IT未経験で断られた時の対処法|リクナビ、DODA、マイナビ

私たちは、転職エージェントのサービスを無料で利用できます。しかしながら、公共サービスの職業安定所と違い、条件に合わないエージェントに申し込むと、案件の紹介を断られることもあります。

業界最大手のお祈りメール

お送り頂きました職務経歴書・履歴書、及びご希望条件を拝見させていただき、条件にマッチする求人情報をお探しいたしましたが、誠に残念ながら、現段階では弊社からのご紹介は難しいという結果になりました。

せっかくご登録いただきましたのに、ご期待に添うことができず申し訳ありません。尚、詳細につきましては、個別にご案内できかねますのでご了承願います。

転職サイトやエージェントは利益を求める団体なので、条件に合わない応募者を断ります。これは競争力を高め、サービスの質を担保するためにも必要なことですね。

誰でも利用できるサービスは、公共の職業安定所(ハローワーク)と同様に質の悪い求人を紹介することになります。成功報酬を得ているエージェントは、自分たちが得意とする分野で「転職を成功しやすい人たちをサポートしたい」という経営方針があるからです。

ここでは、転職エージェントに断られた時の対処方法を紹介します。

結論からいうと、断られた原因は業界経験がないからではありません条件に合わないエージェントに申し込んだからです。転職エージェントは、利用者の境界線がはっきりしているため、間違った属性に申し込むと断られます。

案件の紹介を断られた人向け
  1. 未経験者が、転職エージェントに断られる理由とは?
  2. 応募者ランク別の転職エージェントの選び方とは?
  3. 目的別の転職エージェントの選び方とは?

▼▼IT未経験者の転職に強い大手2社▼▼

  1. マイナビ×IT第二新卒者、20代に強い
  2. ワークポート最短1ヶ月で就職したい人向け

1番のお勧めは「マイナビ×IT」です。なぜならば、過去にマイナビを利用してブラックから優良企業に転職できたからです。長時間労働から逃れた上に、年収は4年間で300→520万円まで増え、社内開発で経験を積んだ後に海外勤務もできました。

業界経験がない未経験者は、早めに行動した方が良いですね。

なぜならば、転職サイトの良案件は経験者から順に埋まるからです転職の開始時期が遅れると、条件面で不利な未経験者は確実にブラックを引かされます。このタイミングを逃すと、次の半期に良い案件が市場に出る、4ヶ月後まで待つ必要があります

参考:【マイナビ×ITの評価】本当に未経験でもブラックを避けられる?

2019年以降、未経験者はもう採用されない可能性もあります金融危機が再び発生する、日本政府が移民を受け入れる、外国人PGで人材不足を解消すると、採用や教育コストが掛かる未経験者は負担になるからです。

IT業界の転職有効求人は6.79倍ですが、2009年と同様に1倍を下回ると未経験者の需要は完全に無くなりますレポート:2019年1月)。

転職エージェントに断られる4つの理由とは?

転職エージェントが紹介を断らる理由は4つあります。

理由1:社会人経験がない(ニートやフリーター)

業界最大手の多くは、社会人経験がない人に紹介を行なっていません。

企業は、転職エージェント利用して人材を採用すると、90〜120万円程度の成果報酬を支払います。そのため、できるだけ社会人経験がある人材を採用したいと考えているからです。

現代社会では、ニートやフリーターの社会的な信用度が低いのが現実ですね。

理由2:年齢が30代後半、40代以上である

IT業界は専門職なので、業界未経験者には年齢制限がありますね。

20代であれば歓迎してくれますが、30代後半、40代になると敬遠する企業が増えますこの年代の人たちは、転職エージェントを正しく選択する必要があります。

IT業界の年齢制限について詳しく知りたい人は、こちらの記事を参考にしてください。

参考:未経験でエンジニアに採用されるのは何歳まで|年齢に応じた対策法

理由3:地方都市以外で仕事を探している

IT企業は、求人が首都圏や関東、地方都市に偏っています。

そのため、地方都市以外の地域で就職先を探そうとすると、紹介できる案件がなく断られることがありますね。

UターンやIターンで地方の就職先を探す場合は、全国に営業拠点が15箇所以上ある「リクナビエージェント」を利用しましょう。リクナビでも紹介できる案件がないと、あとは「ハローワーク」を利用するしかありません。

ハローワークがブラックや零細企業が多いので、最終手段として考えたほうがいいですね。

参考:ハローワークの利用を辞めた3つの理由|ブラックが全体の9割以上

理由4:エージェントのターゲット層にマッチしない

転職エージェントを含む人材紹介社は、100社以上あります。

競合他社と差別化を測るために、それぞれの領域で得意分野がありますね。たとえば、業界経験者を専門にしているエージェントに申し込んでも、未経験者は断られます。

申し込む際には、自分の属性を的確に把握した上で登録しましょう。

ランク別の転職エージェントの選び方

言い方が悪いかもしれませんが、私たち未経験者は自分のランクにあう適切なエージェントを選択する必要があります。

転職エージェントごとのターゲットは次のようになります。

転職エージェント ターゲット層
A
  1. レバテックキャリア
  2. 社内SE転職ナビ
  • 業界経験者向けなので、未経験者は断られる
B
  1. 「 リクルートエージェント
  2. マイナビ×IT
  3. 「DODA」
  4. 「 パソナキャリア
  5. Type転職エージェント
  • 社会人経験がある、20代〜50代のビジネスパーソン向け
  • ただし、業界未経験者は20代〜30代まで
C ワークポート
  • 社会人経験が浅い人でも利用できる
  • 20〜30代の業界未経験者向け
D ハタラクティブ
  • ニートやフリーターなど社会人経験がない20代向け
E 「ハローワーク」
  • 30〜50代の失業者向け
  • 誰でも利用できるが、ブラックや零細企業が多い

業界最大手では、「社会人経験」がない人は断られる可能性が高いです。

経歴に自信が持てないけれど、未経験でITエンジニアを目指したい人は「ワークポート」か「ハタラクティブ」を利用しましょう。

ハタラクティブは、20代のフリーターやニート向けの転職エージェントで、内定獲得率は80%を超えます。ただし、扱う求人の質が低いのは大きな難点です。

目的別の転職エージェントの選び方とは!?

転職エージェントの数がたくさんありすぎて、どれを選んでいいかわからない人も多いと思います。

人材紹介会社は100社以上ある上に、サービスは似通っているのでどれを選択して良いかわからないですよね。迷った人は、目的に合わせてエージェントを選択しましょう。

  1. 豊富な求人から条件に合う企業を選択したい、『リクナビエージェント』『DODA』
  2. 第二新卒・20代の未経験者に強みがある、『マイナビ×IT
  3. 1日も早く転職活動を終わらせたい、『ワークポート
  4. 社会人経験が1度もないけど転職したい、『ハタラクティブ
  5. 関東、関西以外の地方都市に就職したい、『リクナビエージェント

個人的には、数ある転職エージェントの中でマイナビが1番お勧めです。

なぜならば、過去にマイナビを利用してブラック企業から抜け出すことができたからです。

この当時は、IT業界に勤めているにも関わらず開発スキルが乏しく、次の就職先が見つかるか不安でした。担当者の女性の方が、優しく真摯にアドバイスしてくれたのを鮮明に覚えています。仕事に関する相談で、将来の不安な気持ちを言葉に出したのは初めて経験でした。

紹介してもらった転職先の企業は、社内開発を専門とするIT企業で、入社後に「海外勤務」や「海外就職」も経験できました。

入社先は大手ではなく、従業員が100人前後のどこにでもある普通のIT企業です。マイナビエージェント は、このような隠れた優良企業も多数扱うのが特徴です。

転職後は具体的にはこのような効果がありました。

  1. 給料が右肩上がりで増えた(4年後に300→520万円
  2. 自分の仕事が終わったら定時に帰れる(拘束時間15時間→9時間
  3. 開発スキルが向上して転職先に困らなくなった(+50〜100万円で掲示

他にも、プログラミングスクール 経由で転職する方法もあります。

プログラミングスクール を利用して転職する

無料スクールを利用する利点は...
  1. レッスンを無料で受講でき、さらに転職保証が受けられる
  2. 短期間でスキルを習得でき、2〜3ヶ月でオリジナルアプリを製作できる
  3. アプリやWEBサイトのURLを履歴書に貼り、優良企業にアピールできる
  4. プログラミングに適性があるか、事前に判断できる
  5. 日中から通うことができ、他の受講者と共同でシステム開発が体験できる
  6. 社会人向けに、夜間やオンラインに対応してくれるスクールもある

プログラミングスキルを習得してから、就職活動する事でブラックを避けられる可能性が高くなります。なぜならば、オリジナルアプリを製作し面接でアピールできるからです

無料になる理由は、人材不足のIT企業が授業料を負担するからです。

しかしながら、無料スクールにはデメリットもあります。ひとつは、プログラミングの基礎を学んでも、実務では役に立たない事です。もうひとつは、未経験でIT企業に就職しても、月20万円の給料を貰いながら研修を受けられます

教育する側から見たら、中途半端なクセがない方が仕事を教えやすいです。

実際に現役SEで、無料スクールを批判的に見ている人は多いですよね。無料スクール経由で就職しても、紹介先がブラックばかりという声も実際にあります

まずは、無料スクールを検討する前に、未経験でも就職できる企業を探す方が現実的だし近道ですなぜならば、未経験者でも内定を得られるほど、IT業界は深刻な人材不足に陥っているからです。

参考:【プロエンジニアの評価】未経験からスキルを習得しブラックを避ける

まとめ:IT未経験で断られた時の対処法

求人の紹介を断られる理由
  1. 社会人経験がないから(ニートやフリーター
  2. 業界未経験で年齢が30代後半、40代以上である
  3. 関東圏、関西圏、地方都市以外で仕事を探している
  4. エージェントのターゲット層にマッチしない

転職エージェントに紹介を断られると、自分の人格を否定されたみたいでショックが大きいですよね。

しかしながら、断られた理由は、単にエージェントのターゲット層に一致していないからです。首都圏を中心に紹介しているのに、仙台市で就職先を探しても決まらないですよね。

まずは、転職エージェントのターゲット層を明確にすることから始めましょう。

ハローワークを利用するのは、全てのエージェントに断られてからでも遅くはありません。ハローワークを利用すると、90%の確率でブラック企業に入社します。

業界最大手の転職エージェントの比較

IT特化 未経験 20代 30代 特徴やデメリット
リクナビ × リクナビエージェント』は業界最大手。求人数が多く全国地方都市に対応しているが、利用者が多く機械的な対応になってしまう。

おすすめ度:★★★★☆

DODA × 業界2番手の大手転職サイト。近年メディアの露出も増え急成長しているが、リクナビよりも扱う求人少ない。求人数をカバーしたいなら、リクナビを選択するべき。

おすすめ度:★★★☆☆

パソナキャリア × パソナキャリア』はリクナビとDODAに次ぐ、3番手の総合転職サイト。海外案件も多数扱い女性から高い支持を得ている。ただし、専門性は高くないのが難点。

おすすめ度:★★☆☆☆

@type × @type」は、事前に入社後の年収シミュレーションができるエージェント。ただし、業界大手に比べると案件数は少なく、専門知識に欠けるため利用するメリットが少ない。

おすすめ度:★★☆☆☆

マイナビxIT マイナビ×IT』は、マイナビが運営するITに特化したエージェント。第二新卒者・20代の未経験の転職が最も強み。過去に利用して、ブラックを脱出でき海外に開発拠点がある企業に就職できたので、個人的には1番おすすめ。

おすすめ度:★★★★★

ワークポート ワークポート』は、求人の質が低いのが難点だが、質よりも量を重視する営業スタイルで、結果にコミットしてくれるエージェント。早い人で1ヶ月以内に次の就職先を決める人もいる。

おすすめ度:★★★★☆

ハタラクティブ × ハタラクティブ』は、社会人経験がない20代でも利用できるエージェント。求人の質は良くないが、経歴に自信が持てない人の強い味方。内定獲得率は80%と高い確率で正社員採用される。

おすすめ度:★★★☆☆

プロエンジニア × プロエンジニア 』は、専門のエージェントではなく、プログラミングスクール が就職支援を行っている。入校料、授業料が全て無料、20代であれば誰でも利用できる 。卒業生の96%はIT企業へ就職。

おすすめ度:★★★★★

参考:【IT未経験の20代向け】SE専門の転職エージェント3選比較

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください