が高くなります。

公式サイトの体験談で利用者は、次のように語っていました。

くじけそうになったら『今は人生最大の踏ん張りどころだ、やりきるまで絶対に休まないぞ!』と自分を奮い立たせました」

私たちは、IT企業に就職する事がゴールではないですよね。冷静に考えると、無理に1ヶ月に詰め込む必要性はなく、踏ん張る必要があるのか疑問に思います。

短期間で就職する理由があるのであれば、素直に「ワークポート」を利用して就職活動に集中した方が良いです。そうでなければ、最低でも3ヶ月掛けてスキルを習得しましょう。

就職活動は人生を大きく左右する重要なイベントですね。

じっくりと時間を掛けて業界研究、企業研究、自己PR、志望動機を考えた方が、確実にブラックに入社するリスクを減らせます。

急いで就職先を決めるメリットは何もありません。

1日でも早く行動に移した方が良い理由

現在IT業界は転職有効求人倍率が「6倍」を超えるほど景気が良いですね(転職求人倍率レポート(2018年4月))。業界全体の求人倍率が2.36倍なので、他業種の3倍も求人が余っています。

そのため、書類を送付すれば、誰でも書類選考を突破できます。

しかしながら、この状況がずっと続くわけではありません。

IT企業は外国人SEを大量に採用し、日本政府は移民を受け入れる準備も進めています。また、前回の金融危機から10年が経過し、経済危機が発生する可能性もありますね(不景気のサイクルは7〜8年周期)。

アメリカのダウ平均は、2008年の金融危機直前に14,000ドルの過去最高値を付けました。一時8,000ドルまで暴落した株価は急回復を続け、現在は24,000ドルまで暴騰してます。トランプ政権の混乱や中国との緊張で、いつバブルが弾けてもおかしなくないと言われていますね。

再び、2009年のような深刻な不況に陥ると、有効求人倍率は1倍以下まで落ち込みます。落ちるときは、徐々に落ち込むのではなく2〜3ヶ月の間で急激に落ちますね。

そうなると、IT企業に就職したくてもできなくなります

  1. 教育コストが掛かる人材の採用をストップ、未経験者はIT企業に入社できない
  2. 有効求人倍率が1倍を切り、経験者も内定を獲得するための競争が激しくなる
  3. 人件費が安い外国人を大量に採用し、海外でシステムを開発する
  4. 日本人SEは、国内で開発経験が積みたくても積めない
  5. スキルが低い人材は、転職エージェントから支援を断られる
  6. プログラミングスクールの無料サービスが終了する

今は景気がいいからいつでも転職できると楽観的に考えるのではなく、1日も早くエンジニアになり専門スキルを身に付けましょう。スキルがある人材は、不況に強いのでリストラされる心配はないです。

2018年度(2019年3月末まで)中に、内定を獲得できるように計画しましょう。今の時期は、春入社に合わせて動く人が多いので、早めに行動しないと応募者が増えます。

応募者が増え担当者の負担が増えると、私たちの希望や条件に合致する適切な企業を紹介するのも難しくなりますね。

IT未経験の転職活動で必要なもの

転職活動を開始するに当たって、私たちが必要な準備は何もありません。

履歴書や職務経歴書を準備するのは、キャリアコンサルタントと面談し転職の意思を固めた後の話です。コンサルタントと面談することで、IT業界の中で目指す職種や方向性も決まります(最初から方向性がはっきりしている人はいません)。

その段階で書類を準備した方が修正する手間が省けますね。

はじめて経歴書を作成した時は、何を書けば良いのかわからず何度も消しては書き直していました。キャリアエージェントに相談すると、経歴書の書き方から添削まで優しく的確にアドバイスしてくれます。

採用担当者が知りたい事にポイントを抑えて書くと、少ない時間で完成度が高い経歴書を書けます。

業界未経験者向けの転職サイトはたくさんありますが、ワークポートは1〜2ヶ月以内に確実に就職を成功させたい人にお勧めです。

登録に必要な項目は少ないので、通勤中にスマホからでも簡単に面談を予約できます。

 
面談までの流れ
  1. 公式サイトから会員登録する(氏名や住所など5分程度)
  2. 会員登録完了後に担当者からメールが送られてくる
  3. 担当者とキャリア 面談を行う(面談場所は京橋や横浜など、電話でも対応可能)
  4. キャリア 面談時に、条件にマッチする案件を10〜20社程度紹介してもらう
  5. 転職活動する意思を固めた場合のみ、書類の準備を始める

まずは、自分にエンジニアの適性があるか見るためにもエージェントに相談してみましょう。電話でも対応してくれるので、会社のお昼休みからでも気軽に相談できます。

公式サイト:未経験からの転職ならWORKPORT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です