未経験でブラックに入社する人の特徴|避けられる人の違いは?

未経験でIT業界に入社したいと考えている人が増えています。そういう人たちに最も関心があるのは、どうしたら、ブラック企業を避けられるのかではないでしょうか?

実際にこの業界で働いていると、このような質問をされることが多いです。

  • 「未経験だと、ブラック企業に入社する確率が高いですよね?」
  • 「どうすれば、ブラック企業を避けて入社できますか?」
  • 「ブラックに入社しやすい人と、そうではない人の特徴はありますか?」

結論からいうと、未経験者は業界経験者よりも、ブラックに入社する確率は高いです。IT業界は専門職なので、知識やスキルがある人材の方が有利だからです。

ただし、ブラックのリスクを完全にゼロにはできないが、確率を低く抑えることはできますね。

私は過去に2社ブラックを経験し、その後普通のIT企業に転職できましたが、ブラックに入社しやすい人と、ブラックを避けられる人で特徴があることがわかりました。

ここでは、ブラックに入社しやすい人の特徴について紹介ます。

ブラックを避けたい人向け
  1. 未経験で、ブラック企業に入社しやすい人の特徴とは?
  2. 未経験でも、ブラック企業を避けられる人の特徴とは?

▼▼IT未経験者の転職に強い大手3社▼▼

  1. 全国に拠点があり20〜30代が利用するリクルートエージェント
  2. 第二新卒者、20代に強いマイナビエージェント×IT
  3. 2ヶ月以内に転職したい人向けワークポート

個人的に1番のお勧めは、マイナビです。過去に利用してブラックから優良企業に転職できたからです。転職後は「海外勤務」や「海外出張」も経験でき、4年で年収は300→520万円まで増えました(マイナビの評価はこちら)。

ワークポートは、営業力に強みを持ち最短1ヶ月で転職する人もいます。ただし、扱う求人の質が大手2社より落ちるのが難点です(ワークポートの評価はこちら)。

参考:SE専門の転職サイト・エージェント3選比較|目的別の選び方

ブラック企業に入社しやすい人の特徴

ここでは、ブラックに入社しやすい人の特徴を紹介します。

入社しやすい特徴を知ることで、ブラック企業の対策を取ることができますね。

特徴1:簡単に内定を得られそうな企業に応募する

業界未経験者は、自分に自信が持てずに、受かりやすい企業に応募する人が多いです。

誰でも入社できる企業は、ブラックである可能性が高いですよね。

早く1社から内定を貰って安心したい、という気持ちはわかりますが、自分を安売りするのは避けた方がいいですね。内定を得られそうな企業ばかり応募していると、ブラックに入社する確率が高くなります。

特徴2:業界研究や企業研究が足りていない

IT業界のことをよく知らずに、転職活動する人もブラックに入社します。

IT業界でブラックを避けるのは意外と難しくありません。なぜならば、客先常駐している企業の多くがブラックなので、ある程度調べれば簡単に見分けられるからです。

業界研究が足りていない人は、客先常駐の仕組みすら知らずにこの業界に入社します。私が、1社目にブラックに入社した理由がまさに無知からですが、周りの同僚も同じでした。

特徴3:自己PRや志望動機を重要視しない

ブラック企業に入社する人は、自己PRや志望動機を適当に考えている人が多いです。

専門職は本来であれば過去の経歴が評価されます。業務経歴がない未経験者の判断基準になるものは、私たちの性格や適性、それから志望動機以外にないですね。

にも関わらず、ただ書類の空白を埋めるために、記載している人は多いですよね。

本業の仕事が忙しく、転職活動の時間を十分に確保できない気持ちはわかります。しかし、適当な自己PRや志望動機で内定を得られるのは、ブラックしかありません。

参考:【例文あり】SE未経験の自己PRの書き方|採用担当者が教える

特徴4:安定を求めてエンジニアを志望する

手に職をつけられるから、という理由でエンジニアを志望する人は多いです。

しかし、IT業界で安定志向が強い人は好まれません。変化が激しいIT業界では、日々新しい情報や技術がアップデートされます。新しいことに挑戦できる人材を採用しないと、企業は厳しい世界で生き残れないからです。

IT業界を目指す動機で安定は良いですが、採用担当者にアピールする理由ではありません。

特徴5:目的意識がないまま転職活動する

IT業界の中で職種が定まらず、目的意識が曖昧な人もブラックに入社します。

自分の軸がはっきりしている人と比較して、目標がはっきりしていない人は、精神論や抽象論に心が動かされやすいですよね。事業内容を説明されるよりも、「私たちは人間力を育てている」「一生懸命頑張った先に、輝く未来が待っている」という言葉に弱いです。

軸がない人材は、自分たちの事業を持たず労働力を提供するだけで報酬を得ているブラックから見ると、都合の良い人材です。

ブラック企業を避けるためにも、まずはIT業界で何を実現したいのか考える必要があります。

特徴6:資格が重要だと思っている

業界経験がないからと、資格を取ろうと考える人も多いですよね。

しかし、業界経験がない中で資格取得に走ると、かえってブラックに入社する可能性が高くなります。なぜならば、ブラック企業ほど、資格を好む傾向があるからです。

ブラック企業で資格が好まれる理由は、次の4つがあります。

  1. 資格取得を勧める企業は、社員を社外に出向させるだけのブラックが多いから
  2. 未経験者を外部に売り込むために、資格があると有利だから
  3. ブラックの役員や上司は営業職が多く、資格に価値がないことを知らないから
  4. 社内を評価する仕組みがないので、資格で優劣を付けるしかない

参考:未経験からSEになるために資格は必要?|時間と労力の無駄だった

資格取得のために貴重な時間を使うよりも、業界研究や自己分析に時間を使った方が良いですね。

特徴7:職業訓練校を利用する

無料でプログラミングが勉強できるからという理由で、職業訓練校を利用する人がいます。

しかしながら、職業訓練校経由でエンジニアを目指しても、ブラックに入社する可能性は高いです。

質問:職業訓練校か民間のプログラミングスクール でJavaを習得するか迷っています。

回答:短期間ですが、職業訓練校で臨時の講師をしていた事があります。webプログラミング制作で、一クラス30名で就職できたのは3名でした1人は元イラストレーターでデザインセンスが抜群の女性です。残り2名は、電機大学出身の20代男性です。でも、いずれも数10人の吹けば飛ぶような零細企業で、給料は手取り15万円程度だそうです。残り27名は就職には全く結びつきませんでしたけれど、それでも良いですか?

参考:職業訓練校からSEに就職できない理由|月10万の訓練給付金の条件

職業訓練校を利用すると、ハローワーク経由で企業に就職します。ハローワークは、企業が採用コストを掛けずに人材を採用できるため、資金力がない零細やブラック企業が数多く利用します。

プログラミングスキルを習得したい人は、無料で利用できる民間のスクールがお勧めです。転職のプロが就職支援までしてくれます。

参考:IT未経験者が無料で受講できるプログラミングスクール まとめ

▼▼未経験でもブラックを避ける方法▼▼

業界未経験だから、ブラックに入社するのは仕方がないと諦めている人も多いですよね。

確かに入社する可能性が高いのは事実ですが、それでも避ける努力は絶対に必要です。なぜならば、ブラックに入社したら、8年間で年収が190万円も違うからです

私の元同僚は新卒で入社した会社で8年間働き続け、30歳で年収は330万円です。私はブラックを脱出し、転職から4年後に520万円まで増やす事に成功しました。私が優秀だからではなく、専門職は働く環境が収入に与える影響が大きいからです(転職に失敗した元同期の話)。

ブラックを避けるのは難しい事ではありません。正しい見分け方を知っているかだけの違いです。

参考:IT業界のブラック企業とホワイト企業の特徴と見分け方は?

未経験でも優良企業に入社しやすい人の特徴は?

引き寄せられるようにブラック企業に入社しやすい人がいる一方で、未経験にも関わらず優良企業に入社しやすい人もいます。

では、優良企業に入社できる人は、どのような特徴があるのでしょうか。

特徴1:自己PRや志望動機の完成度が高い

優良企業に入社しやすい人は、自己PRや志望動機で差が出ます。

完成度が低い自己PRとは、自分が伝えたいことをそのまま相手に伝えることです。反対に完成度が高い自己PRとは、相手が何を知りたいのかを深く考察し、過去の体験から正しい答えを導き出す作業です。

また、完成度が高い志望動機とは、IT業界を目指す動機が明確で、その企業に入社したら自分が何を提供できるのか相手に伝えられるものですね。

自己PRや志望動機の書き方を知りたい人は、こちらの記事を参考にしてください。

  1. 【例文あり】SE未経験の自己PRの書き方
  2. 【例文あり】SE未経験の志望動機の書き方

特徴2:企業が求めていることを理解できる

相手が求めている答えを察知する能力が高い人は、優良企業からも内定を得られます。なぜならば、これはビジネスで結果を出すために必須のスキルだからですね。

よくある例ですが、応募者はプログラミングスキルが重要だと考えている人が多いです。しかしながら、プログラミングスキルはIT企業で働く上で、ひとつのツールでしかありません。

IT企業が未経験者に求めている人材は、マネジメントスキルがある人、クライアントと交渉できる人、品質管理を任せられる人、スケジュールを管理できる人、ドキュメント作業が得意な人、など様々なスキルを必要としています。

面接の場で自分の話ばかりしている人は、相手が何を求めているのか聞くこともできないですね。

特徴3:やりたいことを軸に企業を選ぶ

IT業界で実現したい目標がある人は、自然とブラック企業を避けられます。

例えば、Web系でエンドユーザー向けのサービスを製作したい、海外に事業展開している企業でグローバルに活躍したい、生産管理系のシステムを開発する企業でサプライチェーンを学びたいなど。

入社後にやりたいことが実現できるか、という基準で企業を見るので、事業の中身に着目するからです。優良企業の採用担当者から見ても、応募者のやりたいことと事業が一致していれば採用したいですよね。

反対に目標が明確ではない人材は、なんとなくで会社を眺めます。その結果、その場の雰囲気や社員の人柄に着目し、具体的な理由がないままブラックに入社しますね。ブラック企業は事業の実態がないため、雰囲気作りに力を入れています。

なんとなく、「この会社の社員たちは皆仲が良く、楽しそうに仕事しているな」と思うと大概はブラックです。

▼▼プログラミング未経験でもSEになれる▼▼

IT業界は未経験でも入社できる、専門職の中では珍しい職種ですただし、未経験者はブラックに入社する確率が高いのは事実なので、慎重に行動する必要がありますね。

ブラックを避けて普通のIT企業に入社したことで、私は次のメリットがありました。

SEに就職する利点
  1. 経験年数に合わせて、給料が右肩上がりに増える(4年で300→520万円
  2. 納期がない月は、毎日定時に帰宅できる(月の残業は20時間
  3. 転職市場で、高く評価されるスキルを習得できた(+50〜100万円で掲示
  4. 社内開発できる企業に就職し海外勤務」と「海外出張」を経験できる
  5. 本業の他に、ネットビジネスを利用して副収入を得られる(月に10万円以上

まとめ:ブラックに入社する人の特徴

ブラックに入社しやすい人の特徴
  1. 簡単に内定を得られそうな企業に応募する
  2. 業界研究や企業研究が足りていない
  3. 自己PRや志望動機を重要視しない
  4. 安定を求めてエンジニアを志望する
  5. 目的意識がないまま転職活動する
  6. 資格が重要だと思っている
  7. 職業訓練校を利用する

これをすれば、確実にブラック企業を避けられるという方法はありません。

ただし、私たちはブラック企業に入社するリスクを減らすことはできますね。

まずは、なぜIT業界を目指したいのか、その理由を明確にすることから始めてみましょう。資格取得に時間を使うよりも、自己分析や業界研究を深く掘り下げることで、優良企業から内定を得られる確率が高くなります。

参考:IT未経験でもホワイトに就職したい|確実にブラックを避ける方法

1日も早く行動に移した方が良い理由

現在IT業界は転職有効求人倍率が「6倍」を超えるほど景気が良いですね(転職求人倍率レポート(2018年4月))。業界全体の求人倍率が2.36倍なので、他業種の3倍も求人が余っています。

そのため、書類を送付すれば、誰でも書類選考を突破できます。

しかしながら、この状況がずっと続くわけではありません。

IT企業は外国人SEを大量に採用し、日本政府は移民を受け入れる準備も進めています。また、前回の金融危機から10年が経過し、経済危機が発生する可能性もありますね(不景気のサイクルは7〜8年周期)。

アメリカのダウ平均は、2008年の金融危機直前に14,000ドルの過去最高値を付けました。一時8,000ドルまで暴落した株価は急回復を続け、現在は24,000ドルまで暴騰してます。トランプ政権の混乱や中国との緊張で、いつバブルが弾けてもおかしなくないと言われていますね。

再び、2009年のような深刻な不況に陥ると、有効求人倍率は1倍以下まで落ち込みます。落ちるときは、徐々に落ち込むのではなく2〜3ヶ月の間で急激に落ちますね。

そうなると、IT企業に就職したくてもできなくなります

  1. 教育コストが掛かる人材の採用をストップ、未経験者はIT企業に入社できない
  2. 有効求人倍率が1倍を切り、経験者も内定を獲得するための競争が激しくなる
  3. 人件費が安い外国人を大量に採用し、海外でシステムを開発する
  4. 日本人SEは、国内で開発経験が積みたくても積めない
  5. スキルが低い人材は、転職エージェントから支援を断られる
  6. プログラミングスクールの無料サービスが終了する

今は景気がいいからいつでも転職できると楽観的に考えるのではなく、1日も早くエンジニアになり専門スキルを身に付けましょう。スキルがある人材は、不況に強いのでリストラされる心配はないです。

2018年度(2019年3月末まで)中に、内定を獲得できるように計画しましょう。今の時期は、春入社に合わせて動く人が多いので、早めに行動しないと応募者が増えます。

応募者が増え担当者の負担が増えると、私たちの希望や条件に合致する適切な企業を紹介するのも難しくなりますね。

転職活動に必要なもの

転職活動を開始するに当たって、私たちが必要な準備は何もありません。

履歴書や職務経歴書を準備するのは、キャリアコンサルタントと面談し転職の意思を固めた後の話です。コンサルタントと面談することで、IT業界の中で目指す職種や方向性も決まります(最初から方向性がはっきりしている人はいません)。

その段階で書類を準備した方が修正する手間が省けますね。

はじめて経歴書を作成した時は、何を書けば良いのかわからず何度も消しては書き直していました。キャリアエージェントに相談すると、経歴書の書き方から添削まで優しく的確にアドバイスしてくれます。

採用担当者が知りたい事にポイントを抑えて書くと、少ない時間で完成度が高い経歴書を書けます。

参考:【例文あり】SE未経験の自己PRの書き方|採用担当者が教える

業界未経験者向けの転職サイトはたくさんありますが、個人的には「マイナビエージェント 」が1番おすすめです。過去にマイナビを利用した事で、ブラックから脱出でき、社内開発、海外勤務、海外就職を同時に実現できたからです。

現在もマイナビに紹介してもらった企業で働き続けています。

登録に必要な項目は少ないので、通勤中にスマホからでも簡単に面談を予約できます。

面談までの流れ
  1. 公式サイトから会員登録する(氏名や住所など5分程度)
  2. 会員登録完了後に担当者からメールが送られてくる(当日か翌日)
  3. 担当者とキャリア 面談を行う(面談場所は京橋や横浜など、電話でも対応可能)
  4. キャリア 面談時に、条件にマッチする案件を10〜20社程度紹介してもらう
  5. 転職活動する意思を固めた場合のみ、書類の準備を始める
  6. 2〜3ヶ月で内定を獲得し、就職先の企業と相談して入社日を決める

まずは、自分にエンジニアの適性があるか見るためにも、エージェントに相談してみましょう。電話でも対応してくれるので、会社のお昼休みからでも気軽に相談できます。

公式サイト:SE・プログラマーの転職『マイナビエージェント×IT』

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です