未経験から中途採用で失敗する人の7つの特徴は?

IT業界には、毎年異業種からたくさんの人が入社します。そのため、中途採用がより一般的になりました。新卒を受け入れる企業でも、2〜4割の中途入社がいます。

しかしながら、IT企業に中途で入社して失敗する人も多いですよね。

  • 未経験者歓迎と書いていたから入社したけれど…周りは経験者ばかりだった」
  • 「IT業界は安定していると聞いたけれど…労働環境はとても悪かった」
  • 「プログラミングの研修を受けてみたら、自分には苦痛だった」

私はこの業界で10年のキャリアがありますが、入社して数ヶ月で会社を去る人をたくさん見てきました。業界を去る理由は様々ありますが、1番の原因はIT業界の事を良く知らずに入社するからだと思っています。

1年も経たずに去る決断をするのは、人材を採用する企業も、採用される人材も辛いですよね。ここでは、IT企業に入社しても後悔しないために、中途採用が気をつけることを紹介します。

中途でIT企業に転職したい人向け
  1. IT業界に中途採用で入社して失敗する人の特徴は?
  2. 中途採用が気をつけることは?
  3. 中途採用でIT企業に就職する方法は?

▼▼IT未経験者の転職に強い大手2社▼▼

  1. マイナビ×IT第二新卒者、20代に強い
  2. ワークポート最短1ヶ月で就職したい人向け

1番のお勧めは「マイナビ×IT」です。なぜならば、過去にマイナビを利用してブラックから優良企業に転職できたからです。長時間労働から逃れた上に、年収は4年間で300→520万円まで増え、社内開発で経験を積んだ後に海外勤務もできました。

業界経験がない未経験者は、早めに行動した方が良いですね。

なぜならば、転職サイトの良案件は経験者から順に埋まるからです転職の開始時期が遅れると、条件面で不利な未経験者は確実にブラックを引かされます。このタイミングを逃すと、次の半期に良い案件が市場に出る、4ヶ月後まで待つ必要があります

参考:【マイナビ×ITの評価】本当に未経験でもブラックを避けられる?

2019年以降、未経験者はもう採用されない可能性もあります金融危機が再び発生する、日本政府が移民を受け入れる、外国人PGで人材不足を解消すると、採用や教育コストが掛かる未経験者は負担になるからです。

IT業界の転職有効求人は6.79倍ですが、2009年と同様に1倍を下回ると未経験者の需要は完全に無くなりますレポート:2019年1月)。

中途採用で失敗する人の7つの特徴とは?

エンジニアの仕事内容を知らずに、イメージだけでIT業界に入社するのは危険ですね。

新卒入社よりも、中途採用の方が過度に期待しているように感じます。

その1:こんなつもりじゃなかった…

IT業界に対して華やかなイメージを持つ人は多いです。

映画化されたFacebookや、グーグル、アップルなど、革新的な会社を想像して入社する人たちですね。私たちエンジニアの仕事は、パソコンに座り黙々と作業する地味な仕事が多いです

地味な作業はどこの会社に行っても同じです。インターネット・WEB業界の新興企業から、NTTデータなど大手SIer企業、それから人工知能や最新のVR(仮想環境)を開発する企業も同様です。実際には革新的で目立つ企業ほど、地味な作業が多く下働きするSEの数は多いです。

現実と理想のギャップが大きいと、早期に退職する原因になります。

その2:未経験歓迎だから入社したけれど…

未経験OKだから入社したけれど、周囲のレベルについていけずに辞める人もいます。

IT業界が未経験を積極的に募集している理由は、深刻な人材不足を抱えていること。それから、プログラミング研修を設けて、未経験者をゼロから教育しているからです。

しかしながら、スキル習得を会社に頼る人材だと、この業界で働き続けるのは難しいですね。周囲との理解度の差が徐々に大きくなり、次第に居づらいと感じるからです。

特に中途採用の人たちは、人1倍学ばないといけないですね。30代未経験でこの世界に入る人もたくさん見てきましたが、IT企業に入社することがゴールになっている人も少なくありません。

その3:入社したら客先常駐ばかりだった…

IT業界の6割以上は、クライアント先に出向し常駐先で作業をします。

この働き方に慣れずにIT業界を去る人も多いですね(常駐先で働きたいSEはいない)。私も客先常駐には嫌悪感しかないですが、現実問題として未経験で入社する人は、避けては通れない道でもありますもちろん、運よく社内開発で働ける未経験者もたくさんいますよ。

IT業界に入るのであれば、客先常駐という問題があることを知りましょう。IT経験者が転職する理由の8割は、客先常駐を避けるためです。

参考:IT業界の客先常駐とは|メリットやデメリット、違法性、一般派遣との違いは?

その4:安定していると聞いたけれど…

手に職をつけられるから、定年まで安定して働けるから、という理由で志望する人は多いですよね。

しかしながら、IT業界で安定している人材は、専門スキルが高くどこの企業に入社しても、実力を発揮でき技術者だけです。このようなSEは、全体の4割もいないのが現実ですね。

入社する企業に安定を求める人は、変化することが苦手なのでIT業界に向いていない可能性があります。

その5:給料が高いと聞いていたけれど…

SEの平均年収は、サラリーマンの平均年収(414万円)よりも133万円も高いです厚生労働省「平成28年 賃金構造基本統計調査」)。

しかしながら、IT企業に入社したら平均以上の収入を得られるわけではないですね。

IT業界の中には、未経験者をターゲットにしているブラックや零細企業もたくさんあります。彼らは、ITエンジニアではなくて、「ITドカタ」と呼ばれる別の職種です。

私も過去に経験がありますが、ブラックに入社すると年収は300万円から増えません。給与は変わらないまま、プロジェクト次第で労働時間が際限なく伸びるため、アルバイト並みの給与で働きます。

このような世界が現実にあることを知った上で、入社を決めたいですね。

参考:IT土方とエンジニアの違い|将来性、年収、仕事内容、避ける方法

その6:プログラミングが全然楽しくない…

IT業界に入社したタイミングで、プログラミングが自分に合わないと感じる人も多いです。

IT企業には開発以外の仕事もたくさんありますが、プログラミングが苦手だとこの世界で成功するのは難しいです。プログラミングは論理的思考能力が求められますが、ITで活躍する人材は論理的に考えるのが得意な人だからです。

このようなリスクを避けるためにも、入社前に独学で学んだり適性を受けることをお勧めします。

その7:上司や教育担当者が年下だった…

IT業界は、基本的には能力主義の世界ですね。

そのため、自分よりも若いSEが上司になることも頻繁にあります。特に中途で入社した場合は、新卒よりも経験が浅いため、年下が教育担当になるケースが多いです。

年下に作業支持されることに抵抗がある人は、素直にIT業界以外を選択したほうが良いですね。

中途採用が気をつけることは?

ここでは、未経験の中途採用がIT業界に入社する上で、気をつけることを紹介します。

その1:IT業界に就職する目的を明確にする

IT業界に限ったことではないですが、入社する目的や動機を明確にしましょう。その上で就職先の企業を絞り込むと、企業とのミスマッチが減り、退職するリスクを減らせます。

ひとくちにエンジニアといっても、挙げればキリがないほど多くの職種があります。

  1. WEB系:競争が激しい業界で切磋琢磨したい人
  2. SIer系:規模が大きいプロジェクトでマネジメントを経験したい人
  3. 社内SE:大手企業で安定した職場で働きたい人
  4. ネットワーク系:開発よりも社会インフラに興味がある人
  5. コンサル系IT:クライアントの問題解決に興味がある
  6. 品質管理:開発よりも顧客満足度を高めたい人
  7. 最先端技術:人工知能やクラウド技術など、最新技術に触れたい人
  8. ブリッジSE:語学が得意で海外で活躍したい人

業界研究には、十分な時間を費やすことをお勧めします。

参考:エンジニアは具体的に何をする仕事?|業界研究、給与や労働時間

その2:年齢ごとの市場価値を知る

未経験OKの求人は多いですが、年齢制限もあります。

中途採用で入社する人は、自分の年齢が企業からどのように見られているかを把握しましょう。もちろん、年齢が高いほどリスクは大きくなるので、技術職を目指す覚悟がより求められます。

参考:未経験でエンジニアに採用されるのは何歳まで|年齢に応じた対策法

その3:客先常駐よりも社内開発を目指す

未経験で入社する人で、客先常駐を理由にこの業界を去る人はとても多いです。

常駐先で働くことに違和感を感じる人(感じない人はいないが)は、社内開発を目指すことを考えましょう。数は多くはないが、未経験者でも働ける社内開発の求人もあります私が勤めている企業でも未経験の中途採用を毎年積極的に採用しています。

参考:IT未経験でも社内開発で働く3つの方法|客先常駐を避けたい人向け

その4:プログラミングを独学で学んでみる

IT企業への入社を決める前に、事前にプログラミングを学んでみましょう。その方が、ブラック企業を避けられる可能性が高くなるからです。

独学で学ぶのが難しいと感じる人は、スクールを利用してみましょう。

最近はレッスンを無料で受講できて、就職の支援をしてくれるスクールもあります。無料で利用できる理由は、人材不足に苦しむ企業が、協賛金を出し合っているからです。

  1. 実践的なスキルを習得でき、2〜3ヶ月でオリジナルアプリを製作できる
  2. オリジナルアプリやWEBサイトのURLを履歴書に貼り、優良企業にアピールできる
  3. 転職支援が付き、無料で利用できるプログラミングスクールがある
  4. 日中から通うことができ、他の通学制と共同でシステム開発が体験できる

優良企業に入社できる保証はないですが、入社後に早期で退職するリスクは確実に減らせますね。

▼▼1円も料金が発生しない完全無料のスクール3校▼▼

  1. ProEngineer卒業後は就職先3500社から選べる
  2. ITCE Academy宿泊施設も無料、1ヶ月でSEになれる
  3. TECH::EXPERT30代でも転職保証が受けられる(有料)

プロエンジニアは、入学金、授業料、転職支援が全て無料です。受講中に辞退しても罰則や罰金は1円も発生ませんしかし、都内の教室は最大で30名を収容できるスペースしかなく、応募枠が埋まると翌月、もしくは翌々月まで待たされます。

参考:【プロエンジニアの評価】未経験からスキル習得しブラックを避ける?

完全無料のスクールは、2019年にはもうない可能性が高いです

金融危機が再び発生する、日本政府が移民を受け入れる、外国人PGで人材不足を解消すると、未経験者の需要が減るからです。需要が減るとスクールは、支援するIT企業がなくなり利益を確保できません需要が高い今だけ存在するサービスです。

無料スクールは20代向けなので、30代は「テックエキスパート」を利用しましょう。

中途採用でIT企業に就職する方法

未経験の中途採用者向けに、お勧めの転職エージェントとプログラミングスクールを紹介します。

その1:第二新卒や20代に強みがある「マイナビ×IT」

求人数
  1. 公開求人数:6,718件
  2. 非公開求人数:21,276件
  3. 未経験可:1001
  4. 海外求人数:328件
デメリット
  1. 30代以降のビジネスパーソン向きではない
  2. 業界最大手のリクナビと比較して求人数が少ない
  3. キャリアアドバイザーは親切だが、スキルにバラツキがある
特徴・対象者
  1. 未経験者可の求人が多く、20代からの評価が高い
  2. 親切な担当者が多く、転職活動が初めての人に向いている
  3. 職務経歴書・履歴書を丁寧に添削してくれる
  4. 第二新卒者向けに優良中小企業を多数扱う
  5. グローバルに展開する日系企業を多数扱う
  6. 関東圏、関西圏以外の地方都市に対応している
事業所
  1. 東京:東京都中央区京橋3-7-1
  2. 横浜:神奈川県横浜市西区高島二丁目19番12号
  3. 札幌:北海道札幌市中央区北二条西三丁目1番地20号
  4. 名古屋:愛知県名古屋市中村区名駅4-7-1
  5. 大阪:大阪府大阪市北区大深町4番20号
転職成功例 客先常駐から社内開発」、「海外勤務へ
公式サイト SE・プログラマーの転職『マイナビエージェント×IT』

100社以上ある転職エージェントの中で、個人的な1番のお勧めはマイナビエージェント です。

過去にブラック企業を脱出し、社内開発できる優良企業の転職に成功できたからです。その後、海外勤務や海外出張も経験でき、グローバルな環境で働くことができました。

第二新卒者向けの転職を最も得意としています。

参考:【マイナビエージェント×IT】悪い評価|未経験や初めての転職に強み

その2:2ヶ月以内に転職できる「ワークポート」

公開求人数
  1. 公開求人数:15820件
  2. 非公開求人数:非公開
  3. 未経験可:1038件
  4. 海外求人数:21件
デメリット
  1. 営業がしつこく利己的(事務的)な対応をされる
  2. 質よりも量を重視するため、1度にたくさん案件を紹介される
  3. 的外れな提案をされる、キャリア向けの転職には向いていない
特徴・対象者
  1. IT系の専門サイトで、未経験者の転職が強み
  2. 就職活動を開始してから、最短1ヶ月で内定を獲得できる
  3. 幅広い層が利用し、30歳以上の利用者は58%を占める
  4. 利己的だが対応が早く、結果にコミットしてくれる
  5. IT系の求人が豊富で、リクナビにない企業も多数扱う
  6. 余計な駆け引きがなく、スムーズに内定を獲得できる
事業所
  1. 東京(大崎):東京都品川区大崎1-2-2
  2. 東京(五反田):東京都品川区東五反田1-21-9
  3. 仙台:宮城県仙台市宮城野区榴岡4-5-22
  4. 埼玉:埼玉県さいたま市大宮区大門町3-82
  5. 横浜:神奈川県横浜市西区北幸1-11-11
  6. 名古屋:愛知県名古屋市中区丸の内3-17-13
  7. 兵庫:兵庫県神戸市中央区京町69
  8. 大阪:大阪府大阪市中央区平野町2-3-7
  9. 福岡:福岡県福岡市中央区天神1丁目3−38
転職成功例 保育士からITへ」、「保守運用から社内開発へ
公式サイト 未経験からの転職ならWORKPORT

「ワークポート」は、IT・Web系の未経験者に強みがある転職エージェントです。

他の転職サイトにない最大の特徴は、エージェントの営業力が高くコミットメント重視していることです。担当者の積極的なサポートによって、たくさんの未経験者をIT企業に採用させてきました。

質よりも量を重視する営業スタイルで、最短で1ヶ月以内に内定を獲得した人もいます。

参考:【ワークポート】悪い評価|未経験者でも最短2ヶ月で転職できる

その3:完全無料で利用できる「プロエンジニア 」

人気コース Java・PHPプログラミング研修(実践型60日)
受講後のスキル Javaを用いて簡単なWEBサイトをひとりで制作できるレベル。製作したアプリを武器にIT企業へアピールできる。
学べる技術
  1. デザインの装飾(HTML/CSS)
  2. 動的なサイト制作技術(JavaScriptjQuery)
  3. WEBサイトの制作(PHP/MySQL)
  4. 仕様書、設計書の読み方、テスト項目の作り方

60日間のレッスン後に就職活動を開始する

授業形式
  1. テキスト形式よりもプログラミングの実践作業が中心
  2. 5人で開発チームを組み、ECサイトやアプリを製作する
  3. オンライン教材(動画、資料)で予習、復習ができる
利用対象者
  1. Java・PHPを習得しWebエンジニアになりたい人
  2. プログラミングを無料で習得したい20代
  3. 2500社の提携先から、確実にIT企業に就職したい人
  4. 都内(半蔵門・池尻)に通学できる関東在住者
  5. 通学制、チームでシステム開発をしたい人
費用
  1. 平日5日間コース、無料
  2. 週3夜(月水金)コース、無料
  3. 個別研修コース、無料
デメリット
  1. 対象者は、関東在住の30歳未満のみ
  2. オンラインは、個別研修のみ対応
  3. 少人数制(30人)のため、すぐに定員が埋まる
メリット
  1. 入学金、授業料、転職支援全て無料で利用できる
  2. 途中で挫折、離脱しても罰金などペナルティはない
  3. 卒業後の就職先の企業は、3500社もある
  4. 96%の確率で、正社員に就業できる
  5. 有給インターン(ソーシャルアプリ開発する企業)が体験できる
  6. チーム(5人)でシステム開発が体験できる
無料コース 20代は無料で受講できる
受講場所
  1. 半蔵門研修センター:東京都千代田区三番町1-1
  2. 池尻 研修センター:東京都世田谷区三宿1-8-19
  3. 霞が関本社:東京都千代田区霞が関3-6-15
無料体験面談 無料で体験レッスンに参加できる

公式サイト:【完全無料プログラミング研修&就活塾】

プロエンジニア(ProEngineer)は、20代、第二新卒、フリーターが無料で利用できるプログラミングスクールです。

卒業後の就職先の企業は3500社以上受講生の96%が正社員で採用されています。

レッスン受講後に就職しなくても、ペナルティや罰金は一切ありません。そのため、軽い気持ちで受講しても大丈夫ですよ。

評価:【プロエンジニア】悪い評判|20代限定、就職先の求人は3500社以上

▼▼諦めなければ必ず目標は実現できる▼▼

私は多くのIT未経験者にSEを目指して欲しいと思っています。

なぜならば、職歴や学歴が重視されず正しい努力ができる人材であれば、必ず道が開かれる業界だからです。もちろん、未経験者はブラックに入社するリスクは否定しません

私が1社目に入社した先はブラックでした。夜の10時過ぎまで働くも残業代は1円も支給されず、時給に換算すると700円以下です。身体は疲れているのに、布団に入ると将来が不安で夜も眠れません

ある仕事帰りの電車の中、窓に映った惨めな自分の姿を目にします家事と仕事を両立し苦労して育ててくれた母親のことを思うと、自然と目から涙がこぼれ落ちました。しかしながら、それでも行動に移す勇気がなく、転職できずに3年が経ちます。

働くためだけに社会から生かされている生活に嫌気が指していた時に、知人から転職エージェントを紹介されました。転職に前向きになれないながらも、半ば強制的に就職活動が始まります。

その2ヶ月後に社内開発できる企業に就職し、私の人生は大きく変わりました。社内開発できる企業に入社後、転職してから4年後には年収500万円を超えました。決して大きな成功ではないが、家族にも恵まれ今は毎日幸せを感じています。

この知人のおかげで、自分を信じて行動すれば、必ず良い方向に進むことを知ります。未来は自分が思い描く事しか実現されないので、いま行動しなければ一生変わらないですね。

私が転職を勧める理由は、1人でも多くブラックで苦しむ人を減らしたいからです。

ブラックから転職して変わったことは...
  1. 右肩上がりに昇給し、4年で300万円から520万円に増えた
  2. 納期がない月は、毎日定時に帰宅できた(月の残業は20時間
  3. 転職市場で査定してもらうと、+50〜100万円で掲示される
  4. 社内で開発経験を積み「海外勤務」と「海外出張」を経験できた
  5. 平日の夜も、家族や知人と食事や趣味を楽しむ事ができる
  6. 社内開発で経験を積み、倒産やリストラが怖くなくなった
  7. ITスキルの他に、後輩の教育やマネジメントも経験できた
  8. 毎朝眼が覚める度に、気持ち良く布団から出られる
  9. 家族にも恵まれ、大切にしたい人のために働ける喜びを知れた

個人的に1番のお勧めは「マイナビ×IT」です。なぜならば、私自身がマイナビを利用する事でブラック企業を脱出できたからです。

参考:【マイナビ×ITの評価】本当に未経験でもブラックを避けられる?

まとめ:未経験から中途採用で失敗する人の特徴

中途採用で失敗する人の特徴
  1. 華やかな職場を期待したけれど、思い描いていた理想と違った
  2. 未経験歓迎だから入社したけど、周囲のレベルについていけなかった
  3. 入社したら客先常駐ばかりで後悔している
  4. 安定していると聞いたけれど、入社した会社は違った
  5. 給料が高いと聞いていたけれど、年収は300万円台だった
  6. 上司や教育担当者が自分よりも年下でショックだった

私はこの業界で10年のキャリアがありますが、入社して数ヶ月で会社を去る人をたくさん見てきました。業界を去る理由は様々ありますが、1番の原因はIT業界の事を良く知らずに、応募者が入社するからだと思っています。

安定を求めてIT企業を目指す人は多いですが、安定志向が強い人が集まると会社は潰れますよね。

業界や企業とのミスマッチを減らすためにも、まずは業界研究に時間を費やすことをお勧めします。IT業界のデメリットや悪い面にも向けた上で、就職を決めることをお勧めします。

1日も早く行動に移した方が良い理由は?

現在IT業界は、書類を送付すれば誰でも企業から内定を得られます。なぜならば、転職倍率が6.79倍を超え、過去に30年にないほど売り手市場が続いているからです。全業種の倍率は2.49倍なので、他業種として比較して3倍も求人が余っています。

参考:転職求人倍率レポート(2019年1月)

しかしながら、この状況が続くのは長くても2019年までです

なぜならば、景気サイクルは8年周期で周り、再び金融危機が発生するからです。2008年10月28日に6,994円を付けた株価は、2018年12月に最高値の24,270円まで回復しました。現在は一時20,418円(8月15日)まで落ち込みましたね。

アメリカと中国の緊張が高まり、いつ米ダウ平均が暴落してもおかしくありません。アップル株はiPhoneの販売不振で暴落していました(232→142ドル)。一度不景気が発生したら、1週間も経たない内に株価は半値以下まで暴落します。

求人倍率が1倍を下回ると、企業は採用や教育コストが掛かる未経験者の採用を辞めますね。2019年度までに内定を獲得するためには、今すぐに行動に移す必要があります。

有効求人倍率が1倍を下回ると...
  1. 教育や採用コストが掛かる未経験者を、IT企業は採用しない
  2. 転職エージェントに連絡しても、求人の紹介を断られる
  3. 労働市場に人材が溢れ、経験が浅いIT経験者も職を失う
  4. 正社員採用がリスクになり、派遣やフリーランスしか使わない
  5. 人件費が安い外国人を採用し、海外でシステムを開発する
  6. 日本人SEやPGは、国内で開発経験を積むのが難しくなる
  7. 売り手市場が終わり、プログラミングの無料スクールが終了する
  8. 都内で仕事が見つからず、地元に戻りアルバイトで生計を立てる

私たち未経験者は、次の不景気に備えて1日も早くIT企業で経験を積む必要があります。

専門スキルを身につけ必要な人材に成長できれば、リストラされる心配もなくなります。通常の会社員や労働者と違い、会社が倒産してもSEは生き延びていけますね。

転職活動に今すぐ必要なものは?

転職活動を開始するに当たって、私たちが必要な準備は何もありません。また、私たちは全てのサービスを無料で利用できます。途中で就職を辞退しても罰金など一切ありません。

履歴書や職務経歴書は、キャリアコンサルタントと面談し転職の意思を固めた後に改めて準備すれば良いですね。面談することで進みたい方向性が決まり、その段階で具体的な準備を始めた方が手戻りが少ないです。

マイナビは、他の転職サイトにはない隠れ優良企業を多数扱います。私が社内開発ができる中小企業に就職できたのはマイナビのおかげです。大手リクナビやDODAだと、求人数が多いが優良企業は少ないのが難点ですね。

登録から面談までの流れ
  1. 公式サイトから「無料転職サポート申し込み」を選択する
  2. 希望勤務地や個人情報を入力する(3分で登録できる
  3. 担当者からメールか電話があり、面談日を指定する(平日夜や週末も可)
  4. 予約した日時に来社し、無料カンセリングを行う(所要時間は40分)
  5. 仕事が忙しく来社できない場合は、電話でも対応しています

キャリア面談後には、2万件ある求人から条件に合う企業を、20社前後紹介してくれます。紹介される案件に目を向けると「ITの経験がない未経験者でも、必要としてくれる企業がたくさんある」事に自信を持てますね。

それだけ、IT企業は人材不足に陥っているからです。

もちろん、働きたいと思える企業がなければ、無理に応募する必要はありません。売り手市場なので、私たちが企業を選ぶ立場にありますね。カウンセリング、転職サポートはすべて無料なので、途中で利用を辞めても違約金は一切発生しません。

ただし、キャリア面談は身構える必要はないが、転職活動は慎重に行いましょう。

なぜならば、転職活動は私たちの人生を大きく変える、最初の大きな1歩になるからです。自分自身の内面と深く向き合う事でやりがいのある仕事を見い出し、新しい人生の再スタート切るためにあります。

転職活動で巡り会う会社は、入社するかは別にしてそれぞれ深い意味があります。

私は新しい道を歩み始めた事で、大きく生涯収入を増やすことに成功し、夢だった海外就職も実現できました。もしも、あの時に転職活動しなければ、私の年収は30歳でも300万円のままです。実際に、8年間働き続けている元同僚の年収は330万円です。

30歳時点で年収に200万円も差があると、残りの生涯年収で6000万円も違いますねブラックで働いている劣等感で家族を持つこともできず、一生涯孤独で生きていたと思います。

未経験者の市場価値は年齢とともに減少するため、将来動く予定があるならば景気が上向いている今行動した方が良いです2019年以降では、金融危機が発生しもう手遅れである可能性が高いです。

登録に必要な項目は少ないので、通勤中にスマホからでも簡単に面談を予約できます。

会員登録と面談の日程調整、それから面談して求人を紹介してもらうのは、全ての工程で1時間も掛かりません後からキャンセルもできるので、会員登録だけでも先に終わらせた方が良いですね。登録フォームは3分で埋められます

公式サイト:SE・プログラマーの転職『マイナビエージェント×IT』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください