もしも未経験でブラックに入社したら?|良かったことや脱出方法

1度でもブラック企業に入社したら、人生の終わりみたいに語る人は多いですよね。

  • 「ブラックを経験して、もう2度とIT業界では働きたくない。」
  • 「友人に勧められたけれど、やっぱりエンジニアを目指すべきではなかった。」
  • 「IT業界はやっぱりブラックばかりだった、介護職や飲食業、営業に転職する。」

人生で1度や2度の大きな失敗は、誰にでもありますよね。

転職活動に失敗して、ブラックに入社するのは決して珍しい体験ではありません。

私は、過去に2度も転職活動に失敗しブラックに入社したことがあります。それでも、システム開発が諦らめられずに、ようやく3社目で普通のIT企業に入社できました。3社目は社内開発できる企業で、海外に開発拠点もあり、人生初の海外勤務も体験できました。

ブラック企業時代は辛い時期を過ごしましたが、後悔ばかりではありません。ブラックに入社したことで、語学を学ぶキッカケになり、その後の海外勤務へと繋がります。

ここでは、私がブラックに入社して良かったこと、それからブラックから抜け出すために必要な準備を紹介します。

ブラック企業に入社したくない人向け
  1. ブラック企業に入社して良かった4つのこと
  2. ブラック企業を脱出するために必要な準備とは?

▼▼IT未経験者の転職に強い大手3社▼▼

  1. マイナビ×IT業界経験がないIT未経験者に強みがある
  2. ワークポートIT最短1ヶ月で就職できるが、求人の質は低い
  3. リクルート求人数は多いが、IT業界に特化していない

「米国失業保険申請は、合計3350万件超え

コロナウイルスの影響で、1週間に300万人の雇用者が失業しています(参考:米新規失業保険申請件数5月7日)。リーマンショックが起きた3月の合計でさえ、失業者は80万人だけでした。また、トヨタは来年4月期の決算で、営業利益が79.5%減少すると発表しています。

自動車業界が壊滅的な打撃を受けたら、日本の労働者市場は立ち行かなくなります。

現状コロナ危機を理由に、転職活動を見送る人が増えていますねしかし、コロナが完全に収束し有効求人倍率が悪化してから動いても遅いです。2008年に求人倍率は0.45倍まで悪化し、元の水準に回復するまでに8年要しています求人倍率が1倍を下回る状況下では、私たちIT未経験者は転職できません。

私がこのように警告しているのは、2008年の翌年に職を失い苦労したからです。

今はまだ本格的な経済危機に陥る前、かつ春採用の求人が残っている最後の月ですこの時期が過ぎると、もう未経験者を採用するIT企業はありません。心理的に今すぐに行動に移せない人も、すぐに動けるように最低限の準備は必要です。派遣切りやリストラが始まってからだと、もう打つ手がありません。

未経験者向けの転職サイトで1番のお勧めは「マイナビ×IT」です。なぜならば、ブラックから脱出し目標だった社内開発に就職できたからです。年収は4年間で300→520万円まで増え、納期月以外は毎日定時に帰宅しています。

コロナの影響で電話メール中心で転職活動の支援をしています

公式サイト:マイナビエージェント

ブラック企業に入社して良かったこと

ブラックに入社したくない人は多いですよね。ここではあえて、私がブラックに入社して良かったと思うことを紹介します。

その1:語学を学び海外勤務のキッカケになった

海外に開発拠点を持つIT企業に転職でき、海外勤務が実現できたのは、ブラックに入社したおかげです。

大学を卒業し1社目に入社した企業が、社員を外部に出向させるだけの典型的なブラック企業でした。当時、2008年の金融危機の影響で仕事がなかった私は、強烈な危機感の中で生活していました。

そこで、他のエンジニアと差別化を図るためにも、語学を習得しようと考えました。社会人の習い事は挫折する人が多いですが、高い語学力を身に付けられたのは、将来に対する強い危機感があったからです。

語学の勉強を始めてから、2年後に海外勤務が実現できました。海外でキャリアを積みたいと考えている人は、こちらの記事を参考にしてください。

参考:英語を活かして転職する|日系、外資系、グローバル、現地企業の違い

その2:ブラック企業を簡単に見分けられる

私は過去に2社ブラックを経験したことで、その企業のHPを見るだけでブラックを見分けらます。

転職活動する時に、確実にブラックを避けて入社できるのは大きな強みですよね。

IT業界で1社でもブラックを経験すると、割と簡単に見分けられるようになります。なぜならば、IT業界のブラックは、外部に労働力を提供することでしか、売上げを立てられないからですね。

  1. 客先常駐している社員の比率をみる
  2. 労働時間が慢性的に長い企業は、ビジネスモデルに問題がある
  3. みなし残業を取り入れている企業は危ない
  4. 中堅社員が少ないと危ない
  5. 具体的な業務内容を説明できないと危ない
  6. 社員同士仲が良い企業も実は危ない
  7. 常に未経験者を応募している企業は危ない

参考: IT業界のブラック企業とホワイト企業の特徴と見分け方は?

ブラックを見分けられると、自信を持って転職活動ができます。

その3:精神的にタフになり、メンタルが鍛えられた

ブラック企業は、精神面で強い人間にしてくれます。

1社目は典型的な体育会系のIT企業、2社目は自社社員がひとりもいない中で、長時間労働の現場に送られました。その結果、良いのか悪いのかわかりませんが、どこの環境にいても誰にも頼らずに、自分の力で生き抜いていこうと考えるようになります。

人生で初めての海外勤務も乗り越えたし、その後の辛いプロジェクトも弱音を吐かずに乗り切れました。また、仕事以外でも株式投資やネットビジネスを始めるなど、精神が図太くなったように感じます。

もしも、1社目で普通のIT企業に入社していたら、今とは全く違った人生を歩んでいたかもしれません。

身体を壊すまで働くのは論外ですが、適度にストレスに慣れるのも大事ですね。

その4:貴重な体験がお金になる時代になった

ここ数年の大きな変化ですが、現代社会は個人でもお金を稼ぎやすい時代になりましたね。

広告収入は企業だけではなく、ブログやネット媒体を通じて個人にも流れています。このような時代では、貴重な体験をしている人ほどお金を稼ぎやすいです。

ブラック企業に入社し、現在進行形で日々の体験談や日常を綴っているブログは人気が高いです。ブログ記事を毎日更新するだけでも、月に3〜5万円のネット収入が得られます。

ブラックに入社するのは辛いですが、考え方によったらポジティブに捉えることもできますね。

ブラックから脱出するために必要な準備

ブラックに入社するメリットも少なからずありますが、だからといってブラックに長く滞在するのは賢い選択肢ではないですね。

ブラックは精神力を消耗するので、準備ができ次第脱出することをお勧めします。

ここでは、ブラックから脱出する方法を紹介します。

ステップ1:ブラックの基準を持つ

ブラックから抜け出すためには、まずはブラック企業だと認識する必要があります。勤めている企業がブラックかどうかは、第三者ではなく私たち自身が決めることですよね。

ブラック企業の定義は人によって異なります。

  1. 社内開発がなく、大半の社員が外部に出向させられる
  2. 残業代が支給されないのに、残業が40時間を超える
  3. 技術職にも関わらず、社員を評価する仕組みがない
  4. 5年上の先輩社員の給与を聞いて、将来性がないと感じた
  5. 節約して生活しても、月に3万円しか貯められない
  6. 給与を労働時間で割ったら、都内のコンビニバイトと大きく変わらない

私はこのような環境の企業に入社したら、転職することを考えます。

ステップ2:最低でも3ヶ月生活できるお金を貯める

ブラック企業を脱出しようと思ったら、まずは数ヶ月生活できるだけのお金を貯めましょう。

給料が発生しなくても、最低でも3ヶ月生活できるだけのお金があると、精神的に気持ちが楽になりますね。人が精神的に追い詰められるほど病むのは、逃げ道がどこにもない時だけだからです。

なぜ、3ヶ月分の生活費が必要なのかというと、自己都合による退職だと3ヶ月後に失業手当が支給されるからです。トータルで6ヶ月も無収入で生活できる期間があると、余裕を持って次の就職先を探すことができますね。

突発的に会社を辞めるのは好ましくないですが、身体が壊れるほどキツイ仕事であれば、辞めてしまった方が良いですね。精神を病んでしまうと、職場復帰までに多くの時間が必要になります。

お金を貯めるためには

ブラックに勤めていると、お金を貯められないと言う人は多いですね。私の同僚や知人もお金が貯められずに苦労していました。

節約のコツは、支出が大きいものから見直すことです。

  1. 大手キャリア(8千円)から格安SIMに乗り換える → 月6千円の節約
  2. 職場の同僚との外ランチ(800円)を辞める → 月1.6万円の節約
  3. 毎週金に同僚との飲み会(8千円)を辞める →月3.2万円の節約
  4. 敷金礼金が掛からないシャアハウスに住む → 月1〜3万円の節約

これだけでも、月に5万円以上節約できますね。

ステップ3:スキルを学ぶ時間を確保する

ブラック企業を脱出するためには、今よりもプラスアルファのスキルを積む必要があります。

ブラックで働いているだけだと、単純労働ばかりで転職市場で評価されるスキルが積めないからですね。評価されない仕事で何年も働いていると、年齢を重ねるごとに市場価値は下がります。

なかには、長時間労働で勉強する時間を確保するのが難しい人もいると思います。

そういう人は、オンラインのプログラミングスクール を利用するなど、時間を効率良く使い新しいスキルを学びましょう私の場合は、どれだけ仕事が忙しくても、毎日電車の中で英会話に関する動画を聴いたり、必ず30分間のプライベートレッスンを受講してから眠るようにしました。

今の状態で転職しても、また同じようなブラックに入社する可能性がありますね。

すでに基本的なプログラミングスキルがある人は、人工知能やブロックチェーンなど新しい技術に挑戦してみるのはどうでしょうか?学習意欲が高い人材であることを示せれば、優良企業からも内定を得られます。

参考:【人工知能(Python)が学べる】プログラミングスクール3校の比較

ステップ4:キャリアコンサルタントに相談する

今すぐに転職する意思がなくても、キャリアコンサルタントに現在の状況を相談しましょう。

第三者に自分の状況を説明することによって、客観的に物事が見られるからです。プロのエージェントに相談することで、次のようなメリットがあります。

  1. 将来のキャリアを踏まえて、具体的なアドバイスをしてくれる
  2. ブラックを脱出するために、明確な目標を持つことができる
  3. 今の自分に足りないスキルを教えてくれる
  4. 第三者に相談することで、自分の状況を客観的に見れる
  5. 現在のスキルで、転職できる企業のレベルを教えてくれる
  6. IT業界の最新動向を教えてくれる

現在IT業界は、かつてないほど深刻な人材不足に陥っているため、現職よりも労働条件が良い企業を紹介してくれます。希望する企業に転職できるチャンスがあれば、行動に移した方が良いですね。

▼▼1円も料金が発生しない完全無料のスクール3校▼▼

  1. ProEngineer卒業後は就職先3500社から選べる
  2. 『ITCE Academy』宿泊施設も無料、1ヶ月でSEになれる
  3. TECH::EXPERT30代でも転職保証が受けられる(有料)

「米国失業保険申請は、合計3350万件超え

コロナウイルスの影響で、1週間に300万人の雇用者が失業しています(参考:米新規失業保険申請件数5月7日)。リーマンショックが起きた3月の合計でさえ、失業者は80万人だけでした。また、トヨタは来年4月期の決算で、営業利益が79.5%減少すると発表しています。

自動車業界が壊滅的な打撃を受けたら、日本の労働者市場は立ち行かなくなります。

現状コロナ危機を理由に、転職活動を見送る人が増えていますねしかし、コロナが完全に収束し有効求人倍率が悪化してから動いても遅いです。2008年に求人倍率は0.45倍まで悪化し、元の水準に回復するまでに8年要しています求人倍率が1倍を下回る状況下では、私たちIT未経験者は転職できません。

私がこのように警告しているのは、2008年の翌年に職を失い苦労したからです。

今はまだ本格的な経済危機に陥る前、かつ春採用の求人が残っている最後の月ですこの時期が過ぎると、もう未経験者を採用するIT企業はありません。心理的に今すぐに行動に移せない人も、すぐに動けるように最低限の準備は必要です。派遣切りやリストラが始まってからだと、もう打つ手がありません。

今はプログラミングを学ぶよりも、1日も早くIT企業に就職する事を考えましょう。本格的な景気後退に入れば未経験者の需要が縮小し、無料スクールのサービスも次第に終了します。

未経験者向けの転職サイトで1番のお勧めは「マイナビ×IT」です。なぜならば、ブラックから脱出し目標だった社内開発に就職できたからです。年収は4年間で300→520万円まで増え、納期月以外は毎日定時に帰宅しています。

コロナの影響で電話メール中心で転職活動の支援をしています

公式サイト:マイナビエージェント

まとめ:もしも未経験でブラックに入社したら

ブラックに入社し得られたメリット
  1. 語学を学び海外勤務のキッカケになった
  2. ブラック企業を簡単に見分けられる
  3. 精神的にタフになり、メンタルが鍛えられた
  4. 貴重な体験がお金になる時代になった

ブラック企業に入社したら、人生の終わりみたいに語られることは多いですね。

個人的には、ブラックに入社したことで、得られたこともあるので感謝しています。特に20代で海外勤務ができたのは、その後の大きな財産になりました。

もしも、普通の企業に入社していたら、大きな課題にぶち当たることもなく、語学を学ぶ機会は一生なかったと思います。辛い経験や体験は、人を大きく成長させるチャンスでもあります。

精神を壊すまで病むのは本末転倒ですが、そうでなければポジティブに捉えたいですよね。理想は、1社目で優良企業に就職する事ですね。

参考:未経験でブラックに入社する人の特徴|避けられる人の違いは?

1日も早く行動に移した方が良い理由は?

参考:有効求人倍率とは何?最新状況や計算方法をわかりやすく解説!

2019年の有効求人倍率は、バブル期よりも高い「1.6倍」でした。また、IT業界は特に好調で、転職サイトが公表する転職有効求人倍率は「6.79倍」を記録しています(参考:転職求人倍率レポート)。

業界経験がない未経験者でも、月20万円の給料を貰い研修を受けられたのは、好景気と人材不足に支えられていたからです未経験で書類を送付しても、大半が採用面接まで駒を進めることができた時代です。

しかしながら、コロナウイルスの影響で、現状は大きく変わりつつあります。

米国の失業保険申請は、合計で3350万件を超えました(参考:米新規失業保険申請件数5月7日)。リーマンショックが起きた3月の合計でさえ、失業者は80万人だけでしたね。また、トヨタは来年4月期の決算で、営業利益が79.5%減少すると発表しています。

自動車業界が壊滅的な打撃を受けたら、日本の労働者市場は立ち行かなくなります。リーマンショックの頃と同様に、求人倍率は「0.45倍」まで下がる可能性が高いです

このような状況で、未経験者を採用し育てようと考える企業はまずないです。専門学校や40〜60万円の有料スクールを卒業しても就職先はありません。また、企業に人材を紹介する事で成り立っていた「無料スクール」もサービスを停止します

コロナウイルが落ち着いてから転職活動を始めるでは遅いです。コロナウイルスが落ち着く頃にはすでに経済危機に陥り、企業はもう未経験者の採用を止めているからです経済が回復し始める5年後には、今度は年齢を理由に未経験で転職できなくなりますね。

では、有効求人倍率が「0.45倍」になると、どのような状況に陥るでしょうか?

有効求人倍率が0.45倍に陥ると...
  1. 大手企業は予算削減で、新規開発案件を次々に中止する
  2. IT企業は、採用コストが掛かる未経験者の採用を止める
  3. 専門学校や有料スクールを卒業しても、就職先がない
  4. 人材紹介で利益を得てる「無料スクール」が終了する
  5. 転職エージェントに登録しても、未経験者は断られる
  6. 人件費が安い外国人を採用し、海外でシステムを開発する
  7. 日本人SEやPGは、国内で開発経験を積めない
  8. リストラや派遣切りで、専門職以外の失業者が急増する

私たちに与えられている時間は、決して多くはありません。

できれば今月中に企業から内定を得ている状態が望ましいですね。もちろん、IT企業に就職できれば将来が安泰になる訳ではないです。しかし、深い専門スキルを身につけ必要な人材になれば、不景気でも仕事を失う恐怖はだいぶ軽減されます

ITエンジニアのような専門職は、不景気に強い点でも魅力ですね。

転職活動に今すぐ必要なものは?

転職活動を開始するに当たって、私たちが必要な準備は何もありません。また、私たちは全てのサービスを無料で利用できます。途中で就職を辞退しても罰金など一切ありません。

履歴書や職務経歴書は、キャリアコンサルタントと面談し転職の意思を固めた後に改めて準備すれば良いですね。面談することで進みたい方向性が決まり、その段階で具体的な準備を始めた方が手戻りが少ないです。

マイナビは、他の転職サイトにはない隠れ優良企業を多数扱います。私が社内開発ができる中小企業に就職できたのはマイナビのおかげです。大手リクナビやDODAだと、求人数が多いが優良企業は少ないのが難点ですね。

登録から面談までの流れ
  1. 公式サイトから「無料転職サポート申し込み」を選択する
  2. 希望勤務地や個人情報を入力する(3分で登録できる
  3. 担当者からメールか電話があり、面談日を指定する(平日夜や週末も可)
  4. 予約した日時に来社し、無料カンセリングを行う(所要時間は40分)
  5. 仕事が忙しく来社できない場合は、電話でも対応しています

キャリア面談後には、2万件ある求人から条件に合う企業を、20社前後紹介してくれます。紹介される案件に目を向けると「ITの経験がない未経験者でも、必要としてくれる企業がたくさんある」事に自信を持てますね。

それだけ、IT企業は人材不足に陥っているからです。

もちろん、働きたいと思える企業がなければ、無理に応募する必要はありません。売り手市場なので、私たちが企業を選ぶ立場にありますね。カウンセリング、転職サポートはすべて無料なので、途中で利用を辞めても違約金は一切発生しません。

ただし、キャリア面談は身構える必要はないが、転職活動は慎重に行いましょう。

なぜならば、転職活動は私たちの人生を大きく変える、最初の大きな1歩になるからです。自分自身の内面と深く向き合う事でやりがいのある仕事を見い出し、新しい人生の再スタート切るためにあります。

転職活動で巡り会う会社は、入社するかは別にしてそれぞれ深い意味があります。

私は新しい道を歩み始めた事で、大きく生涯収入を増やすことに成功し、夢だった海外就職も実現できました。もしも、あの時に転職活動しなければ、私の年収は30歳でも300万円のままです。実際に、8年間働き続けている元同僚の年収は330万円です。

コロナウイルスの影響で、私たちに与えられている時間は多くはありません

今はまだ経済危機に陥る直前、かつ春採用で求人が残っている最後の月ですね。できれば今月中に企業から内定を得ている状態が望ましいです。今すぐに行動に移せなくても、転職エージェントに登録しすぐに行動できる状態だけは作って置きましょう

この時期を逃したら、未経験者がIT企業に就職できるのは5年後ですしかし、その頃には年齢を理由に断られる可能性も高くなりますね。登録に必要な項目は少ないので、通勤中にスマホからでも簡単に面談を予約できます。

会員登録と面談の日程調整、それから面談して求人を紹介してもらうのは、全ての工程で1時間も掛かりません後からキャンセルもできるので、会員登録だけでも先に終わらせた方が良いですね。登録フォームは3分で埋められます

私自身が4年前に、ブラックを脱出できたのでマイナビが1番のお勧めです。

コロナの影響で電話メール中心で転職活動の支援をしています

公式サイト:マイナビエージェント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください