【ワークポートの評価】未経験者でも、本当に1ヶ月で就職できる?

公開求人数
  1. 公開求人数:15820件
  2. 非公開求人数:非公開
  3. 未経験可:1038件
  4. 海外求人数:21件
デメリット
  1. 営業がしつこく利己的(事務的)な対応をされる
  2. 質よりも量を重視するため、1度にたくさん案件を紹介される
  3. 的外れな提案をされる、キャリア向けの転職には向いていない
特徴・対象者
  1. 未経験者、かつ短期間(2ヶ月)で転職したい人向け
  2. 20〜30代の利用者が多く、30歳以上の利用者は58%を占める
  3. 利己的だが対応が早く、結果にコミットしてくれる
  4. IT系の求人が豊富で、リクナビにない企業も多数扱う
  5. 余計な駆け引きがなく、スムーズに内定を獲得できる
事業所
  1. 東京(大崎):東京都品川区大崎1-2-2
  2. 東京(五反田):東京都品川区東五反田1-21-9
  3. 仙台:宮城県仙台市宮城野区榴岡4-5-22
  4. 埼玉:埼玉県さいたま市大宮区大門町3-82
  5. 横浜:神奈川県横浜市西区北幸1-11-11
  6. 名古屋:愛知県名古屋市中区丸の内3-17-13
  7. 兵庫:兵庫県神戸市中央区京町69
  8. 大阪:大阪府大阪市中央区平野町2-3-7
  9. 福岡:福岡県福岡市中央区天神1丁目3−38
転職成功例 保育士からITへ」、「保守運用から社内開発へ
公式サイト 未経験からの転職ならWORKPORT

「ワークポート」の最大の特徴は、キャリアアドバイザーの営業力が高くコミットメントに重視していることです。そのため、リクナビが主催する転職決定人数部門で1位を獲得するなど、就職の決定率に強みがあります。

最短で1ヶ月で内定を獲得でする人がいるほど、急ぎの転職にも向いています。

ワークポートを利用することで、プログラミング経験がない人でも、1ヶ月後にはエンジニアとして新たなキャリアをスタートできます。専門職を選択するメリットは、景気動向に左右されにくく、スキルがあればリストラや失業の心配がない事ですね。

他にもこのようなメリットがあります。

  1. 肉体労働や単純労働と違い、経験年数に応じて給料が増えていく
  2. 初年度の年収は300〜350万円(月給20〜24)が相場
  3. 30代の平均年収は505万円と、会社員の平均よりも91万円も高い
  4. 専門のプログラミングスキルを活かして、副収入を得やすい
  5. IT技術の発達とともに、エンジニアの需要は増え続けている
  6. スキルがある人材は、いつでも条件が良い企業に転職できる

しかしながら、高い成果を出しながらも、利用者からの評価は両極端に分かれます。

結果とスピード重視の転職サービスは、「数打てば当たる方式利己的な対応が多い」「紹介される案件は的を得ていない」と指摘する声もあるからです。

そのため、ワークポートを利用する人は、すぐに就職する明確な理由があり、確実にIT企業に就職したい人だけが利用しましょう。

ワークポートを利用したい人向け
  1. ワークポートを利用して、SEに転向できた人はたくさんいる
  2. 誰が利用しても、本当に最短(1〜2ヶ月)でIT企業に就職できるの?
  3. 未経験から、IT企業へ就職した人たちのリアルな声は?
  4. まずは、無料でいくつか案件を紹介してもらう

未経験から、1ヶ月で就職した人がたくさんいる

「ワークポート」を利用して、たくさんの人がIT企業への就職を成功させています。具体的には次の人たちが、未経験からIT企業への就職に成功しました。

  1. 24歳女性:大学を退学し、フリーターから未経験でIT企業に就職する
  2. 22歳男性:飲食店勤務から、未経験でIT企業に就職する
  3. 24歳女性:不安なことを解消しながら転職活動ができた
  4. 32歳男性:関東からUターンで、地元の名古屋のIT企業に就職する
  5. 24歳男性:アルバイトから、広告を運用しているIT企業へ就職する
  6. 30歳男性:年齢的に最後のチャンスだと思い、未経験からIT企業へ就職する

他にもたくさんの就職希望者が、未経験からIT企業への転職に成功しています。実例をもっとたくさん知りたい人は、ワークポートが運営するメディアを参考にしてください。

参考:ワークポート利用者の声

本当に、未経験でも1ヶ月で就職できるの?

通常の転職活動は、2〜4ヶ月程の期間を要しますね。

では、なぜワークポートを利用すると、プログラミング未経験にも関わらず、わずか1ヶ月で就職先が決まるのでしょうか。

①その秘密は、質より量を重視した営業スタイルにある

ワークポートは、転職の結果を重視した転職エージェントです。

質よりも量を重視するため、応募者の負担も大きいですが、着実に成果を残しています。ワークポートは、リクナビが主催する2017年と2018年上半期の「転職決定人数部門」で1位を獲得するなど、就職成功率は他の同業者よりもダントツで高いです。

②そのため、余計な駆け引きが一切ない

ワークポートは、他の転職エージェントにはない新しいスタイルを確立しています。具体的には、次のような特徴があります。

  1. 余計な駆け引きが一切なく、次から次に案件を紹介してくれる
  2. ヒアリングが少なく、案件を紹介されたら「Yes」「No」で答えるだけ
  3. 応募を開始してから、面接までの日程調整が早く次々に面接が決まる
  4. 営業力があり、募集要項の条件に達していなくても面接まで進める
  5. サポートはあっさりだが、必要最低限のことはしっかりと対応してくれる

通常の転職エージェントは、まずはじっくりと応募者の要望を聞くところから始まります。そして、応募者の反応を見ながら紹介する案件を吟味しますね。

例えば、最初に紹介する案件は、応募者のモチベーションを維持するために、あえて給与条件が高い求人を紹介。2回目、3回目で現実的な案件を紹介するなど、営業のテクニックを披露する担当者もいます。

③だから、未経験者でも1ヶ月で就職できる

ワークポートの量を重視する営業スタイルは、確実に結果に繋がっています。

だからこそ、未経験者が利用しても1ヶ月で内定を獲得できますね私も過去にワークポートを利用したことがありますが、募集要項の条件に達していない求人でも面接に進めたのは驚きました。

他の転職サイトであれば、スキルが条件に達していないから応募できないと言われます。

また、1度に紹介される案件は業界最大手のリクナビよりも多く、途中で挫折さえしなければ、確実に企業から内定を得られます

▼▼ワークポート がたくさんの未経験者に選ばれる理由▼▼

  1. 質よりも量重視で、1〜2ヶ月の短期間で内定を獲得できる
  2. 職歴に自信が持てない人、30代の未経験者に向いている
  3. 転職決定人数部門で1位を獲得するほど、転職成功率が高い

公式サイト:未経験からの転職ならWORKPORT

未経験から、就職した人たちのリアルな声は?

2003年に設立したワークポートの利用者は、すでに35万人を超えています。20代だけではなく、30歳以上の利用者が過半数(50.7%)を超えるなど、幅広い層に利用されています。

では、実際にどういう人が利用しているのか見てみましょう。

Aさん:高卒フリーターからIT企業へ就職

>>IT企業に就職するキッカケは?

そんなときに女友達から、そろそろフリーター卒業してもいいかもね、といわれました。話し込んでいるうちに、収入も不安だし楽しめる仕事があれば、正社員も良いなと思えるようになりました。そこから私も、人生初の就職活動をすることにしました。

探しても正社員で良い就職先なんて見つかるわけない、またアルバイト生活に戻るしかないかと投げやりになっていたときに、友達が「ワークポート」という就職エージェントを紹介してくれました。

最初はエージェントって何のことかもさっぱりわからなかったですが、エージェントのお姉さんに面談とかしてもらっているうちに、高卒の自分にもデスクワークは色々できるよ!と励ましてもらえました。

>>就職活動はどうでしたか?

あんまり長く話しはできなかったですが、ワークポートのお姉さんは今まで何人も高卒の人の就職のサポートをしていたそうです。その後はお姉さんの指示にしたがって簡単な書類を作って、案件を紹介してもらう準備をしました。

本当最初はエージェントなんて使ったことないので緊張していました。でも仕事を手際よくこなしながら緊張をほぐしてくれたりしました。

特に自分がずっと高卒フリーターだから、仕事が見つかりにくいと散々言われて落ち込んでいたのですが、そのことをお姉さんに話すと、若いし、今からだってなんでもできますよ!とか「アルバイトの経験もいつか絶対役に立つときが来ますよ」と、すごく優しく励ましてくれました。

もちろん不安が全部なくなったというわけではありませんが、お姉さんの一言が凄く嬉しかったです。その後数日案件を紹介してもらいましたが、ワークポートがIT系に強かったこともあって、IT系の仕事の案件が山のように送られてきました

私高卒なのに本当に紹介してもらえるんだ、とプルプル感動したのを覚えてます。

でも、難しい専門知識とかも全然ないし、やっぱり厳しいかな~と思っていたときに、「SNSを使ったお仕事・未経験者歓迎」という案件が送られてきました。私は高卒でずっとフリーターだったから、就職できるかなっていうのも不安でしたが、何とか無事合格して今は普通に正社員として働いています。

これを機にITって結構おもしろい仕事なんだなてわかって、もっと勉強してWebデザインの仕事にも関わりたいなと思えるようになりました。嬉しいのが残業が少なめってことかな。

参考:高卒フリーターの転職成功談

Bさん:保育士から未経験でIT企業へ就職

>>転職しようと思ったキッカケは?

転職を考えた理由は、保育士の仕事では現実的に生活が成り立たないからです。保育士を選んだ理由は単純に子供が好きだったからです。子供の世話ができる仕事であれば、ストレスは掛からないと思っていました。

しかし、現実は想像していたよりもはるかに厳しいものでした。

保育士をしていたころの給与は額面で17万円、手取りは15万円にも満たない金額です。地方でひとり暮らしでしたが、家賃と生活費を差し引くと手元には残りません。年齢とともに給与が増えれば良いですが、年齢の保育士を見ても給与が変わらないのは目に見えてわかっていました。IT企業を目指した理由は、手に職をつけられるので将来の生活が安定すると考えたからです。

>>求人に応募するときの基準は?

ITに関する知識はなかったので、条件(月給20万円以上、社内研修がある)を満たす企業は全て応募しました。

担当者の方は、「未経験者を採用してくれる企業は限られているので、あまり選択肢は多くないですよ。できる限り応募しましょう」と言われていました。週に20社ほど紹介して貰い、その8〜9割の企業に応募していきます。

ただし、残業代が支給されない企業、明らかにブラックだとわかる企業は外して貰いました。

>>ワークポートを利用した感想は?

他の転職エージェントを利用したことがないので比較材料ないです。しかし、ワークポートを利用し短期間でIT企業に就職できたので、利用して良かったと思っています。

ただし、紹介される案件と応募する案件の数が多く、次から次に求人を紹介されたので最初は戸惑いました。次第にどの企業に応募したのか管理できなくなり、後半は準備する時間がないまま次から次に企業に面接に行ったのが残念な点です。

もう少し余裕を持って、転職活動した方が良いのではないかとも正直思いました。

参考:保育士からSEへ

Cさん:保守運用から社内開発できるIT企業へ

>>転職しようと思ったキッカケは?

再び就職活動を開始した理由は、またIT企業で働きたいと以前から思っていたからです。というのも、前職を辞めた理由は、ITの仕事が嫌いだったからではありません。未経験でこの業界に入り、入社後に行った3ヶ月のプログラミング研修は純粋に楽しかったです。

しかしながら、研修が終わりクライアント先に毎日出向させられることで状況は一変しました。常駐先でシステムの運用や保守、ドキュメント作成など、単純労働しかできないことに不満があったからです。

上司には開発案件に就きたいと希望を出していたが、不景気を理由に実現することはありませんでした。そのため、次にIT企業に入社するときは、社内開発ができる企業で働きたいと思っていました。

>>ワークポートを利用した理由は?

転職エージェントを利用した理由は、企業の応募や交渉などすべて自分だけで行うのは難しいと思っていたからです。キャリアエージェントは秘書みたいな感覚で使えるので、効率良く転職活動ができますよね。

離職中で就職活動に多くの時間を使えるので、エージェント3社に登録しました。

まずは業界最大手のリクルートキャリア、転職市場で最近勢いがあるDODA、それから友人に勧められたワークポートです。ワークポートは、営業力に強みがあり転職の成功率が高いと聞いていたので、体験も兼ねて登録しました。

3社からキャリア面談や案件を紹介して頂き、最終的にはワークポート一本に絞りました。

ワークポートは何をするにもレスポンスが早く、他の転職エージェントの2〜3倍速で進んだからです。キャリア面談が終わった翌日には、50件の案件がWebシステム経由で送られてきます。当初は案件の数が多すぎて戸惑ったのですが、時間はたっぷり合ったので処理するには十分でした。

むしろ、1日でも早く就職活動を終わらせて安心したいと思っていたので、これくらいスピード感がある方が合っていましたこの当時は空白期間が5ヶ月もあったので、貯金に余裕がありませんでした。また、IT関連の求人が豊富で、リクナビやDODAが扱っていない企業を紹介されたことも、ワークポート1本に絞った理由です。

>>転職で実現できたことは?

4社内定を頂き、その中の1社に決めました。この1社が希望する条件を満たすことができたからです。

  1. すでにプロジェクトがあり、社内の開発案件に就ける
  2. 残業代が全額支給される
  3. 客先常駐もしているが、基本的には1次請けのみ
  4. 社内の開発案件であれば私服で出勤OK

入社後に確実に開発案件で働けることが決め手でした。

その企業はすでにクライアントから短期の開発案件を受注し、そのための人員を確保するために募集していたからです。就職後の初年度の年収は330万円が目安だと言われていました。自分の経歴からすると決して悪くはないですね。前職と違い残業代も支給されるので、労働時間が増えると収入も増えます。

>>ワークポートを利用した感想は?

ワークポートの評価は自分の中ではかなり高いです。希望通りの企業に就職できたのは、ワークポートの担当者のおかげでした。実は当初ワークポートを利用したときは、大量に送られてくる求人や頻繁に掛かる電話やメールがウザいと思っていました。しかしながら、この担当者のペースに合わせて活動することで、次から次に面談が決まります。

結果的に、空白期間が6ヶ月あるにも関わらず、1ヶ月半で企業から内定を得られましたその後は自分に自信が持つことができたので、より楽しく転職活動が続けられました。担当者さんのスピーディな対応が、この結果に繋がったと思っています。

私のように、1日も早く就職しなければならない理由がある人は、是非ワークポート を利用してみてください。

参考:保守運用から自社開発へ

「ワークポート」のデメリットや改善点は?

ワークポートは、スピード重視で結果にコミットしてくれる転職サービスです。しかしながら、デメリットを挙げる利用者もいるので、次の点に注意してください。

  1. 営業がしつこく利己的(事務的)な対応をされる
  2. 質よりも量を重視するため、1度に大量の案件を紹介され処理できない
  3. 的外れな提案もあり、キャリア向けの転職には向いていない

ワークポートの担当者は、とにかく押しが強い人が多いです。

次から次に案件を紹介されるので、億劫に感じる人も少なくありません。また、質よりも量を重視する営業スタイルのため、紹介される案件の質も全体的に高くはありません

このようなデメリットが多いのも事実ですが、個人的には、ワークポートは今のスタイルの方が良いですね。なぜならば、他の転職サイトにはない特徴があるからです。

逆に、じっくりと転職活動をしたい人には合わないサービスなので、素直に別の転職エージェントを利用しましょう。ワークポートと対照的なサービスは、「マイナビ×IT」です。20代の未経験者向けですが、丁寧なサポートと評価が高く、はじめての転職活動に向いています。

参考:【マイナビ×ITの評価】20代向けの中小・優良企業に強みがある

▼▼ワークポート がたくさんの未経験者に選ばれる理由▼▼

  1. 質よりも量重視で、1〜2ヶ月の短期間で内定を獲得できる
  2. 職歴に自信が持てない人、30代の未経験者に向いている
  3. 転職決定人数部門で1位を獲得するほど、転職成功率が高い

公式サイト:未経験からの転職ならWORKPORT

まずは、無料でいくつか案件を紹介してもらう

ワークポートは、転職の意思が固まっていない人のためにも、キャリア相談だけでも気軽に利用できます。

キャリア相談では、就職活動の準備は必要ない

転職活動を開始するに当たって、私たちが必要な準備は何もありません。

履歴書や職務経歴書を準備するのは、キャリアコンサルタントと面談し転職の意思を固めた後の話です。コンサルタントと面談することで、IT業界の中で目指す職種や方向性も決まります(最初から方向性がはっきりしている人はいないですね)。

その段階で、書類を準備した方が修正する手間が省けますね。

また、キャリアエージェントに相談することで、履歴書や職務経歴書の書き方も丁寧にアドバイスしてくれます。

利用者が増えるとサービスの質が低下する

転職エージェントは、開始時期や人数制限がないのでいつでも利用できます。

しかし、キャリアアドバイザーの数は限られているため、利用者が増えるとひとりが受けられるサービスの質は低下します。

企業は半期(4月と10月入社)ごとに新しい人材を採用します。そのため、今の時期は春入社に合わせて動く人が増えるので、早めに行動した方が良いですね。遅くても2019年の3月末までに、内定を獲得できるように計画を立てましょう。

転職サポートは全て無料で受けられる

転職エージェントのサービスは全て無料で受けられます。

キャリアアドバイザーは、人材を紹介し転職を成功させることで、企業から成果報酬(就職後の年収の3割)を得ているからです。そのため、無料だからと引け目を感じる必要はないでですね。

私は、IT業界の動向や現在の市場価値を知るために、転職エージェントさんと定期的にキャリア面談をしています。エージェントを利用することで、無料で次のサービスを受けられます。

  1. 長期的なキャリアのアドバイスをしてくれる
  2. 私たちのスキルや希望に合う求人を、紹介(20〜40社)してくれる
  3. 企業に応募する際に、私たちの特徴をまとめた推薦状を書いてくれる
  4. 自己PRや志望動機など、書類選考に通過しやすい書き方を教えてくれる
  5. 過去の採用者のデータから、具体的な面接対策をしてくれる
  6. 企業との面談調整や給与交渉など、面倒なことを全て代行してくれる

また、直接ワークポートに来社すると、履歴書で必要な写真を撮る「証明写真機」が無料で利用できます

キャリア相談の申し込み方法

ワークポートは、無料のキャリア相談を行なっています。

公式サイトを開き「転職相談はこちら」を選択します。入力項目は、名前とメールアドレス、電話番号などの個人情報、1分で登録できます。

直接オフィスに伺うのが難しい人は、電話面談も対応しています。

ワークポート(東京)へのアクセス

JR山手線「大崎駅」から徒歩5分

その他の事業所はこちらです。

  1. 東京(大崎):東京都品川区大崎1-2-2
  2. 東京(五反田):東京都品川区東五反田1-21-9
  3. 仙台:宮城県仙台市宮城野区榴岡4-5-22
  4. 埼玉:埼玉県さいたま市大宮区大門町3-82
  5. 横浜:神奈川県横浜市西区北幸1-11-11
  6. 名古屋:愛知県名古屋市中区丸の内3-17-13
  7. 兵庫:兵庫県神戸市中央区京町69
  8. 大阪:大阪府大阪市中央区平野町2-3-7
  9. 福岡:福岡県福岡市中央区天神1丁目3−38

ただし、関東、関西圏以外の求人は少ないので注意してください。

▼▼プログラミング未経験でもSEになれる▼▼

IT業界は未経験でも入社できる、専門職の中では珍しい職種ですただし、未経験者はブラックに入社する確率が高いのは事実なので、慎重に行動する必要がありますね。

ブラックを避けて普通のIT企業に入社したことで、私は次のメリットがありました。

SEに就職する利点
  1. 経験年数に合わせて、給料が右肩上がりに増える(4年で300→520万円
  2. 納期がない月は、毎日定時に帰宅できる(月の残業は20時間
  3. 転職市場で、高く評価されるスキルを習得できた(+50〜100万円で掲示
  4. 社内開発できる企業に就職し海外勤務」と「海外出張」を経験できる
  5. 本業の他に、ネットビジネスを利用して副収入を得られる(月に10万円以上

まとめ:【ワークポート】の評価やデメリット

ワークポートを利用する利点
  1. 未経験者、かつ短期間(2ヶ月)で転職したい人向け
  2. 20〜30代の利用者が多く、30歳以上の利用者は58%を占める
  3. 利己的だが対応が早く、結果にコミットしてくれる
  4. IT系の求人が豊富で、リクナビにない企業も多数扱う
  5. 余計な駆け引きがなく、スムーズに内定を獲得できる

ワークポートは、20代や30代の未経験社向け、スピードと結果重視の転職サービスです。そのため、1日も早く就職活動を終わらせて、就職したい人の向いていますね。

私は多くの人にIT業界を目指して欲しいと心から願っています。なぜならば、ITエンジニアは正しい努力さえすれば、確実に稼げる業界だからです。

私は、過去に2度もブラックで働いたことがあります。この時期は、長時間労働で働かされるも給料が一向に増えず、夜も不安で眠れないほど生きているだけで辛かったです突発的に会社を辞めてしまい、6ヶ月の無職生活を送り人生のどん底を味わったこともあります。

それでも、ブラックを抜け出し普通のIT企業に就職できたのは、専門職を選んだからですね。普通の企業に就職してからは、私の給料は右肩上がりに増え始めます。

年収300万円時代は、生活するだけで手元にお金はほとんど残りませんでした。しかし、年収が400万円を超えてからは、リフレッシュしたり、自己投資に回す余裕が生まれます。

週末は友人と食事、温泉やサウナ、マッサージに行き身体の疲れを癒す。技術関連の書籍やスクールに通いプログラミングや語学の勉強をする。その結果、仕事が評価されるようになり、転職してから4年で年収500万円も超えました。

現在は株式投資にお金を回したり、副業で月に数万円稼ぐなど、さらにお金を増やす方法を学んでいます。20代の頃にお金がない経験をしたせいか、今は毎日楽しく生活できています。

だから、本当にこの業界を選んで良かったと思っています。

いまここで決断できないと、あなたの未来も一生変わらないかもしれません。

現在、IT業界は売り手市場なので、未経験者でもプログラミングを無料で学ぶことができ、こちらからお願いしなくても就職先まで見つけてくれますしかし、日本政府が移民を受け入れたり、2008年のような金融危機が発生することで、再び買い手市場に戻りますね。

そうなると、次のことが現実に起こります。

  1. 企業は、教育コストが掛かる未経験者の採用をストップする
  2. 有効求人倍率が1倍を切り、経験者でも内定が獲得できない
  3. 人件費が安い外国人を大量に採用し、海外でシステム開発する
  4. 日本人SEは、国内で開発経験が積みたくても積めない
  5. 専門職以外の労働者は、人件費削減(人工知能の採用)のためリストラにあう
  6. プログラミングスクールは、採算が取れないため無料サービス(就職支援)を終了する

今は景気がいいからいつでも転職できると楽観的に考えるのではなく、1日も早くエンジニアになり専門スキルを身に付けましょう。スキルがある人材は、不況に強いのでリストラされる心配はなくなります。

IT未経験の転職活動で必要なもの

転職活動を開始するに当たって、私たちが必要な準備は何もありません。

履歴書や職務経歴書を準備するのは、キャリアコンサルタントと面談し転職の意思を固めた後の話です。コンサルタントと面談することで、IT業界の中で目指す職種や方向性も決まります(最初から方向性がはっきりしている人はいません)。

その段階で書類を準備した方が修正する手間が省けますね。

はじめて経歴書を作成した時は、何を書けば良いのかわからず何度も消しては書き直していました。キャリアエージェントに相談すると、経歴書の書き方から添削まで優しく的確にアドバイスしてくれます。

採用担当者が知りたい事にポイントを抑えて書くと、少ない時間で完成度が高い経歴書を書けます。

業界未経験者向けの転職サイトはたくさんありますが、ワークポートは1〜2ヶ月以内に確実に就職を成功させたい人にお勧めです。

登録に必要な項目は少ないので、通勤中にスマホからでも簡単に面談を予約できます。

 
面談までの流れ
  1. 公式サイトから会員登録する(氏名や住所など5分程度)
  2. 会員登録完了後に担当者からメールが送られてくる
  3. 担当者とキャリア 面談を行う(面談場所は京橋や横浜など、電話でも対応可能)
  4. キャリア 面談時に、条件にマッチする案件を10〜20社程度紹介してもらう
  5. 転職活動する意思を固めた場合のみ、書類の準備を始める

まずは、自分にエンジニアの適性があるか見るためにもエージェントに相談してみましょう。電話でも対応してくれるので、会社のお昼休みからでも気軽に相談できます。

公式サイト:未経験からの転職ならWORKPORT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です