30代のIT未経験者が転職する方法|成功と失敗を分ける違いは?

市場が急速に拡大しているIT業界では、30代でエンジニアを目指す人が増えています。しかしながら、こんな不安を感じている人も少なくありません。

  • 30歳を超えた未経験者を、採用してくれる企業は本当にあるの?」
  • 「ネットで見た業界未経験可、年齢35歳まで、という求人を信じていいの?」
  • 30代で入社するためには、具体的に何を勉強すれば良い?」

結論から伝えると、30代の未経験者でもSEになれます。なぜならば、IT業界は深刻な人材不足を抱えているので、エンジニアの需要は日々増しているからです。

30代だとエンジニアは難しい」と言われるのは事実ですが、本人に強い意志があれば実現は可能です。30代が企業から内定を獲得するコツは、企業が採用したくない理由を予測し、その要因を事前に取り除いてあげる事です。

人材不足に苦しんでいるので、本当は企業側も人材を採用したいと思っています。

実際に私が勤めている会社では、35歳で入社し海外勤務まで実現した未経験もいます。彼の転職活動の仕方を見ていると、IT企業から好まれる特徴が見えてきます。

ここでは、30代からの転職に失敗する人と成功する人の違い、それから確実に内定を獲得する手順を紹介します。難易度は高いですが、ここまでやれば必ず企業から採用されるという基準があります。

30代でIT企業に転職したい人向け
  1. 30歳以上の未経験者は、IT企業に就職できますか?
  2. 30代でも、転職に失敗する人の3つの特徴は?
  3. 30代が、転職するために必要な4つのステップとは?

▼▼IT未経験者の転職に強い大手3社▼▼

  1. 全国に拠点があり20〜30代が利用するリクルートエージェント
  2. 第二新卒者、20代に強いマイナビエージェント×IT
  3. 2ヶ月以内に転職したい人向けワークポート

個人的に1番のお勧めは、マイナビです。過去に利用してブラックから優良企業に転職できたからです。転職後は「海外勤務」や「海外出張」も経験でき、4年で年収は300→520万円まで増えました(マイナビの評価はこちら)。

ワークポートは、営業力に強みを持ち最短1ヶ月で転職する人もいます。ただし、扱う求人の質が大手2社より落ちるのが難点です(ワークポートの評価はこちら)。

参考:SE専門の転職サイト・エージェント3選比較|目的別の選び方

記事の内容を簡単に知りたい

30歳以上の未経験者は就職できるのか?

30代でIT企業に就職する事自体は、実はそれほど難しい事ではありません。

30歳を超えて、未経験からの転職に成功した人を何人も見てきました。未経験の中途で採用される人の2割は、実は30代です。

その1:30歳を超えてIT企業に転職したい人の声

Yahooの知恵袋に投稿されていた質問を紹介します。

30歳超えてから未経験でIT業界に転職した人がいたら教えて下さい。

異業種からIT企業へ転職したいのですが、どのようなことを事前に勉強や訓練をしましたか?またおススメの書籍とかありますか?

35歳未経験ですが・・・。

転職を決意し、アレコレ調べますとIT業界では結構年齢制限が緩いということが分かり、?
元来勉強好きで職人志向の私は飛びついたわけです。大阪ですが、ハローワークで調べますと年齢不問、未経験歓迎が結構多く、しかし不安性の私は書いてあるだけで実際は眉唾と、電話で直接会社へ聞きまくりました。やはり、求人票に書いてあるように、年齢不問、経験不問で受けられるようなんです!私はそう聞くや否や参考書を買い捲り、勉強の日々なんですが、やはり不安です。

IT系に転職しようと思います。

30歳で製造業でしたが派遣切りにあったのでこの機会にIT系に転職しようと考えています。スキルは全くの未経験ですが5年から10年後にはプログラムの開発の仕事ができるように目指したいと思います。
そこで質問ですが現在人材会社からは、◯◯◯◯会社を紹介されていますがこの会社の評判がしりたいです。また、自分自身の努力や適性もありますが未経験からスキルアップ、キャリアアップを目指せるIT会社(派遣含む)としておすすめの会社があれば教えてください。

30歳を超えた人がエンジニアを目指すのは、簡単な事ではないですよね。質問者たちの切迫した気持ちが、こちらにも伝わってきます。

ただ、単刀直入にいうと、彼らが内定を獲得するのは難しそうですよね。仮に得られたとしても、ブラックに入社する可能性が高いと思います。

その2:30代からの就職活動で重視すること

20代であれば、プログラミング経験がなくても需要が高いので就職先が見つかります。しかし、30代は20代と同じように活動しても内定を得られません

最低でも次のことは頭に入れておきましょう。

  1. 勉強に時間を費やすよりも、1日も早く具体的な行動に移す方が良い
  2. 資格は転職市場で評価されないので、時間の無駄である
  3. ハローワークや職業訓練所はブラックが多いので、利用しない

30代は、業界経験がない上に年齢がハンデになるため、資格や勉強に貴重な時間を費やす傾向があります。その気持ちは理解できますが、時間が経つほど、受け入れ先の企業の数は減りますよね。

資格を取得するために半年間を費やせば、市場価値がさらに下がり、就職のハードルが高くなるだけです。勉強に時間を費やすよりも、1日も早く具体的な行動に移した方が良いですね。

資格や参考書を購入してじっくり勉強するのは、IT企業から内定を獲得してからでもできます。

参考:未経験からSEになるために資格は必要?|時間と労力の無駄だった

その3:35歳を超えて転職に成功した友人の例

ここでは、35歳で就職を決めた私の知人の例を紹介します。

彼は、自分の年齢がハンデになるとわかっていたので、事前に次の対策を取りました。

  1. プログラミングスクール に通い、基礎的な知識を短期間で習得する
  2. 卒業するまでの3ヶ月の間に、オリジナルのWEBサイトを製作する
  3. WEBサイトのURLを書類に貼り付けて、書類の通過率を高める
  4. 面接では、自分の性格や特徴をパワーポイントにまとめてプレゼンする
  5. プログラマーではなく、将来的にマネジメントがしたいと伝える

難易度は高いですが、ここまでやる人は企業から内定を得られますよね。採用担当者が採用しない理由がないからです。

WEBサイトを制作することで、基礎的なスキルがあること、それから機能の改修や修正ができること、独学で学ぶ能力があることを証明できますね。

30代で転職に失敗する人の3つの特徴は?

では、どういう人が転職に失敗するのか、具体例を見ていきましょう。

私は上司に付き添い採用面接に参加することがあります。そうすると、成功する人と失敗する人の特徴が見えてきます。

特徴1:SEはプログラマーだと思っている

30代で内定を獲得できない人は、プログラマーとして採用されると思っている人が多いです。30代を超えた人材に対して企業が期待するのは、手を動かすだけのプログラマーではないですよね。

私たちエンジニアの仕事は、プログラマー以外にも様々なポジションがあります。

  1. マネジメント経験があり、チームの調整役にまわる役割
  2. 資料やドキュメントなど、クライアント向けのプレゼン資料を作る役割
  3. クライアントと直接交渉し、要件定義や設計を担当する役割
  4. 要件通りにシステムが完成したか、品質を管理する役割
  5. トラブルなく安定稼働していることを管理する役割

プログラミングは、IT業界で働くために必要な手段であり、必須スキルではありません。

プログラマー以外でその企業が何を期待しているのか把握できないと、高い確率で落とされます。相手が何を求めているのか察知するのは、ビジネスの必須スキルですよね。

特徴2:自己投資にお金を惜しむ人

20代であれば、熱意を伝えるだけでも採用してくれる企業はたくさんありますね。しかし、30代であれば、言葉だけでは相手に伝わりません。

あなたは自分の目標を実現するために、過去にどのような自己投資をしてきましたか?

  1. 仕事に関係するビジネス書を月に10冊以上読む(月5千〜1万円)
  2. 語学を習得するために、オンライン英会話やスクールに通う(月5千〜1万円)
  3. 夏休みや冬休みを利用して、短期の語学留学に参加する(5万円〜)
  4. プログラミングに関する書籍を購入して勉強する(月2千円〜)
  5. スクールに3ヶ月通い、オリジナルアプリを制作する(月2〜5万円)
  6. 最先端技術に興味があり、人工知能技術のセミナーに参加している

お金を出せば良いわけではないが、30代で自己投資にお金を使えない人は、ビジネスマンとして能力が低いと判断されます。

採用面接の場で、「プログラミングに興味があります」「参考書籍を購入して基礎スキルや資格取得の勉強をしています」「スマホアプリを開発したいです」と熱く語っても説得力はないですよね。

私たちは行動する理由と、その結果を具体的に示す必要があります。

特徴3:具体的に行動力できない人

行動力がない人は、内定を獲得するのが難しいですよね。私の知人でも、企業から内定を得られる人はこのように質問してきます。

  1. 「30代で就職するためには、まずは何から手を付ければ良い?」
  2. 「内定を獲得できる人とできない人の違いは?」
  3. 「ブラック企業かホワイト企業かは、どうやって見分けているの?」

行動する事を前提にした質問内容ですよね。対して、就職に失敗する人はこのように質問しますね。

  1. 「未経験で30歳を超えていると、やっぱり就職は難しいよね?」
  2. 「未経験で入社する人は、やっぱり高い確率でブラックに入社するよね?」
  3. 「資格とか理系卒とか、専門知識がないと技術職は無理だよね

失敗しても傷つかないように、自分たちが目標を達成できない理由をいつも探していますよね。

30代の転職は、企業から断られる回数も自然と多くなります。そのため、前向きに行動できる人でなければ、内定を獲得するのは難しいです。

30代が転職を成功させる具体的なステップ

ここでは、30代でも確実に内定を獲得する方法を紹介します。

30代でエンジニアは難しい」と言われるのは事実です。しかし、企業が30代を採用したくない理由を予測して、その要因を事前に潰すことで内定を得られる確率は高くなります。

企業の採用担当者が、20代と比較して30代を敬遠する理由は次の通りです。

  1. 教育コストの無駄 →  プログラミングをゼロから教えても、20代よりも頭が硬くて覚えられなさそう…
  2. 若い人よりも保守的 → 20代と比較して、最先端技術(人工知能、クラウド、IoT)に慣れるのが難しそう…
  3. コミュニュケーション力 → プライドが人一倍高そうで、年下から仕事を頼まれたら嫌な顔をしそうだな…
  4. 期待とのミスマッチ →20代の転職じゃないんだから、 過去の職歴を活かして、 品質管理やマネージメントを期待したいのに…

以上を踏まえた上で、私たちは対策を立てれば良いですね。

ここで紹介するステップを全て実行するのは、ハードルが高いです。しかし、これだけ実行に移せれば、確実に内定を獲得できる指標になります

ステップ1:業界研究を徹底的に行う(2〜3日)

上司に付き添い、採用面接の場に立つ事がありますが、業界研究が十分でない人がとても多いです。時間が掛かって大変なのはわかりますが、目的を決める事は1番大切ですね。

この業界に入社して、本当に実現したい事をじっくりと考えてみましょう。

  1. WEB系:競争が激しい業界で切磋琢磨したい人
  2. SIer系:規模が大きいプロジェクトでマネジメントを経験したい人
  3. 社内SE:大手企業で安定した職場で働きたい人
  4. ネットワーク系:開発よりも社会インフラに興味がある人
  5. コンサル系IT:クライアントの問題解決に興味がある
  6. 品質管理:開発よりも顧客満足度を高めたい人
  7. 最先端技術:人工知能やクラウド技術など、最新技術に触れたい人
  8. ブリッジSE:語学が得意で海外で活躍したい人

20代の転職と違い、働きたい業種の希望を伝えるだけでは不十分です。なぜ、その分野で働きたいのか、明確に説明しましょう。

参考:エンジニアは具体的に何をする仕事?|業界研究、給与や労働時間

ステップ2:自己分析を徹底的に行う(1日)

業界研究の完成度が低い人は、自己分析も甘くなります。

自分自身を詳しく理解できていないと、企業が納得できる自己PRや志望動機を書く事は不可能です。就職活動は、人生で結婚相手を探す行為だと考えましょう

  1. 結婚を前提に交際を始める相手に、自分の事を良く理解してもらう(自己PR)
  2. 相手のどこが具体的に好きなのか、その理由を明確に伝える(志望動機)

考えてもアイディアがまとまらない人は、過去に体験した事を年代別に全て書き出しましょう。そして、その時に感じた感情も書き出します。すると、人生で何をすれば満足できるのか、本当に自分がやりたい事も次第に見えてきます

この段階にならないと、心に響く自己PRや志望動機は絶対に作れませんやりたい事が見つからない人は、「やりたくない事」を書き出すでもOKです。

30代であれば、これまでの経験してきた職歴のストーリーなしには、内定を獲得するのは難しいですよね。

参考:【例文あり】SE未経験の自己PRの書き方|採用担当者が教える

ステップ3:独学でプログラミングを学ぶ(1〜2ヶ月)

プログラミングは転職に必要な必須スキルではありません。

しかしながら、自ら学ぶ意欲や能力がある事を示すためにも習得する必要があります。独学でプログラミングを学ぶ方法はいくつかあります。

30代であれば自分で学ぶスキルがある事を、企業は期待しています。

①参考書籍から学ぶ

 

最初から難しい内容に挑戦する必要はなく、ゲーム感覚で楽しくプログラミングを学ぶ方法を考えましょう。

②ネットの無料動画で学習する

3分動画でプログラミングが勉強できる「ドットインストール」があります。

3分動画の中では、開発環境から始まり、コーディング、それからプログラムが実装通りに動作するまで解説されています。動画を見ながら一緒にコーディングするだけなので、初学者でも簡単に理解できる内容です。

私は10年以上SEの経験がありますが、実はプロジェクトで新しい言語やスキルを学ぶ度に「ドットインストール」を利用しています。

短期間で効率良く、新しい言語の基礎を学べるからです。

③プログラミングスクール を利用する

独学で学ぶのが難しいと感じる人は、オンラインスクールを利用してみましょう。

スクールを利用する事で、次のメリットがあります。

  1. 実践的なスキルを習得でき、2〜3ヶ月でオリジナルアプリを製作できる
  2. オリジナルアプリやWEBサイトのURLを履歴書に貼り、優良企業にアピールできる
  3. 転職支援が付き、無料で利用できるプログラミングスクールがある
  4. 日中から通うことができ、他の通学制と共同でシステム開発ができるスクール
  5. 会社員でも就職できるように、夜間に対応しているスクールもある

短期間で効率良く学習できるので、転職活動と同時進行でも学ぶ事ができます。

ステップ4:オリジナルアプリを制作する(1〜2ヶ月)

プログラミングを毎日勉強しています」と伝えるだけでは十分ではないですよね。

私たちは専門職に応募するので、実際に動いているモノを見せる必要があります。オリジナルアプリを制作する事で、次のスキルを企業に証明できますね。

  1. アプリ開発に必要な環境構築など、自分で考えて設計できる人材であること
  2. プログラミングの基礎知識が、十分なレベルですでにあること
  3. 新しい機能を追加したり、自由に改修できるレベルにあること
  4. わからない事があれば、自発的に行動して解決できること

もちろん、プログラミング経験がない人が、オリジナルのアプリやWEBサイトを独学で制作するのは難易度が高いです。

プログラミングスクールを利用すれば、オリジナルアプリの制作から、仮想環境(AWS)にWEBアプリを置く方法もサポートしてくれます。私の知人も、スクールの転職支援を利用して就職先を決めていました。

転職サポートがあるスクールもあるので、是非検討してみてください。

参考:【30代未経験でも転職支援が受けられる?】スクール3校の比較

▼▼転職支援(無料、全額保証)があるプログラミングスクール3社▼▼

  1. 20代、関東在住なら無料で利用できるProEngineer
  2. 20代、オンラインで自宅や職場から自由に受講できるCodeCamp
  3. 30代でも、転職保証が受けられるTECH::EXPERT

プロエンジニア 』は、入校料、授業料、転職支援が全て無料で利用できる唯一のプログラミングスクール です。受講中に就職を辞退しても罰則や罰金はありません。

コードキャンプ 』は、就職先が決まらないと、20万円の授業料が返金されないことに注意してください。テックエキスパート』は、30代でも唯一転職保証が受けられるスクールです。しかし、就職先が決まると授業料は返金されません。

無料スクールは、2019年にはもうない可能性もあります企業が人材不足を解消する、景気が変わり未経験者の需要がなくなると廃止されるからです。

未経験者の需要が高い今のうちに利用しましょう。

参考:未経験者が無料で受講できるプログラミングスクール まとめ

30代でも利用できる転職サイト・スクール

30代の未経験者が利用できる、転職サイトやエージェントは限られます。

ここでは、30代でも利用できる転職サイト2社と、30代でも転職支援が利用できるプログラミングスクール を1社紹介します。

その1:31歳以上の利用者が42%の「リクナビ」

参考:https://www.r-agent.com/otoiawase/help/service.html#faq_14

リクナビエージェントは求人数が16万件、過去に利用した人が31万人を超えるほどの業界最大手です。20代の第二新卒者から40代、50代と幅広い層が利用します。

そのため、30代の業界未経験でも希望を伝えると、必ず20社以上の求人を紹介してくれます。未経験者であれば、求人の選択肢が増えるほど採用される確率は高くなりますね。

評価:リクルートキャリアの評判|転職支援実績が31万人

その2:30歳以上の利用者が58%の「ワークポート」

参考:https://www.workport.co.jp/service/data.html

ワークポートは、業界最大手のリクナビと比較すると扱う案件の数(8000件前後)は少ないです。

しかしながら、ワークポートはIT専門の転職エージェントで、30歳以上の利用者が58%を超えるほど幅広い層が利用しています。

営業力が強いことが最大の強みで、過去にたくさんの未経験者の転職成功させています。リクナビの「転職決定人数部門」で1位を獲得しています。

全体的に求人の質は高くないのが難点だが、結果にコミットしてくれる転職エージェントです。30代でも必ず就職先を見つけてくれますよ。

評価:ワークポートの評判|IT未経験者でも高い転職成功率に強み

その3:30代で唯一転職保証がある「テックエキスパート」

テックエキスパートは、30代でも転職保証が受けられる唯一のプログラミングスクール です。無料スクールや転職保証は20代向けなので、30代が利用できるのは稀ですね。

テックエキスパートの特徴は、

  • 30代でも転職保証が付く業界唯一のプログラミングスクール 
  • 転職成功率は98%で、30代の利用者は全体の24%を占める
  • 転職に失敗すると受講料(3ヶ月45万円)が全額返金される
  • WEBサービスの開発、チームでシステム開発など実践的なスキルが習得できる
  • 夜間も対応しているため、社会人でも利用できる
  • 都内の渋谷校以外にも、大阪と名古屋にスクールがある

即戦力で働けるスキルを習得してから転職したい人に向いています。転職に失敗すると、料金は全額返金してくれるためリスクはないですよね。高いレベルのスキルを習得することで、優良企業から内定をもらえる確率も高くなります。

評価:【テックエキスパート】悪い評価|30代でも転職保証が付くスクール

▼▼プログラミング未経験でもSEになれる▼▼

IT業界は未経験でも入社できる、専門職の中では珍しい職種ですただし、未経験者はブラックに入社する確率が高いのは事実なので、慎重に行動する必要がありますね。

ブラックを避けて普通のIT企業に入社したことで、私は次のメリットがありました。

SEに就職する利点
  1. 経験年数に合わせて、給料が右肩上がりに増える(4年で300→520万円
  2. 納期がない月は、毎日定時に帰宅できる(月の残業は20時間
  3. 転職市場で、高く評価されるスキルを習得できた(+50〜100万円で掲示
  4. 社内開発できる企業に就職し海外勤務」と「海外出張」を経験できる
  5. 本業の他に、ネットビジネスを利用して副収入を得られる(月に10万円以上

まとめ:30代未経験者が転職する方法

30代が確実に内定を得る方法
  1. 業界研究を徹底的に行う(2〜3日)
  2. 自己分析を徹底的に行う(1日)
  3. 独学でプログラミングを学ぶ(1〜2ヶ月)
  4. オリジナルのアプリやWebサイトを制作する(1〜2ヶ月)

30歳を過ぎると、20代と比較して転職が格段に難しくなるのは間違いありません。ただし、100%無理かと言われたらそうではないですよね。

業界経験がなくても2ヶ月で2〜3社内定を獲得する人もいれば、100社以上応募しているのに1社からも内定を得られない人もいます。

30代だとエンジニアは難しい」と言われるのは事実ですが、本人に強い意志があれば実現は可能です。30代が企業から内定を獲得するコツは、採用したくない要因を事前に予測し取り除いてあげる事です。

人材不足に苦しむIT企業は、20代を募集しても希望通りの人数が集まりません。できる事なら企業は、30代でも積極的に採用したいと思っているからです。

しかし、思うように採用できないのは、採用する理由を応募者が示せていないからです。

自ら学ぶ意欲がある事を示せれば、内定は確実に得られます。

1日でも早く行動に移した方が良い理由

現在IT業界は転職有効求人倍率が「6倍」を超えるほど景気が良いですね(転職求人倍率レポート(2018年4月))。業界全体の求人倍率が2.36倍なので、他業種の3倍も求人が余っています。

そのため、書類を送付すれば、誰でも書類選考を突破できます。

しかしながら、この状況がずっと続くわけではありません。

IT企業は外国人SEを大量に採用し、日本政府は移民を受け入れる準備も進めています。また、前回の金融危機から10年が経過し、経済危機が発生する可能性もありますね(不景気のサイクルは7〜8年周期)。

アメリカのダウ平均は、2008年の金融危機直前に14,000ドルの過去最高値を付けました。一時8,000ドルまで暴落した株価は急回復を続け、現在は24,000ドルまで暴騰してます。トランプ政権の混乱や中国との緊張で、いつバブルが弾けてもおかしなくないと言われていますね。

再び、2009年のような深刻な不況に陥ると、有効求人倍率は1倍以下まで落ち込みます。落ちるときは、徐々に落ち込むのではなく2〜3ヶ月の間で急激に落ちますね。

そうなると、IT企業に就職したくてもできなくなります

  1. 教育コストが掛かる人材の採用をストップ、未経験者はIT企業に入社できない
  2. 有効求人倍率が1倍を切り、経験者も内定を獲得するための競争が激しくなる
  3. 人件費が安い外国人を大量に採用し、海外でシステムを開発する
  4. 日本人SEは、国内で開発経験が積みたくても積めない
  5. スキルが低い人材は、転職エージェントから支援を断られる
  6. プログラミングスクールの無料サービスが終了する

今は景気がいいからいつでも転職できると楽観的に考えるのではなく、1日も早くエンジニアになり専門スキルを身に付けましょう。スキルがある人材は、不況に強いのでリストラされる心配はないです。

2018年度(2019年3月末まで)中に、内定を獲得できるように計画しましょう。今の時期は、春入社に合わせて動く人が多いので、早めに行動しないと応募者が増えます。

応募者が増え担当者の負担が増えると、私たちの希望や条件に合致する適切な企業を紹介するのも難しくなりますね。

IT未経験の転職活動で必要なもの

転職活動を開始するに当たって、私たちが必要な準備は何もありません。

履歴書や職務経歴書を準備するのは、キャリアコンサルタントと面談し転職の意思を固めた後の話です。コンサルタントと面談することで、IT業界の中で目指す職種や方向性も決まります(最初から方向性がはっきりしている人はいません)。

その段階で書類を準備した方が修正する手間が省けますね。

はじめて経歴書を作成した時は、何を書けば良いのかわからず何度も消しては書き直していました。キャリアエージェントに相談すると、経歴書の書き方から添削まで優しく的確にアドバイスしてくれます。

採用担当者が知りたい事にポイントを抑えて書くと、少ない時間で完成度が高い経歴書を書けます。

業界未経験者向けの転職サイトはたくさんありますが、ワークポートは1〜2ヶ月以内に確実に就職を成功させたい人にお勧めです。

登録に必要な項目は少ないので、通勤中にスマホからでも簡単に面談を予約できます。

 
面談までの流れ
  1. 公式サイトから会員登録する(氏名や住所など5分程度)
  2. 会員登録完了後に担当者からメールが送られてくる
  3. 担当者とキャリア 面談を行う(面談場所は京橋や横浜など、電話でも対応可能)
  4. キャリア 面談時に、条件にマッチする案件を10〜20社程度紹介してもらう
  5. 転職活動する意思を固めた場合のみ、書類の準備を始める

まずは、自分にエンジニアの適性があるか見るためにもエージェントに相談してみましょう。電話でも対応してくれるので、会社のお昼休みからでも気軽に相談できます。

公式サイト:未経験からの転職ならWORKPORT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です