ワークポートの2chの悪い評判やデメリット|ブラックがとても多い

公開求人数
  1. 公開求人数:15820件
  2. 非公開求人数:非公開
  3. 未経験可:1038件
  4. 海外求人数:21件
デメリット
  1. 営業がしつこく利己的(事務的)な対応をされる
  2. 質よりも量を重視するため、1度にたくさん案件を紹介される
  3. 的外れな提案をされる、キャリア向けの転職には向いていない
特徴・対象者
  1. IT系の専門サイトで、未経験者の転職が強み
  2. 就職活動を開始してから、最短1ヶ月で内定を獲得できる
  3. 幅広い層が利用し、30歳以上の利用者は58%を占める
  4. 利己的だが対応が早く、結果にコミットしてくれる
  5. IT系の求人が豊富で、リクナビにない企業も多数扱う
  6. 余計な駆け引きがなく、スムーズに内定を獲得できる
事業所
  1. 東京(大崎):東京都品川区大崎1-2-2
  2. 東京(五反田):東京都品川区東五反田1-21-9
  3. 仙台:宮城県仙台市宮城野区榴岡4-5-22
  4. 埼玉:埼玉県さいたま市大宮区大門町3-82
  5. 横浜:神奈川県横浜市西区北幸1-11-11
  6. 名古屋:愛知県名古屋市中区丸の内3-17-13
  7. 兵庫:兵庫県神戸市中央区京町69
  8. 大阪:大阪府大阪市中央区平野町2-3-7
  9. 福岡:福岡県福岡市中央区天神1丁目3−38
転職成功例 保育士からITへ」、「保守運用から社内開発へ
公式サイト 未経験からの転職ならWORKPORT

「ワークポート」の最大の特徴は、キャリアアドバイザーの営業力が高く、最短1ヶ月で企業から内定を得られることです。

しかしながら、2chなどの情報サイトを見ると、良い評価ばかりではなく悪い評価もたくさんありますね。なかには、「数打てば当たる方式利己的な対応が多い」「紹介される案件は的を得ていない」と評価する人もいます。

ここでは、ワークポートのデメリットを紹介します。

ワークポートの評判を知りたい人向け
  1. ワークポートの2chの評価は?
  2. ワークポートの5つのデメリットは?
  3. ワークポートの7つのメリットは?
  4. ワークポートの体験談や口コミは

「ワークポート」の2chの評価は?

2chで紹介されていたワークポートの悪評を集めてみました。他の転職サイトにはないようなコメントがたくさん並んでいますね。

  1. 数撃ちゃ当たる式でマイペースな自分とペースが合わないからすごいプレッシャーに感じる
  2. 面談したら無理矢理20社応募された、しかもほとんど希望職種でないしブラックばっかり
  3. このエージェント、こちらから応募すると言ってない企業にも勝手に応募していくのな
  4. 五十社応募させられて、ブラック十社の面接に行かされた。地獄だった
  5. ワークポートに紹介されてブラック会社に入ったのでワークポートは使わないようにしましょう ワークポートさん偽装請負会社紹介しないでください
  6. 不通過の案内メールすら来ない 他社エージェントは簡単な理由添えてメールなりメッセージなり寄越すけどね
  7. 紹介求人に応募すると、2ヶ月も放置されたあげく、マイページに 不採用の表示が載るだけ。
  8. 登録面談の時に「とにかく面接しまくるしかない」という事で30社以上の会社に応募されたけど、結果、入る気のない会社への面接がどんどん増えていくという現状。
  9. 事務的な対応で次から次に求人を紹介された、ちょっとでも良いと感じたものは積極的に応募してくれた。良い意味でいうと出し惜しみなくスピーディな対応だが、ちょっと機械的に感じなくもない

参考:【ワークポート 】「しつこい」「ブラックが多い」「連絡こない」は本当!?

「ワークポート」の5つのデメリットは?

ここでは、私が実際に利用してみて感じた感想や、2chの情報を元にワークポートのデメリットについて紹介します。

その1:営業がしつこく利己的な対応が多い

ワークポートは、転職の結果を重視する転職エージェントです。

そのため、良い意味でいうと熱意のある担当者が多いですが、悪い意味でいうと営業がしつこく利己的な対応をされます。転職活動が初めてで、ゆっくりと自分のペースで就職したい人は別の転職サイトを利用しましょう。

その2:質よりも量を重視する営業スタイル

ワークポートは、サービスの質よりも量やアウトプットを重視します。

応募者の要望を詳しく探ることはしません。厳選して10社紹介するよりも、できるだけ多くの求人を紹介し、できるだけ多くの企業に応募することを促されます。

サービスの質を求める人も、別のサイトを利用した方が良いですね。

その3:求人の質は全体的に低くブラックも多い

2chの情報サイトを見ると、ブラックが多いと酷評されています。

この点については、応募者の経歴やスキルによります。ワークポートを利用する人は未経験者が多く、未経験者に紹介できる案件は必然とブラックも多くなります質よりも量を重視するため、1度に多くのブラックを紹介されますね。

私は過去にワークポートを利用しましたが、求人の質が低いとは感じませんでした。むしろ、IT系の案件に関してはリクナビよりも豊富で、業界大手が扱わない求人も多数紹介してくれました

業界未経験者で、ブラックを見分けるのが難しい人は、別のサイトを利用した方が良いですね。ただし、業界大手のリクナビやDODAを利用しても、ブラックは紛れ込んでいます。

自身で見分けられるようにならないと、ブラックを避けるのは難しいです。

参考:IT業界のブラック企業とホワイト企業の特徴と見分け方は?

その4:応募する企業の数が多く、とにかく面接が増える

数撃ちゃ当たる方式」と言われるように、ワークポートを利用するととにかくたくさんの企業に応募します。押しが強い営業スタイルは、IT企業にも発揮されるため、募集要項の条件を満たしていなくても、面接まで進む案件もあります。

良い意味でいうとたくさんの企業と面接をする機会を得られるが、悪い意味でいうと面接ばかりが増え、時間に追われることになります。

その5:不採用の連絡を直接してくれない

不採用理由を直接電話やメールで教えてくない」という苦情の声もあります(他のサイトは教えてくれる)。サイトにマイページにログインした時に、「採用不可」というメッセージが小さく表示されるだけです。

採用結果を教えてもらいたい人は、担当者に伝えるか、別の転職サイトを利用した方が良いですね。

「ワークポート」の7つのメリットは?

ここから先は、ワークポートのメリットを紹介します。

デメリットだけ見ると利用する価値はないように思えますが、メリットを見ると「なぜワークポートが未経験者に人気があるのか」その理由が理解できます。

ただし、クセのある転職サイトなので、自分に合わないと感じたら利用しない方が良いですね。

その1:未経験者が多いが、転職成功率は高い

ワークポートは、結果重視の営業スタイルです。そのため、業界やプログラミング経験がない人が利用しても、高い確率で転職に成功します。

リクナビが主催する2017年と2018年上半期の「転職決定人数部門」で1位を獲得するなど、就職成功率は他の同業者よりも高いことが証明されています。

IT企業から敬遠される30代の業界未経験者も、数多く転職に成功させています。

その2:最短1ヶ月で内定を獲得できる

数撃てば当たる方式」と酷評されていますが、この営業スタイルを用いることで、最短1ヶ月で企業から内定を獲得できます。

通常の転職サイトを利用すると、3ヶ月以上の転職期間を要するため、3倍速で就職先が決まります。そのため、1日でも早くIT企業に就職したい人に向いています。

その3:30歳以上の利用者が全体の50.7%を占める

ワークポートは、業界未経験の利用者が多い転職エージェントですが、30代の利用者は全体の47%を占めます。また、40歳以上の利用者は3.4%もいますね。

業界最大手のリクナビやDODAを利用する場合、業界経験がない30代は断られることもあります。ワークポートが幅広い層を受け入れている理由は、熱意のある担当者が多く営業力に自信があるからです。

その4:余計な駆け引きがなく、スムーズに就職先が決まる

機械的な対応が多い」と酷評されていますが、良い意味でいうとスムーズに就職先を決められます。ワークポートは次の特徴があります。

  1. 余計な駆け引きが一切なく、次から次に案件を紹介してくれる
  2. ヒアリングが少なく、案件を紹介されたら「Yes」「No」で答えるだけ
  3. 応募を開始してから、面接までの日程調整が早く次々に面接が決まる
  4. 営業力があり、募集要項の条件に達していなくても面接まで進める
  5. サポートはあっさりだが、必要最低限のことはしっかりと対応してくれる

人生相談のようにじっとりとカウンセリングされるよりも、あっさりとしたサポートを受けたい人には向いていますね。

その5:IT系の求人は豊富で、リクナビよりも豊富

ブラック企業ばかりを紹介される」と酷評されることが多いですが、実はワークポートしか扱わない優良IT企業も数多くあります。純粋にIT系だけの求人で見たら、質や量はリクナビよりも豊富です。

ワークポートが設立されたのは2003年。現在はIT以外の求人も扱いますが、元々は「WEB・ゲーム業界」を専門に扱う転職エージェントとしての歴史があります。

失礼な言い方をしますが、「ブラックばかり紹介される」という人は、その人のレベルに素直に合わせた結果ブラックが多いだけです。ワークポートに限らず、どの転職サイトを利用してもブラックを紹介される可能性は高いですね。

参考:http://career-theory.net/workpotrt-reputation-7767

その6:関東、関西圏以外にもエリアを急拡大している

近年、ワークポートは急ピッチで事業を拡大しています。以前は、関東、関西だけでしたが、現在は地方都市にも事業を拡大しています。地方都市だけではなく、タイのバンコクや韓国にも海外進出を始めています

  1. 「東京(大崎)」:東京都品川区大崎1-2-2
  2. 「東京(五反田)」:東京都品川区東五反田1-21-9
  3. 「仙台」:宮城県仙台市宮城野区榴岡4-5-22
  4. 「埼玉」:埼玉県さいたま市大宮区大門町3-82
  5. 「横浜」:神奈川県横浜市西区北幸1-11-11
  6. 「名古屋」:愛知県名古屋市中区丸の内3-17-13
  7. 「兵庫」:兵庫県神戸市中央区京町69
  8. 「大阪」:大阪府大阪市中央区平野町2-3-7
  9. 「福岡」:福岡県福岡市中央区天神1丁目3−38

その7:無料で学べるプログラミングスクールを開催

ワークポートは、プログラミング未経験者向けに「1ヶ月のエンジニアスクール」も開催しています。応募条件は、スクールに通学(東京、埼玉、名古屋、大阪、福岡)しながら同時に就職活動ができる20代です。

  • 「プログラミングを勉強しながら、同時に就職活動もするって本当に可能なの?」
  • 1ヶ月で就職先が決める人もいると聞いたけれど、本当なの?」
  • 「1ヶ月プログラミングを勉強して、具体的にはどんな効果があるの?」
  • 「スクールはただの集客の手段で、無理矢理ブラックに入社させられない?」

詳細を知りたい人は、こちらの記事を参考にしてみてください。

参考:【みんすく】デメリットや評判|1ヶ月学んだら本当に転職できる?

▼▼ワークポート がたくさんの未経験者に選ばれる理由▼▼

  1. 質よりも量重視で、1〜2ヶ月の短期間で内定を獲得できる
  2. 職歴に自信が持てない人、30代の未経験者に向いている
  3. 転職決定人数部門で1位を獲得するほど、転職成功率が高い

公式サイト:未経験からの転職ならWORKPORT

「ワークポート」の口コミや体験談は?

2003年に設立したワークポートの利用者は、すでに35万人を超えています。20代だけではなく、30歳以上の利用者が過半数(50.7%)を超えるなど、幅広い層に利用されています。

では、実際にどういう人が利用しているのか見てみましょう。

Aさん:高卒フリーターからIT企業へ就職

>>IT企業に就職するキッカケは?

そんなときに女友達から、そろそろフリーター卒業してもいいかもね、といわれました。話し込んでいるうちに、収入も不安だし楽しめる仕事があれば、正社員も良いなと思えるようになりました。そこから私も、人生初の就職活動をすることにしました。

探しても正社員で良い就職先なんて見つかるわけない、またアルバイト生活に戻るしかないかと投げやりになっていたときに、友達が「ワークポート」という就職エージェントを紹介してくれました。

最初はエージェントって何のことかもさっぱりわからなかったですが、エージェントのお姉さんに面談とかしてもらっているうちに、高卒の自分にもデスクワークは色々できるよ!と励ましてもらえました。

>>就職活動はどうでしたか?

あんまり長く話しはできなかったですが、ワークポートのお姉さんは今まで何人も高卒の人の就職のサポートをしていたそうです。その後はお姉さんの指示にしたがって簡単な書類を作って、案件を紹介してもらう準備をしました。

本当最初はエージェントなんて使ったことないので緊張していました。でも仕事を手際よくこなしながら緊張をほぐしてくれたりしました。

特に自分がずっと高卒フリーターだから、仕事が見つかりにくいと散々言われて落ち込んでいたのですが、そのことをお姉さんに話すと、若いし、今からだってなんでもできますよ!とか「アルバイトの経験もいつか絶対役に立つときが来ますよ」と、すごく優しく励ましてくれました。

もちろん不安が全部なくなったというわけではありませんが、お姉さんの一言が凄く嬉しかったです。その後数日案件を紹介してもらいましたが、ワークポートがIT系に強かったこともあって、IT系の仕事の案件が山のように送られてきました

私高卒なのに本当に紹介してもらえるんだ、とプルプル感動したのを覚えてます。

でも、難しい専門知識とかも全然ないし、やっぱり厳しいかな~と思っていたときに、「SNSを使ったお仕事・未経験者歓迎」という案件が送られてきました。私は高卒でずっとフリーターだったから、就職できるかなっていうのも不安でしたが、何とか無事合格して今は普通に正社員として働いています。

これを機にITって結構おもしろい仕事なんだなてわかって、もっと勉強してWebデザインの仕事にも関わりたいなと思えるようになりました。嬉しいのが残業が少なめってことかな。

参考:高卒フリーターの転職成功談

Bさん:保育士から未経験でIT企業へ就職

>>転職しようと思ったキッカケは?

転職を考えた理由は、保育士の仕事では現実的に生活が成り立たないからです。保育士を選んだ理由は単純に子供が好きだったからです。子供の世話ができる仕事であれば、ストレスは掛からないと思っていました。

しかし、現実は想像していたよりもはるかに厳しいものでした。

保育士をしていたころの給与は額面で17万円、手取りは15万円にも満たない金額です。地方でひとり暮らしでしたが、家賃と生活費を差し引くと手元には残りません。年齢とともに給与が増えれば良いですが、年齢の保育士を見ても給与が変わらないのは目に見えてわかっていました。IT企業を目指した理由は、手に職をつけられるので将来の生活が安定すると考えたからです。

>>求人に応募するときの基準は?

ITに関する知識はなかったので、条件(月給20万円以上、社内研修がある)を満たす企業は全て応募しました。

担当者の方は、「未経験者を採用してくれる企業は限られているので、あまり選択肢は多くないですよ。できる限り応募しましょう」と言われていました。週に20社ほど紹介して貰い、その8〜9割の企業に応募していきます。

ただし、残業代が支給されない企業、明らかにブラックだとわかる企業は外して貰いました。

>>ワークポートを利用した感想は?

他の転職エージェントを利用したことがないので比較材料ないです。しかし、ワークポートを利用し短期間でIT企業に就職できたので、利用して良かったと思っています。

ただし、紹介される案件と応募する案件の数が多く、次から次に求人を紹介されたので最初は戸惑いました。次第にどの企業に応募したのか管理できなくなり、後半は準備する時間がないまま次から次に企業に面接に行ったのが残念な点です。

もう少し余裕を持って、転職活動した方が良いのではないかとも正直思いました。

参考:保育士からSEへ

▼▼諦めなければ必ず目標は実現できる▼▼

私は社内開発ができる企業に入社、海外勤務も経験し30歳で年収500万円を超えました。

しかしながら、最初から順調なキャリアだったわけではなく、1社目に入社した先はブラックでした。夜の10時過ぎまで働くも残業代は1円も支給されず、時給に換算すると千円以下。

身体は疲れているのに、布団に入ると将来が不安で夜も眠れません。ある仕事帰りの電車の中で、窓に映った惨めな自分の姿を目にします。苦労して育ててくれた母親のことを思い、自然と目から涙が溢れました。

転職したくても、行動に移す勇気がなく3年が経ちます。働くためだけに社会から生かされている生活に嫌気が指していた時に、知人から転職エージェントを紹介されました。半ば強制的に登録させられ就職活動が始まります。

その2ヶ月後に社内開発できる企業に就職し、人生が大きく変わりました。この知人のおかげで、自分を信じて行動すれば、必ず良い方向に進むことを知ります。未来は自分が思い描くことしか実現されないので、行動しなければ一生変わらないですね。

私が転職を勧める理由は、過去の辛い体験から1人でも多くブラックで苦しむ人を減らしたいからです。

ブラックから転職して変わったこと
  1. 給料が右肩上がりに増えた(4年で300→520万円
  2. 納期がない月は、毎日定時に帰宅できた(月の残業は20時間
  3. 転職市場で評価されるスキルを習得できた(+50〜100万円で掲示
  4. 社内開発できる企業に就職し海外勤務」と「海外出張」を経験できた

まとめ:【ワークポート】の悪い評価やデメリット

ワークポートのデメリット
  1. 営業がしつこく、利己的な対応をする担当者が多い
  2. サービスの質よりも、量を重視する営業スタイル
  3. 求人の質は、全体的に低くブラックも多い
  4. 応募する企業の数が多く、とにかく面接が増える
  5. 不採用の連絡を直接教えてくれない

デメリットがたくさんあることがわかります。

ただし、デメリットばかりではなく、メリットもたくさんありますね。利己的な対応が多いのも事実ですが、業界未経験者でも1ヶ月で内定を獲得できるほど、結果に重視する担当者がたくさんいます。

ワークポートが短期間で事業を拡大できている理由は、他の転職サイトにない結果に重視した営業スタイルを確立しているからです。もちろん、初めての転職活動で、じっくりと時間をかけて就職したい人は、無理に利用する必要はないですね。

ワークポートと対極的なサービスは「マイナビ×IT」です。マイナビの担当者は、丁寧な対応で利用者からの評判が高いので、初めての転職者で不安が強い人に向いています。

ワークポートの特徴をまとめると、次の人に向いているサービスです。

  1. 過去の職歴や経歴に自信が持てない
  2. 業界未経験の20〜30代で、確実にIT企業に就職したい人
  3. 1〜2ヶ月の短期決戦で、1日も早く就職活動を終わらせたい人
  4. 丁寧で質が高いサービスよりも、結果重視でアッサリしたサービスを好む人

クセが強いので、しっかりと特徴を把握してから利用しましょう。

参考:【ワークポートの評価】未経験者でも、本当に1ヶ月で就職できる?

IT未経験の転職活動で必要なもの

転職活動を開始するに当たって、私たちが必要な準備は何もありません。また、私たちは全てのサービスを無料で利用できます。途中で就職を辞退しても罰金など一切ありません。

履歴書や職務経歴書の準備は、キャリアコンサルタントと面談し転職の意思を固めた後で必要になります。面談することで進みたい方向性が決まり、その段階で具体的な準備を始めた方が手戻りが少ないですね。

ワークポートは、最短で1ヶ月で内定を獲得できます。通常なら3ヶ月掛かる就職活動を、3倍速で進められるのはワークポートだけの特徴です(大手リクナビやDODAは内定まで3ヶ月掛かる)。

登録から面談までの流れ
  1. 公式サイトから会員登録する(氏名や住所など1分程度
  2. 担当者からメールか電話があり、面談日を指定する(平日夜や週末可)
  3. 40分のキャリア面談は電話でも対応してる(面談場所は大崎、五反田、横浜)

キャリア面談後には、希望する条件の企業を20社紹介してくれます。紹介される案件の応募条件を1枚1枚じっくりと読むと、「開発経験がない1度もない人材でも、必要としてくれる企業がたくさんあるんだな」と自信を持つことができます。

もちろん、働きたいと思える企業がなければ、無理に応募する必要はありません。売り手市場なので、私たちが企業を選ぶ立場にありますね。

キャリア面談は、私たちに新しい出会いの場を提供してくれます。就職活動を始める事でたくさんの企業に出会う機会がありますね。同じような志を持つ者同士は、お互いに引き寄せられますね。

また、転職活動は私たちの内面と向き合うことで、やりがいのある仕事を見い出し、新しい人生の再スタート切るためでもあります。

私は新しい道を歩み始めた事で、大きく生涯収入を増やすことに成功し、夢だった海外就職も実現できました。単なるキャリアチェンジと考えるのではなく、人生を大きく変えるための最初の一歩と考えましょう。

また、いま現在収入が増えない仕事に就いているならば、長期的に大きな損をします。

今後、経験年数と共に給与が増えない付加価値が低い仕事は、外国人か人工知能に代替されます。昇給する社員としない社員は、毎年30〜50万円も年収に差が開きますね。

5年経過すると、200万円(300→500万円)の年収格差が生まれます。10年経過すれば、生涯収入は2000万円も差が開きます。

未経験者の市場価値は年齢とともに減少するため、将来動くのであれば景気が上向いている今行動した方が良いです。2019年以降では、金融危機が発生しもう手遅れかもしれません。

登録に必要な項目は少ないので、通勤中にスマホからでも簡単に面談を予約できます。

 

会員登録と面談の日程調整、それから面談して求人を紹介してもらう、全ての工程で1時間も掛かりません後からキャンセルもできるので、会員登録だけでも先に終わせた方が良いですね。登録フォームは1分で埋められます。

公式サイト:未経験からの転職ならWORKPORT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください