プログラミングを学んでノマドになりたい|理想と現実、その実態は?

プログラミングを学んで、自適悠々に旅ができるノマドを目指そう」という風潮がありますよね。しかしながら、本当にプログラミングを学べば、ノマド生活を送れるのか疑問に感じている人も少なくありません。

  • プログラミングを学ぶと、場所や時間に縛られず自由な生活が手に入るの?」
  • 「旅しながら働くって、ぶっちゃけ仕事の効率が悪いだけじゃない?」
  • 「ノマド生活を送るためには、具体的に何から始めればいいの?」

結論から伝えると、プログラミングを学ぶだけでは、自由な生活を実現するのは100%無理です。簡単に実現できるなら、現役で働いている9割のSEが、今すぐに会社を辞めて自由なライフスタイルを手に入れますよね。

海外生活を送りながら働くのも、現実的に無理があります。

納品物や成果物にトラブルがあったときに、すぐに駆けつけられないプログラマーに、仕事を発注するクライアントはどこの世界にもいないからです。

プログラミングを勉強すればノマド生活が送れると語るのは、プログラマーではなくてただのブロガーです。記事の最後には必ずプログラミングスクールの広告がありますね。海外生活を前面に押し出すのは、成約率を高めるためです。

ここでは、ノマドライフの理想と現実のギャップ、その実態について紹介します。

ノマド生活を送りたい人向け
  1. ノマドワーカーが、世間で注目されている理由は?
  2. ノマドライフの理想と現実のギャップは?
  3. それでも、ノマド生活を目指す方法は?

▼▼1円も料金が発生しない完全無料のスクール3校▼▼

  1. ProEngineer卒業後は就職先3500社から選べる
  2. 『ITCE Academy』宿泊施設も無料、1ヶ月でSEになれる
  3. TECH::EXPERT30代でも転職保証が受けられる(有料)

※コロナの影響で無料スクールが終了する可能性もあります

<2020年9月:SE転職の最新情報>

コロナウイルスによる経済悪化に伴い、夏以降は企業の採用枠が大幅に減る事が予測できます

リーマンショック時は有効求人倍率が「0.45倍」まで落ち込みました。その後、金融危機前の1倍に戻したのは2014年です。つまり、コロナを理由に今転職活動を見送ると、次にIT業界の未経験者採用が再開されるのは6年後です。

3月以降の米国失業保険申請者数は、8月末の累計で「5859万人」を超えました(参考:新規失業保険申請件数08/29)。ピークの664万人を超えたが、現在も1週間で100万人が職を失い続けています。リーマンショックでさえ3月の失業者数は80万人だけでした。

2008年と同様に米国の経済危機は、数ヶ月の時間差で日本にも必ず伝搬します。日本でもコロナ解雇が進み、3月以降から失業者が増え続けています

本来であれば、半期末の7・8月は未経験者向けの求人が増える時期ですしかしながら、コロナ危機の影響で、未経験者の夏と秋採用は見送られる可能性が高いです。過去8年間は、未経験者でも選考書類を送れば就職できた幸運な時期だったと言えます。

今月は未経験者でも採用できる最後の月です。目標から逆算すると、遅くても今月中には企業から内定を得る必要があります

今はスクールでプログラミングを学ぶよりも、1日も早くIT企業に就職する事を考えましょう。IT企業からの支援金で成り立つ無料スクールも、夏前にサービスが終了してる可能性が高いです

未経験者向けの転職サイトで1番のお勧めは「マイナビ×IT」です。なぜならば、ブラックから脱出し目標だった社内開発に就職できたからです。年収は4年間で300→520万円まで増え、納期月以外は毎日定時に帰宅しています。

コロナの影響で電話メール中心で転職活動の支援をしています

公式サイト:マイナビエージェント

ノマドワーカーが注目されている理由は?

ノマドワーカーとは、ノートパソコンやタブレットを使い、場所や時間に縛られずに働く労働者を指します。プログラマーは、パソコンとネットがあれば仕事ができるため、ノマドワーカーと相性が良いと言われています。

ここでは、ノマドワーカーが注目される理由を紹介します。

その1:好きな場所で働ける

ノマドワーカーの最大の利点は、場所の制約がなくなる事です。

私たち会社員にとって1番のストレスは、満員電車による通勤ですね。地方であれば、朝の交通量が多い中でのクルマ通勤です。仕事を始める前から、精神的にも肉体的にも消耗し、最も仕事が集中できる朝の貴重な時間を無駄にします。

ノマド生活を実現したら、通勤する必要がないため好きな場所に住めます。

その2:好きな時間に働ける

私たち会社員は、朝の9時から始業し、早くても夕方の6時まで働きます。一般的な会社員であれば、夜の8時、9時まで残業しますね。

ノマド生活を実現したら、自由な時間で働くことができます。早く仕事を終わらせて自由な時間を満喫したい人は、朝6時から昼の3時まで、という働き方も可能です。

その3:海外を旅しながら働ける

ノマド生活を実現できたら、私たちは場所と時間の制約がなくなります。場所と時間の制約がなくなると、海外を旅しながら働く人が増えます。ネットで「ノマド」で検索すると、海外で旅をしながら、ブログを更新している人がたくさん見つかりますね。

しかしながら、本当にノマドは自由な働き方を実現できるのでしょうか?

ノマドライフの理想と現実のギャップは?

私たち会社員は、常に縛られた働き方をしているので、ノマドライフに理想や憧れを持つ人は多いです。しかしながら、旅をしながら働くのは実はメリットばかりではありません。

むしろ、仕事を発注する側に立ち、現実的に考えれば考えるほどデメリットの方が大きい事がわかります。

その1:ネットとPCだけでは働けない

プログラミングを学べば、自由な働き方ができる」と主張する人は多いですよね。

しかしながら、プログラマーはネットとPCがあるだけでは仕事が成立しません。ネットとPCを準備する前に、仕事を発注するクライアントがいなければ仕事がないからです。当然ですが、クライアントは簡単には見つかりません。

プログラミングスキルがある人材は、世界中に何百万人います。信頼関係もなく目の届かない海外やカフェで作業し、問題が発生してもすぐに駆けつけられないプログラマーに、仕事を依頼する人はいません。

まずはIT業界で働いて人的なネットワークを作る必要があります。

その2:クラウドソーシングは儲からない

参考:クラウドワークス2016年9月期決算資料

クライアントは、クラウドソーシングを利用すれば簡単に見つかる」と主張する人もいますよね。

しかしながら、現実的にクラウドで生活費を稼ぐのは非常に難しいです。

「クラウドワークス」が公表する数値によると、2016年の10〜12月までに月収20万円以上稼いだのは111人だけです。クラウドワークスの利用者が80万人居るので、その割合はわずか0.01%です。

クラウドが稼げない理由は、原因がはっきりしています。ネット上で不特定対数に依頼する案件はリスクが高く、信用がないだけ単価が限界まで下がるからです。

参考:クラウドソーシングはやっぱり稼げない?|月収20万円超えは0.01%だけ

その3:システム開発はチームで行うもの

システム開発は、個人ではなく必ずチーム単位で行います。

IT業界では、海外の開発拠点に仕事を依頼し、複数の拠点で協力して開発することもあります。しかしながら、労働者が複数の場所に散ることは、チームリーダーからみてデメリットしかないですよね。

企業が個人に対して、リモートワークや在宅を許可するのは、限られたケースだけです。

その4:途上国は通信環境が悪く、開発に向かない

場所や時間に縛られないから、生活費が安い海外の途上国を拠点にしよう」とノマドを目指す人は、このように主張する人もいます。

しかしながら、途上国は通信環境が劣悪で、ITの仕事には向いていません。

動画が見れない程度なら良いですが、Webサイトを開けなかったり、日本なら5分で終わる無料ソフトのダウンロードも、途上国では1時間掛かりますカフェにはWifiもあるが、日本では考えられないほどうるさく、パソコンを開いて作業する環境ではありません。

その5:オフィスで作業すれば、3倍速で仕事が終わる

ノマドワーカーは、カフェや宿泊先のゲストハウスで仕事をする人も多いですね。働く場所も時間もその時々の環境でガラリと変わります。

はっきり言って、この働き方は効率が悪いですよね。

仕事が早い人は、日々のルーチンを大事にします。快適なオフィスで大画面のデスクトップを使えば3時間で終わる仕事を、ノマドワーカーは3倍の時間を掛けます

プログラマーにとって、PCのスペックや画面の大きさは重要です。旅先でノートPCで働けるほど簡単な仕事ではないですよね。1日に1記事書くだけのブロガーなら良いですが、それではプログラミングのアウトプットが少ないですね。

その6:クライアントから見てリスクしかない

ノマドは、仕事を発注する側から見た場合にリスクしかありません。具体的に言うと、発注する側は次のリスクを負いますね。

  1. 作業者の進捗情報が確認できずに、プロジェクトが遅延するリスク
  2. 途中経過が見えずに、品質が期待する水準に達しないリスク
  3. 社内と個人のネットワークを繋ぐ事で、ウィルスに感染するリスク
  4. 顧客情報など、重要な情報が外部に漏洩するリスク

企業がこのようなリスクを負ってまで、あなたに仕事を発注したいと思うかどうか考えましょう。プログラマーを雇う側から見れば、代わりの人材は何万人もいます。

その7:ノマド生活者に純粋なプログラマーはいない

SNSやネットの世界を見ると、海外で生活してるプログラマーが多いような錯覚を受けます。しかしながら、実際には純粋でプログラミングだけで食べている人はいません。

彼らはプログラミングではなく、ブログ記事で稼いでいます。

プログラミングで稼いでいるように振る舞う理由は、プログラミングスクールの広告を制約させてお小遣い稼ぎをしているからです。テキストに文字を打ち込んでいるだけでも、まるでWebエンジニアのような言い方をしますね

その8:スクールに通学するだけではノマドになれない

ノマドワークを実現している人のブログを見ると、記事の最後には必ずプログラミングスクールの広告が貼られています。

スクールでプログラミングを身につけても、ノマドになるのは100%不可能ですなぜならば、基礎スキルを習得しても実務経験がないので、未経験者と変わらないからです。

現実的にノマド生活を目指すならば、まずはIT企業に就職してしっかりと実務経験を積む必要があります。

参考:スクールを卒業してもフリーランスSEには絶対なれない理由

それでもノマド生活を実現する方法は?

ノマドワーカーは、メリットだけではなくデメリットもある働き方ですが、それでも自由な働き方を目指したい人はたくさんいますよね。私もネットビジネスで副業を始めてからは、以前よりも場所や時間に縛られない働き方を目指すようになりました。

ここでは、ノマドワーカーを目指したい人のために、その方法を紹介します。

方法1:人材会社でリモートワークOKの求人を探す

ノマドワーカーを目指すならば、ITを専門にしたフリーランス系の人材紹介会社でリモートワークOKの求人を探しましょう。

フリーランス系の紹介会社は、「レバテックフリーランス」「PE-BANK」「ギークス」があります。ただし、未経験者でフリーランスの案件を紹介してもらうのは、現実的に難しいです。

詳しく知りたい人は、こちらの記事を参考にしてください。

参考:レバテックフリーランス評価|他社と比較した手数料、求人質、年収

方法2:知り合いに案件を紹介してもらう

周囲の知人で、リモートワークを実現している人がいれば、案件を紹介してもらいましょう。ブログやTwitterで、直接聞いてみるのもひとつの方法ですね。

海外で生活したいプログラマーに案件を振ってくれるのは、特殊なクライアントしかいません。知り合いのツテなしに、自力で探すのは現実的ではありません

方法3:クラウドソーシングを利用して案件を得る

クラウドだけで生計を立てるのは難しいですが、実績を積むために利用できますね。

たとえば、生活費を切り詰めれば、月に10万円稼ぐだけでも生活は成り立ちます。まずは、ノマドワークを体験するために、クラウドを利用するのが手取り早いです。

クラウドだけでは稼げないので、実績を積んだら別の方法を探した方が良いですね。

方法4:勤め先の上司に相談して、リモートを認めてもらう

1番現実的な方法は、勤め先の上司に相談してリモートや在宅を認めてもらうことです。

案件を発注する側とあなたとの間に、すでに信頼関係が築けているからです。リモートワークや在宅を提案し、企業側にメリットがあると感じたら、相手側は断る理由がありません。

正社員契約から、請負契約に移すことで場所や時間の制約は無くなります年収で500万円稼ぐSEであれば、終身雇用や企業年金の手間が消えるため、月に50〜80万円で契約してくれますね。

実際に、この方法でノマドワークを実現した人を何人か知っています。

▼▼IT未経験者の転職に強い大手3社▼▼

  1. マイナビ×IT業界経験がないIT未経験者に強みがある
  2. ワークポートIT最短1ヶ月で就職できるが、求人の質は低い
  3. リクルート求人数は多いが、IT業界に特化していない

<2020年9月:SE転職の最新情報>

コロナウイルスによる経済悪化に伴い、夏以降は企業の採用枠が大幅に減る事が予測できます

リーマンショック時は有効求人倍率が「0.45倍」まで落ち込みました。その後、金融危機前の1倍に戻したのは2014年です。つまり、コロナを理由に今転職活動を見送ると、次にIT業界の未経験者採用が再開されるのは6年後です。

3月以降の米国失業保険申請者数は、8月末の累計で「5859万人」を超えました(参考:新規失業保険申請件数08/29)。ピークの664万人を超えたが、現在も1週間で100万人が職を失い続けています。リーマンショックでさえ3月の失業者数は80万人だけでした。

2008年と同様に米国の経済危機は、数ヶ月の時間差で日本にも必ず伝搬します。日本でもコロナ解雇が進み、3月以降から失業者が増え続けています

本来であれば、半期末の7・8月は未経験者向けの求人が増える時期ですしかしながら、コロナ危機の影響で、未経験者の夏と秋採用は見送られる可能性が高いです。過去8年間は、未経験者でも選考書類を送れば就職できた幸運な時期だったと言えます。

今月は未経験者でも採用できる最後の月です。目標から逆算すると、遅くても今月中には企業から内定を得る必要があります

未経験者向けの転職サイトで1番のお勧めは「マイナビ×IT」です。なぜならば、ブラックから脱出し目標だった社内開発に就職できたからです。年収は4年間で300→520万円まで増え、納期月以外は毎日定時に帰宅しています。

コロナの影響で電話メール中心で転職活動の支援をしています

公式サイト:マイナビエージェント

まとめ:プログラミングを学んでノマドを目指したい

ノマドワーカーの実態
  1. ネットとPCよりも、重要なのはクライアントである
  2. クラウドソーシングで稼いでいるのは、全体の0.01%だけ
  3. システム開発は、必ずチーム単位で行う
  4. 途上国は通信環境が悪く、システム開発に向いていない
  5. オフィスで作業すれば、3倍速で仕事が終わる
  6. ノマド生活者に、純粋なプログラマーは存在しない
  7. プログラミングスクールに通学するだけ、ノマドになるのは100%不可能

場所や時間に縛られずに自由に働けると言われるノマドですが、実際に実現するのは難しいことがわかりますね。

ノマドを目指すのであれば、まずは正社員でIT企業に就職し、業務の実績を積む必要がありますプログラミングスクールで基礎を学んだだけでは、仕事を依頼してくれるクライアントは見つからないからです。

自由な働き方を実現したいならば、まずは企業に入社し、最低でも2年の経験を積むことを考えましょう。そうでなければ、ノマドワークを実現するのは100%無理です。

1日も早く行動に移した方が良い理由は?

参考:有効求人倍率とは何?最新状況や計算方法をわかりやすく解説!

2019年の有効求人倍率は、バブル期よりも高い「1.6倍」でした。また、IT業界は特に好調で、転職サイトが公表する転職有効求人倍率は「6.79倍」を記録しています(参考:転職求人倍率レポート)。

業界経験がない未経験者でも、月20万円の給料を貰い研修を受けられたのは、好景気と人材不足に支えられていたからです未経験で書類を送付しても、大半が採用面接まで駒を進めることができた時代です。

しかしながら、コロナウイルスの影響で、現状は大きく変わりつつあります。

米国の失業保険申請は、合計で3350万件を超えました(参考:米新規失業保険申請件数5月7日)。リーマンショックが起きた3月の合計でさえ、失業者は80万人だけでしたね。また、トヨタは来年4月期の決算で、営業利益が79.5%減少すると発表しています。

自動車業界が壊滅的な打撃を受けたら、日本の労働者市場は立ち行かなくなります。リーマンショックの頃と同様に、求人倍率は「0.45倍」まで下がる可能性が高いです

このような状況で、未経験者を採用し育てようと考える企業はまずないです。専門学校や40〜60万円の有料スクールを卒業しても就職先はありません。また、企業に人材を紹介する事で成り立っていた「無料スクール」もサービスを停止します

コロナウイルが落ち着いてから転職活動を始めるでは遅いです。コロナウイルスが落ち着く頃にはすでに経済危機に陥り、企業はもう未経験者の採用を止めているからです経済が回復し始める6年後には、今度は年齢を理由に未経験で転職できなくなりますね。

では、有効求人倍率が「0.45倍」になると、どのような状況に陥るでしょうか?

有効求人倍率が0.45倍に陥ると...
  1. 大手企業は予算削減で、新規開発案件を次々に中止する
  2. IT企業は、採用コストが掛かる未経験者の採用を止める
  3. 専門学校や有料スクールを卒業しても、就職先がない
  4. 人材紹介で利益を得てる「無料スクール」が終了する
  5. 転職エージェントに登録しても、未経験者は断られる
  6. 人件費が安い外国人を採用し、海外でシステムを開発する
  7. 日本人SEやPGは、国内で開発経験を積めない
  8. リストラや派遣切りで、専門職以外の失業者が急増する

私たちに与えられている時間は、決して多くはありません。

できれば今月中に企業から内定を得ている状態が望ましいですね。もちろん、IT企業に就職できれば将来が安泰になる訳ではないです。しかし、深い専門スキルを身につけ必要な人材になれば、不景気でも仕事を失う恐怖はだいぶ軽減されます

ITエンジニアのような専門職は、不景気に強い点でも魅力ですね。

転職活動に今すぐ必要なものは?

転職活動を開始するに当たって、私たちが必要な準備は何もありません。また、私たちは全てのサービスを無料で利用できます。途中で就職を辞退しても罰金など一切ありません。

履歴書や職務経歴書は、キャリアコンサルタントと面談し転職の意思を固めた後に改めて準備すれば良いですね。面談することで進みたい方向性が決まり、その段階で具体的な準備を始めた方が手戻りが少ないです。

マイナビは、他の転職サイトにはない隠れ優良企業を多数扱います。私が社内開発ができる中小企業に就職できたのはマイナビのおかげです。大手リクナビやDODAだと、求人数が多いが優良企業は少ないのが難点ですね。

登録から面談までの流れ
  1. 公式サイトから「無料転職サポート申し込み」を選択する
  2. 希望勤務地や個人情報を入力する(3分で登録できる
  3. 担当者からメールか電話があり、面談日を指定する(平日夜や週末も可)
  4. 予約した日時に来社し、無料カンセリングを行う(所要時間は40分)
  5. 仕事が忙しく来社できない場合は、電話でも対応しています

キャリア面談後には、2万件ある求人から条件に合う企業を、20社前後紹介してくれます。紹介される案件に目を向けると「ITの経験がない未経験者でも、必要としてくれる企業がたくさんある」事に自信を持てますね。

それだけ、IT企業は人材不足に陥っているからです。

もちろん、働きたいと思える企業がなければ、無理に応募する必要はありません。売り手市場なので、私たちが企業を選ぶ立場にありますね。カウンセリング、転職サポートはすべて無料なので、途中で利用を辞めても違約金は一切発生しません。

ただし、キャリア面談は身構える必要はないが、転職活動は慎重に行いましょう。

なぜならば、転職活動は私たちの人生を大きく変える、最初の大きな1歩になるからです。自分自身の内面と深く向き合う事でやりがいのある仕事を見い出し、新しい人生の再スタート切るためにあります。

転職活動で巡り会う会社は、入社するかは別にしてそれぞれ深い意味があります。

私は新しい道を歩み始めた事で、大きく生涯収入を増やすことに成功し、夢だった海外就職も実現できました。もしも、あの時に転職活動しなければ、私の年収は30歳でも300万円のままです。実際に、8年間働き続けている元同僚の年収は330万円です。

コロナウイルスの影響で、私たちに与えられている時間は多くはありません

本来であれば、半期末の7・8月は未経験者向けの求人が増える時期ですしかしながら、コロナ危機の影響で、未経験者の夏採用は見送られる可能性が高いです。今月は未経験者でも採用できる最後の月かもしれません。

目標から逆算すると遅くても今月中には企業から内定を得る必要があります。今すぐに行動に移せなくても、すぐに行動できる状態だけは作っておきましょう。この時期を逃したら、未経験者がIT企業に就職できるのは6年後です

登録に必要な項目は少ないので、通勤中にスマホからでも簡単に面談を予約できます。

会員登録と面談の日程調整、それから面談して求人を紹介してもらうのは、全ての工程で1時間も掛かりません後からキャンセルもできるので、会員登録だけでも先に終わらせた方が良いですね。登録フォームは3分で埋められます

私自身が4年前に、ブラックを脱出できたのでマイナビが1番のお勧めです。

コロナの影響で電話メール中心で転職活動の支援をしています

公式サイト:マイナビエージェント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください