【転職成功例】カメラマンから未経験でITエンジニアへ

転職前 28歳女性、カメラマンから未経験で生産管理系のエンジニアへ
転職後 3年ほどカメラマンで働いていましたが、月の収入は10万円前後とかなり不安定でした。このままでは現実的に将来の生活が成り立たないと思い、IT企業への就職を考えます。

しかしながら、正社員で働いていない期間が長かったので、採用されるのは難しいのではないかと思っていました。その時に、知人に20代のフリーター専門の紹介会社を教えてえてもらい、3ヶ月で内定を得られました。就職先の企業は、生産管理系のシステムを開発するIT企業です。

評価 【ハタラクティブ】悪い評価|フリーターから正社員のエンジニアへ
公式サイト フリーターの就職なら!【ハタラクティブ】

転職活動を始めた理由

その1:なぜ転職しようと思ったのか?

IT企業への転職を考えた理由は次の3つです。

  1. カメラマンの収入が不安定だったから
  2. 震災大震災をキッカケに正社員になりたいと思ったから
  3. 再びIT業界で働きたいと思ったから

現実的に、このままカメラマンの仕事を一生続けるのは無理だと考えていました。そして、ちょうどその時に東北の大震災が起きたことで、将来のことを真剣に考える大きな機会になりました。

震災後にカメラを片手に福島にも行きます。

そこで街が破壊される様子を目の当たりにし、将来に対する不安が一層強くなりましたその結果、また正社員で働きたいと強く願うようになったのではないかと思っています。

ITエンジニアを目指す理由は、以前IT企業で少しだけ働いた経験があるから、それから手に職をつけられるので生活が安定しやすいと考えたからです。

その2:転職で実現したいことは何か?

転職で実現したいことは、正社員で採用されることです。

28歳で業界経験がほぼない上に、学歴もフリーター歴も長かったので、採用してくれる企業があるかどうかさえ定かではありませんでした。

採用してくれる企業であれば、労働条件が多少悪くても仕方がない、まずは経験を積むことを優先しようと考えました。

転職活動中に感じたこと

その1:転職エージェントを利用した理由は?

転職エージェントを利用した理由は、知人に「ハタラクティブ」を紹介してもらったからです。

ハタラクティブは、20代のフリーター向けの人材紹介会社です。ホームページを見ると、利用者の過半数が社会人経験がないにも関わらず、書類選考通過率は90%以上、内定獲得率が80%以上あると書いています

ここならば、社会人経験に乏しい自分の経歴でも、採用してくれる企業が必ず見つかるだろうと考えました。

リクナビやDODAにも登録したのですが、社会人経験がないと紹介できる案件は少ないと言われてしまいました。

その2:求人を選ぶときの基準は?

キャリアコンサルタントさんが紹介してくれるIT系の求人は全て応募しました。自分が選べる立場にないと思っていたからですね。

転職活動した当初は毎日不安なことばかり考えていました。しかし、何社か書類選考に通過するようになり、徐々に自信に変わっていきます。転職活動を始めた時は、このように考えていました。

  1. 「ITの業界経験がない28歳が、本当に就職できるのだろうか…」
  2. 「5年以上フリーターしていた人を、採用してくれる企業があるのだろうか…」
  3. 「最終学歴は高卒、せめて大学に出ていれば良かった…」

最初は全ての企業に応募していたが、1ヶ月経つ頃には応募する条件を絞るようにもなりました。

その3:経歴書を書くときに気をつけた点は?

経歴書は何を書いて良いかわからないと担当者に話したところ、履歴書や経歴書の書き方、面接の対応の仕方、それから転職理由など、すべて一緒になって考えてくれました。

自分のために貴重な時間を割いてくれたので本当に感謝しています。

書類選考通過率が90%と高いのは、担当者が丁寧に書き方を指導してくれるからだと納得できました。ここまで協力してもらって就職できないわけにはいかないと、自分自身のモチベーションを高める事もできました。

転職活動を終えた感想

その1:転職活動の結果は?

転職活動を始めてから2ヶ月後には1社目から内定を貰い、3ヶ月後には合計で3社から内定を頂きました。そのうちの1社に決めた理由は、次の2つの理由が大きいです。

  1. 生産管理系のIT企業で、自社製品を開発しているから
  2. 海外に開発拠点があり、語学を活かせるから

海外旅行が好きでカメラマン時代から海外に行く機会は多かったです。そのため、将来は海外で働けたら良いなと漠然と考えていました。語学力は簡単な会話が少しできるくらいで、ビジネスレベルの英語力はありません。

日本企業は工場を海外に移転する企業が多いので、生産管理を開発する企業も海外に開発拠点を設けています。技術を磨きながら語学を習得すれば、いずれは海外で働くチャンスがあるかもしれないと思い入社を決めました。

その2:転職で実現できたことは?

不安定だったらフリーターの仕事を脱出し、正社員のキャリアをスタートさせることができました。

転職後の初年度の年収は350万円です。私の年齢からすると決して多いわけではないですが、今までの収入から比べると大きいですよね。カメラマン時代の収入はほとんどなく、アルバイトをすることで10万円前後しかありませんでした。

その3:「ハタラクティブ」の評価は?

IT業界で働いている友人に教えてもらったハタラクティブですが、期待以上の結果が得られて満足しています。

キャリア面談の時に「社会人経験がないフリーターの方でも、20代であれば必ず仕事は見つかるので焦らなくても大丈夫ですよ」と言われたのですが、その通りの結果になりました。

担当してくれた女性の方は私と同じくらいの年齢で、仕事以外のことでも不安に感じていることを気軽に相談できました。

過去の私と同じように、「学歴がない、社会人経験がない」という理由で躊躇している人がいれば、是非ハタラクティブを利用してみてください。100%希望する企業に働けないかもしれないですが、就職先が見つからないことはないです。

ハタラクティブという転職サイトがあるのであれば、もう少し早く利用していれば良かったと思っています。5年間カメラマンとして働いた経験は無駄にはならないですが、もう少し早くIT企業で働き始めていたらより早く生活を安定させられますね。

まとめ:「ハタラクティブ」 の体験談

公開求人数
  1. 公開求人数:3,000件以上
  2. 非公開求人数:非公開
  3. 未経験可:非公開
  4. 海外求人数:非公開
デメリット
  1. 社会人経験がない20代向けなので、求人の質は悪い
  2. 高望みしなければ、必ず就職先を見つけられる
  3. 紹介してくれる求人を公開していない
  4. 関東圏と大阪しか求人がない
特徴・対象者
  1. 20代、フリーターから正社員へ就職したい人向け
  2. 厚生労働省から「若者キャリア応援制度」を認可される
  3. 応募者の経歴を一切問わず、キャリアに自信が持てない人の強い味方
  4. 社会人経験がない人は利用者の40%
  5. 大卒以下の最終学歴は50%
  6. 内定獲得率は80%、最短2週間で内定が獲得できる
  7. 誰に対しても、書類添削や面接対応のサポートが丁寧
事業所
  1. 渋谷:東京都渋谷区渋谷3丁目6-3
  2. 立川:東京都立川市曙町2-37-7
  3. 池袋:東京都豊島区南池袋1丁目19-4
  4. 秋葉原:東京都千代田区神田佐久間町1-25
  5. 船橋:千葉県船橋市本町2-1-34
  6. 大阪:大阪府大阪市北区堂島1-5-30
転職成功例 カメラマンからエンジニアへ
公式サイト フリーターの就職なら!【ハタラクティブ】

「ハタラクティブ」は、業界未経験の20代向けの転職エージェントです。

他の転職サイトにない最大の特徴は、社会人経験がない人が多数利用しているにも関わらず、書類審査通過率91.4%、内定獲得率80.4%と異常に高い転職成功率です。

ただし、利用者の経歴を問わない代わりに、求人の質が低いのが大きな難点です。

そのため、ハタラクティブを利用する人は、これまでのキャリアに自信が持てない20代、職歴を理由に他社で断れてしまった人が利用すべき転職エージェントです。

職歴がない人でも、ほぼ100%に近い確率でIT企業に正社員で採用されます。

評価:【ハタラクティブ】悪い評価|フリーターから正社員のエンジニアへ

1日も早く行動に移した方がいい理由は?

現在IT業界は、書類を送付すれば誰でも選考を突破できるほど景気が良い時期です。DODAによると、IT業界の転職倍率は6.79倍を超えます。業界全体の倍率は2.49倍なので、他業種の3倍も求人が余っています。

参考:転職求人倍率レポート(2019年1月)

しかしながら、この状況が続くのは長くても2019年までと言われています。その理由は、8年周期で発生する不景気が引き金になり、再び金融危機が発生するからです。

金融危機の影響で2008年10月28日に6,994円を付けた株価は、2018年12月に最高値の24,270円まで回復しました。現在は一時19,155円(12月25日)まで落ち込みましたね。

アメリカと中国の緊張が高まり、年明けからはいつ米ダウ平均が暴落してもおかしくない状況が続いています。アップル株はiPhoneの販売不振で一時大暴落(232→142ドル)。

再び金融危機が発生すると、求人倍率は1倍を下回ります。落ちるときは、徐々に落ちるのではなく2〜3ヶ月の間で急激に落ちますね。そうなると、企業は採用コストが掛かる未経験者の採用をストップします。

有効求人倍率が1倍を下回ると...
  1. 採用コストが掛かるため、IT企業は未経験者を採用しない
  2. 経験者は、内定を獲得するための競争が激しくなる
  3. 人件費が安い外国人を大量に採用し、海外でシステムを開発する
  4. 日本人SEは、国内で開発経験を積めない
  5. プログラミングスクールの無料サービスが終了する

私たちは、1日も早くIT企業に就職し業務経験を積む必要があります。専門スキルがある人材は、不況に強いのでリストラされる心配はないですね。

今現在は20代・未経験者でも楽に就職できますが、近い将来に就職したくてもできない時が来ます。2019年4月までに内定を獲得するためには、今すぐに行動に移す必要があります。

今の時期は、春入社に合わせて動く人が多いので、すぐに応募枠が埋まります

転職活動に必要なもの

転職活動を開始するに当たって、私たちが必要な準備は何もありません。

履歴書や職務経歴書を準備するのは、キャリアコンサルタントと面談し転職の意思を固めた後の話です。コンサルタントと面談することで、IT業界の中で目指す職種や方向性も決まります(最初から方向性がはっきりしている人はいません)。

その段階で書類を準備した方が修正する手間が省けますね。

はじめて経歴書を作成した時は、何を書けば良いのかわからず何度も消しては書き直していました。キャリアエージェントに相談すると、経歴書の書き方から添削まで優しく的確にアドバイスしてくれます。

採用担当者が知りたい事にポイントを抑えて書くと、少ない時間で完成度が高い経歴書を書けます。

業界未経験者向けの転職サイトはたくさんありますが、個人的には「マイナビエージェント 」が1番おすすめです。過去にマイナビを利用した事で、ブラックから脱出でき、社内開発、海外勤務、海外就職を同時に実現できたからです。

現在もマイナビに紹介してもらった企業で働き続けています。

登録に必要な項目は少ないので、通勤中にスマホからでも簡単に面談を予約できます。会員登録すると、担当者から電話があり面談の日程を調整します。

 
面談までの流れ
  1. 公式サイトから会員登録する(氏名や住所など5分程度)
  2. 会員登録完了後に担当者からメールが送られてくる
  3. 担当者とキャリア 面談を行う(面談場所は京橋や横浜など、電話でも対応可能)
  4. キャリア 面談時に、条件にマッチする案件を10〜20社程度紹介してもらう
  5. 転職活動する意思を固めた場合のみ、書類の準備を始める

まずは、自分にエンジニアの適性があるか見るためにもエージェントに相談してみましょう。電話でも対応してくれるので、会社のお昼休みからでも気軽に相談できます。

公式サイト:フリーターの就職なら!【ハタラクティブ】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください