30代・IT未経験で就職する方法|企業が20代を好む理由は?

異業種からIT業界へ就職する人が、近年急激に増えています。30代・未経験から目指す人も少なくありません。

  • 未経験・30代歓迎という求人を見たけど、本当に採用してくれるの?」
  • 「入社後に研修で学べば、30代でもITスキルを習得できる?」
  • 「都合のいい話には裏がある、ブラックに使われるだけでしょ?」

結論から伝えると、30歳を超えると就職は難しくなります。ただし、就職先が見つからない事はありません。高い意識があれば必ず就職先は見つかります。

30代からの転職は難易度が高いと言われますが、実はそれほど難しくないです。

採用担当者が、無条件で採用したい20代と違い、30代を敬遠する理由は明確に決まっているからです。女性が結婚相手の男性に求めることと同じように、不安を事前に取り除いてあげるだけで、相手からの信頼を簡単に勝ち取れます。

企業が感じる不安は、「スキルが習得できない」「年下とうまく意思疎通できない」「新しい技術に抵抗がある」があります。相手が何を考えているのか理解できれば、対策を練るのは難しくありません。

ここでは、「30代・未経験者」の就職事情や、就職に失敗しない方法を紹介します。

30代で就職したい人向け
  1. そもそも、30歳以上の未経験者は就職できるのか?
  2. 30代・未経験者の就職事情とは?
  3. 30代でも、就職に失敗しない方法とは?

▼▼IT未経験者の転職に強い大手2社▼▼

  1. マイナビ×IT第二新卒者、20代に強い
  2. ワークポート最短1ヶ月で就職したい人向け

1番のお勧めは「マイナビ×IT」です。なぜならば、過去にマイナビを利用してブラックから優良企業に転職できたからです。長時間労働から逃れた上に、年収は4年間で300→520万円まで増え、社内開発で経験を積んだ後に海外勤務もできました。

業界経験がない未経験者は、早めに行動した方が良いですね。

なぜならば、転職サイトの良案件は経験者から順に埋まるからです転職の開始時期が遅れると、条件面で不利な未経験者は確実にブラックを引かされます。このタイミングを逃すと、次の半期に良い案件が市場に出る、4ヶ月後まで待つ必要があります

参考:【マイナビ×ITの評価】本当に未経験でもブラックを避けられる?

2019年以降、未経験者はもう採用されない可能性もあります金融危機が再び発生する、日本政府が移民を受け入れる、外国人PGで人材不足を解消すると、採用や教育コストが掛かる未経験者は負担になるからです。

IT業界の転職有効求人は6.79倍ですが、2009年と同様に1倍を下回ると未経験者の需要は完全に無くなりますレポート:2019年1月)。

30歳以上の未経験者は就職できるのか?

一般的にIT業界は、30歳を過ぎると転職が難しくなると言われていますね。

30代前半からでもITエンジニアになれますか?
IT企業の求人の中には、何ヶ月か研修するんで未経験OKですよって求人もありますが、30代でも何ヶ月かの研修でできるようなモノなのですか?

また、35歳定年説がありますが、それが本当なら30代でITエンジニアになっても直ぐに定年になってしまいます。

それともゲームやアプリの開発が激務で体力的に35歳が限界であり、データベースエンジニアやネットワークエンジニアなどは長く勤める事ができるのでしょうか?

参考:Yahoo知恵袋

意見1:30代でIT企業に就職するのは難しい

採用担当経験者です。
30代、40代となると当然即戦力を求めた求人しか有りませんので、とても難しいと思いますネ。
主人がIT業界ですが・・・
例えば、新卒者の場合大学で幾ら学んでいても資格を取得していても、何の実務経験もない事から最初から指導し、教育していかなければならないそうで
当然、それは新卒なので将来性に期待もできる事ですが30代、40代なら新卒と同じ待遇にもできずかといって即戦力も無いなら、就職は困難だと思います。

参考:Yahoo知恵袋

意見2:30代からでも就職できる

IT業界プログラマ、SE志望で転職活動中です。

私は現在30歳で業界実務未経験、学生時に学んだ経験もありません。まずは業務システム開発を想定し言語はJavaやSQLをメインに二ヶ月程度スクール等で習得中です。

転職活動はかなり厳しいものになると思っていましたが、多くの企業に応募したのと全体の求人が好調なのも手伝って予想よりも多くの内定を貰えそうな状況です。

そのためどの企業にお世話になろうか判断が難しくなってしまいました。私の現状の能力も考慮し特に業界の方からのアドバイスをいただきたいです。

参考:Yahoo知恵袋

30代の前半なのか中盤以降なのかでまた話は違ってきますが、IT(プログラマー)も視野に入れていいと個人的には思います。未経験は20代までとか決めている会社が多い業界ですが、30代未経験でも取る会社はごくたまにありますITでしたら、小さくて、報酬が低く、人手不足な会社を探すのがおすすめです。

参考:Yahoo知恵袋

34歳、女です。今年から未経験でSEやってます(昨年までは事務職でした)ですが・・・IT関係の資格は一つも持っていません(笑)専門用語が多く解らない事だらけですが、同じ会社の先輩から仕事を教わりつつ働いています。

未経験でも採用してくれる会社はあり、現場に入ってみると結構未経験の人が居たりしますので積極的に就職活動をする方が良いのでは、と私は思いますよ。

また、正社員で採用されても契約先企業で特定派遣として働く形が大半です。
なので未経験の場合は会社でじっくり教えてくれる訳では無く、私の様に現場で働きながら教えて貰う事になるかと思います。
そして現場で働いて思った事ですが、現場程良い勉強先はありません。

ちなみに、ExcelやWordは苦手な方が多い様で…そうした方はマクロを組む事は出来ても段落などはさっぱり、と言った感じです。事務職の経験が活かせるとは思ってもいませんでした(笑)

参考:Yahoo知恵袋

30代・未経験で就職するのは難しいと語る人もいますね。しかしながら、実際には30代を過ぎても、採用されている人がたくさんいる事がわかります。

私の職場でも30代未経験で入社する人は、意外と多いです。

結論から伝えると、30歳を過ぎると採用のハードルは高くなりますしかし、本人が希望する限りは、就職先が見つからない事はありません。高い意識を持ち、条件を下げれば、必ず内定を得られます。

むしろ、私たちが気をつけるべきは、ブラックを避けることですね。この業界には未経験者をカモにする企業がたくさんあるからです。

ここからは、採用担当者から見た応募者の年齢など、30代・未経験者の転職事情について詳しく紹介します。

「30代・未経験者」の就職事情とは?

未経験者を採用する企業は、30代をどのように見ているのでしょうか。

その1:30代を採用する企業の本音は?

率直に言うと、積極的に30代を歓迎している訳ではありません。本音は20代を採用したいけれど、人材不足を理由に採用できない背景があります。

IT企業の採用担当者は、応募者の年齢を次のように考えています。

  1. 22〜28歳、学歴や職歴がなくても採用したい
  2. 29〜32歳、過去の職歴次第では採用したい
  3. 33〜35歳、過去の職歴や高い意欲がなければ難しい
  4. 36歳以上、現実的にかなり厳しい

28歳までは、社会人経験がないニートやフリーターでも簡単に就職できます。しかし、30歳を目処にハードルは高くなります。36歳を超えると、不可能ではないが現実的に難しくなります。

参考:未経験でエンジニアに採用されるのは何歳まで|年齢に応じた対策法

その2:ブラックに入社する確率は高い

社会人経験がない30代でも、就職先を見つけるのは難しくありません。条件を妥協すれば、採用してくれる企業はいくらでも見つかります。ただし、足元を見られるので、ブラックに入社する確率も高いです。

  1. 契約先企業で、特定派遣に出される
  2. 開発者ではなく、コールセンターの正社員だった
  3. インフラ系で労働環境が悪く、長時間労働させられる
  4. 運用保守、ヘルプデスクで業務経験が積めない

就職できるかよりも、実は条件を落とさずに就職する方が大事です。「まずは業務経験を積むためにブラックでも良い」と語る人もいますが、大概は1年も経たずに辞めます。

参考:【IT未経験者向け】ブラックとホワイト企業の特徴と見分け方は?

その3:資格やスキルは重要ではない

専門職に就職するから、まずは資格を取得しよう」と考える人がいます。30代を過ぎた場合に、資格取得はデメリットしかありません。なぜならば、取得しても評価されない上に、半年〜1年の勉強する期間が勿体ないからです。

30代以降は、時間が経つほど市場価値が下がり、就職が不利になります。

職業訓練校や独学よりも3ヶ月で基礎スキルを学べるスクール、資格取得よりも1日も早く就職して実務経験を積むことを考えましょう。

参考:未経験からSEになるために資格は必要?|時間と労力の無駄だった

その4:30歳以上を採用する企業は増えている

参考:IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果

30歳を超えると就職が不利です。しかしながら、30代を採用する企業は増加傾向にあります。なぜならば、団塊世代が退職する一方で、少子高齢化でITを目指す若者が減り、業界の平均年齢が急上しているからです。

2020年には、ITエンジニアの平均年齢は40歳を超えます。

IT人材の供給人数は、2019年をピークに減り続ける一方なので、20代を採用したくてもできない時代が訪れます。新しい人材を採用しなければ、企業は潰れるしかありません。つまり、現実的に30代・未経験者を採用する必要性があります。

以上が、30代・未経験者の就職事情になります。

ここからは先は、30代・未経験者の就職の仕方や考え方を紹介します。いくつかコツを掴めば、それほど難しくない事がわかります。

30代でも就職に失敗しない方法

30代・未経験で内定を獲得するためには、具体的にどうすれば良いのでしょうか。

方法1:20代が好まれる理由を知る

一般的には「30代でIT企業に就職するのは難しい」と言われていますよね。採用担当者が30代を敬遠するのは、そこに明確な理由があるからです。その理由を事前に潰す事で、内定を得られる確率は高くなります。

女性が結婚相手を選ぶ上で重視するのは、男性の人柄や収入ですよね。なぜならば、結婚する上で不安な将来を、少しでも安心したいと純粋に思うからです。問題ない理由を的確に伝える事で、相手から信頼を勝ち取れます。

採用担当者が、30代を敬遠する理由は次の通りです。

  1. 教育コストの無駄 →  プログラミングをゼロから教えても、20代よりも頭が硬くて覚えられなさそう…
  2. 若い人よりも保守的 → 20代と比較して、最先端技術(人工知能、クラウド、IoT)に慣れるのが難しそう…
  3. コミュニュケーション力 → プライドが人一倍高そうで、年下から仕事を頼まれたら嫌な顔をしそうだな…
  4. 期待とのミスマッチ →20代の転職じゃないんだから、 過去の職歴を活かして、 品質管理やマネージメントを期待したいのに…

30代・未経験者を採用する企業は、20代だけでは応募枠が埋まらない結果ですね。担当者の不安を事前に消してあげる事で、30代でも内定を得られます。

方法2:30代でも失敗しない人の特徴

私の知人は、35歳でIT企業から3社内定を獲得しました。彼は自分の年齢がハンデになるとわかっていたので、事前に次の対策を取りました。

  1. 働きながらスクール に通い、基礎的な知識を短期間で習得する
  2. 卒業するまでの3ヶ月間で、オリジナルのWEBサイトを製作する
  3. WEBサイトのURLを書類に貼り付けて、書類の通過率を高める
  4. 面接では、自分の性格や特徴をパワーポイントにまとめてプレゼンする
  5. プログラマーではなく、将来的にマネジメントがしたいと伝える

WEBサイトを制作することで、基礎的なスキルがあり機能拡張や改修できることを証明できます。性格や特徴を伝える事で人間性をアピールし、安心して採用に踏み切れますね。

もちろん、ここまで準備するのは楽ではないですね。逆に言うと、ここまで丹念に準備すると、採用担当者は落とす理由が見つかりません

ここから先は、就職活動を始めるための具体的な方法を紹介します。

近年は、就職保証があるプログラミングスクールが増えていますが、無理に通学する必要はありません。私たちはITスキルを習得しなくても、企業に就職できます。

▼▼諦めなければ必ず目標は実現できる▼▼

私は多くのIT未経験者にSEを目指して欲しいと思っています。

なぜならば、職歴や学歴が重視されず正しい努力ができる人材であれば、必ず道が開かれる業界だからです。もちろん、未経験者はブラックに入社するリスクは否定しません

私が1社目に入社した先はブラックでした。夜の10時過ぎまで働くも残業代は1円も支給されず、時給に換算すると700円以下です。身体は疲れているのに、布団に入ると将来が不安で夜も眠れません

ある仕事帰りの電車の中、窓に映った惨めな自分の姿を目にします家事と仕事を両立し苦労して育ててくれた母親のことを思うと、自然と目から涙がこぼれ落ちました。しかしながら、それでも行動に移す勇気がなく、転職できずに3年が経ちます。

働くためだけに社会から生かされている生活に嫌気が指していた時に、知人から転職エージェントを紹介されました。転職に前向きになれないながらも、半ば強制的に就職活動が始まります。

その2ヶ月後に社内開発できる企業に就職し、私の人生は大きく変わりました。社内開発できる企業に入社後、転職してから4年後には年収500万円を超えました。決して大きな成功ではないが、家族にも恵まれ今は毎日幸せを感じています。

この知人のおかげで、自分を信じて行動すれば、必ず良い方向に進むことを知ります。未来は自分が思い描く事しか実現されないので、いま行動しなければ一生変わらないですね。

私が転職を勧める理由は、1人でも多くブラックで苦しむ人を減らしたいからです。

ブラックから転職して変わったことは...
  1. 右肩上がりに昇給し、4年で300万円から520万円に増えた
  2. 納期がない月は、毎日定時に帰宅できた(月の残業は20時間
  3. 転職市場で査定してもらうと、+50〜100万円で掲示される
  4. 社内で開発経験を積み「海外勤務」と「海外出張」を経験できた
  5. 平日の夜も、家族や知人と食事や趣味を楽しむ事ができる
  6. 社内開発で経験を積み、倒産やリストラが怖くなくなった
  7. ITスキルの他に、後輩の教育やマネジメントも経験できた
  8. 毎朝眼が覚める度に、気持ち良く布団から出られる
  9. 家族にも恵まれ、大切にしたい人のために働ける喜びを知れた

個人的に1番のお勧めは「マイナビ×IT」です。なぜならば、私自身がマイナビを利用する事でブラック企業を脱出できたからです。

参考:【マイナビ×ITの評価】本当に未経験でもブラックを避けられる?

30代でも利用できる転職サイト・スクール

「30代・未経験者」が利用できる、転職サイトやエージェントは限られます。ここでは、30代でも就職保証が受けられるスクールと転職サイトを紹介します。

スクール:30代で唯一転職保証がある「テックエキスパート」

テックエキスパートは、30代でも転職保証が受けられる唯一のプログラミングスクール です。無料スクールや転職保証は20代向けなので、30代が利用できるのは稀ですね。

テックエキスパートの特徴
  1. 30代でも就職保証がある、業界唯一のスクール 
  2. 就職に失敗すると、受講料を全額返金してくれる
  3. 転職成功率は98%、30代の利用者は全体の24%を占める
  4. 夜間も対応しているため、社会人でも利用できる
  5. 渋谷校以外にも、大阪と名古屋にスクールがある

未経験者の需要が高くなり、無料スクールが増えています。しかし、30代でも就職保証が受けられるのは、テックエキスパートだけです。

製作するオリジナルアプリはレベルが高く、「チームラボ株式会社」から内定を得た受講生もいます。

評価:【テックエキスパート】悪い評価|30代でも転職保証が付くスクール

転職サイト:30歳以上の利用者が58%「ワークポート」

参考:https://www.workport.co.jp/service/data.html

ワークポートは、幅広い年齢層が利用するIT専門の転職エージェントです。未経験者の転職を最も得意とし、30歳以上の利用者が58%を超えます。

ワークポートの特徴は...
  1. 未経験者に最も強く、最短1ヶ月で就職できる
  2. 20〜30代の利用者が多く、30歳以上は58%を占める
  3. 利己的だが対応が早く、結果にコミットしてくれる
  4. IT系の求人が豊富で、リクナビにない企業も多数扱う
  5. 余計な駆け引きがなく、スムーズに内定を獲得できる

ワークポートは、最短で1ヶ月で内定を獲得できます。通常なら3ヶ月掛かる就職活動を、3倍速で進められるのはワークポートだけの特徴です(大手リクナビやDODAは内定まで3ヶ月掛かる)。

就職に不利な30代・未経験者でも、確実に就職先を見つけてくれます。

評価:ワークポートの評判|IT未経験者でも高い転職成功率に強み

▼▼IT未経験者の転職に強い大手2社▼▼

  1. マイナビ×IT第二新卒者、20代に強い
  2. ワークポート最短1ヶ月で就職したい人向け

1番のお勧めは「マイナビ×IT」です。なぜならば、過去にマイナビを利用してブラックから優良企業に転職できたからです。長時間労働から逃れた上に、年収は4年間で300→520万円まで増え、社内開発で経験を積んだ後に海外勤務もできました。

業界経験がない未経験者は、早めに行動した方が良いですね。

なぜならば、転職サイトの良案件は経験者から順に埋まるからです転職の開始時期が遅れると、条件面で不利な未経験者は確実にブラックを引かされます。このタイミングを逃すと、次の半期に良い案件が市場に出る、4ヶ月後まで待つ必要があります

参考:【マイナビ×ITの評価】本当に未経験でもブラックを避けられる?

2019年以降、未経験者はもう採用されない可能性もあります金融危機が再び発生する、日本政府が移民を受け入れる、外国人PGで人材不足を解消すると、採用や教育コストが掛かる未経験者は負担になるからです。

IT業界の転職有効求人は6.79倍ですが、2009年と同様に1倍を下回ると未経験者の需要は完全に無くなりますレポート:2019年1月)。

まとめ:30代・未経験で就職できる?

30代が敬遠される理由
  1. 教育コストの無駄 →  プログラミングをゼロから教えても、20代よりも頭が硬くて覚えられなさそう…
  2. 若い人よりも保守的 → 20代と比較して、最先端技術(人工知能、クラウド、IoT)に慣れるのが難しそう…
  3. コミュニュケーション力 → プライドが人一倍高そうで、年下から仕事を頼まれたら嫌な顔をしそうだな…
  4. 期待とのミスマッチ →20代の転職じゃないんだから、 過去の職歴を活かして、 品質管理やマネージメントを期待したいのに…

採用担当者が、30代を敬遠する理由は明確に決まっていますね。その不安を取り除いてあげるだけで、内定を得られる可能性は高くなります。

具体的には、スキルを習得できる能力や、年下とのコミュニュケーション能力、将来のキャリアを明確に示す事で、アピールできます。30代で内定を得られない人は、準備が足りていないからです。

相手が何を考えているのか理解できれば、事前に対策も見えてきますね。

IT業界を目指すのであれば1日も早く就職することをお勧めします。なぜならば、30歳を過ぎると、時間とともに市場価値が下がるからです。

1日も早く行動に移した方が良い理由は?

現在IT業界は、書類を送付すれば誰でも企業から内定を得られます。なぜならば、転職倍率が6.79倍を超え、過去に30年にないほど売り手市場が続いているからです。全業種の倍率は2.49倍なので、他業種として比較して3倍も求人が余っています。

参考:転職求人倍率レポート(2019年1月)

しかしながら、この状況が続くのは長くても2019年までです

なぜならば、景気サイクルは8年周期で周り、再び金融危機が発生するからです。2008年10月28日に6,994円を付けた株価は、2018年12月に最高値の24,270円まで回復しました。現在は一時20,418円(8月15日)まで落ち込みましたね。

アメリカと中国の緊張が高まり、いつ米ダウ平均が暴落してもおかしくありません。アップル株はiPhoneの販売不振で暴落していました(232→142ドル)。一度不景気が発生したら、1週間も経たない内に株価は半値以下まで暴落します。

求人倍率が1倍を下回ると、企業は採用や教育コストが掛かる未経験者の採用を辞めますね。2019年度までに内定を獲得するためには、今すぐに行動に移す必要があります。

有効求人倍率が1倍を下回ると...
  1. 教育や採用コストが掛かる未経験者を、IT企業は採用しない
  2. 転職エージェントに連絡しても、求人の紹介を断られる
  3. 労働市場に人材が溢れ、経験が浅いIT経験者も職を失う
  4. 正社員採用がリスクになり、派遣やフリーランスしか使わない
  5. 人件費が安い外国人を採用し、海外でシステムを開発する
  6. 日本人SEやPGは、国内で開発経験を積むのが難しくなる
  7. 売り手市場が終わり、プログラミングの無料スクールが終了する
  8. 都内で仕事が見つからず、地元に戻りアルバイトで生計を立てる

私たち未経験者は、次の不景気に備えて1日も早くIT企業で経験を積む必要があります。

専門スキルを身につけ必要な人材に成長できれば、リストラされる心配もなくなります。通常の会社員や労働者と違い、会社が倒産してもSEは生き延びていけますね。

転職活動に今すぐ必要なものは?

転職活動を開始するに当たって、私たちが必要な準備は何もありません。また、私たちは全てのサービスを無料で利用できます。途中で就職を辞退しても罰金など一切ありません。

履歴書や職務経歴書は、キャリアコンサルタントと面談し転職の意思を固めた後に改めて準備すれば良いですね。面談することで進みたい方向性が決まり、その段階で具体的な準備を始めた方が手戻りが少ないです。

マイナビは、他の転職サイトにはない隠れ優良企業を多数扱います。私が社内開発ができる中小企業に就職できたのはマイナビのおかげです。大手リクナビやDODAだと、求人数が多いが優良企業は少ないのが難点ですね。

登録から面談までの流れ
  1. 公式サイトから「無料転職サポート申し込み」を選択する
  2. 希望勤務地や個人情報を入力する(3分で登録できる
  3. 担当者からメールか電話があり、面談日を指定する(平日夜や週末も可)
  4. 予約した日時に来社し、無料カンセリングを行う(所要時間は40分)
  5. 仕事が忙しく来社できない場合は、電話でも対応しています

キャリア面談後には、2万件ある求人から条件に合う企業を、20社前後紹介してくれます。紹介される案件に目を向けると「ITの経験がない未経験者でも、必要としてくれる企業がたくさんある」事に自信を持てますね。

それだけ、IT企業は人材不足に陥っているからです。

もちろん、働きたいと思える企業がなければ、無理に応募する必要はありません。売り手市場なので、私たちが企業を選ぶ立場にありますね。カウンセリング、転職サポートはすべて無料なので、途中で利用を辞めても違約金は一切発生しません。

ただし、キャリア面談は身構える必要はないが、転職活動は慎重に行いましょう。

なぜならば、転職活動は私たちの人生を大きく変える、最初の大きな1歩になるからです。自分自身の内面と深く向き合う事でやりがいのある仕事を見い出し、新しい人生の再スタート切るためにあります。

転職活動で巡り会う会社は、入社するかは別にしてそれぞれ深い意味があります。

私は新しい道を歩み始めた事で、大きく生涯収入を増やすことに成功し、夢だった海外就職も実現できました。もしも、あの時に転職活動しなければ、私の年収は30歳でも300万円のままです。実際に、8年間働き続けている元同僚の年収は330万円です。

30歳時点で年収に200万円も差があると、残りの生涯年収で6000万円も違いますねブラックで働いている劣等感で家族を持つこともできず、一生涯孤独で生きていたと思います。

未経験者の市場価値は年齢とともに減少するため、将来動く予定があるならば景気が上向いている今行動した方が良いです2019年以降では、金融危機が発生しもう手遅れである可能性が高いです。

登録に必要な項目は少ないので、通勤中にスマホからでも簡単に面談を予約できます。

会員登録と面談の日程調整、それから面談して求人を紹介してもらうのは、全ての工程で1時間も掛かりません後からキャンセルもできるので、会員登録だけでも先に終わらせた方が良いですね。登録フォームは3分で埋められます

公式サイト:SE・プログラマーの転職『マイナビエージェント×IT』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください